相互リンク先の更新情報!

【レズ】レズに走ったあの頃。数年たって今はノーマルだけど、あれは黒歴史。 【告白体験談】

カテゴリー:レズの告白体験談
tag:


1:名も無き被検体774号+:2012/11/27(火)14:28:40.51ID:hp9V2oP10

私は当時、処女で恥ずかしかった。友達の彼氏の話題にもついていけなくて悲しくて。

それまでに一度だけ、付き合った男の子がいたけどエロ的な要素が見えると退いてしまって…

結局別れた。

かなり怖がりだし、自信もなかったし。



ある日偶然レズビアンのサイトを見つけてしまった。

男性恐怖気味だったのと、興味本位でそれを開いた。

そこに出会い系掲示板があって、つい書き込んでしまった。

別に出会いたいわけでもなく、なんとなく…て感じで。



そしたら、返信が鬼のように来てビックリした。今の私なら『出会い系』てだけで遠慮します、だけど当時はそういうの知らなくて『いっぱいメール来たー』って喜んでた。

バカみたいに。

でも返信メール読んでも何だかよく解らない言葉あるし、別世界を覗く感じで楽しむだけだった。






そんな遊びをしてたら、ある日突然後輩に告白された。

後輩は弟の同級生(♀)

びっくりした。タイミング的にも。

確かに、あのサイトを頻繁に見るようになってから私は女の子にやたら目が行くようになってた。

巷によくある、レズアニメとか漫画も(キレイ目なやつに限り)目を向けてた。

後輩は、容姿はハーフっぽくて色白で美人だった。



だからびっくりした。なんで?私に?て感じ。

後輩は女子高でした。

で、その容姿のせいでか、かなりモテモテだったみたい。

ちなみにその子は弟とは、中学の時の同級生。

で、私が大学生の時にもたまに家に遊びに来てた一人。



私は、あのサイトを見ていたせいもあってか翌日にOKを出してしまった。

まずこれがダメだった。

でも、相手はキレイな美少女だし私は私で当時は女の子にしか目に入ってなかったから。

まさに食いついた感じで。



それで付き合った。

相手は美少女だったけど、タチだった。しかもかなりの我儘。

まあ、女子高で周りからチヤホヤされてたから仕方ないか、と初めは我慢した。

女の子と付き合うのは初めてだし、男の子とも一度だけという負い目もあった。



その美少女をAとしますね。

Aは、私がOK出したら凄く喜んでた。

でも、女相手のキャリアはむこうが上だった。

私は二つ歳上だったけど、ネコにされた。つまり、主導権はあちら。



Aの容姿に私は惚れた。色白でスラッとしてショートカットがよく似合ってた。

飽くまでも、私は女としてキレイな女が好きだったんだけど、付き合いだすと違った。



かなり我儘だった。

びっくり。Aは見た目ハーフっぽいのに、たまにワシとか俺とか言うし。

更に付き合った女遍歴自慢。



でも、精神的に上かというとそうでもない。

男性の都合のいい所だけを頂いた俺女みたいだった。

家事や細々したことはお前の役目。自分は何もせず堂々てしてるのが仕事、みたいな。

実際の男性の方が優しいし、包容力あるのに、何しろ私は男性経験一人だしすぐ別れたからよく解ってなかった。



Aと付き合い出した頃は楽しかった。

Aは専門学校に行き、私は大学とバイトでいつも夜に会ってた。

Aの事は、その時は好きだった。だから毎回オシャレして髪型誉めてくれただけで有頂天になってた。

付き合う内に、Aはいろんな所に出入りしてるのが解った。

ビアンのイベントとか、クラブとかバーとか。

私もそれに同行するようになったけど、中々馴染めなかった。



特に、バーには毎週連れていかれた。普通のバーじゃなくてビアンバーだけど。

そこは知らない世界で新鮮だった。

みんなリア充満喫!て感じでやたらテンション高いし、私は見た目大人しめだったし馴染めなかった。

でも毎週行ってれば、顔見知りも増えるし、溶け込むのに必死だった。

バーのママは男みたいで、最後まで馴染めなかった。

不思議な空間で、女ばかりで皆女好きって趣味のせいか距離感がない客が多かった気がする。



しばらくして、客の中にも仲のいい人も出来るしママは営業で私を誉めてくれるからAも気分良かったみたい。

Aは私といる時は、俺様気質だけどそんな中にいる時はやたら腰が低かった。

半年位付き合ってたら、そんなAを見るのが嫌になってきた。



ある日ふと、以前見つけたビアンサイトを開いてみた。

Aと付き合ってからは全然見なくなってたけど、ふと。

そしたら、出会い系掲示板の中にAらしき人物の書き込みを見つけてしまった。

『彼女募集中』だってさ。



浮気される者の気持ちが、この時解った。

喪失感とか怒りとか焦燥感とか…よく解らないものが込み上げてくる。

女同士だし〜結婚してる訳じゃないし〜みたいなノリなんだろうけど、だからって相手の気持ちを踏みにじっていいのか?みたいなの。

いま思うと、ビアンの世界ってそんな感じだった。なんか薄っぺらい。

私がたまたまそんなのばかり見たのかも知れないけど、男女間でもよくあるんだろけど。

バーやイベントで会う子達も仲良しっぽく振る舞ってたけど、あの変なテンションはリア充っていうより悲壮感さえある。



念のため、Aに確認した。

『掲示板にかきこんだ?』Aは『あ、見つけた〜?あれ、冗談で書いてみただけ。てか自分なんでそんなの見てるの?浮気するつもり?』

と逆ギレされた。Aには日常的に不満も溜まってたので、私は一気に冷めた。

ここで復讐を試みる事にした。



自分はネコだと思ってたけど、違和感感じてた。

ので、ある日Aをこちらから襲ってやった。

面白かった。違うものに目覚めた。

でも、自分はリバだと思う。

Aは初めは嫌がってた。けど、段々良くなったみたい。初めは面白かったけど、その内飽きた。

Aがマグロだから。



そうこうする内に、Aから求めてくるようになった。

お陰でテクニックを磨けました。まあ、女の子相手に使うことはもう二度とないけど。

そこで件のビアンサイトを開いた。

自分の住む地域限定で、友達を募った。恋愛対象は求めなかったから、リバとかバイとか書いたけど。

それでも構わないよーて人がいっぱいメールをくれた。



私はその中から、気の合いそうな人を探した。

恋愛目的じゃないって言ってるのに、身長体重、スリーサイズまで聞いてくる人もいたけど。

で、何人かと仲良くなって話す内に、私は『Aって知ってる?』みたいな話を振った。Aは色々出入りしてるから、顔見知り位はいるかと思い…

そしたら、『こないだ、この掲示板で出会ってコクられたよ』とか、色々遊んでる事が発覚。

さらに、私とのデートをキャンセルしてでもここで知り合った子と遊んでた…。笑うしかない。

私はもはやAに恋愛感情はなくなってた。

『どうしてやろうか』しか頭になかった。



この時点で、自分は彼女でも何でもないと悟った。

そして、これまで以上にAをエッチで攻めてあげた。もうAはタチではなかった。

私にねだってくるのを、さんざん焦らしてイかせてあげた。

我儘も聞いてあげた。優しくした。



頃合いを見て『別れよう』と言ってあげた。



そしたらAは急に取り乱した。

ふだんは俺様で上から目線なのに、とりすがって来たから

『浮気してるよね?』『てか、私彼女じゃないでしょ』『私も掲示板で色々解ったよ』『あの時あそこにいたよね』とか、並べて話した。

Aはだだっ子みたいになってしまい、更に冷めた。

『でも○○(私)の元にいつも帰って来てるし!』とか言う。

アホかと思った。それが通るなら世に浮気問題も修羅場もないわ。

Aの服を脱がせた。『これキスマークだよね。私こんなとこにつけてないし』とか言ったら今度は無言。

笑いが止まらない。内心は泣けたけど。



浮気大好きなAだけど、私の浮気にはいつも目を光らせてたのも、しんどかった。

普通の学生友達と遊んでるだけなのに、浮気を疑うし果ては遊んでる時に、数分単位でメールしてきたりとか。

あんたと一緒にするな、と思ったけど浮気する人は相手も浮気すると思うのかな。悲しいね。

自分はいいけど、相手はダメとか。

Aは容姿に恵まれたせいで、まともな価値観を身に付けられなかった可哀想な子だった。



Aにされたと同じ事をして別れようと思った。

その頃、私に告白してくれた人がいた。

『いま付き合ってる子がいる』とは伝えた。事のさわりの部分だけも話してた。

告白してくれた人Bは、ふんぎりつくまで待つと行ってくれた。



Bとは、友達として付き合う事にした。

ちなみにBは男性だったから、当時の私の恋愛対象外だった。

Bは稀に見るいい人で、頭もよくて冷静で色々相談にも乗って貰った。



Bが優しいのと、おおらかというか『全部解ってるけどまぁ聞くよ』みたいな感じで、私は参った。

『Aとはまだ切れないの?』と聞かれる度に辛かった。

私はAへの復讐の為にAと同じ事をするつもりだったから。

そんな事は、Bにはとても言えないし。

飽くまでもBには友達のスタンスを保ち、Bにもそれを伝えるだけ。

その裏で、私は彼女を探すことにした。恋愛対象が欲しかった。

Aには別れを告げた時点で、別れたはずだったけど頻繁にメールが来たりうちに来たりで、中々切れなかった。変な焦りがあった。



ある日、イベントで一目惚れした人がいた。

酒が入ってるのと、暗い照明のクラブだからかお互い補正がかかって意気投合した。

それがC。Cとはメアド交換した。

C『巨乳だよね〜』

私『カッコイイね〜』

みたいな下らない話題で盛り上がっただけだったけど。



Cとはよくメールするようになった。Cは年上で社会人だった。年上なせいか社会人なせいか、私はCに憧れが芽生えてきた。

しかも、Cは本当にカッコよかった。

Aほどの美形ではないけど、迫力というか存在感があった。

私は段々Cを好きになってた。



ある日、Cから付き合ってほしい、と言われた。私は嬉しくて仕方なかった。その頃は、私もCしか頭になかったから。

Aの事を忘れてた。

Aはその頃、ストーカー化していて私の家の前にいたり電話かけてきたりとかしていた。

さすがに家に来た時には対応せざるを得ない状態、みたいな感じだった。

仕方なく私は『もう別れたでしょ。私も付き合ってる人がいるから』と言った。

事実は、私はまだOKの返事は出してなかったけど、Aを撒く為にそう言った。

これが悪かった。



Aのビアン業界での存在を甘く見ていた。Aは私より(年下だけど)ここでは古株だし、顔も広い。

すぐにAにCの存在を突き止められてしまった。

私はその頃、何も知らずにCとラブラブメールしたりデートしていた。

Cと付き合おうか、て時にAが動き出した。

知り合いかバーか、イベントでかは知らないけど、AがCに接触して私の悪口を言いふらしたらしい。

私が浮気ばかりだとか、どんだけ最悪の女だとか、素晴らしい捏造話を。

私は又聞きでそれを知ったのだけど。

慌ててCに連絡したら、『○○の噂聞いたよ。そういう女なんだ』ってスッパリ。



確かに、Aに復讐しようとか変な考え持ってた私も悪かった。

だけど、Aとは別れたはずだしAに私の次の恋の邪魔する権利なんてあるの?元はあんたの浮気が原因なのに、なんで私が浮気性みたいな噂たてるの!

と怒りで夜も眠れなくなった。



結果、Aの方が上手だった。

Aは私がショックから立ち上がれない内に、次の彼女を見つけて私に見せびらかしに来た。



Aもその彼女とすぐ別れたらしいから、それだけが救い…。

こんな下らない戦いをしてる間にも、Bとはずっと交友関係を続けていた。

Bにはもう、一部始終を話した。

それでも動じなかった。私を好きだと言ってくれた。

涙が出た。

こんな人がいるのかと。



私はBに関心を寄せるようになってた。飽くまでも友人としてだけど。

Bは私のセクシャリティやら、汚い部分を話しても、変わらず

『それでも好きだよ』

と言ってくれた唯一人の人だった。

Bの態度を見てそんな人いるか?といつも思ってた。

Bは男だから恋愛対象外だったけど、もしかしたら凄い男かも、とおののきもした。

Bとは同じ大学に通ってて、同じ方面を専攻してた。



その後、Bとはどんどん仲良くなった。Bの家にも遊びに行ってた。

Bの本棚を見るのが好きだった。

Bの本棚は小説や漫画、専門書などカオスな状態で面白かった。

Bの家では、大体漫画読むか一緒に勉強してた。Bの頭の良さに、ここでも助けられた。

車を買ったから、とドライブにも連れて行ってくれた。

初めてBの家を見た時は、なぜか懐かしさというかデジャヴみたいなのを感じた。

Bの家の近所も、ドライブした場所さえ『以前来たことある』って感覚に襲われた。

あれが何だったのか、今でも解らない。

あの感覚はその頃以降、未だにない。

普通のデジャヴならたまにあるけど。



そうして、Bとは楽しい友達付き合いをしてる中でも、私はやっぱり『次の彼女』を求めてた。

イベントには顔を出したし、掲示板もよく見ていた。

自分の性欲の捌け口が女の子にしかなかったせいもある。

出会い系がヤバいのも、この時になってよく解った。

色々あった。書くと長いので割愛しますが。

そんな事してる内に、一人すごく気の合いそうな人を見つけた。

相手はタチかネコかも解らない。ビアン業界に疎くて『ただ女の子が好き』って人だった。

年下だった。この子をDとします。

Dは清楚系で、一見地味だけどよく見たらかなりの美人だった。

業界では、髪染めてそれなりの格好してりゃイケてるみたいな風潮だったから新鮮だった。



Dとは、メールしたりたまに遊びに出たりと仲良くなった。

そんな中Dから聞いた言葉がショックだった。

Dは既婚者だった。

びっくりした。さすがにこれは浮気になるんじゃない?とか、こんな若くて既婚者?とか色々。



Dは『女が相手なら浮気にはならないし、旦那は私にゾッコンだから』みたいな事を言ってた。

私はDを好きになってたけど、ちょっと重かった。婚姻関係がどんなものか実際に結婚したことないから知らなかったし、Dの価値観も理解しがたかった。

ただ、Dは悪い子ではなかった。ある意味すごく純粋なところがあって、突き放せなかった。

この辺りで、私も頭が変に逸れてたと思う。



Dの事は、この時点でかなり好きになってた。

離れるのが惜しかった。趣味や話も合ったし、Dの雰囲気も心地よかった。旦那さんも、これにやられたんだろなぁって、見ず知らずのD旦那にまで思いを馳せた。

Bには、好きになりそうな子がいる。って伝えた。

Bは笑ってたけど、怖かった。何か知らない怖いものを感じた。

その後もBは変わらず仲良くしてくれた。

ちょっと辛いので、はしょります。



Dは癌にかかってた。私にそれを告げて、私はまた退いてしまった。

どうしていいか、解らなかった。余命もいくばくからしくかった。

最期は旦那さんと一緒にいるべきだと思い、私はDと距離を置くことにした。



ここで退くべきじゃなかったのか、とかは今でも悩む。

結局、Dとはそれから会わなくなった。

Dは、旦那さんの事も好きだけど女性に目が行く、と話してた。

それなら、結婚した旦那が最強なんじゃないかという敗北感というか、虚しさもあった。

結局、私は逃げた。



その後、Dがどうしたかは全く解りません。旦那さんの愛情のもとで全快してる姿を思うばかり。

一度、どうしても気になりメール電話したら拒否設定されてたから生きてるとは思いたいですが。



ここまできて、私は自分が大嫌いになっていた。

自分が最低だと思える事を、悉くしてきた。

恋愛とかのいざこざは、もういいやと思ってた。

取り合えず、目指す方面の試験に意識を向けて逃げた。

Bとは、よく会うから試験関係の話を主によく喋ってたと思う。



Bは、いつでも私の話を聞いてくれた。たぶん疲れてる時にも聞いてくれたとのだと思う。

私も、Bの辛い話も出来る限り聞いてた。でも、Bは恋愛関係の話は滅多にしなかった。

数回だけ、元カノの話を聞いたくらい。

その元カノは話で聞く限りでは、私より数段優れてるのに、なんで私を好きだとかいったの?って笑って聞いた覚えがある。

Bはいい友達で、この頃かなり救われた。



私は暫く、恋愛は置いといて勉強に力を向けることにした。

こんなことしてる内に、数年たっていて将来の事を考える時期にきてた。てか、もう遅いかもとか焦るのもあった。



取り合えず試験に集中した。

Bとは同じ方面だったから、この頃はよくBといたと思う。

試験の話やら、漫画の話とか色んな話題で盛り上がった。

普通に楽しかった。まともな恋愛をしてなかったような気がする私は、Bを好きになれたらいいのに…。とか思うようになってた。

それでも、どうしてもBの事は性的な対象には見れなかった。

Bは、たぶん普通にモテてたと思う。凄くいい人だし、頭もよくて優しいし…。

でも、この関係だから楽しいし上手くいくんだろうな、とか思ってた。

Bに次に好きな人が出来たら、応援したいとも思ってた。



Bとの共通の試験を受けた。

その頃はお互い試験でピリピリしてたけど、同じ目標を持つ者同士で励まし合ったり息抜きで遊んだり…。

その頃の頭の中は、Bと勉強と将来の事だけだった。



そうやって、将来の不安とか今の楽しさとか色々思いながら日々を過ごしてた。

たまに朝、目覚めた時に『何もかも手遅れ』みたいなものが込み上げて、訳もなく朝から泣いてる時もあった。



ある日夜中に知らない電話番号から何度も電話がきてた。

私は、あまり手元に携帯をもたなかったから後でこれに気づいた。

留守電も入ってなかったから、間違い電話かな?

くらいにしか思わなかった。



翌日、たまたま大学に行ったらBとの共通の友人につかまった。

『Bが交通事故にあった』

と言った。



Bはその時、もう亡くなってました。

後で知る事によると昨夜の電話は、Bの実家の電話番号でBのお母さんからでした。



Bは飲酒運転の車にはねられて、ほぼ即死状態だったらしいです。



Bは常々、飲酒運転は最低だと言ってた。そんなニュースが流れたら、本気で怒ってた。

そんなBが、飲酒の車にはねられて死んだ。

お通夜とお葬式は泣かないようにしてた。

もしかしたら、Bには付き合ってる彼女がいたかもしれないとか、絶対私が泣くべきじゃないとか、対外的な事をひたすら考えた。

最後に、お棺の中のBを見た。

生きてる時と、同じ顔だった。

私は、息が出来なくなった。係の人が『お花を上げて下さい』と、花を手渡そうとしてたけど、受けとれなかった。Bの棺にお花を入れてあげれなかった。

壁際に逃げて、泣くのを我慢してBの棺を凝視するだけだった。



Bは白いお骨になった。いくつかお骨を拾いあげた。

もう何も考えてなかった。たぶん無表情だったと思う。



しばらくして、試験の合格発表がきた。

Bも私も受かってた。受かってた、Bも。Bに知らせたいのに『受かったねーおめでとう!』って一緒に祝いたいのに、どうする事も出来ない。



その後、最後に一度だけBの家に訪れた時Bの本棚をいつもみたいに眺めた。

本棚には、前には無かった本が並んでた。私が以前『この作家面白いよ』と何気に話した作家の本が並んでた。

それだけの事だったのに、私は泣いた。涙が止まらなかった。

Aに浮気された時より、Cに誤解されて罵倒された時より、Dが癌だと知らされた時より、泣いた。



そのあと就職した。

Bが亡くなった後は、一度だけ女の子と付き合った。



働き出して半年位までは、女の子と付き合ってた。当然だけど気持ちは職場の方ばかりだった。

職場に気になる人が一人いて、その女の子には『好きな人がいる』と行って別れました。

その子も浮気してた。mixiの日記に書いてたのを見てびっくりしたけど。

そのお陰か別れに罪悪感もなかった。

一年ほどは仕事で精一杯だったけど、気になる人に告白した。

初めて自分から『付き合って下さい』って告白した。相手は男性です。

二年位付き合って結婚する事になった。

数少ない恋愛の中で、一番好きになった人。これから一番大事にする。大切な人です。



出典:レズに走ったあの頃。数年たって今はノーマルだけど、あれは黒歴史。

リンク:


告白体験談関連タグ

||||||||||

【レズ】レズに走ったあの頃。数年たって今はノーマルだけど、あれは黒歴史。 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年7月27日 | 告白体験談カテゴリー:レズの告白体験談

このページの先頭へ