相互リンク先の更新情報!

【フェラチオ】友達の彼女 【告白体験談】

カテゴリー:フェラチオ告白体験談
tag:


俺の親父は会社を経営してて、母親も別の会社を経営している。

俺が高校生になった頃家を増築し、俺はそこの新しい部屋を2つ貰った。



月々2万円の小遣いと、毎日1000円の昼飯代をもらっていて

あまり金には困ってなかった。

その頃から俺の部屋はつれの溜まり場になっていた。



いつも来るのは、俺と同じ高校の男4人で、その中の2人は彼女がいて、

学校は違うがしょっちゅう彼女も連れて来てた。



その連れの中のYにはN美という彼女がいて体つきがエロくてよくおかずにしてた。

YはN美とのセックスがどうだとか、テクニックを自慢したり

「お前も彼女ぐらい作れや〜」などと言われ、

中学校の時は冴えないやつだったくせに腹が立っていた。






俺はみんなが帰った後、N美が座ったソファやクッションの匂いをかいだり

使ったストローを舐めたり、Yにひそかな抵抗をしてた。

とにかくN美としたくてたまらなかった。



そんな気持ちが半年ほど続き抑えきれなくなり、

高2になった頃、俺はN美にある提案をした。



「絶対に内緒で、エロいバイトしない?」と俺は切り出した。

N美は「は?何それ」と答えた。

「俺、今彼女居なくて溜まってんだ、だからお金出すからどう?」

俺は童貞なのに大嘘を付いた。

N美は「マジで言ってんの?無理に決まってるじゃん」と言った。

俺はもう後に引けなくなり、さらに攻め立てた

「Yにはマジ絶対内緒にするし、お互い楽しめるじゃん」

「お金はそっちが決めていいよ」

でもN美は笑いながら「いやいや溜まりすぎだから。誰か紹介しよっかぁ」と言った。

俺も笑いながら「いやいやマジだから、N美なら秘密守れそうだし」

とか言いながら説得を続けた。



でもN美ははぐらかすばっかで、この話に全く乗ってこなかった。

こんな話を2回か3回したけど、そのたびはぐらかされてた。



それから2ヶ月ぐらい経った頃、N美が1人でうちに来た。

「前言ってたバイトってもろえっちすんの?」

俺は「そうだよ。バイトする?」と聞いた。

N美は少し考えて「手だったらまぁいいかなぁ〜」と言い出した。



俺は「じゃあ百歩譲って口かな」と答えた。

N美は「マジ口はムリだから。口だったら1万はいる」と言いだした。

俺は1回5万ぐらいを考えていたからこの金額にビックリした。



俺は「じゃあ1万で」と答えた。

N美は「はっマジ1万?1回?」と驚いた。

俺は「そうだよ。いいバイトだろ」と答えた。



N美はかなり考えて

「1万って絶対だよ。あと誰かに言ったらマジ殺すよ」と言った。

俺は「言えるわけないじゃん」と言い早速1万を渡した。



するとN美は「今すんの〜」と答えたが、俺は強気になり

部屋のカギを閉めズボンを脱いだ。

N美は「カーテン閉めてよ」と言いながら自分でカーテンを閉めた。



昼間だったけど、少し薄暗く私服のミニスカートの脚がエロかった。



パンツとTシャツ姿でベットに横になるとN美は

「はい脱いで脱いで」と事務的に進め始めた。

俺は今までにないぐらいギンギンになってた。

パンツを脱いだらN美が笑いながら言った。

「欲求不満すぎだから〜てか、デカくない?」

「も〜彼女作りなって〜」

俺は興奮しすぎてて、何も答えず合わせて笑った。

N美は「マジだぁ〜」「本気すぎて怖いから」とか言いながらも

細い白い指で俺のチンポを持った。

その瞬間、背中に電気が走るようななんとも言えない感覚に襲われた。



N美はやさしく亀頭の周りから玉まで手を這わせた。

「Yはこんな気持ちいいことやってんだぁ・・・」

と思いながら快感を味わった。



その時N美が俺の物に舌を這わせて、かわいい口でペロペロとしてきた。

N美は無言で続けた。

そのうちパクッと咥えた瞬間、一気に快感が押し寄せた。



いつも想像していたフェラにもう爆発寸前だった。

1分か2分ぐらいで我慢しきれず口に出した。



N美は「ん〜〜〜」と声にならないような感じでチンポから口を離し

口を押さえながらティッシュを探し始めティッシュに出した。



N美は口を拭いた後、「溜めすぎだから」と言い何故か

しばらく目を合わせなかった。

俺は「口気持ち悪い?」と聞き、ジュースを出した。

N美は「頼んできたのそっちっだから」と言いジュースを飲んでた。



この後俺はサルのようにフェラにはまり、N美に20万位使ったと思う。

そんな関係も残念ながら3ヶ月か4ヶ月位で終わってしまった。

N美に年上の彼氏ができ、Yと別れうちの家に来なくなってしまったから・・・



お金でつながってた関係だけど、俺はN美が好きだった。

最後まで体は許してもらえなかったけど・・・



思いかえすと、最後のバイトの時初めてキスされた。

ディープキスの経験も初めてで、N美は帰り際意味深なことを言った。

「最初はお金が必要だったけど、あとは別にお金いらなかったのに」

「まっ貰っとくね」



その意味はいまだにはっきりしない・・・









出典:友達の彼女

リンク:N美への想い


告白体験談関連タグ

||||

【フェラチオ】友達の彼女 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年7月29日 | 告白体験談カテゴリー:フェラチオ告白体験談

このページの先頭へ