相互リンク先の更新情報!

【フェラチオ】離婚の原因(つ) 【告白体験談】

カテゴリー:フェラチオ告白体験談
tag:


僕はショタコンではないんですが(ちなみに、ショコタンでもないです。あ、当たり前ですか。ショコタンは芸人としても素晴らしいですね。絵もうまいし、ショコタン好きな人、この中にいますか?いらっしゃったら、申告してください。申告って言うと税金みたいですが、そう重く捉えなくて大乗仏教ですよ。大乗仏教で思い出しましたが、小乗仏教と大乗仏教の違いは、成長曲線の問題だと思うんです。生物の繁殖数でも、企業の成長でも、商品の普及率も、S字カーブを辿ると言われますよね。冬の「創業期」、春夏の「成長期」、秋の「成熟期」。仏教も小乗は創業期なんだと思いますよ。だから、冬の植物のように、険しい環境の中で生きてるから、あまり外部へと活動をしてしまうと、存在そのものが危うくなってしまう。逆に、夏になると活動を始めねば、自分の存在が危うくなります。おもしろいですね。命って。命で思い出しましたが、昔、「あ、命!」って言うお笑い芸人がいましたよね。知ってる方いますか?)、子供が好きで、常に



知り合いの子供の面倒を見ています(優しいでしょ、僕。子供の面倒を見るのが好きな男が好きな方、告白してきてください。もちろん、常にと言っても仕事中は無理ですがw)。







この前も小学校1年生の子が来てお泊りをさせました(うちは旅館ではありません)。







お風呂嫌いみたいなので(しずかちゃんと正反対ですね。しずかちゃんで思い出しましたが、白川静さんによれば、国の字は口の中に玉が入っていますが、もともとは「或(邑(むら)を戈(ほこ)で守る意味)→國(囲いがついた。へえ。)」と変化したようですね。中に玉を入れたのは、王だとデモクラシーでないイメージがつくということで、将棋の玉にしたようですね)、試行錯誤してお風呂の湯船に



スーパーボール(床に投げると勢い良く跳ね返ってくる。地方では夜店の屋台でよく「スーパーボールすくい」なるものが催されています)などのおもちゃ(大人のおもちゃではない)を入れるようにしてました。










そして彼が遊んでいる間に、僕は湯船で休憩をしていました。







すると彼(小1の子です。)が湯船(浴槽内という意味です。要は風呂ですね。)に入ってきて、「どうしたの?」と聞くと







「ちんちん触らせて(笑)」というのです(小学生は突飛でおもしろいですね)。







大人(といっても未成年ですが(笑))の陰部(陰部という表現もあれですが・・ちなみに山陰という名前は未だになくなりませんね。私は山陽地方に住んでいますので気にならないですが、山陰なんて言われたらイヤですよね。誰が陰部だっちゃ!と、まぁ、山陰の人が言うか知りませんが、まぁ鳥取のあたりの人は、だっちゃ、といいますね。自分も怒ったとき、座れっちゃ!などと怒鳴りますが、怒鳴られた方はラムちゃんの真似をしているようで怖くないようです。閑話休題)が気になるのかな?と思い



「いいよ(笑)」と優しくいうと慣れない手つきで触ってきます。







その時点で少し気持ちよくなってしまって、勃起したんですが、



彼の陰部も勃起しているんです。







きっと将来は立派なゲイ少年になるんだろうな。。。と思い、



ずっと触らせていると、急に陰部にキスをし始め、



終いには舌先で亀頭をペロっとしたりするんです。







「どうしてそんなことするの?」と聞いたら



「おいしそうだったから」としかいいません。







その日はそこまでで終わったんですが、また次の日に入ると



次も触らせてというので触らせていたら今度は口いっぱいに



ほおばって(「ほおばる」が正しいくて「ほうばる」は間違ってる気がします。教えてエロイ人)口の中でも舌をぺろぺろ(チュートリアルのペロというネタは面白いです。参照  )とするのです。











凄くうまくて(フェラがということです。)、1分もしないうちに果ててしまったんですが、



「どこでそんなこと覚えたの?」と聞くと



「お父さんにさせられてた」というんです(びっくりですよね!)。







その家庭はちょっとした事情で離婚したんですが、



もしかしたら離婚した原因がこれかもしれません・・・。







なんせ息子に息子を(朕々(ちんちん)を)口にほおばらせるのですから・・・。



出典:  

リンク: 


告白体験談関連タグ

||||

【フェラチオ】離婚の原因(つ) 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年7月25日 | 告白体験談カテゴリー:フェラチオ告白体験談

このページの先頭へ