相互リンク先の更新情報!

【芸能人】人のものを盗む奴は・・・ 【告白体験談】

カテゴリー:芸能人との告白体験談
tag:


俺は天の道を往き、総てを司る男。(第一話)



俺が望みさえすれば、運命は絶えず俺に味方する!(第一話)



世界は自分を中心に回ってる。そう思った方が楽しい。(第三話)



人は人を愛すると弱くなる……けど、恥ずかしがることはない。それは本当の弱さじゃないから。(第四話)



花は全ての女性を輝かせる。(第五話)



二兎追う者は二兎とも取れ。(第七話)



病は飯から。食べるという字は人が良くなると書く。(第九話)



友情とは友の心が青くさいと書く。(第十話)






食事は一期一会、毎回毎回を大事にしろ。(第十一話)



全ての女性は等しく美しい。(第十二話)



男がやってはいけないことが二つある。女の子を泣かせることと、食べ物を粗末にすることだ。(第十三話)



本当の名店は看板さえ出していない。(第十四話)



戦いはへそでするものだ。(第十五話)



仕事は納豆のように粘り強くするものだ。(第十六話)



悪魔の囁きは時として天使の声に聞こえる。(第十六話)



未熟な果物は酸っぱい。未熟者ほど喧嘩をする。(第十七話)



食事の時間には天使が降りてくる、そういう神聖な時間だ。(第十八話)



人のものを盗む奴は、もっと大事なものをなくす。(第十九話)



男はクールであるべき……沸騰したお湯は蒸発するだけだ。(第二十話)



本物を知る者は偽者にはだまされない。(第二十一話)



誰にもわからないように隠し味をつけるのは楽しい。だが、それを見つけるのはもっと楽しい。(第二十二話)



美味しい物を食べるのは楽しいが、一番楽しいのはそれを待っている間だ。(第二十三話)



おいしい料理とは粋なもの、さりげなく気が利いてなければならない。(第二十四話)



どんな調味料にも食材にも勝るものがある。それは料理を作る人の愛情だ。(第二十四話)



まずい飯屋と悪の栄えた試しはない(第二十五話)



手の込んだ料理ほどまずい。どんなに真実を隠そうとしても、隠しきれるものじゃない。(第二十八話)



刃物を握る手で人を幸せに出来るのは料理人だけだ。(第二十九話)



自分に溺れる者はいずれ闇に落ちる。(第三十話)



たとえ世界を敵に回しても守るべきものがある。(第三十二話)



料理の味を決めるのは下準備と手際の良さ。(第三十三話)



人生とはゴールを目指す遠い道、重い荷物は捨て、手ぶらで歩いた方が楽しい。(第三十五話)



俺の進化は光より速い。全宇宙の何者も俺の進化にはついて来れない。(第三十七話)



子供の願い事は未来の現実。それを夢と笑う大人は、もはや人間ではない。(第三十八話)



男と女は時として化学反応を起こす。何があってもおかしくない。(第四十話)



人が歩むのは人の道。その道を拓くのは天の道。(第四十一話)



俺は世界の中心。ならば世界は俺が救ってやる!。(第四十三話)



本当においしい料理は食べた者の人生まで変える。(第四十七話)



太陽が素晴らしいのは塵さえも輝かせることだ。(第四十七話)



正義とは俺自身!俺が正義だ。(第四十八話)



出典:水嶋ヒロ

リンク:仮面ライダーカブト


告白体験談関連タグ



【芸能人】人のものを盗む奴は・・・ 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年7月24日 | 告白体験談カテゴリー:芸能人との告白体験談

このページの先頭へ