相互リンク先の更新情報!

【職場】弓美【1】・・倉庫で 【告白体験談】

カテゴリー:職場での告白体験談
tag:


葬式三部作・ケンのシリーズです。

弓美はケンの同級生で、葬式事件の後、ケンと同じ会社に入ってから4年ぐらい後の話。



関連BBS





【真帆に呼ばれて倉庫に】

中部工業は会社始まって以来のフル操業を続けていて、事務員の弓美(32)がラインの応援に行っているため、妻・真帆(28)が代わりに事務所の手伝いをしていた。

(ライン稼働時間の関係で、2歳児の母である真帆は長時間ラインに入れず、事務所へ)



午後3時過ぎ。製品部技術課長の俺(32)は技術課のデスクでパソコンとにらめっこしていると、真帆から内線。「ケン、じゃなかった技術課長」

「どしたの?」

「取引先からORZ-69の見本が欲しいと言われたのだけど、どこにあるの?」

「ORZ-69?、あのポンコツは第六倉庫の第二エリアの・・・・」

「それじゃあ分からないよ。倉庫に来てよ。向こうで待っているから」




ったくもう、これだからにわか事務員は・・・・俺は、パソコンにセキュリティをかけると、第六倉庫に向かった。

ぶつぶつ言いながらも、真帆と会えるのがちょっと面映ゆい。もうすぐGWに突入。四月の風も心地よい・・・

途中、まもなく出産のため退職する紀子に声を掛けられ、少し立ち話する。大きなお腹が幸せそうに膨らんでいた・・・・・





【第六倉庫でHしていたのは・・】

第六倉庫は、会社敷地の一番奥にある。

できそこないの試作品とか古い資料が主に積まれていて、庶務課と技術課もここを使用している。

扉のカギは開いていた。真帆が待っているのか・・・と扉を開けると、真帆が物陰に隠れて奥を覗いていた。

「真帆、何しているの?」

「シーッ」そう言うと倉庫の奥を指した。



床に段ボールを敷いて、男女がその上に座り込んで話していた。

女性は弓美だった。男性は製品部製造課ライン3係長のタケシ(26)。確か、1年前に結婚したものの最近離婚したばかり。



よく見ると、弓美の作業服のブラウスははだけられ、大きくて真っ白なおっぱいとふっくらとしたピンク色の乳首がむき出しになっている。そして、スラックスも膝まで下げられ、タケシの指が弓美の股間を捏ねている。



俺は「何やっているんだ」と飛び出そうとするが、真帆に腕を掴まれた。

「弓美さん、気持ちよさそうだよ」と。確かに、弓美は気持ちよさそうな喘ぎ声を出していた。

確かに弓美とは月1〜2回ぐらいの割合でエッチしていて、真帆も知っていた。

真帆が育児の時期に体を壊したとき、弓美は積極的に家事を手伝ってくれ、「お礼に」弓美の求めに応じて体を重ねたり、真帆のストレス解消にと、時には弓美と二人で真帆が失神するまで責めたてたり・・・



また、「タイマーでご飯が炊けない(取説ぐらい見ろよ)」「エアコンの効きが悪い(フィルターを洗うだけ)」「組立家具を組み立ててほしい(これは仕方がないか)」という、どうでもいい理由を真帆に告げ、堂々と俺をアパートに呼びつけてHすることも。



真帆と弓美が大変仲がいいこともあり、この爛れた関係は5年ぐらい続いていたのだが・・・

俺と真帆は夫婦であり、俺が一番愛しているのは真帆。

弓美を束縛することはできない。男が出来ても不思議ではないし、とやかく言う筋合いでもない。

悔しいが、弓美のためだ、見守ろう・・・(運の悪いことにORZ-69の段ボールは、二人がエッチしている脇にあった。)

真帆は・・・デジカメを取り出し、写真なんて撮っている・・おいおい。

  

【弓美、悶える】

弓美の白いショーツは既に脱がされ、タケシはクリをこね始めた。「あっ、あっ」聞き慣れた弓美の喘ぎ声がする。タケシは今度はクリ責めと同時に乳首をしゃぶる。

弓美の喘ぎ顔を見て、ケンは嫉妬心から逸物が立つのを覚えた。

タケシは、ズボンを下げると、自身の肉棒を取り出した。あまり大きくないな・・・・・

隣で見ている真帆の顔は真っ赤になり、呼吸も荒くなってきた。



「ケン・・何か変なの・・・」そう言うと、真帆は唇をつきだした。俺は、真帆を抱きしめると、唇の中に舌を入れ、舌を絡めた。さらに、ブラウスの上から真帆の胸を揉むと、真帆は鼻を鳴らして身もだえた。真帆の手は俺の逸物に回り、ズボンの上から逸物をこね始めた・・・と、



「くわえろ」とタケシの声。俺たちはキスをやめ、弓美たちの方をみる。

弓美は、ちょっと顔をしかめ、一瞬躊躇したが、それでもくわえだした。

「弓美さん、気持ちいいよ。前の旦那仕込みかい??。お○○こはぬるぬるだし、エッチだねぇ」と野卑溢れる口調でタケシは語りかけている。本当に弓美はこんな奴と付き合っているのか?・・・ちょっと疑問に思った。





「さあ弓美さん、挿れるよ」タケシは、弓美のブラウスをはだけ、ズボンを脱がせると段ボールを敷いた上に横たえると自分ものしかかった。

「いや・・っ、やめて」弓美はそっぽを向いた。

「うそつけ、こんなにぬるぬるになりやがって。下のお口の方が正直だぞ、変態。スケベ!」そういうと、タケシは弓美のふっくらした太ももを押し広げた。弓美は抵抗せず、なすがままに身を任せていて、タケシは生肉棒を弓美の股間に挿入した。

「あっ、あん」弓美が喘いだ。「あっ、あっ、あっ、あっ」タケシのピストンに合わせ、弓美の喘ぎ声が聞こえる。弓美のむっちりとした太ももはタケシの腰にからみつき、タケシに合わせて動いている。Cカップの胸もぷるぷると震えている。弓美が横を向いているので、表情が見えないのが残念だ。

「やぁん、あん、いいっ、いいっ」弓美の喘ぎ声に、真帆の顔は真っ赤になり、手はスカートをまくって股間をまさぐっていた。俺も真帆の股間をまさぐりたいが、これ以上火をつけたら、こちらも始めてしまいそうなので、我慢する。



しばらくすると「逝くぞ、弓美さん。」「あっ、あんっ。タケシさん、お腹に出して」「顔は?」「いやっ。顔はやめて」「な〜か〜は??」「いや〜っ!絶対だめ〜」

「逝くぞ〜っ」

タケシは、肉棒を抜くと、弓美の顔に持って行った。「口を開けて〜」

弓美は口をこじ開けられ、肉棒を差し込まれる。

タケシの白濁液の一部は口の中に出されたが、弓美はすぐに肉棒を吐き出し、残りは顔にかかった。

「弓美、吐き出しやがって・・・お口の中のは飲めよ(^^)」

「いやっ、もうっ、あんたのこと許さないから(-.-#)」弓美は、口の中に入ったタケシの白濁液を吐き出しながら金切り声を上げた。

 

 

【これはレイプだった】

俺たちは顔を見合わせると、はっとなった。しまった、弓美はレイプされていたのか・・・・??

いずれにしても、例え和姦であったとしても、会社の倉庫でこんな事するのは建前上は許されないことだ。

真帆も真っ青な顔をしている。すかさず、タケシたちの画像を撮影した。

俺は、逸物が収まったのを確認し「何やってんだ、お前ら」とわざとらしく二人の前に出て行った。真帆もついてくる。

一瞬弓美とタケシは呆然としたが、弓美が俺に気がつき「わーん、わーん」と大泣きしながら駆け寄り、しがみついた。

「どうしたの??」「タケシさんが私のことレイプしたんです」と弓美

「本当か?」「うっ、嘘ですよ。弓美さんが誘ったんです。技術課長(俺)、信じてください」とタケシ

「誰があんたのこと誘うものか、ばかっ」と弓美はタケシを睨み付け、俺の首にぶら下がっているタオルを手に取ると、ザーメンまみれの顔を拭き始めた。

「これ、汗臭いよ。」「いいの、ケンの匂いは気にならないわ」そのやりとりを、タケシは狐につままれたように見ている。

タオルを顔に当てると、弓美はまた泣き出した。

  

真帆は物陰でどこかに電話していたようだが・・・・



「おーい、真帆」「お父さん、じゃなかった、社長。こっちよ」

真帆の父である社長・真一郎氏と、大工で弟の勇二郎氏が入ってきた。勇二郎氏は社外取締役でもあり、隣の第五倉庫の中にシャワー室を作る工事をしながら社長と喋っていたらしい。



「この人が私のことレイプしたんです」と、言う弓美の服は辛うじて胸と股間を隠しただけの乱れた状態。指を差されたタケシはパンツだけははいたもののズボンは履きかけで呆然としている。



真帆が状況を説明する。

「お前、娘の言った通りで間違いないのか」

「はい、すみませ・・・・」

と・・・

「この野郎、真帆の友達をこんな目に遭わせるなんて」義父はタケシの胸ぐらを掴む。

と、勇二郎氏がタケシの腹に強力なパンチを繰り出す。

・・・前にもこんな場面あったっけ・・・タケシの顔はみるみる青ざめていく。



真帆は、女子ロッカーに弓美の着替えを取りにいくため、出て行った。



タケシがくずれ落ちたところで、義父はタケシの頬を1発だけひっぱたくと、事務所に連れられていった。



弓美は俺にしがみついたまま「しく、しく、ぐすん」と泣きべそをかいている。肩を抱きながら話を聞くことにする。



 

【弓美が感じてしまったわけ】

ライン応援のために作業服に着替えたが、作業服はワンサイズ小さく、胸や尻、太ももがむちむちの状態で配属された。

そのため、上司の、ライン3係長のタケシの視線がイヤらしかったのには気がついていた。

翌日の休憩時間「弓美さんは離婚歴があるんだって?、ボクも最近バツイチになって・・」と近づいてきた。

タケシは奥さんに逃げられた、とのことで、何となく親しみのようなものを感じたとき・・・

「ちょっと、荷物を取りに行くから手伝って」と倉庫に連れて行かれ、「少しサボろうか」と誘われた。

単調なライン作業に飽きてきたところなので「うん、いいねぇ」と段ボールに並んで腰をかけた瞬間、唇を奪われ、胸を揉まれた。

余りのことに呆然として「いや、やめてください」と拒絶したが、タケシは収まらなかった。この倉庫には普段、誰も来ないのを知っていたため、弓美は観念したという。



「弓美、ごめん。ちょっとだけ見ていた。でも、感じているかと思って・・・」という問いには、前の旦那はセックスも暴力的で、無理やりの暴力的なセックスでも、その場は感じることができるようになったのこと。感じないとその場が辛くなるそうだ。

ただ、感じた後でものすごい嫌悪感が募ってくる・・・。



着替えと濡れタオルを持って真帆が入ってきた。

俺が席を外そうとすると「ケン、お願い。そばにいて。怖い・・」

着替えに立ち会うことになったが、真っ赤に腫れたバストが痛々しかった。





【事務所で】

真帆の携帯が鳴り、「真帆とケンは役員会議室に来るように」と社長から。

本部棟に着くと、弓美は(社長愛人で経理課長の)京子さんに連れられて一旦医務室へ。

真帆と役員会議室に入ると、社長、勇二郎常務、総務部長、製品部長(俺の上司)、製造課長(俺の先輩)が待っていて、部長と課長は「ケン君、真帆さん、お友達のこと、申し訳ない」と謝った。



で、奴の処分について、真帆と総務部長は懲戒解雇を求めたが、製品部長と課長が平謝りに謝って、勇二郎氏がとりなし、姦淫を前提とした示談に応じるなどの誓約書を書くという条件で、即日諭旨免職となった。

(精液のついたタオルや真帆が撮影した画像データは金庫に保管し、対応が不誠実な場合は強姦罪で告訴すると伝えた)

弓美の上司である総務部長は「お前らの所に出しているウチからの応援は今日限りで全部引き上げるから、深夜操業でもなんでもやるんだな」とカンカンに怒っている。

(俺がとりなして、女子社員のみの引き上げと決まった)



が、製品部長は、開発部門である技術課に対しての応援依頼をしなかった・・・何か俺に遠慮している。多分、俺と弓美のこと喋ったなぁ、社長!!





さらに、タケシからの事情聴取によると・・・・

離婚したのは、タケシの浮気とDV(家庭内暴力)が原因で、奥さんが他の男の所に逃げたのが原因。

寂しい日々を過ごしていたとき、むちむちの弓美が配属されてきた。4年近くバツイチの32歳、あれだけの体をもてあましているに違いない。是非、セフレに・・・・と行動に及んだのだ。



その後のタケシだが、腕は確かなので、製造課長は社長の許可を得て九州にある関連会社を紹介。示談が済むと、誰の見送りもなく、ひっそりとこの街を去っていった。さらにその後、同社の中国工場に配属されたとか。(何か不道徳なことをしたに違いない)





【弓美を引き取る】

難しい会議が終わり、真帆と医務室に行くと、弓美が俺の所に駆け寄ってきた。

「ケン・・一人で居たくない。今晩泊めて。お願い。怖いよ〜」と、首っ玉にぶら下がって泣きじゃくる。

真帆に異存はなく、自宅に泊めることにして連れ帰った。



弓美の仕事だが、ラインの応援はなくなったものの、ライン応援予定だった残り3日間、休むことにして届けを出した。

真帆がその間の仕事をすることになるので、昼間は社長宅で義母やチビ(俺のこども)といっしょに過ごすとのこと。(一人で居たくないらしい)



着替えを用意するため、俺と弓美は弓美のアパートに回ってから帰宅した。

荷物を客間に置くと、弓美はソファに座り、ぼんやりとしていた。2歳のチビが居間にいるので、俺の腕をつかんだまま、まんじりともしない。

真帆は台所で料理の支度をしていたが、終わったようで居間に入ってきた。

「弓美さん・・大丈夫?」

「・・・・・」

「ごめんなさい。私、見ていたのに助けに行けなかった。私、なんて事を・・」そう言うと、真帆はフローリングに膝をついて泣き崩れた。

(真帆、この段階で謝るのは早いよ。今はそっとしておかないと・・・俺は思った)



「・・・・真帆、ケン!!ひどいよ」弓美は突然大声を出した。

「あの男にのしかかられたとき、ドアが開いたのには気がついたの。誰か助けてくれると思っていたのに・・・・真帆!!ケンと乳くりあっていたんでしょ」

「弓美さん・・そんなつもりじゃ」

「真帆のバカ!!」弓美はそう言うと立ち上がって、真帆の頬をひっぱたいて、「ケン!!お風呂借りるね!!」

そう言うと、弓美は風呂場へ駆けていった。



「ケン、私、どうしたら・・・・」真帆も泣き崩れた。

俺は、弓美からさっき聞いた話をした。犯されても感じてしまう悲しい躰のことを。



【洗剤を混ぜて・・・・】

俺たちは食べる気にならないので、チビに食事を与えながらテレビを見ていると

「ケン、弓美さんお風呂から出てこないよ。もう1時間も経つのに」

「本当だ。チビも寝る前に風呂に入れたいよね」

「私、見てくるね」と、真帆が風呂に行くと



「きゃー、弓美さん、何やってるの?/ケン!弓美さんが、大変!!死んじゃうよ!!」

「どしたの?」

「弓美さんがバケツに洗剤を混ぜているの/弓美さん、ダメよ!!/窓を開けなきゃ」



俺はチビを床に置いて風呂場に行くと、洗い場に座った弓美が、バケツに大量の洗剤を混ぜ合わせていた。・・・んんっ

「真帆、これじゃ毒ガスは出ないよ。窓閉めるよ」

風呂場には「マジックリン」「ガラスマイペット」「ホーミング」「アタック」「ファーファ」(全部中性洗剤)、更にシャンプーやリンス、モンダミンの空容器も転がっていて、バケツの中には泡立つ奇妙な液体が。



「弓美・・・これは?」

「真帆さんの早とちりよ。あんな奴のために死んでたまるものか。でも・・・」

「ん?」

「私、さっきからずっと体洗って居るんだけど、きれいにならないの・・モンダミンも1本使ってうがいしたのに・・・・だから、洗剤できれいにしようと思って。ケン、私、汚いよ。触らない方がいいよ」



「弓美、そんなことはないよ」俺は、服が濡れるのも関わらず、裸の弓美を抱きしめた。

「ケン・・・本当?」「本当だよ。弓美はどこも汚れていないよ」

ぐすっ、ぐすっ

「弓美さん、何なら私たちが一緒に入ってあげようか?」と真帆。

「うん・・・・ケンでいいよ」



俺は、手早く服を脱いで体を洗うと、弓美とバスタブに浸かった。

「おっぱい、赤くなっちゃったね」「うん」俺は、乳首を巧みに避けて、Cカップの大ぶりな乳房に口づけをした。

「ほら、全然きれいだよ」「・・・・・あっ」

「顔も真っ赤に・・いっぱいこすったんだ」「うん」

俺は、頬からうなじ、耳、まぶたなどくまなくなめ回した。

「弓美、きれいだよ」「ケン・・・」また顔から涙が出ている。



背中や腕など、一通りなめ回した後は、弓美を背中から抱える形で浴槽に浸かる。

いつもだと乳首や股間を責めるが、今日は抱きしめるだけ。





「ねえ、ケン」「?」「言いにくんだけど・・・」弓美がためらいがちに言った。

「アソコ、いくら洗っても綺麗にならないの」

「そんなはずはないよ。弓美はきれいだよ」

「本当?・・じゃ、見てよ・・」

弓美は、洗い場の方を向いて、バスタブの縁に腰掛けてむちむちの太ももを開く。

俺は弓美の股間に顔を埋めた。



さんざんスポンジで擦りまくったらしく、いつもより赤く腫れている。

「弓美、大丈夫」と言った瞬間、弓美は俺の顔を股間に押しつけた。

「本当に綺麗? なら、舐めてくれる?」

俺は、腫れ上がった股間をいたわるように、優しく舌を這わせた。

「あんっ」ぺろりっ「いやぁん」いつもの喘ぎ声が出てきた。

「弓美、もうすっかり綺麗だよ。いつもの味に戻ったよ」「ケン、やっぱりケンのがいいよぉ、もっと清めて」俺は、クリを指で擦りながら舌を奥に進め、舐め始めると

「ケン、凄い、何か変、ちょっと、何これ。あああああああっ」弓美の股間から生暖かい液体がこぼれ出た。少し顔にかかった・・・・



「ケン、ごめんなさい。おしっこ出ちゃった。えっ、うそっ、手で受け止めないでよ、恥ずかしいよぉ、いやぁぁぁ」



弓美のおしっこが止まり、シャワーで辺りを流していると「ケン、そろそろチビ入れたいんだけど」と真帆の声。





【弓美の中を清める?】

真帆たちが入れ替わりに風呂に入り、俺と弓美は寝巻に着替えて客間へ。弓美の布団が敷いてある。布団に並んで腰掛けると

「ケン、ありがと。私、実はレイプは初めてじゃないの。前旦那といたとき、旦那の友人たちの相手を無理矢理させられたこともあって・・・・」

「そうなんだ……」

「うん、いつもレイプされた後は、一人でこっそり泣いていたの。今回のことも凄くイヤだったけど、ケンに慰めてもらってうれしい。ケン、ありがとう。大好きよ」

「大好きって言われても・・・」

「分かってるよ。子供じゃないんだから。それより、はめて」



「弓美、大丈夫なの?」

「他の男のち○ぽが刺さった後の女って、嫌い?。そうよね。不潔で汚ないよね」

「そういうんじゃなくって・・・」

「だから、ケンの感触を体に刻み込みたいの。奥の方、ケンのもので清めて・・」

俺がうなずくと、弓美は俺を横たえてズボンとパンツを脱がし、逸物を取り出した。

手でリズミカルに擦られて大きくなる。

弓美は、ズボンとショーツを脱ぎ、俺の上にまたがってきて、そろそろと体を沈めていく。

「あああっ」俺は逸物の感触より、弓美の表情が気になっていた。

「弓美、大丈夫?」「やっぱり、ケンの太い。でも気持ちいいよ」

根本まで逸物を納めた弓美は、そのまま俺の上に覆い被さって、キスをせがんできた。

唇を合わせ、舌を絡めると弓美の涙が顔に落ちてきた。舌を絡めながらうーうーと何か言おうとしている。

しばらくして、唇を離すと、今度は重なったまま腰を前後に振り始めた。弓美のバストが俺の胸の上で潰れている。

「あんっ、あんっ」体を密着させながら弓美は前後に動いていたが・・・・

「あああっ、逝くうっ」と俺に覆い被さったまま逝ってしまった。



弓美は息を弾ませながら体を起こすと、俺から離れ、俺の隣に横たわった。

「ケン、気持ちよかったよ。大好き・・・・・・ねえっ、お腹すいちゃった」



俺はまだ発射していなかったが、この状況では抜いてくれとも、もう一度したいとも言えず。服を着ると台所へ向かった。



「丁度支度が出来たところよ、弓美さんも少しは食べれる?」と真帆が心配そうな表情で聞くと

「うん、少しくらいなら」と、弓美。



ところが、少しぐらいどころではなかった。ご飯を3杯もお代わりするなど、もりもり食べて、そのまま寝入ってしまった。





【真帆とも・・】

流し台に食器を運んだ後「ねえ、ケン・・・お願い」と真帆。目が潤んでいる。これは・・

といことで、明かりを消して寝室に向かう

「ケン、弓美さんには悪いことしちゃったね」

「でも、何とか機嫌は良くなったみたい」

「ねえ、私、弓美さんには悪いんだけど、あのHを見て、興奮しちゃったの。いい?」

そう言うと、真帆は服を脱ぎ、ショーツだけになった。



俺は、胸を優しく揉み始め、真帆は俺の逸物に触れる・・・

「もう、弓美さんに挿したでしょ」「うっ、うん・・」「エッチ・・・いやんっ」

俺は、胸をゆさゆさと揺らして激しく揉み、乳首を舐めた。

「ケン、もっと、もっと」今日は乱暴にした方が感じるみたいだ。

ショーツも一気に引き下げ、股間を擦るともうぬるぬる。



「もう濡れてる・・変態。入れるよ」

「私、まだケンのしゃぶってない・・・・大きい。ケンこそ変態よ」

俺は、真帆の腰を掴むと後ろ向きにして、バックから挿入した。

「あああああああんっ、いいっ、ケン、凄い!」真帆が悲鳴を上げる。

「真帆、きついよ」

「何か今日は感じるぅぅ。凄いよ〜っ、あああぁんっ」

あまりの気持ちよさに、体位を変えることも忘れて突きまくった。

「真帆、逝きそうだ」「ケン、逝くぅぅぅぅぅぅ。いいっよおっ。中で出して」

「真帆ぉぉぉぉぉぉっっ」真帆の中がぎゅううんと締まり、俺は中に出した。

でも、しばらく差したまま真帆の尻を抱えていた。



少しして、身支度を整えた真帆は寝入ってしまったが、俺は寝付けなかったので、寝る前に酒でもと思い階下に降りた。客間を覗くと弓美は布団をはだけ、お腹丸出しで大いびき。そっと布団をかけてあげた。さすがにイタズラする気には・・・。





【弓美、立ち直りへ】

翌朝、弓美の表情はだいぶ良くなっていたが、義父(社長)の勧めもあり、タケシの退職手続きが済むまでの3日間、予定通り休むことになった。

留守中、真帆と俺は仕事なので、昼間は義母と一緒にチビと過ごしたり、買い物に行ったりして過ごしていた。



夕方、真帆を先に帰し、俺だけ残業をして自宅に帰ると、チビがリビングで一人で泣いていて「パパぁっ」と駆け寄ってくる。

真帆と弓美は?。 大泣きしている子供を抱えたまま家の中を探すと、風呂場から嬌声が。

「おい、真帆」とガラス越しに声を掛けると、

「ケン、お帰り。弓美さんとお風呂に入っていたの」

「もうっ、真帆ちゃんったら、潮まで噴いてるんだから」

「弓美さんひどい!。で、なあに」

「なあに、じゃないよ。ったく。。。チビが居間で泣いていたぞ」

「ごめーん、お風呂もう少しかかるから、ご飯食べさせておいて」(さっきまで寝ていたとのこと)



俺は、チビと自分の分の食事を温め、食事を与えながら自分もビールで一杯。

まったくもう。子どもほったらかして、潮噴いていただと?・・・でも、仲直りして良かったのかなぁ。

しばらくして、バスタオル姿の二人が出てきて「ケン、ごめんね」

「今夜、どっちとする?、3人でする?」……あのねえ、子供と飯喰っている時にそんな話すんなよぉ〜っ





弓美の臨時休暇最終日の金曜日。俺たち夫妻と弓美は義父の家に呼ばれ、食事の後、リビングで談笑。

「弓美さんの休暇は今日で終わるけど、大丈夫かね」と義父。

「社長、色々お気遣いありがとうございました。明日、アパートに帰ります。真帆さんとケンさんには本当に良くしていただいて・・・・」

「そうそう、タケシはどうなったの?」と義母。

「奴はこの3日間で退職手続きと、示談書にサインも済ませた。今日、寮を引き払って、そのまま新幹線で九州に向かったよ」



「弓美さん、ケンと真帆の為にあれだけ尽くしてもらっておきながら、こんな目に遭わせて申し訳なかった。それどころか、家内まで世話になって・・・・。これ、社長賞の余り物で悪いが、気晴らしでもどうかね。別枠で休暇も上げるから」

義父が弓美に渡したのは、千葉県にある舞浜ディズニ一リゾートのパスポートと宿泊券と旅行券。



「まあ、嬉しい!!、ありがとうございます。社長。私、修学旅行以来行っていないんです!!・・えーと、一泊二日なのね」

(確かに、前旦那のヒロシはああいう子供っぽい場所は嫌いだったよな・・・)





と、玄関に人の気配が。勇二郎夫妻が来たとのことで、義父夫妻と真帆は客間に行く。

居間には弓美と俺の二人きり。(あと、俺の膝の上で寝ているチビもいるが)

弓美は俺の顔を見つめると、腕にぶら下がって耳元で囁いた

「ねえ、いつ行く?」



続編:弓美【2】・・舞浜リゾートで





出典:オリジナル/関連BBS↓ (続きもこちらでお知らせします)

リンク:


告白体験談関連タグ

|||||||||||||

【職場】弓美【1】・・倉庫で 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年7月24日 | 告白体験談カテゴリー:職場での告白体験談

このページの先頭へ