相互リンク先の更新情報!

【高校生】蛍・・・始まりの夜 其の三【告白体験談】

カテゴリー:高校生との告白体験談
tag:


 Hの一糸纏わぬ下半身につい見入ってしまう。細く、スラリと伸びた薄い褐色の脚。

 淫部にはまだうっすらとした産毛しか生えてなく、逆三角形の水着の痕もあった。それらが俺の興奮を更に促した。

 膝を曲げ、脚をM字開脚の様に広げる。

 まだ誰にも汚されていない、真っ直ぐな溝がある。

 これから俺が汚そうとしている聖地だ。

 写真を撮るのを忘れかけたが、カメラを手に取りバッチリ収めた。

 溝に顔を近づける。静寂に響くのではないかというほど、心臓は跳ね上がっていた。

 そっと舌で触れる。反応はない。

 少し安心して舌を少しずつ溝で上下させ、聖地に侵入を謀る。

 溝の中に舌先が入った。寝る前にトイレに行ったのだろう。少ししょっぱかった。

 反応がないのをまた確認する。

 両手を添え、両手の親指を使って聖地の門を開く。

 初めて生で視る女性の淫部に目を奪われてしまった。

 それは一見グロテスクだが、ツヤがあり、湿り気があり、艶やかだった。

 俺のチンポはこれ以上無いほどに膨張していて、硬化していた。




 今まで見たエロ本や同人誌で貯めてきた少ない知識で、Hのマンコを愛撫する。

 部屋に淫媚な音が響いた。


告白体験談関連タグ

|||||||||||

【高校生】蛍・・・始まりの夜 其の三【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年7月28日 | 告白体験談カテゴリー:高校生との告白体験談

このページの先頭へ