相互リンク先の更新情報!

【看護婦】腰痛治療のレントゲン室で【告白体験談】

カテゴリー:看護婦との告白体験談
tag:


腰痛発作。久しぶりだ、腰の使いすぎか?

いつもの医院でいつもの診断。

そして、いつものレントゲン撮影で・・・・・・・・・・・・・

白衣のレントゲン技師は代わっていた。40歳前ぐらいでだいぶ若返ったみたい。その白衣さんに手伝ってもらい、漸く全面透明の台に乗る。

ジーンズの又ボタン等が邪魔になるらしく、ジッパーを下ろし少しジーンズを下げろとの事。

ジッパーを下ろすも、ジーンズが下がらない・・・白衣さんが両手で下げると・・・ジーンズの下はあのスーパービキニだった。

薄い布地の上から亀の頭がくっきり・・・「あらっ!・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

おしゃれなパンツ!・・・・・」その目はそこから離れず、足を広げられ、上半身は後ろに反らされた。

股間を中心に撮られる感じ?そして腰の角度の調整、右・・・左

へと動かされる。パンツのもっこりはその度右・・・左へと・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

漸く形が決まり撮影。白衣さんが部屋から出て・・・スピーカーから指示が何回か出され・・・終了。

「はい!終わりましたよ・・・」と近づく・・・ジーンズを上げようと正面にくる・・・「まあー!!???」そこには勃起した、きんた○が・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

亀の頭が完全にビキニから飛び出していた。白衣さんに反応してしまったのだ。「とても立派な頭。素敵!!

・・・でも少し赤くなっているみたい・・・腫れてる?」と目が離れない。

実はと、例の温泉での出来事を話す(温泉宿の2人の仲居さんとの合体)




「その事先生には?」・・・看護婦さんがいなければネ・・・・「それはそうね・・・話せないわね・・・・・

それにしても立派・・・ちょっと触っていいーっ?」

スーパービキニを下ろしモロダシにする「まーっ!!大きいーッ!!・・・硬い!・・・傘が・・・??

傘の膨らみが大きいーッ!!・・・これで2人を?・・・・・・」

まだ少しヒリヒリする感じ・・・「ここね!・・・でもこれを入れられたら誰でも・・・あーッ!・・・なんか変になりそう」

SEXは好きなんですね!「SEXは好きよ!・・・でもこんな素敵な物は・・・」・・・試してみる?

「エーッ!!いいの?・・・試したい!・・・・・ちょっと待ってて」・・・外へ・・・・・・・・・・・・・

「少しならOKよ・・・下も脱いできちゃった」と前を上げる。

股間が・・・薄い・・・どんなパンティー着けているの?「普通の白よ・・・ビキニでもなく普通の・・・・・

あなたの方が可愛い・・・いつもこんな・・・??・・・あっ!・・・」濡れている!!

指で秘裂を・・・ビラビラはやや大きめ・・・2本入る・・・・

勃起を握ってくる。指の出し入れを早くする「うーん!感じる!もう・・・入れたーい!・・・・・・・・・」

上に跨ってくる。勃起を中心にあてがい・・・亀頭が入る・・・「大きい!・・あーッ!入る!!うーん!」

きつい感じ・・・根元まで全部入った・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

彼女は動かない・・・「あーっ!いっぱいになっている・・・・こんなに大きいの初めてよ・・・・・・・・・

奥に当たっている・・・動けない・・・あーん!・・・怖くて・・・動けない・・・傘が・・・傘が大きい!」

ゆっくり動き出す・・・上下運動「あーっ!やっぱり・・・傘が・・傘が・・・いいーッ!!とてもいいわ!

・・・あーん!・・・引っかかる・・・」なにがいいの?「あーん!駄目よ・・・そんな事・・・・・・・・・

硬くて・・大きい・・・あなたの・・・玉!」もっとはっきり!「あーん!素敵よ・・・あなたの・・・・・・

きんた○!・・・わーっ!恥ずかしい!・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

旦那は包茎なの・・・だから亀頭が小さくて・・・早いし・・」

旦那だけ?・・・「そうじゃないけど、なんか皆早いのよ!」

膣がそういうのに馴れて・・・発育を止めてしまった?・・・・・

上下から前後へと・・・「あーっ!・・・駄目!・・・すごく感じる!・・あっ!・・・あっ!・・・・・・・あっ!・・・いいーっ!」

自分の胸を両手で・・・腰が普通ならここで下から突き上げるのだが・・・彼女のペースに任せるしかない・・

彼女のは締りがいいのではなく、発育不全なのだ・・・・・・・

これは少し協力しないと・・・・でも旦那はもっと早く果てる?

堂堂巡りだ。これでは・・・・腰は痛いが・・・・・・・・・・

「あうっ!・・・あっ!・・・当たる!・・・奥に・・・・・」

そして亀頭を残し・・・カリを膣壁に・・・「あーっ!あうーっ

あっ!あっ!・・・いいーっ!・・・こんな・・・こんな・・・

もうーっ!・・・駄目ー!・・・うーん!・・・ああーっ!!」

尚も抽送・・・カリで・・・「すごい!・・・我慢できない・・

あーっ!・・・もう駄目!・・・イクーッ・・・」収束してくる

・・・そして解放される。

「まだなのね。私はもう駄目!・・・」降りて、後始末を・・・・・

「まだ大きくて硬いまま・・・」ビキニを上げるが、収まらない

「こんなの初めて・・・・腰が治ったら・・・思い切り・・・・・・・・・・・してみたい」

旦那に悪いよ!「いいの!いま少し倦怠期なの・・・早撃ち包茎は少しほっとく」

早撃ちって・・・どのくらい?「私が上の時なんか早い早い・・・2?3分ぐらいかな、正上位で5?6分ぐらい、

生だともっと早いの。少し厚めのゴムでさっきぐらいなの。

旦那の前にも何人かいたけど・・・長くて10分ぐらい。だから普通はこんなものなのかしらと思っていたわ」

じゃー、今度色々教えてあげる。軽く1時間はすぐだよ。

「うれしいー!・・・それまで処女でいるわ・・・駄目なの?

・・・1人H?それも毎日?・・・わかった・・・そうする」

今度来た時連絡する。「それまで童貞?・・・それは無理ね!

セフレが沢山だものね。又逢える日を楽しみにしているネ!」と

亀頭にチュウ!


告白体験談関連タグ

|||||||

【看護婦】腰痛治療のレントゲン室で【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年7月27日 | 告白体験談カテゴリー:看護婦との告白体験談

このページの先頭へ