相互リンク先の更新情報!

【友達】友達じゃいられなくなるよ 【告白体験談】

カテゴリー:友達との告白体験談
tag:


オレ♂

長身、筋肉なしのヘタレ、バイク乗り



M子♀

160cm未満、色白もちはだ、黒髪肩ストレート



2人ともそれぞれの大学を卒業後、新入社員で同じ職場に配属され

同期会にて知り合いたまに話す仲になった。



M子はいわゆる押しに弱そうな見た目&性格なんだけど

実際はすごく芯が強い子でした。

それに相俟って清楚な雰囲気と、笑う時くすって頬を傾ける仕草に

すぐに同期以上の気持ちを抱いてしまった。



オレはヘタレな性格もあり、それまで彼女はいなかった。




だがこの時ばかりはどこからそんな気合が沸いたのか

M子に3度もアタックすることになる。



彼女に惚れてたのは間違いない。

だが付き合いたい気持ち以上に

あんな大人しそうな子と、もし万が一Hできたら

一体彼女はどういう反応をするのか。

いや別にHできなくてもあの柔らかそうな胸だけでもって、

まぁ、とにかくヤリたいというか清く正しくドス黒い欲望を募らせてって





ふぅ・・・



って、前置きが長いか。

以下アタック経緯。



1回目

「オレM子のこと好き・・・かも」

『え〜、冗談でしょ〜』

「(はい、冗談です)」

夜桜が妙にキレイで切なかったな。



2回目

「オレやっぱM子のこと好き・・・な気が」

『えっ、うん・・・。』



『・・・ごめん、困るよ。私そんなに好きって言って

貰えるような人じゃないし。それに今は誰かのことを

好きになれるような状態じゃないし』



「ど、どういうコト?」



『・・・今は自分自身のことで精一杯なの』



『私のことを好きって言って貰えるなら、私もそれに

同じくらいの気持ちで応えられなきゃいけないと思う。

でもそういう気持ちを持てる余裕?って言えばいいのかな。

それが今の私には持てないと思うの』



今になれば新社会人だし忙しいのは当然のことなんだが

当時のオレは絶望的に感じてね・・・。

忙しいってこと以外の、彼女の微妙な表現も理解できなかったし。



それから仕事中に何度も「何か手伝おうか?」「疲れてない?」

って無駄なアピールしまっくてたな_ト ̄|○

クソ暑い夏、ムダに熱いオレ。





3回目

「好きでなくても構わない。こっちが勝手に好きになったんだから。

だから、オレと、その・・・付き合ってもらえないかな?

何か大変な状況があれば、オレ何でも手伝うからさ。

1人より2人でいる方が上手くいくことってあるだろ!(キモ男乙)」



『いつも色々と助けてくれてありがとう。嬉しいよ。

でもね、仕事が忙しいっていうことだけじゃないの。

もちろん仕事もそうだけど、家に帰ったら二人分の家事も待ってるし』



「(はい、今なんと・・・)」



『帰ったら料理を作ってあげたり、翌日のお弁当も渡したいし。

掃除やお洗濯物もつい溜めちゃったりするし。」



「(彼氏いたんですか同棲ですね分かります)」



『まだまだ面倒の係る妹だしね』



「妹!?」



『え?あ、うん。私二人暮らしなんだ』



「あ、そうだったんだー(リサーチ不足乙)」



この後、妹は高校生なこと。

ご両親は海外赴任であること。

二人で日本に残ることにしたこと。

妹は遊びざかりで、彼女が家事ほぼ全般引き受けていること。

仕事と家事をこなすことに、なかなか体が慣れないことなど聞いた。





え、フラグ?

はい。そんなルートもあらなかったやもしれませぬ。



しかし!当時のオレは突き合いたい気持ちでいっぱい。

てめーオレとお前との関係に第三者の話挟んでんじゃねーよ。

すっこんでろ妹!!・・・ぐらいなアホだったもので。





「そんなんじゃ主婦じゃん。。」



『・・・。』



「あのさー、じゃあさ。今度。今度でいいからさ。

帰り道とかで今日みたいに偶然あったらさ、バイクで飯でも行こうよ。

いっつも自炊じゃ大変でしょ?飯ぐらいごちそうさせてよ。」



『・・・え、でも悪いよ。それにどっちにしても妹のごはんはいるから』



「帰りももちろん送るよ。家どっちだっけ?そんなに掛からないと思うよ」



『・・・え、でも』



「ま、まぁもちろん偶然会うことがあればだからさ」



後日、彼女の帰りに合わせて道端で待ち伏せしたことは言うまでもない。





そして彼女と 偶 然 帰り道が一緒になったある日。

通りには枯葉が散り、身を晒した木々も心なしか震えているようだった。



「あ(わわわ)、M子!」



『あれ、今帰りなんだ?」



「うん。あ(ああああ)の、よかったらさ・・・」



『この間の話、だよね。今日は妹も飲み会でご飯を食べてくるって

言ってたから大丈夫だよ』



「え、本当に!(オイマジカヨ!?)そっか。じゃあバイク取ってくるから待ってて」



『うん、でも私バイクとか乗ったこと無いよ』



「大丈夫。ゆっくり走るから。はい、これメット」



『え、これってどうやって付ければいいのかな』



『なんかリングとかベルトがあるけど通らないよ』



「あ、ごめん。ちょっと後ろ向きになって」



『はい』



彼女の白いうなじを眺めながらメットを被せる。

ハーフ勃起。





そんなこんなで彼女をSRに乗せて通りに出る。

洒落た店は落ち着かないし、酒も飲めないしってんで

ドコつれてけば良いのか分からず、あてもなく走ってしまった。



『結構、会社から離れたよね?』



「あ、うん。そうだね。なんかこれって店ないよねー(やべ)」



気付いたらオレの家の近くまで走ってしまった。

いい加減どこか入らなければと思ったところ、通りにファミレスを発見。

・・・あぁ他にマシな店はなかったのか。



しかしこれ以上寒空をさまよう訳に行かないので、ファミレスにin。



オレ、ハンバーグ。

彼女、なんか野菜いっぱい乗ったプレート。



話の内容なんて緊張してあんまり覚えてないけど

思いのほか彼女がリラックスして笑ってくれてることに安堵した。



が、オレの脳内は

Hしたい→ダメならおpいだけでも→その為には帰らせるわけには

→じゃどうするのよ→ホテルなんて当然言えないし→オレんち?

→いやそもそも妹いるんだから帰るって言うだろうよ・・・

(ここまで約3秒@オレ、ドウスルfromジョーオダギリ)





店内の壁時計は23時を回っていた。

彼女も左腕につけた細い腕時計の文字盤を、目で伺うようになっていた。

ファミレスの安っぽいガラス窓は湿気だろうか曇っている。



『そろそろ帰ろうかな』



「え、ああそうだね。そういえば妹さんは?」



『まだ連絡ないみたい』



「(まだ連絡ない・・・)」



「じゃあとりあえずM子の家の近くまで送るよ」



『ありがとう。夜遅いのにごめんね』





ファミレスを出て駐輪場に向かう。

外は随分と冷え込んでおり、時間の経過を冷気に感じた。



バイクに跨りエンジンをかける。



ブルブr、ボb、ポ・・・。

ブルブr、ボb・・。

ブルブr・。

「(あれ、エンジンかかんね)」



ブルブr、ボb・・。

ブルブr・。

「(やべ、相変わらず冷え込むと調子悪いな)」



『だいじょうぶ?』



「え、あ、うん。ごめん。なんか調子悪いみたいで」



『動かないの?』



「あぁ、なんかエンジンが・・・」



『困ったね・・・』



「(困った?そうか困ったか、ん?これは)」



『ガソリンスタンドとかに持っていけば良いのかな?』



皆さんご経験の通り?

寒くなるとエンジンのかかりが悪くなるもので、

でもしばらく頑張れば付く訳で、

そんなこと女子は知らない訳で、

そしてトラブった時に限ってスタンドもショップも無い訳で。



今にして思えば、郊外型のファミレスがあって

見える範囲にスタンドがなかった立地条件が勝因かもしれない。



『でもガソリンスタンド、周りに見えないよね』



「うん・・・」



・・・。



・・・。



・・・。



「あ、あのさぁ。よかったらオレの家行かない?」



『えっ!?』



「いや、あの、オレの家ここからだったら歩いてもいけるんだけど

帰れば修理できるかもしれないし、道具とかもあるから」



『え、あ、でも。。』



「うん!このまま立っていても仕方ないし、かなり冷えるし」



普段稀に見る強引さでM子を押し切り

バイクを押しながら彼女を自宅@一人暮らしへ連れてきました。

駅に帰る方が早いんじゃないかって台詞をぶった切りながら・・・。





見慣れた自分の部屋なのに、女の子連れてくるだけで

どうしてこうも景色が変わるのだろうか。

壁紙が薄汚れたグレーから白に変わった気さえする。



「何かお茶でも入れようか」



『ありがとう。でもそれよりバイクを修理して帰らないと。

それか駅とかこの辺り近いの?』



「大丈夫だよ。電車なくなってもバイク直して送れるから。

それに体も大分冷えたし、まずは温まろうよ」



『うん・・・。分かった』



ポッ、ポツ。



お湯がぐつぐつ沸いたのとほぼ同じくらい。

音が重なってしばらく気付かなかった。

この時、はじめて神の存在を感じました。



ポツ、ポツポツ。

ザザーッ・・・。



雨粒が落ちる音が聞こえたかと思うと

見る間に外が雨模様に。



「外、すごいね」



『うん・・・。通り雨、かな』



「とりあえず様子を見るしかないね」



『うん・・・。』



「修理、どうしようか」



『雨、止まないと難しいんだよね?』



「そうだね。細かい作業になるし、視界が塞がれるし」



『・・・。』



「(まずい、なんか空気が重い感じに)」



ヘビーな空気を取り払う為、彼女に就職時の話を振ってみた。

うちの会社はちょっと特殊というか、いわゆる面接が

普通の面接ではなく、ちょっと捻った質問をしてくる。



その質問も人によって違うという話をちら聞きしたので

それを彼女に振ってみたのである。



結論から言うと、正解だった。



女子同期の間では、春にその話題は話し尽くしたようだったが

男女でその話をする機会はあまりなかったので、お互いの面接や

同期の面接談を語り合うことであっという間に時間が過ぎた。





『もう、こんな時間だね』



棚に置いた安物のプラスチック時計の針は、1時を指していた。

たまに響いたトラックが道路を通る音も、もう聞こえなくなっていた。



「うん、ごめんね」



『しょうがない、よね』



「ねえ」

オレは彼女の隣に近付いた。



『え、どうしたの?』

『ちょ、ちょっと近くない!!?』



「オレと付き合って欲しい」

真剣に言った。



『え、なんでそうなるの?酔ってないよね??

だってお酒も飲んでないし』



「これで最後にする。オレと付き合って欲しい」



『・・・ごめんなさい』



「なんで?」



『そういうつもりで今この場所にいる訳じゃないから。

それに私は、今誰かと付き合おうと思ってないから』



「どうしても?」



『ごめんなさい』



「・・・。」



『私の気持ちは変わらないと思う』



「わかった。じゃあ最後に1個だけオレのお願い聞いてくれない?」



『え、あ、うん?・・・えっ!?』



オレは彼女の体を強く抱きしめた。



『ちょ、ちょっと待って』



『おかしいよ。こういうの良くないよ!?』



気にせず彼女を抱く腕の力を強めた。



『ねぇ、お願い。嫌だよ・・・』



彼女の目が少し涙目になっていることに気がつく。

キスをしようと顔を近づける。



M子は思いっきり顔を避けた。



『ねぇ、こういうことしたら友達じゃいられなくなるよ?』



一瞬胸に鈍い痛みが走る。



『気持ちに応えてあげられなくてごめんなさい。

でもこれからも仲の良い友達でいたいと思うの。

私のわがままだっていうのも分かってる。

でも、いつもすごく助けてもらっているから』



が、その助けっていうのは、この日この一瞬の為でもある訳で。





オレはM子の力が緩んだ隙に、一気に床へ押し倒した。



『っ!!』



そのまま右手で彼女の頬を寄せ、唇を合わせた。



「友達じゃなくていい。一生好きになってもらうチャンスがないなら

友達でいられなくても構わない。目の前のM子が欲しい」



オレはもう1度彼女にキスをした。



『本当に・・・友達じゃいられなくなるよ』



M子は真剣な目をしていた。





なんだろうな。

この歳になって彼女の気持ちを推し量るって。



なぁ、もまいらだったらどうするよ。

一生友達でいるか?そりゃもしかしたらまたチャンスもあるかもな。

今思い出にするか?彼女の軽蔑する視線に耐えながらだけど。



どちらにしてもM子を彼女にする方法なんて浮かばなかった。

それよりも目の前のM子を堪能したかった。。





オレは本能に体を委ねた。



キスを繰り返す内に、彼女の唇が少しずつ開いていった。

吐息が漏れていくように。



舌を彼女の唇の裏側に押し当てる。

あったかい。。



彼女が舌を引っ込めていることに気付く。

触れられたくないのだろうか。

構わない。



胸を触りたいと思った。

しかし、彼女が腕組みをするように両手を重ねており

胸の上半分に触れるので精一杯だった。



しかし普段からその白くぽってりとした肌を見ている訳で

ふにっ、ふにっとした感触は、理性を失わせるに十分であった。





体勢が辛くなってきたので彼女を無理やり横向きにさせ引き寄せた。

瞬間に彼女の頭の下に、腕を滑りこませた。

ピロートークの時みたいな体勢になった。



彼女の顔を覗き込んだ。

顔を見られるのが嫌みたいで、オレの胸に顔を押し付けてきた。



むしろ都合の良い形になった訳で

彼女の淡いベージュのスカートを撫でながら

少しずつ手のひらを脚の方へ伸ばした。



彼女の足は決して細くはないが、触り心地の良い感触と色の白さで

いつまでも撫でていたいような気分にさせられるものだった。



内腿なんかはまるで自分とは別の生き物の肌かと思った。

テンピュールの人間版?

とにかく触れると吸い込まれるような感じだ。





『んっ、はぁ・・・』



気付くと彼女の息を吐く頻度が上がっていた。

決して声を出してはいないのだが、顔がひどく赤く上気していた。



「(いけるかな?)」



思い切って彼女の下着の上から、大事な部分に触れてみた。



『はっ、はぁ』



なんとなく湿った感触を指に覚え、そのまま下着を横にずらし

彼女の中に侵入してみた。



『やっ、はぁ。はっ。。』



驚いた。

彼女の中はとても濡れていた。

ほんの少し指を上下にするだけで、その周囲まで溢れてきた。



『や、んっ』



「すごい濡れてるよ」

オレは思わず声に出してしまった。



彼女は余程恥ずかしかったようで

オレの胸の位置にあった顔を、更に思いっきり押し付けてきた。

その動きに便乗して彼女の耳に唇を当てた。



『あっ、うん』



「(・・・耳、弱いのかな)」



なんとなくここまでの仕草にOKの意を感じ

彼女のスカートを脱がせに掛かった。

気のせいか彼女がほんの少しだけ、腰を浮かせてくれた気がした。



続いて下着を脱がせようと手をかけたところで



『やっ。まって・・・』



「どうしたの?」



『・・・暗く、して欲しい』





部屋の電気を消して、もとの体勢に戻り

彼女の腰に手を回した。



するとそこにあるべきはずの下着の感触がない。



「あれ?」



『・・・。』



ふと見ると彼女は脱いだ下着を手に丸めて持っていた。



そのまま丸まった下着をバックに押し込めていた。



「(下着、見られたくないのなかな・・・)」



防御壁がなくなったことで、指はすぐに目標地点へ到達した。

すくってもすくっても彼女の中からは溢れてきて

比例するように吐く息のトーンが上がる。



「(・・・そろそろかな)」



「M子の中に入りたい」



彼女は何も言わなかった。

しかしオレに押し付けていた顔を離し、頭を床に付けた。



「いい?」



彼女を見つめながら問いかけると、小さくあごを縦に揺らした。





いそいそと付けるものを付けて、彼女の腰に手を当てた。

触れる肌が一々柔らかくて気持ちいい。

下から見上げる彼女の上気した顔がかわいい。



ぐっ、と力を入れてそこに押し込む。

が、上手く場所がわからない。

気持ちに焦りが出てくる。



すると彼女が右手を伸ばしオレのに触れ

そっと正しい場所に導いてくれた。

お礼を言おうと彼女の顔を覗き込んだが

横を向いており目を合わせられない。



彼女は何を思っているんだろうか?

そんなことをほんの一瞬考えながら

腰を深く押し進めた。

今度はすっと入っていった。



挿れる時こそさほど抵抗を感じなかったが

奥まで入ると、ぎゅっと包まれる感触に満たされた。



部分ではなく、本当に全体がぎゅっと包まれる感じだ。

M子はとても濡れていたので余計に収まりよく感じる。



挿れた瞬間からあまり持たないことは自覚できた。

その為、ゆっくりと腰を前後に動かした。

動きに合わせて彼女が顔をしかめる。



『はぁ、はぁ、んっ。はぁ』



『やっ。んっ。はっ、あぁ』



・・・可愛すぎる。



普段の職場では想像もできない表情と仕草で

彼女がオレの動きに合わせて声を漏らしていた。





「(胸触りてぇ。今なら大丈夫だよな)」



動きを止め、彼女の柔らかいニットを脱がそうとしたが

若干の抵抗がある。どうも脱ぎたくないようだ。



仕方がないので背中に手を回し、ブラのホックに手を掛ける。



プチ。



深夜の居室に乾いた音が響き、彼女の白い胸が現れた。



そっと両手を伸ばし包みこむ。

「(・・・やわらけぇ)」



先端と中心にわずかなしこりを感じながら

触れている手の方が包み込まれるような

そんな胸であったことを、ここに記す。



丸い形を思い浮かべていたが、鳩胸と言うのだろうか?

それぞれ左右に少し広がった形であった。

乳首は想像通りの薄ピンク。乳輪は小さめ。



そんなものに触れたばかりに、オレの息子も限界に近づく。



「はっ、はぁ」

『んっ、やぁ』



「うっ、はぁ」

『はっ、ん』



「やばい、いっ、く・・・」

『ん、はっ、んん・・・』



彼女の中に包まれて、白く濁った想いを果たし

オレは名残惜しさを感じながら彼女から離れた。





その後の処理やら、いつ服を着て、いつ寝たのか

まるで記憶が途切れたように、瞬きをしたら朝が来た。

とりあえず二人とも寝てしまっていたようだ。



「あ、お、おはよう」



『・・・うん。おはよう』



「なんか、えっと、コーヒーとか飲む?」



『ううん。帰る。近くの駅教えて』



「え、あ、じゃあバイクで送るよ」



『近くの駅を教えて』



急いで顔を洗って、口だけゆすいで

二人で家を出て駅に向かった。



ゆっくりと歩いたつもりであったが、

すぐに駅に着いてしまった。



「あ、も、もう駅着いちゃったね」



『そうだね、近いね』



「・・・。」



『ご飯、ごちそうしてくれてありがとう。

それから色々送ってくれてありがとう』



「い、いやぁ全然」



彼女が姿勢を正して、ふぅっと上空に息を吐いた。



『良い天気だね』



「そうだね」



『さようなら』



「さようなら」



空には、冬の始まりに似つかわしくない

青が広がっていた。



出典:オリジナル

リンク:オリジナル


告白体験談関連タグ

||||||||||

【友達】友達じゃいられなくなるよ 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年7月27日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

このページの先頭へ