相互リンク先の更新情報!

【おっぱい】ドMな私【告白体験談】

カテゴリー:おっぱいの告白体験談
tag:


私はドMです。

そして大学で知り合った

彼氏のS様はSでした。自分のステータスは

B90W60H74で

おっぱい以外存在価値のない私を

S様は拾ってくれました。

だからS様の命令は絶対です。その日、私はS様の前で裸でM字開脚していました。

これは毎日の日課なんです。

でも私のおまんこをいじってくれるのはごくまれで、オナニーも禁止されてるので、私のおまんこはずっと寂しいままでした。でもこの日は違いました。

「これ」と言って輪ゴムを5個私のお腹に投げていただきました。

「それお前の肉袋につけてみ」

(肉袋=おっぱい)

「は、はい」私はうなづき

早々と取り付けました。無駄に大きいおっぱいはちょっとへこみました。

「うん、それねじってまたかけて」




「はい」私はすぐにとりかかりました。おっぱいはひょうたんみたいな形になりました。

「もっかい」

「は、はい」私は二重の輪ゴムを引っ張りねじっておっぱいにかけました。

同じところではなく少しずらしてとりつけました。おっぱいがボンレスハムみたいになってます。

「もっかい」

「えっ・・・はい・・・」

四重の輪ゴムを無理矢理ねじってつけました。もうおっぱいの形じゃありません。

「それあと二回やって」

「え、えっと・・・わたくしの手の力ではもうご命令を実行出来ません」

チッ・・・しゃあねえなぁ・・・」

そういってS様は輪ゴムを思いっきり引っ張って、おっぱいを締め付けました。

「あうっ・・・ん!んんんぁうぃぃ!」変な喘ぎ声をあげてしまいました。

その時私は笑っていました。続く


告白体験談関連タグ

||||||

【おっぱい】ドMな私【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年7月26日 | 告白体験談カテゴリー:おっぱいの告白体験談

このページの先頭へ