相互リンク先の更新情報!

【初体験】夏焼 雅との初体験 【告白体験談】

カテゴリー:初体験の告白体験談
tag:


俺は今中2で、自分で言うのもなんだけど、かなり格好いい。

去年中学に入った時、同じクラスにアイドルがいた。が、俺は全然知らなかった。

そして、去年の夏に夏焼 雅に告白された。俺は嫌いじゃなかったから、OKした。

去年の夏から付き合って、キスはしていたが、SEXはしなかった。

それで、去年のクリスマスの時に、雅が俺の家に来た。

俺の部屋に入ると、いきなり雅が泣き出した。俺は何か悪い事をしたと思って、

雅に「俺、何か悪い事した?」と聞いたら、雅は「○君、私の事興味無いの?」と

言ってきました。俺は意味が分らなくて「どういうこと?」と言いました。

雅は「だって○君、キスしかしてくれないから・・・」と答えました。

俺は思い切って「じゃあ雅はエッチがしたいの?」と聞きました。

雅は「・・・うん。・・・」

「ずっと覚悟して待ってたのに何もしてくれないから。・・・」と答えた。

俺は「・・ごめん。・・雅が待ってたなんて知らなかったしエッチとかそういうの嫌いだと

思ってたから俺もずっと我慢してた。・・・」と言うと雅の方から抱きついてきた。

俺も抱きしめてキスを1分間くらいした。




俺は雅を優しくベッドに寝かせて、まだ、膨らみかけた小さな胸に優しく触れた。

雅は「まだそんなに膨らんでないけど、しっかり揉んでいいよ。」と言いました。

俺は雅の胸を揉みまくりました。

しばらくすると、雅が「覚悟は出来てるから、もう脱がしてもいいよ。」と言いました。

俺は雅の服を脱がしてパンツだけ履いた状態で、初めて女の子の生の胸を揉みました。

俺は雅に「パンツも脱がしていいか?」と聞くと、雅は「うん。いいよ。」と答えました。

ゆっくりパンツを脱がすと、まだ毛の生えてないマンコが現れました。

誰が見ても明らかに分るくらい、雅のマンコは濡れていて、透明の液が光って見えた。

俺は「雅。もうすごく濡れてるよ。」と言うと、

雅は「さっき、胸を揉んだ時に感じて濡れてきたの。」と答えました。

俺は雅のマンコを必死に弄りまくった。俺は我慢の限界が来て、雅に

「俺、もう我慢出来ないよ。雅の中に入れていいか?」と聞くと、

雅は「うん。」と答えた。俺は入れようとしたが1度入れるのを止め、

雅に「初めてか?」と聞いた。 雅はまた、「うん。」と答えた。

俺は雅に「じゃあ、雅が上になって自分のペースでいれるか?」と聞くと

雅は「いい。○君が入れて。覚悟は出来てるし、頑張るから。」と答えた。

俺は「じゃあ入れるぞ。いい?いくよ。」と言って雅のマンコに少しずつゆっくりと

入れていった。処女膜らしき物を突き破ると雅は「いっ、痛い。」と言いました。

俺は1度入れるのを止めて「今日はもう止める?」と聞きました。

でも雅は「嫌。最後までヤッて。」と半泣きになりながら言ったから、

俺はそのまま続けて根元まで入れた。

根元まで入った時には、既に結構血が出ていました。

雅の顔が辛そうだったから、「とりあえず根元まで入ったけど、どうする?」と聞きました。

雅は「動いていいよ。でも、痛いからゆっくりでお願い。」と言いました。

俺はゆっくり少しずつ動いて、雅に「大丈夫か?」と聞きながら続けた。

しばらくすると、雅が「大分、痛みがなくなったから普通でいいよ。」と言った。

俺は普通の速度で動かして2,3分して雅に「やっ、ヤバイ。イきそう。」と言うと

雅は「私、生理まだだから中に出してもいいよ。」と答えたので、

俺は少し速度を上げ「みっ、みやび〜。」と言いながら、

雅のマンコに中出しをしました。

俺はちんこを抜くと、ティシュをとって自分のちんこを拭いて、その後、

雅のマンコと血の付いた股を綺麗に拭き取ってあげました。

最後に雅とキスをして見送りしました。





続きはまた今度書きます。





出典:スレ落ち

リンク:


告白体験談関連タグ

|||

【初体験】夏焼 雅との初体験 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年7月24日 | 告白体験談カテゴリー:初体験の告白体験談

このページの先頭へ