相互リンク先の更新情報!

【浮気・不倫】一緒にいてもドキドキしなくなった 【告白体験談】

カテゴリー:浮気・不倫の告白体験談
tag:


あるとき会社内の友人たちと、その中の一人の誕生日パーティをやった。そして・・・

2次会で飲んでいる時に、23歳の誕生日を迎えた彼女(以下、友子(仮名)という)に告白されてしまった。



経過は省くが、男女別々に必要な人数分のツインの部屋を取っていて、

(決してHな目的じゃなく、はっきり覚えていないが、ガンガン飲むから全員泊まろうということにしていたと思う)告白されたのと酔いも手伝って、俺と友子は同じ部屋に転がり込んだ。



その時点でも、俺は友子をどうにかしようという気はこれっぽちもなかった。俺は結婚していて娘が一人。浮気するなんて思いもよらなかった。

勇気を出して告白してくれたのに、拒絶するのも可哀相だし(友達としては好感持ってたせいもあって)、友子を受け入れるつもりはなかったが『せめて一緒にいてあげよう』と、そんな気持ちだった。



けっこう眠気がきていたので、シャワーを浴びると備え付けの浴衣に着替えてベッドに潜り込んだ。

友子も続いてシャワーを浴び、浴衣でバスルームからで出てくると、もう一つのベッドに入った。

うとうとと眠りに付こうというとき、友子が「ねぇ、そっち行っていい?」と訊いてきた。

“そんな気”がない俺は軽い気持ちで「いいよ」と答えると、布団をめくった。

腕枕をしてあげて目を閉じた友子の顔をしばらく見ていたら、なんとすやすやと寝息をたてている。

そんな安心しきった友子の寝顔をみているうちに、“そんな気”はなかったハズの俺のチンポがむくむくと膨らんできてしまった。




それでも『イカン、イカン』と自分に言い聞かせていたが、我慢すればするほどチンポはギンギンになってきて、まんじりともせず一夜を明かした。



翌朝・・・けっこう早い時間に友子は目を覚まし、俺が友子の顔をのぞき込むと、キョトンとしたような顔で俺を見つめている。

その顔がとても可愛く見えて、俺が思わず「キスしていい?」と言うと、友子はこくんと頷いた。

初めにチョンと唇に触れて、それからもう一度長いキスをした。我慢できなくなって舌を差し入れると、友子も舌を絡めてきた。

長いキスを終えると、友子は「フゥッ」と息を吐き、それから消え入りそうな声で「脱がせて」と言った。



浴衣の前をそっと開くと小さな胸が現れた。友子は恥ずかしそうに「胸小さいでしょ?」と言い両腕を胸の前に合わせた。

「ううん、可愛いよ」と言って、乳首にキスするとピクンと肩が震えた。身体を浮かせて協力してくれたので、浴衣は簡単に脱げた。

俺は急いで浴衣とパンツも一緒に脱いで裸になると、横になっている友子と向かい合いパンティ1枚の友子をギュッと抱きしめた。

抱きしめたまま背中を撫でてあげると、友子はとても幸せそうな顔をしていた。

それから、ペロンという感じでお尻からパンティを剥き足から抜き取ると、もう一度ギュッと抱き合った。



胸を中心に身体中を舐め、舐めながら恥丘や内ももをさわさわとさすった。友子は気持ち良さそうにしていたが、感じているという風ではなかった。

緊張して固く閉じている両脚を、こじあけるようにして手を差し入れ、同じように閉じている割れ目を中指でなぞり、指をぐぐっと沈めると中は意外にヌルヌルになっていた。

おまんこの入り口を上下にさすり、それから中指の腹で愛液を掬いクリトリスにまぶすようにそっと撫で上げてみた。

何度か愛液で濡らしながら転がすようにクリトリスを撫でていたが、クリトリスはあまり感じないようだったので、

おまんこの中に中指を入れ、グリグリかき回したり、中で指を曲げて膣壁を揉んだりしていると、愛液が溢れ出してきてもう充分受け入れ準備ができたようだった。

立て膝になって友子の脚の間に入り、ヌメヌメと光っているおまんこにちんぽをあてがった。

友子のおまんこはとてもきつかった。

先っぽが入っただけで、そこから先に進めない。グッとちんぽを押し込もうとすると、声には出さなかったが友子は顔をしかめてすごく痛そうだった。



恥ずかしがるかな、と思っておまんこを舐めたいのを我慢していたが、そうも言っていられない。

「ちょっと恥ずかしいけど我慢してね」と言って、両膝を抱え上げると友子のおまんこに顔を近づけた。

至近距離からまじまじと眺めると、顔に似合わない剛毛の中にまだあまり使われていないピンクのおまんこがヒクヒクしている。

俺はベロベロとそこら中を舐めまくった。かなり長い間、舐めまくったり、舌を丸めておまんこの中をグリグリしているうちに、

友子のおまんこはクリトリスからアナルの方までベトベトになった。



もう一度正常位でちんぽの挿入を試みたが、やっぱりきつい。でもさっきよりは何とかなりそうだった。

ちんぽをグッと押し込もうとするたびに、友子がすごく痛そうにするので、ちょっと進んでは休み、ちょっと進んでは休みを繰り返し、

けっこう大変な思いをしてやっとちんぽが3分の2くらいまで入った。

友子の必死でこらえている様子を見ると、それ以上は可哀相になった。ちょっと動かそうとしても痛そうにするので、そのまま友子の身体に覆い被さった。

「大丈夫?」と訊くと、一生懸命さが伝わってくるように「うん」と頷いた。じっとしたままで友子のおでこに手をやり髪を撫で上げ、優しくキスしてあげた。



ただ、一晩中ギンギンのまま過ごし、今また動けないでいるのは、けっこう辛いものがあった。

しばらくそうしていたが、今日は月曜日、これから出勤しなくてはいけない。結局むちゃくちゃモヤモヤしたまま、シャワーを浴びて身支度を調えた。

友子も身支度を済まし、俺はベッドに腰掛けて煙草を一服していると、部屋の外から友人たちがドンドンドンとドアを叩く音がした。

部屋の鍵を開け、「昨夜は飲み過ぎちゃったねぇ」と言いつつ、俺たちは酔っ払ってそのまま寝てしまった風を装った。



みんなで揃ってホテルを出た。友子だけ休暇を取っていたので、すぐ近くの駅まで見送り、残りのみんなは会社に向かった。

振り向くと友子はボーッとした様子で、ぎこちない足取りでホームを歩いていた。



ここまでで、友子って処女だったの?と思うかも知れないが、結論から言うと処女ではなかった。

事情はその後聞くことになるのだが、その時の俺は、友子は経験済みだと思い込んでいたし、だから訊きもしなかった。あんなに痛がっていたのに・・・。

(23歳の処女なんている筈がないと思っていたのかな)



【過失犯から確信犯へ】

その後も友子とは今まで通りに接していた。俺は“一回だけの間違い”にするつもりでいた。

一ヶ月くらい過ぎた頃、ひょんなことから友子を車で送っていくことになった。

友子は通勤に、自宅から駅まで車を使い駐車場に車を置いて会社近くまで電車を使っていた。その駐車場まで送っていくのである。



その道すがら、始めは他愛もない話をしていたが、だんだん「私をどう思ってるの?」みたいな話になってきた。

なるべく傷つけないように“ちょっと親密な、でも友達と思ってる”みたいなことを言ってやんわり断っていたが、だんだんのっぴきならなくなってきて、

結局ラブホに行くことになってしまった。『これで“酔ったうえでの過ち”と言い訳できなくなってしまった・・・』と、思いながら。



ラブホには入ったことがあると言っていたが、照れを隠すためか友子は珍しそうに室内を探検していた。

「一緒に風呂入ろう」と誘うと、友子は躊躇なく着ている服を全部脱ぐとバスルームに駆け込み、俺たちは洗い場や湯船の中でじゃれ合った。



二人とも裸のままベッドに入ると、苦労しつつも今回は無事最後までいけた。

終わった後のベッドの中で、友子のこれまでの経験を訊いてみた。

初体験を訊くと、「去年。・・・遅いでしょ?」と恥ずかしそうだった。

それで、「今まで何人と?」と訊くと、「1.5人」。

「へっ!?・・・1.5人て?」



ずっと幼馴染みみたいに付き合ってきた彼がいて、去年ラブホで処女をあげたのだという。

すごく痛くて大変だったけど、なんとか我慢してロストバージンしたが、2回目のHもやっぱりすごく痛くてちっともよくなかったのに、

彼がしつこく求めてくるので、その頃本格的に始めたテニスが面白くなってしまったこともあり、ちっとも構ってあげなくなったら自然と別れてしまったのだとか。



俺は、『やっとHまで持ち込んだのに、とたんに冷たくされたら、男の立場からすればそりゃ辛いわな』と彼に同情した。



ちなみに、俺は職場の同僚と毎日のようにナイターテニスをやっていて、その傍ら週1回のスクールも受けていた。

前の年、クラスは違うが友子も同じ時間帯のスクールに入ってきていて、今にして思えば俺の影響があったことは想像に難くない。



その後、“おじさん”と言えるくらい年齢の離れた男(どんな関係だったかは聞きそびれた)とホテルに行ったが、あんまり痛がるので、彼は先っぽだけで断念したのだという。



もともときついうえに、たった2回の経験では、そりゃ痛がるはずだと俺は納得した。



【口内発射】

それから俺たちは、月1のペースでラブホ通いを始めた。

友子はさすがに痛がることはなくなり、挿入しているあいだも気持ちよさそうにしていたが、Hそのものの快感というよりも、俺とひとつになっていることの幸せを味わっているようだった。



それでも俺は未開発の友子にいろいろな体位を試し、他にもいろいろなことを教え込んだ。

俺は前戯のあいだチンポを握っていて貰うのが好きで、そう仕向けると友子は、ベッドに入るなりすぐに俺の股間に手を差し伸べてくるようになった。

フェラのコツも教えた。奥まで入れると気持ちいいことや、穴の付近とかカリの辺りをペロペロされると感じることを教えた。

友子は言われたとおり素直に従い、ほどなく、教えもしないのにタマタマや尻の穴の方まで舐めてくれるようになった。



フェラといえば、俺は口でイッたことがなかった。実を言うと、俺は連発ができない。一度射精してしまうと、どんなに頑張っても翌朝までチンポが役に立たないのだ。

なので、おまんこの中で射精(といってもゴムを付けてだが)するのが好きな俺は”貴重な一発”を口で終わりにしたくなかったのである。







すぐに発射してしまうともったいないから、おまんこに1時間も2時間もチンポを入れたままにして、途中で休憩がてらビールを飲んだりお喋りしたり、そうしてると柔らかくなってくるから、体位を変えてまたチンポを元気にしたり、というのが俺のやり方だ。



でも、ある時口内発射というのを試してみたくなった。

ひとしきり燃えたあと、ちょっと柔らかくなりかけたチンポを引き抜くと、「口でイカせてくれる?」友子の耳元で囁いた。

友子は上気した顔で頷き、俺がベッドに寝そべると自分は半身になって、左手でチンポを握り俺の股間に頭を埋めた。



フェラはすっかり上手くなっていて、とても気持ちよかったが、俺は”貴重な一発”のために自分の発射をコントロールする癖がついていたので、なかなかイキそうもない。

いままでの女は長くくわえているとそのうちに、「もういい?」とか「あごが疲れた」とか言って止めてしまうのだが、友子は俺がいいと言うまでいつまででも続けているような気配だった。

急に友子がいじらしくなって、するとチンポがいちだんと膨らんで一気にイキそうになった。



俺は友子の頭を押さえつけると、腰をグイグイと突き上げて友子の喉元深くに思い切り発射した。

友子は放出が終わるまでじっとしていたが、やがて、口の中を精液でいっぱいにして頬を膨らませ、上目遣いに俺を見上げた。

「飲んでも平気だよ」と言うと、友子はゴクッと音を立てて俺の精液を飲み込んだ。

「どんな味だった?」と訊くと、「何の味もしない」と答えた。



そのあと、俺の精液で口の中をベトベトにした友子とディープキスをしたが、自分の精液を舐めていたわけで、妙な気分だった。



【露天風呂】

その年の秋、1泊で温泉に行った。俺は露天風呂が好きなのである。

ガイドブックを何冊も買って、良さげな混浴露天風呂がある旅館を選んだ。



俺は、二人で温泉に入ってるところを他人に見せ付けたかった。ほかの男たちの羨ましそうな顔を見たい気がしたのだ。

が、いつもは素直な友子も、さすがに衆人環視にさらされての入浴は拒んだ。

ここまで来て混浴せずに帰ったら一生の不覚。夕食のとき仲居さんから「朝方早い時間なら誰も入ってませんよ」という情報を仕入れた。

その晩もちろんHしたが、翌朝に備え早々に切り上げた。



翌朝、夜明けとともに目を覚まし、友子の手を引いて川床に近い露天風呂まで階段を降りていった。

脱衣所は男女別だが、引き戸を開けて一歩出ると、すぐ隣に女性用脱衣所の出口があった。



湯加減を見ると、これがむちゃくちゃ熱いのである。いろいろ奮闘(経過は省略)したが、

結局そこはあきらめて、近くにもう一つあった小さな湯船に落ち着いた。紅葉の始まる時期で、とても綺麗だった。



小さい方の湯船もかなり熱かったので、あまり長湯はしていられなかった。

友子が先に上がり脱衣所への階段にさしかかる頃、『さて』と湯船を出ようとしたところで、俺は目が点になった。



女性用脱衣所から、うら若き女性が階段を降りてきたのである。それだけなら別に驚くほどのことはない。

なんと彼女は右手にタオルを持ち、まったくどこを隠そうとする風でもなく、ルンルン♪てな感じで階段を降りてくるのである。

友子が階段を上がろうとしているところだったし、脱衣所を出たところからは階段下の様子は一望できたから、俺がいることに気付かないはずはない。



俺は普段眼鏡をかけていて、風呂に入るときはもちろん外す。

それでもひどく豊満な、メロンを2つ並べたような張りのあるおっぱいがぷるんぷるん揺れているのや、下の方に目をやるとかなり濃い目の、黒々とした茂みが脳裏に焼きついた。(返す返すも、眼鏡を外していたのが悔やまれるのであった)



部屋に戻ると友子が、「さっきの女の人、すごかったねー!」と興奮していた。



【スキー】

冬になると会社の友人たちと、恒例のお泊りスキーに行った。

その年はなんだかんだと参加メンバーが抜けて、二人のほかには俺とたいして年齢の違わない男1人(Mとしておこう)だけになってしまった。



宿は和室1部屋で、友子が真中になって川の字になって寝た。

布団に入って他愛もない話をしていたが、友子の左側に寝ていた俺は右手だけを友子の方に伸ばしてトレーナーの裾から手を入れ、話をしている間中友子のおっぱいを揉んでいた。

(なぜだか仲居さんが、3人分の布団をぴったりくっつけて敷いていた)

Mはアルコールが入るとすぐ居眠りを始める奴で、早々と寝入ってしまった。



俺は布団の下に潜り込ませておいたコンドームを取り出し、手の感触を頼りにチンポにかぶせた。

そして友子の下半身だけむこう向きにさせると、頭の位置は変わらないようにして、腰だけをグイッと引き寄せた。

そうしておいて、お尻のほうからジャージのズボンとパンティに手をかけると、膝の近くまで下げた。

お尻の間から手を入れると、友子がすぐに俺のチンポを握ってきた。

ずっとおっぱいを揉んでいたせいか、友子のおまんこはすっかり濡れきっていた。

それを確かめると、俺も頭の位置を変えないように腰だけを突き出し、バックから友子のおまんこに挿入した。



だが、この体勢ではどう頑張ってもチンポは浅くしか入らない。

しかも、俺は感じている女の表情を見ながらするのが好きなのに、つとめて平静にしている友子を見ていると、ちょっと油断しただけで萎えそうになる。



その時最後までいったかどうか覚えていない。

目の前にMが寝ていると思うと、スリルと興奮に満ちてはいたが、なんだか物足りなかった。



【引っ越し】

友子との初めての夜から2年になろうとする頃、友子は会社の近くにアパートを借りて引っ越しをした。

「いい加減年だし、独り立ちしないとね」と言っていたが、俺とのことが本当の理由だろうと思った。



友子が引っ越してきてからは、仕事の帰りに週に2回くらいずつ彼女の部屋に寄った。

泊まりになる仕事はない会社だったから、遅くなっても家に帰ったが、何回かは朝まで一緒に過ごしてそのまま出勤したこともあった。

夜中に帰るときは、見送ってもらうときと、寝ているところを抜け出してくるときと、半々くらいだった。

玄関のところで見送るときの友子は、いつも今にも泣き出しそうな顔をしていた。



俺の腕の中で眠り込んでいるときは、友子の頭からそっと腕を抜き取り、起こさないように静かに身支度して帰った。

朝起きて、独りの自分に気づいたときはどんなにか寂しいだろうと、合い鍵で玄関の鍵をかけるたびに心が痛んだ。

Hのペースが月1回から週2回になってしばらくすると、Hのときの友子は驚くほど変化してきた。



身体のあちこちが感じやすくなり、とりわけ乳首がとても敏感になった。

おっぱいを口全体に含んだまま舌先で乳首をちろちろと舐めると、堪らないように喘いだ。

片方の手でおまんこをいじりながら、もう片方の親指と小指の腹を使って両方の乳首を同時に攻めると、

腰をぴくんぴくんとさせて、身体を捩った。



かなり感じても半開きくらいにしかならなかった友子のおまんこは、ひとりでに、ビラビラがいやらしく両側に開いてきて、

尿道口や膣口まではっきり見て取れた。

淡いピンクのクリトリスは痛いんじゃないかと思うほど勃起して、俺の指や舌を待っているかのようにピクピクさせた。



それまで俺になされるがままだった友子は、69でちょっと長めにお互いを舐め合っているときなど、

切なそうな声で、「ねぇ、はやくぅ」と俺のチンポをせがむようになった。



それでも、まだイッたことはなかった、と思う。



【テニスウェア】

友子とウィンドウショッピングに行ったときのこと。



テニスショップに入って、ぶらぶらウェアを見ていたら、友子が「ちょっと、ちょっと」と呼ぶ。

行ってみると可愛らしい白のワンピースだった。ただし、このウェアはキャミソールみたいな細い肩紐だったので、

友子は女子店員を呼んで「このウェア、普通のブラジャー付けられないですよね?」と訊いていた。

その店員は「うーん・・・」とちょっと考えたあと、

「ブラジャーなしか・・・、じゃなかったら肩紐ないやつですね」と答えた。



『ブラジャーなし!?』一瞬友子のブラなしウェア姿を想像して、俺はゾクッとしてしまった。



友子は「わたし胸小さいから、肩紐なしの付けたことないんですよねぇ」と言ったが、

店員も答えようがないのか、曖昧にうなずいていた。

友子はしばらく買うか買うまいか迷っていた。



俺は無性に、想像じゃなくホントに着ているところを見たくなってしまった。

だって白っていうだけでなく生地がメッシュなので、きっと乳首のポッチどころではなく、うっすら見えてしまいそうだった。

おまけに、それでなくてもテニスウェアはスカート丈が短いのに、これは他のウェアよりも一段と短かかった。



「これ可愛いじゃん。買ってあげるよ」

俺が言うと、やっと決心がついたらしく「これ下さい」とウェアを店員に手渡した。



ショッピングから帰ってくると、友子はよほど気に入っていたらしく、すぐ着てみると言って、あっという間に買ってきたばかりのウェアに着替えた。

ブラジャーは外していて、ウェアの下はパンティ1枚だけだった。(俺の下心が見透かされていた?)

思っていたとおり、乳首がうっすら見えてるし、パンティのレース柄も透けていた。

「どーお?」と訊いてきたので、どぎまぎしそうなのを隠して「うん、とっても可愛いよ」と言ってあげた。

次の日曜日に一緒にテニスをする約束をした。



約束の午前9時過ぎにテニスクラブに現れた友子は、もちろん買ったばかりのお気に入りのウェアを着て来た。

残念というかほっとしたというか、ストラップレスブラを付けていた。友子のウェア姿がとても眩しかった。



午後1時頃にテニスを終えて、スーパーで昼食用の買い物をしてから、友子の部屋へ行くことにした。

車で数分なので、テニスの後はいつも部屋に戻ってからシャワーを浴びていたが、友子は「着替え、どうしようか?」と訊いてきた。

テニスコートでは健康的に見えるウェアでも、スーパーへ行くとなると確かにちょっときわどい恰好かもしれない。

でも俺は、そんなきわどい恰好をした友子を見せびらかしたいという欲望もあって、「平気だよ」と答えた。

俺も短パンのテニスウェア姿だったので、一緒に歩けばそんなに変じゃないと思ったようで、「そうだよね」と言ってそのまま車に乗り込んだ。



スーパーに着いて、二人でカートを押しながら歩き回っていると、やっぱりかなり刺激的だった。

「何がいい?」とか「これ食べる?」とか訊いてくるけど、品物に手を伸ばすたびに、大きくあいた袖ぐりから思いきりブラが覗けたり、

ウェアのお尻からアンダースコートがちらちらして、テニスをしているときは全然気にならなかったのに、妙に頭がクラクラして買い物もうわの空だった。



【お手入れ】

夏になって、遊園地のプールにいくことになり、デパートへ友子の水着を買いに行った。

俺が「ビキニにしてね」と頼むと、友子は、色はちょっと地味だけど形は普通のよりちょっとセクシーなビキニを選んでくれた。



その夜友子と風呂に入っているとき、俺は「むだ毛のお手入れしなくちゃね」と言って、剃刀を手にした。

友子は湯船の縁に腰をかけると、なんでもないように両脚を開いた。

たっぷり石けんを泡立てて、はみ出しそうなところをジョリジョリと剃っていると、俺はゾクゾクしてきた。

そして、ツルツルになった友子のおまんこを見てみたくなってしまった。



「ね、どうせだから全部剃っちゃおうよ」と言うと、友子は「えーっ?、やだぁー」と渋った。

「ねっ、お願いっ!」俺が哀願すると、半泣きの顔になったがイヤとは言わなかった。

前が終わると、湯船の縁に手をつかせお尻を突き出す恰好にして、アナルの周りもきれいに剃り上げた。



ベッドに入ると、俺はすぐに友子の両脚をM字に開かせ、おまんこにぴったり顔を寄せてツルツルになったそこを鑑賞した。

友子はとても恥ずかしそうにしていたが、俺は「とっても可愛いよ」と言ってあげた。

実際、ちょっと青みを帯びた真っ白い恥丘の下に、縦に1本、筋の入った友子のおまんこは、幼女のそれのように綺麗だった。



正常位から上体を起こして立て膝になると、俺は結がっているところを目の前に持ってくるように、友子の腰の下に手を入れグッと持ち上げた。

ふと気づくと、友子の下腹部が、おまんこのところからへその近くまで、チンポの形にぷっくり盛り上がっていた。

「ねぇ、ねぇ」と言って友子の右手を持ち、てのひらを下腹部に導くと、友子は下腹部のふくらみを撫でたあと、「うわーっ、こんなに中まで入ってる!」と、嬉しそうな顔で驚いていた。

そのあと俺はベッドの、ドレッサーに自分が写る位置に腰掛けた。

後ろ向きに立たせた友子の腰を左手で抱え、右手で自分のチンポを握ると、友子のおまんこにあてがって膝の上に座らせた。

友子は、「はぁ・・・」と甘い声を漏らしながら、お尻を沈めてきた。



友子の両腿の下に手を入れ、子供におしっこをさせる時のように持ち上げると、

ツルツルになった友子のおまんこに、俺のチンポが深々と刺さっているのが、はっきりと鏡に映っていた。

「見える?」友子の耳元で囁くと、友子はチラッと鏡に目をやり「うん・・・」と言って目を潤ませた。



気持ちよさに目をつむろうとする友子に、鏡から目を離さないように言い、俺は友子のお尻を揺すった。

俺がもう一度「見える?」と訊くと、どんなに感じても「んっ」とか「くっ」としか声を出したことのない友子が、

「見えるぅ!見えるぅ!」と声をあげながら、激しく身体をくねらせた。



【お尻】

友子は胸が小さい代わりに、見事なお尻をしていた。

異様なほど細くくびれたウェストから、ちょっと大きめの、本当に白桃のような張りのある双丘が続いている。

ごくありふれた会社のユニフォームを着ているときでも、その歩いている後ろ姿はとても悩ましかった。



俺はそんな友子のお尻が大好きだったが、実を言うとそれ以上に、その奥にあるアナルに興味があった。

いい歳をして“興味があった”もないものだが、初めて見た裏ビデオが洋モノで、

その画面の中ではとびきりの美女が白人の巨大なモノをアナルにねじ込まれ、気持ちよさそうに喘いでいた。

俺のアナル願望は、多分そのときからだと思う。



何人か試したことはあったが、「痛い!痛い!」とギャーギャー騒がれ、思いを果たせずにいた。

友子とは、根もとまで中指をアナルに薬指をおまんこに入れ、その指を挟み付けるようにして境目の薄い肉壁をいじったりしてはいたが、

チンポは試したことがなかった。



ある時、友子を四つん這いにさせバックでさんざん突きまくったあと、「ねぇ、ちょっとお尻に入れてみてもいい?」と訊いてみた。

友子は知識としては知っていたらしく、それでもまさか自分が経験することになろうとは思いもよらず、「えーっ、ホントに入れるの?」と訊き返してきた。



「だってほら、同じくらいのが出てくるわけだし・・・」(俺のチンポはうんこかよっ!)

でも、そんな間抜けな説得が功を奏したようで、友子は「そう言えばそうだけど・・・」と言ってOKしてくれた。



俺はおまんこから溢れている愛液を、揉み込むようにアナルに擦り付けると、自分のチンポを握ってアナルに押し当てた。

グッと押し込むと、抵抗はあったものの先っぽが友子のアナルの中に入った。

「痛くない?」と訊くと、友子は「ちょっと痛いけど大丈夫」と答えた。

チンポを握ったままググッと押し込むと、ギシギシと音を立てそうな感触で、俺のチンポが半分くらいまで入った。

「大丈夫」と言ったものの、友子はかなり辛そうだった。

俺は、『初めてだから、今日はここまでにしておこう』と思った。



それでも充分満足だった。征服欲が満たされたような充実した気分だった。

「俺は、友子のアナルの初めての男だぞっ!」と叫びたかった。

【電話】

ある日曜日の朝、「○○さんていう女の人から電話だよー」と、妻が電話機を持ってきた。

覚えのない名前に、『なんかのセールスかぁ?』と思いながら受話器をとると、友子だった。

切羽詰まった声で、いま俺の家に近くに来ていて、すぐに会いたいと言う。

今まで友子は、家に電話をしてきたことはなかった。ただならぬ様子である。

適当に理由をつけて家を出ると、車を停めていると言われたところまで歩いていった。



停めてある車の助手席に乗り込むと、友子は怯えた小鳥のような風情で、口もきけないようだった。

「とりあえず部屋に行こう」俺が運転して、友子の部屋に向かった。

部屋に入って、胸の中に抱え込むように友子を抱きしめると、友子はヒクヒクとしゃくりあげ泣き出してしまった。

友子を座らせ、かなり長い時間をかけて気持ちを落ち着かせると、友子はぽつりぽつりと語り始めた。



どうしてそう思うようになったのかは言わなかったが、『いつまでもこんな関係を続けていてはいけない』と思い、俺への想いを断ち切るために、昨夜テニス仲間のT男を呼び出して海まで行き、朝まで一緒に過ごしたのだという。



どうやら、浮気をして(というのも変な話だが)、うしろめたさから俺との関係を続けられないように、自分を追い込んでしまおうとしたらしい。



ところが意に反して、T男は友子が話す苦しい胸のうちを一晩中黙って聞いてくれて、朝早くに部屋まで送ってきてくれたのだという。

友子は気持ちの置き場がなくなって、どうしていいか分からなくなり、とにかく逢いたい一心で俺の家の近くまで来たものの、さすがに、直接訪ねるわけにもいかず電話をかけてきたのだという。







俺は友子をベッドに横たえると、自分も傍らに横になって、友子の髪を撫でながらおでこにキスした。

それから、友子の服を脱がせ自分も裸になると、もうこれ以上ないくらいそーっと優しく、友子の全身を愛撫した。

友子は身体中が性感帯になったように激しく反応した。

いつものように俺のチンポを握ってくることも忘れ、目をつむって顔をのけぞらせ、快感の嵐に身をまかせていた。



俺がチンポを友子の中にゆっくりと、でも一気に奥まで挿入すると、友子は両腕を俺の首に回し、堪らないように喘いだ。

俺が腰を前後させると、やがて、我慢しきれないように両足を突き上げ、ふとももで俺の腰を挟みつけてきたかと思うと、俺のチンポを少しでも奥に入れようとして、腰をグイグイと突き上げてきた。



その刹那、友子の口から「うっ」と呻きが漏れ、

腰がビクビクと激しく痙攣すると、膣のヒダヒダが痛いほどギュッと締め付けるようにして、俺のチンポにまとわりついてきた。

友子が初めてイッた瞬間だった。



そのとき俺はゴムをつけていなかったから、中に出してしまいたい誘惑に必死で抗った。額から脂汗が滲んだ。



【テニス合宿】

テニス仲間と合宿に行った。というか、単に泊まりでテニスをしに行ったようなもんだけど。



夕食のあと、仲間たちに散歩してくると言い残して、友子と外に出た。

まわりは別荘地帯だから、ところどころにぽつぽつと灯りがあるだけで、もちろん歩く人もいない。



俺は左手を友子の腰にまわし、トレーナーの下から右手を差し入れて、ブラをつけていない友子の胸を揉みながら歩いていた。

おっぱい全体を撫でさすったり、乳首をつまんでこりこりといじっていると、

友子の小さめの乳首はすぐ固く尖ってきて、友子は快感に顔を赤らめ、会話も途切れがちになる。

俺のチンポもびんびんになってきて、ズボンの下で窮屈そうにしている。



俺は道路からちょっと陰になった大きい樹のところまで行くと、友子の手を樹の幹につかせお尻を突き出させると、ジャージのズボンとパンティをくるんとお尻から剥き、ビンビンになっているチンポを押し当てた。

しかし、ズボンとパンティが邪魔になって、友子の両脚を開けない。

片足だけズボンとパンティを抜き取ると、おおきく脚を広げさせ、今度は深々とチンポを挿入した。



途中で、俺たちを照らし出すようにヘッドライトをつけて、車が脇を走り去っていった。

ちょっとヒヤッとした。



ペンションに戻ると、二人で空いている部屋に入り、薄暗い室内から鍵をかけた。

部屋は男女それぞれ一つの4人部屋だったし、宿泊客は俺たちのグループだけだった。



俺たちは服を脱ぐのももどかしく、思う存分愛し合った。

俺は意図して、コンドームを用意してこなかった。

チンポを友子のアナルにあてがうと、友子は俺の意を察してお尻を突き出してきた。

かなりきついアナルを、右手でチンポを押し込むようにして、根もとまで埋めた。



ほっと一息つくと、友子はペタッとベッドに突っ伏してしまった。

「痛くない?」と訊くと、「ううん、じっとしてれば全然平気」と友子は余裕をみせた。

「ちょっとお尻の穴、締めてみて」と言うと、きゅっきゅっと、おまんことはまた違う感触がチンポを締め付けた。

その堪らない快感に、俺は、「動かすよ」と言うと、腰を前後させた。

ゾクゾクとした痺れが背中に走り、俺はもう友子を気づかう余裕もなく、ガツンガツンと友子のお尻に腰を打ち付けた。

やがて、頭の芯に電撃が走り、俺はドクンドクンと長い間放出しつづけた。



合宿から戻って数日後、アナルに入れようとした俺に、友子は

「あのあと出血して、大変だったんだからぁ」と、きっぱり拒んだ。

結局、友子とのアナルセックスは、全部で2回だけだった。



【終わりのとき】

土曜日の午後、友子の部屋を訪ねると、ちょうど出かけるところだった。

昨夜親から電話があって、話があるから帰ってくるようにとのことで、今から実家に行ってくるのだという。

帰りを訊くと、日曜日の午後には戻る予定だと言った。



次の日の夕方、友子の部屋に行ってみると、友子は留守にしていて、テーブルの上に置き手紙があった。



今まで楽しかったこと、でも最近は一緒にいてもドキドキしなくなってしまったこと、そしてもう終わりにしよう、ということが

便箋2枚にびっしりと書かれてあった。



両親とどんな話があったのか・・・。



“一緒にいてもドキドキしなくなった”というフレーズが、トゲのように俺の心に刺さった。



(完)









出典:huita

リンク:ふいつぁ


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||

【浮気・不倫】一緒にいてもドキドキしなくなった 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年7月25日 | 告白体験談カテゴリー:浮気・不倫の告白体験談

このページの先頭へ