相互リンク先の更新情報!

【友達】かくれんぼ 【告白体験談】

カテゴリー:友達との告白体験談
tag:


219:219:2009/07/28(火)01:55:45ID:5r7eQ2HP0

小学校6年〜中学生の頃の話。



歩とは5年の時初めて同じクラスになった。

出席番号(あいうえお順)が同じだったから隣同士。

彼女はちいちゃくて、細くて、髪の毛と目の色がきれいな栗色で、どこか他の子と違う空気が漂っていた。



小学校時代の机は隣同士がピッタリくっついてるので、自然に話す機会も多くなる。

隣の席になって2ヶ月くらいで、歩の事が好きになった。ちょっと遅い初恋だった。

だが、口をついて出る言葉は「ばーか」「ちーび」などの暴言ばかりだった。

歩を含めた5〜7人の男女グループで遊んでる時なんかは余計に酷く、

サッカーボールをぶつけたり、軽く蹴ったり、殴るマネをしたり・・・

とにかく「好きな女の子イジメ」の典型みたいな事ばかりしてた。



220:219:2009/07/28(火)01:56:32ID:5r7eQ2HP0




ある日、いつものように調子に乗って遊んでいたら、歩が泣いた。

「もぉ、なんでそんな事ばっかりするの?酷いよ・・・」とか言われてしまった。

流石にこれはマズイ!!と思ったが、

他の男の子達も居たから「ばーか、そんなんで泣いてんじゃねーよ」と吐き捨てて帰った。



歩は他の女の子にかこまれて慰められてた。

俺はそんな歩の姿を遠くから見てた。



221:219:2009/07/28(火)01:56:55ID:5r7eQ2HP0

次の日、学校での歩は至って普通だった。

いつも通り机くっつけて授業を受け、いつもの笑顔で俺に微笑んでくれてる。

何だ、心配してソンした。なんてちょっと思ったが、やっぱり女心はムズカシイ。

学校帰り。2人になった途端歩が無言になった。

「何で黙ってるの?」

「なによいまさら。昨日は徹君に酷い目にあわされて、わたしまだ怒ってるんだからね!!」

「なんだよ、学校じゃ普通だったのに」

「あんなの、みんなの前だからだよー。べーだ」そう言って走って行ってしまった。



歩にソッポ向かれたのは初めてだった。

おくびにも出さなかったが、俺は内心泣きそうだった。



222:219:2009/07/28(火)01:58:10ID:5r7eQ2HP0

どうすれば許してくれるんだろう。謝ればいいのか?

でも、女の子に謝るのは負けたみたいで凄く嫌だった。

悩んだ俺は、いつも皆で遊んでる園に行ってみることにした。

すると歩が一人でブランコに揺られていた。

俺は偶然を装って歩に話かける。

「何してんの」

「何って。ブランコ。」

夕日がまぶしいのか、俺が嫌なのか、下を向いてボソボソと喋る歩。

「昨日のことまだ怒ってるの?」

「・・・・・」

「ねぇ」

無言な状態が続いた。

好きな女の子に無視されるのって凄く痛いんだな、とこの時身をもって知った。



223:219:2009/07/28(火)02:00:46ID:5r7eQ2HP0

「歩ちゃん。」

俺は立ち上がり、歩のブランコのチェーンを掴んで動きを静止させる。

「これ・・・あげるからゆるして。」

ポケットから歩の大好きな「シゲキックス(食べかけ)」を出して渡す。

歩は一瞬キョトンとした顔をした。

「ごめんね」

恥ずかしかったから少しだけ顔をあっちに向けて謝った。

「もぉ、徹君はバカだなぁ」

歩が顔をくしゃっとさせ笑った。今までの中で一番可愛い笑顔だった。

「バカって言うなよ」

「あはは。シゲキックスありがとう。これで仲直りだね」

「うん」

この後は2人で門限ギリギリまで遊んで帰った。



グっと距離が近くなった気がした。



224:219:2009/07/28(火)02:01:12ID:5r7eQ2HP0

ある日いつもの遊びのメンバーで、いつもの公園でかくれんぼをしていた。

この公園は結構広く、物がいっぱいあったから隠れる所がたくさんあった。

俺は公園のわきにある細長い小さな物置(学校の掃除道具入れのような形)のような所に隠れた。

ちょっとキツかったけど、とっておきの隠れ場所だった。



皆が隠れ終わるのを待ってると、外に誰かがいる気配がした。

誰だよ、とチラっとドア開けると、歩がウロウロしてる。

いい隠れポイントを見つけられなかったんだろう。

「歩ちゃん!!」手を振った。歩みは俺に気付くと安心したような顔をして

「徹君、ごめん、隠れる場所ないからそこ入れて」と言って来た。

ドキっとした。しかし時間がない。早くしないと鬼が俺達を捜しはじめる。

すると誰かが「もういいよ」コールを出した。

やばい!!と思い歩を強引に引っ張り込む。



225:219:2009/07/28(火)02:02:12ID:5r7eQ2HP0

何とか入れた・・・が、狭くてあまり身動きが取れない。

体勢は、立ってる状態なんだけど、2人の間にスペースがほぼない。

それでも俺は少しでもスペースを開けるためギリギリまで壁にもたれこんだ。

とにかくかくれんぼより、この状況が、やばすぎる。

歩がすぐそばにいる。髪も、唇も、大好きな歩の全てが手の届く距離にある。

俺の心臓は鐘がマラソンした時のようにガンガン鳴ってた。



当然会話は何もない、2人で必死に息を殺してる。

だんだん呼吸が苦しくなってきて、目を閉じた。多分顔は真っ赤だ。

歩は下を向いてる。俺の心臓のドキドキ音は間違いなく聞こえてるだろう。



226:219:2009/07/28(火)02:02:58ID:5r7eQ2HP0

もうどうしようもないので目を強くつむった。

鬼よ、出来るならもうしばらくは見つけないでくれよ、と祈ったその時

歩が俺にもたれ、胸に顔をうずめた。

思いがけない行動に、俺の興奮度も120%だった。



「徹くん・・・なんか すごいドキドキするね・・・」

耳元でささやく様な声で言った。

「・・・うん・・・」

一言返すのが精一杯だった。

「なんか、わたし、のどかわいた・・・」

そんな事言われても、飲み物なんかない。



ドキドキでクラクラしてぶっ倒れそうだった





228:219:2009/07/28(火)02:04:36ID:5r7eQ2HP0

急に思いたったような顔して、歩がスカートのポケットに手を突っ込んだ。

ゴソゴソ 中から出てきたのは・・・俺があげたシゲキックスだった。

それ、まだ持ってたの?小さくジェスチャーすると、笑ってうんうんと頷いた。

俺があげたものを大事そうに持っててくれて、うれしかった。

歩はパウチの袋をそーっと開けて一粒つまんで口に入れた。

おいしーって口を動かして、ニッコリ微笑む。ちょっとだけ空気が和んだ。

次に、手をあまり動かせない俺の為に口まで運んでくれた。

俺も緊張で口が渇いてたから、ありがたかった。何より歩に食べさせて貰えたから感無量。

俺も同じようにおいしーと口を動かしてニッコリ微笑んだ。



でもやっぱ気恥ずかしかったから、空気を誤魔化すように調子に乗って次から次へと食べまくった。

しかし元もと食いかけで中身が少なかった為、あっと言う間に残りがひとつになった。





229:219:2009/07/28(火)02:05:01ID:5r7eQ2HP0

その一粒を見て 歩、食べろよ、とジェスチャーする。

いいの?と首をかしげる歩。うんうんと頷く俺。

最後の一粒を、歩がゆっくり口に入れた。ニッコリ笑ってる。

すると次の瞬間、歩の腕が俺の首に巻きついた。

「えっ?どうしたの?」動揺が隠せない俺

「徹君 これ たべたい・・・?」

歩が俺の耳元で囁いた。

考えるより先に、こくりとうなずいた



230:219:2009/07/28(火)02:06:01ID:5r7eQ2HP0

歩は目いっぱい背伸びして、俺の唇に粒を届けた。

俺はどうしていいのかわからず、とにかくそれを歯で噛むようにしてキャッチした。

一瞬だけ唇が触れた。

正直、感触とか、味とか一切分からなかった。

ただ、ドキドキ感で胸がいっぱいだった。



これが初キスの思い出。



その後何事もなかったかのように過ごした。

キスもこの一度だけ。

当然「好き」だの「付き合う」だのそう言う会話はない。

ただお互い好き合ってるのは間違いなかった。

俺達はずっとそんな関係だった。



231:219:2009/07/28(火)02:10:44ID:5r7eQ2HP0

そして歩は中2の時、親の転勤で遠くに行った。

はじめのうちは他愛のない文通もしたりしたが、すぐに途絶えた。

人の縁ってこんな簡単に切れるものなのかと寂しく思ったよ。

いや、でも俺の場合それ以前の問題だったんだが。

そして改めて「気持ちを言葉にする」意味を思い知った。



しかし歩とは何かの縁があったのかもしれない。

25歳の時、再会した。それも地元と全く違う場所で。

さすがにめぐり合わせというものを感じずにはいられなかった。



そしてまた俺は歩に惹かれ、幸運にも彼女も同じように思ってくれている。

初恋の人と結婚できるなんて、俺はしあわせものだと思う。



以上 お目汚しすまん ありがとう



出典:2CH

リンク:2CH


告白体験談関連タグ



【友達】かくれんぼ 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年7月29日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

このページの先頭へ