相互リンク先の更新情報!

【痴漢】デブの痴漢 【告白体験談】

カテゴリー:痴漢告白体験談
tag:


やられました。もう、最悪です。新学期始まったばっかなのに、朝の電車で。通勤特急に乗ったんだけど、電車に乗ったらそのまま奥のドアのところまで押し込まれた。今日はちょっと込んでるなって思ってたらお尻に手が当たってる感じがして初めはお尻を撫でるぐらいで、毎朝いやだな、って位にしか思ってなかった。



で、いつも通り適当に払って無視しようとしたら、ひつこく続けてくるから顔見て睨んでやろうと思って振り返ったら、渋い感じの超かっこいいおじ様と目が合って、この人だったらいいかなとか思ってしまったんです。でもそれが間違いでした。



私が嫌がるそぶりを見せなくなって調子に乗ったみたいで、お尻の穴から前の方までねっとりした手つきでなぞってきて、スーッと撫でて指先でクニクニって割れ目のあたりをさするのを繰り返されて、少し感じてたらいつの間にかスカートがめくられてました。



パンツの上からさらにひつこく触られて一番感じるところをつまんだり擦られたりしてるとだんだん奥のほうからジワって溢れて来てすぐにパンツまで濡れていました。電車の中で知らない人に痴漢されて濡れてるって思うと恥ずかしいのにまた濡れてきて下着もだいぶ濡れてしまっていたと思います。



その下着の脇からいきなり二本指を突っ込まれたときには「うっ」て声が出てしまいました。予想以上の太さだったから。中で開かれたり、ウネウネ動かしたり、深く出し入れされるとグチャグチャ音がしてすっごく恥ずかしかったです。でもすっごく感じちゃってドアにおでこくっつけて声を我慢するしか出来なくなってました。



髪が長めだったせいで感じてる顔を見られずにすんだのはよかったけど。中指と薬指を中に入れられて人差し指で敏感なところをクニクニされてもういきそう、って思ったら1つ目の駅に着いちゃって指が抜かれたんです。ほっとするって言うより、なんか喪失感て言うのかな、切なくなっちゃった。



そんなこと思ってるうちにさらに電車が込んできてドアに押し付けられてた。しかもそのときはあんまり分かってなかったんだけど、大きめのカバンを肩から提げておなかのところに持ってたせいでいつの間にかお尻を突き出すような感じになってしまってました。



触ってこないから、痴漢してた人は降りちゃったのかなって思ったとたん、スッとスカートの中に手が入ってきていきなり下着を下ろされた。そしたら指とは違う熱いものが割れ目をなぞってきて、まさかと思って振り向いたら、さらにびっくりしたことに痴漢してると思ってた渋いおじ様が居なくて、代わりに脂ぎったデブが居た。






わけ分からなくなってパニクってたら割れ目をなぞってたものがズズズッてどんどん入ってきて、、、やっとわかった。ずっと私のことを触ってて、指を突っ込んで、いまおちんちんを私の中に入れてるのはこのデブなんだって。そう思ったら悔しくて悔しくて悲しくて涙が出そうになった。



友達からもかわいいって言われたりして結構自信も持ってたから、なんで自分がこんなデブと、、って。でももう私もだいぶ感じてたし、しかも何よりデブのおちんちんはかなり長くて太かった(多分)。ゆっくりではあったけどぎりぎりまで引き抜いて電車が揺れるたびにグッて奥まではいってきて。



もう圧迫感と快感でぜんぜん考えられなくなって必死に声を我慢しようとしてた。でも、もう入れられる前からいきそうになってたから、5回くらい突かれた時に「うっ」って声を出していっちゃってすぐ周りの人は気づいてたと思うけどぜんぜんとめてくれなかった。



それどころかデブが周りが邪魔してこないことに気づいたのか、スピードが速くなって、いったばっかりなのに口を押さえられてまたいかされちゃった。結局、私の降りる駅まで2駅間、犯され続けて、最後はこれでもかってくらい腰を押し付けて中だしされた。



足元にあった下着をなんとかスカートの中にしまってホームに出たけど、6回もいかされて足がガタガタで何とか近くにあったベンチに座った。下着を中途半端にしか上げられなかったせいでベンチがお尻に直接当たって冷たかった。



そしたら急に泣けてきて人が来る前にトイレに行こうと思って立ったらさっきデブが出した精液が出てきて座ってた所と糸を引いてた。あわててトイレに走ったけど後から後から出てくる精液を拭くのは惨めでした。



電車を変えるつもりだけど、妊娠してたらと考えると、いまはそれだけが心配です。



出典:2ch

リンク:2ch


告白体験談関連タグ

|||

【痴漢】デブの痴漢 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年7月24日 | 告白体験談カテゴリー:痴漢告白体験談

このページの先頭へ