相互リンク先の更新情報!

【M男・痴女】左乳首に右ストレート一発で人体&人生破壊 【告白体験談】

カテゴリー:M男・痴女の告白体験談
tag:


 たった一発のパンチでその後奴隷となった男の話

ほんの些細な出来事で人生一転。

投稿者by隼人at7月14日(土)12時18分



最近よくクラス内で無差別にケンカ売ってくるヤツがいて、僕は良く狙われる。

前はみんなの前でシャツの胸をはだけられた。また今度もケンカ売られた。

 僕もキレて相手につかみかかったけど、なんか向こうは勝手に逆ギレ。

体育の時間だったから薄着だったんだけど、簡単に剥かれてしまった。

みんなも僕の裸を見てケンカをあおる様になった。ソイツは『隼人の急所を一発でしとめます』

なんて公言して、みんなも興味ありげにケンカを見守ってる。

 一発でしとめるなんてばかにされてムカついた。でもハダカにされた事はすごいヤダった。

「隼人も頑張れよ〜、負けんな」なんて煽られた。一発でしとめるなんて出来るもんかって思いました。

顔狙われても、股間狙われてもすぐよけられる様に警戒した。でもまさかその急所が乳首だったなんて・・。

「隼人の急所・・」って振りかぶってパンチを打ち込まれた。

わざとらしくパンチと見せかけて、絶対蹴りで股間をやられると思っていた僕は、100キロ越えのパンチをまともに食らった。




鈍い音が校庭に響いたのを聴いた。僕の身体の中で変な音がして、ぼくは唖然としてた。

みんなは笑っている。急所はソコかって。 「へー、そこなんだ」なんて。

僕の左の乳首にはヤツのこぶしがめり込んでいた。

本当にめり込んでる。その感覚だけがはっきりして。

 身体がガクガクしてきて、電撃を流された感覚がして、視界が真っ白。

僕は倒れた後も、しばらく意識があって、身体は痙攣して、変な声を出してた。

目が覚めたら更衣室で全裸。

 ケンカを買った為に奴隷にされて、しかも乳首を一発突かれて失禁した僕の事は

全員が知る事となった。たった一発のパンチでぼくは乳首がモロ感じる体質になってしまい、

パンチ一発で僕を奴隷にした彼も学校では有名になってしまった。

後輩にも「左乳首と右ストレート」なんて語られるくらい・・。

 今は僕は彼の前では首輪を付けられ、上半身裸にされ、

パンチを打ち込まれてから形の変わった左乳首を見せつけて「ご主人様」って呼ぶ事を義務づけられている。

 僕は彼の・・「ご主人様」の前では上半身になにもまとってはイケナイ事になっています。

ご主人様がケンカを売ってきて、僕が無視するなんて以前のような関係はもう考えられなくなって

今ではご主人様がやりたい時にヤラレてます。



投稿者by隼人at7月17日(火)03時38分



 ケンカというか、一方的に僕が負かされて、相手は僕が失禁した事を理由に僕を奴隷にした。

すぐにレイプされて、その後じわじわと調教された。

 僕は一週間保たなかった。二日目で彼の前では常にハダカ。彼のパンチをまともに食らった

左乳首は斜め上に押し上げられてそのまま形が変わってしまった。「奴隷の証」だと言われた。

 三日目は首輪を付けさせられ、人としてのプライドを捨てさせられた。

四日目で敬語を強要され、そして五日目で僕はそいつを「ご主人様」と呼ぶ様になった。

 「たった一週間でこの変わりようはお前、真性マゾだな。生まれつき俺の奴隷となる運命だ」

そう言われながら、僕はビンビンに感じていた。「はい・・ごしゅじんさま・・」

ちょっと甘える感じで言うとご主人様は満足そうで・・、何故か僕が嬉しくなる。

 5日たってもクラス全員の前でご主人様の振りかぶったパンチを受けた乳首はぴりぴりしてる。

あの後、ゲーセンのパンチングマシンで僕の受けたパンチが150キロ以上だとわかった。

 「お前は俺の最高の一撃を受けたんだ」 僕の乳首を指差して、クラスのみんなの前で

「お前の乳首はその栄光を受けたんだ。俺のおかげでお前は本当の姿、マゾでいられるんだ。

お前のキズはその勲章だ」 「・・はい、ご主人様・・ありがとうございます」

 クラスのみんなは僕の変わりようにクスクス笑ってました。

僕は実際、あの後、あのパンチを受けた瞬間、乳首の快感を知ってしまい、殴られて失禁したほど

の快感と、その後の調教でみんなに見られながら乳首だけでイク快感も知ってしまった。

 夜になるとご主人様は寮の中庭で僕をメチャクチャに犯す。

「ああああん。ごっっご主人様ああ」 僕はガクガク揺らされて、乳首をもみもみされる。

一度言われたのが「お前が俺の部屋に入れると思うな。そんな身分じゃねー」って。だから中庭でされる。

 中庭でってことは僕が犯されまくられている所を全員に部屋の中から見られるってこと。

後輩や先輩、同じクラスの人の視線を感じまくって、寮に僕の悲鳴が響く。

 ご主人様が満足する頃は僕の意識はなくって、翌朝全裸で中庭で起きる。

「先輩、大変でしたねぇ」なんて言う後輩も「今度やらせろ」っていう友達もいる。

 意外に僕に憧れるなんて人もいて、なんで?って思う。

僕、これからどうなるんだろう。



出典:アホでんねん

リンク:afoafo


告白体験談関連タグ

|||||||||

【M男・痴女】左乳首に右ストレート一発で人体&人生破壊 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年7月25日 | 告白体験談カテゴリー:M男・痴女の告白体験談

このページの先頭へ