相互リンク先の更新情報!

【芸能人】大山のぶ代さん 【告白体験談】

カテゴリー:芸能人との告白体験談
tag:


喫茶店で大山のぶ代を発見した



↑を読んで大山のぶ代さんの事を色々思い出しました。







Wikipediaから一部抜粋





『サザエさん』の初代磯野カツオ役は番組開始後3ヶ月ほどで降板しており、公式には体調不良を理由にしている。しかし、後にラジオ番組TOKYOFM『恵俊彰のディア・フレンズ』に出演した際、「あれだけは自分で降りた」と吐露している。そのため大山がカツオ役だった事はほとんど知られておらず、むしろ2代目である高橋和枝が初代だったと思っているものが多い。





優れた味覚・嗅覚を持っており、水を一口飲めばそれがどこの水かを言い当てることが出来るという。そのため、水の研究家としても名の通った存在であり、旧厚生省「おいしい水研究会」、旧国土庁「水を語る女性の会」の委員も務めている。健康・カルチャー番組にもよく出演している。特に『ためしてガッテン』での出演頻度は高く、1クールに1度は必ず出演している。








『ハリスの旋風』などの演出者から、ドラえもんの声をやらないかと誘われ、当時8巻まで出ていた単行本を買って、一晩で読んだという。「ぼくドラえもんです」のセリフや独特の「フフフフ」、「シシシシシシシ」などの笑い声は、ドラえもんの物真似ではほぼ必ず使われる浸透ぶりだが、これらは実は原作では存在せず大山がアドリブで演じたものである。特に初期の原作のドラえもんはかなりガサツでぶっきらぼうな口調なことが多いが、「子供が見るものだから」という大山の配慮で、一人称を「ぼく」にするなど丁寧で温かみのある口調でドラえもんを演じた。





ブロックくずしゲームの『アルカノイド』(タイトー)が大のお気に入りで、自身の別荘にアルカノイドの筐体を置いているほどである。自己記録の「およそ120万点」は、公式2位の記録に匹敵する。空港の待ち時間等で暇つぶしとして始めたのがきっかけで、それ以降ゲームセンター等を巡り回ったという。



その腕前は『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)のコーナー「ムダベストテン」や『トリビアの泉』(フジテレビ系)などのバラエティー番組でも紹介し披露された。『中井正広のブラックバラエティ』(日本テレビ系)では助っ人として400インチの巨大画面でブロック崩し(アルカノイドではなく、任天堂が1979年に発売した家庭用「ブロック崩し」)をプレイした。



2006年に新宿にあるセガのアミューズメント施設で一日店長を務めた際には、イベントとして多くの来客の前でアルカノイドの実力を披露し[3]、2007年には『アルカノイドDS』発売記念イベントに招かれ、マスコミやゲーマー達を前にその腕前を披露した。



しかし、本人によると実はアルカノイド以外のゲームは一切苦手で、機械オンチである。





出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

リンク:


告白体験談関連タグ

|

【芸能人】大山のぶ代さん 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年7月27日 | 告白体験談カテゴリー:芸能人との告白体験談

このページの先頭へ