相互リンク先の更新情報!

【看護婦】恥ずかしい診察【告白体験談】

カテゴリー:看護婦との告白体験談
tag:


49歳の男性です。 先週の月曜朝、パンツが血で汚れていたのです。痛みはありません。その日は、会社を休み病院へ行きました。

病院の受付で、事情を話ししたら、看護婦さんが来ました。受付の隣の部屋に入りパンツを見せたのです。

看護婦さんが見て、「オチンチンの方ですね。泌尿器科へ行ってください。」

 泌尿器科の受付で、問診表を書き、暫くまっていました。

看護婦さんが、自分の名前を呼び、診察室の前に行きました。

看護婦さんが、「パンツ見せてください。」と言い、見せました。そしたら、「昨夜、射精しませんでしたか。」

自分「はい、しました。」この看護婦さん、20代後半くらいなんです。

看護婦さん「はい。紙コップに、尿を採って来てください。」

自分は、尿を採りに、トイレに行き、また、暫く待っていました。

看護婦さんが、自分を呼び、診察室に入りました。

医師は、男性でした。看護婦さんが、「消毒しますから、ズボンとパンツ脱いで、ベットに仰向けに寝てください。」

自分は、オチンチン丸出しです。看護婦さんが来て「膝を曲げて足広げてください。」

自分の、オチンチンにライトを宛て、消毒液の付いたガ−ゼで拭き始めたのです。

看護婦さん「肛門も拭きますからね。」

看護婦さん「先生、準備できました。」




先生が来て、オチンチンの診察です。それが終わると、直腸診です。横向きにされ、看護婦さんが、肛門の方に、ライトを

宛て、先生の、指が肛門の中に入ったのです。それが終わると、下腹部のエコ−検査でした。

先生から、「下腹部のⅩ線撮影をしますから、看護婦に付いて行ってください。」

自分は、看護婦さんに付いて行ったのですが、行った所が、トイレの多目的室なんです。二人とも中に入り鍵掛けられました。

看護婦さんが「排便してもらいますから、お尻出してください。」

自分「え。はい。」

看護婦さんが、ディポス150ccの浣腸を持っていたのです。

看護婦さん「我慢してください。お尻にお薬入れますね。排便終わったら地下のレントゲン室へ行ってください。」

     「検査の結果は、来週にしますから、予約して帰ってください。」

とても、恥ずかしい診察受けてしまったのです。


告白体験談関連タグ

||||||

【看護婦】恥ずかしい診察【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年7月29日 | 告白体験談カテゴリー:看護婦との告白体験談

このページの先頭へ