相互リンク先の更新情報!

【風俗】ある男の童貞喪失話 【告白体験談】

カテゴリー:風俗での告白体験談
tag:


746:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/01/25(金)17:37:26.66ID:Frb+/hEJ0

ここで童貞喪失話書いておk?



747:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/01/25(金)17:38:23.97ID:KIeHEN5h0

746

おk!



750:746◆JxCieN.8FA:2008/01/25(金)17:41:42.27ID:Frb+/hEJ0

ことの始まりはとあるネトゲ上のフレの悪ふざけがはじまりなんだ。

そいつは風俗大好き人間、(仮にゾクスキー)が俺に言ったことからはじまったんだ。



ゾクスキー「風俗いいぞー、明日からも頑張ろうって活力がうまれてくる!」

746改め俺「病気こわいしそこまでセックスしたいわけじゃないからいいお」



とまぁオタvipperなら88パーセントの確立で回答するであろう回答でかわしていたんだが




丸め込まれてしまってなんだか知らんうちにいくことになってしまった。

んーこれだから日本のリーマンは油断ならねー。



753:746◆JxCieN.8FA:2008/01/25(金)17:46:30.54ID:Frb+/hEJ0

多分オマイラの中にも社会悪や俗物に嫌悪を抱いてる連中がいるわけだが

俺も例外でなく理念も思想もない自己正当化によっていたのでモヤモヤはいつまでたっても消えなかった。



風俗いったことにしといて後日適当に

「ウワー徳光和夫のなかアッタカイナリー」

とかいっときゃいいやとも思ったんだが





そのときは正直興味と性欲に動かされたということも否定できない。

そしてなんだかモヤモヤしたままネットで情報を集め始めたんだ。





755:746◆JxCieN.8FA:2008/01/25(金)17:48:04.02ID:Frb+/hEJ0

なんでモヤモヤしたまま行動に移すんだよwwww俗物乙wwwww



といわれかねないので、ここで俺の性経験やちょろっとスペックをかいておこう。



年齢は24歳、身長158センチ、体重46キロ、メガネ、ジーサンバーサンには男前だといわれる。



つまり田舎の欄間にかかってる戦争でなくなった兵隊さんみたいな顔って言えばちかいらしい。



息子は成長時16センチ。まぁデカメらしい。俺のコンプレックスのひとつだ。

浪人してたのでまだ院生だ。性体験はあってないようなもん。





759:746◆JxCieN.8FA:2008/01/25(金)17:51:42.00ID:Frb+/hEJ0

高校生のときはノリでセックスしようとしてコンドームつけてもらってる最中にボンバヘッ!

したので「サイテー」呼ばわりされてなえてかえった。シネビッチクソカス



予備校生のときは開始2分くらいで年上のテクに逆らえず黄泉がみえてしまった。

というわけで、童貞ってわけでも経験者ってわけでもない実に中途な位置にいたんだ。



飲み会でセックスの話題になるたびにエロコミとAVと日活ロマンポルノで仕入れた知識を動員してその場を逃げ切っていた。



童貞ネタでイジラレルやつを見るたびに心がジクジク湿っていくのがわかった。

上で言ったみたいに分不相応なプライドをもってるばっかりに自虐の念をつよめていた。

正直そういう中途半端な位置から前進するチャンスをうかがっていたのかもしれない。





人のせいにしてそっから前に進めるならこれはもしかしてこれはチャンスじゃねえか?と



763:746◆JxCieN.8FA:2008/01/25(金)17:58:32.99ID:Frb+/hEJ0

そこで俺はボッタクリ、性病、及び風俗に行くための最低限のマナーなんかを

ゾクスキーとスカイプしながらおしえてもらった。いやーネット社会万歳。



ツメきっとく、風呂は入っておく、歯も磨いておく、姫の嫌がることはしない、とまぁいろいろある。



ゾクスキーにおしえてもらったこのサイトをさんこうにした。





むかつくがぴったり参考になったのはいうまでもない

そしてその晩オカンに髪を切ってもらった。



「でっかい針刺しつくる」



てきかれた。イラネーヨw



774:746◆JxCieN.8FA:2008/01/25(金)18:12:26.49ID:Frb+/hEJ0

当然目的を達成するにはソプランに行くことになるのだが、これが値段がピンキリだった。





んでまずわしらが風俗を利用するのに一番気になるのは性病だろ。jk。

そう考えると高級店を選ぶのが安全か?とおもったがBBSピンクによるとそうでもないらしい。

つまり高級店はNS(ノースキン)を売りにしたサービスを行っている可能性がたかいようなのだ。



どうもゴムをしっかりつけているかどうかが重要だってことはなんとなくわかった。

そうなるとほとんど「あたるときはあたる」と思ってあきらめるしかないってこともわかってきた。



775:746◆JxCieN.8FA:2008/01/25(金)18:14:56.80ID:Frb+/hEJ0

幸い今性病はHIV以外は治療できるので、コンドームをすれば相当高い確率で予防できるようだ。



HIV以外なら授業料と思ってあきらめよう。



ゾクスキーも「店側も「あの店からHIVでた」ってうわさが立つだけで死活問題だからそれはほとんどない」



といっていた。まぁあたらないのを祈るしかない。



今から思うとどう考えても希望的観測でものを考えていてあきれるしかないが・・・そのあたりは後述する。





778:746◆JxCieN.8FA:2008/01/25(金)18:18:24.53ID:Frb+/hEJ0

翌々日俺はとうとう行動を実行に移し始めた。

ヨッパライやトラブルを避けるため、出撃は平日昼間である。



天候晴朗なれど波高しである



値段は大衆店を選んだので指名料込み27000である。うーんOPA627BPが10個もかえるジャマイカ。

しかし俺の脳は愚かしくもwktkという文字しかなかったのである。



いきしないのパーキングエリアに止まり、ネットでめぼしをつけていた店に連絡を入れる。

念には念を入れて女の子を第三候補までえらんでおいたこと、

前日に上のサイトでフロントとのやり取りを学習していたことで予約はスムーズに進んだ。



無論偽名だ。ただヒメは第二候補の子になった。



なんとおれは実に愚かしくもvip的にここは

「うわー、朝昇竜のなか、アッタカイナリー」

と報告できればオイシイジャマイカなどと考えて顔がフルモザイクのヒメを選んでいたのだ!



まぁきまってしまったものはしょうがない・・・



781:746◆JxCieN.8FA:2008/01/25(金)18:23:26.81ID:Frb+/hEJ0

契約を反故にするのもなんかダメな気がするのでとりあえず現地に向かう。

だがどんなにニヒルを装っていても顔はニヤついていたに違いない。だってスケベだし。



100円パーキングに車を入れ、少し歩いたところで動悸を落ち着かせるためにタバコを吸おうとすると

少しはなれたところから黒スーツの上に暴漢、じゃなかった防寒コートを着たオッサンがフッ飛んできた。





おれは即座に男らしく全身が指まで硬直し金玉は胃袋を押し上げんばかりにフェードイン。

「あそんでいかはりませんか?」





782:746◆JxCieN.8FA:2008/01/25(金)18:26:12.41ID:Frb+/hEJ0

秋田といわれても・・・・・!俺は張るのをやめない・・・・!







オッサンはおれが今まで接したどのオッサンよりもしなやかな手つきで俺のタバコに火をつけた。







まさかオッサンとホリツホラレツするわけでもないだろうから客引きなんだろうなぁ。

ちっとだけ温度がさがった心の中ではダディがNothankyou な感じだったのですばやく仕入れた知識で応戦する。





どうも客引きには「帰りっす」といえばアッサリ引いてくれるようだ。ソラソウダ。



とまぁ風営法で規制されていても、必要悪として見逃されている一角におれはコソコソズブリズブリともぐりこんでいった。







784:746◆JxCieN.8FA:2008/01/25(金)18:28:20.86ID:Frb+/hEJ0

店の前に到着するころには腹もすわって



「もうどうにでもして」



となっていたのでとりあえずズカズカはいっていった。



「予約した1改め746です」





それだけいうと俺は奥のカーテンで仕切られた区画に案内された。

午前中だけあって客は俺しかいない。不思議とこのころには落ち着いて



「俺なんかに抱かれて、どう思うのかな・・・」とか思ってた。



でもよく考えると、どうかんがえたって「どうとも思ってない」のだ。プロだし。

前日ダイアモンドやすりで磨き上げた指をながめながら



「あープラモつくりづれーだろーな」



とか思ってると俺の名前がよばれた。びっくりしてついじがでてしまって

「ウヒャイ」みたいな返答をしたので咳払いしつつエレベーターへ。





ボーイがミントスプレーをくれてエレベーターがしまった。

わずかな間俺はここぞとばかりに頭を抱えて「うぉうぉ」ともだえ苦しんだ。





さぁ、コッカラがちょっとだけwktkなんだぜ。



785:746◆JxCieN.8FA:2008/01/25(金)18:30:39.68ID:Frb+/hEJ0

扉が開くとそこには予想通り福田総理が!









とはならず普通に小さなカワイラシイ女の子だった。150きってる。

おれから見てもちいせぇ。加藤紀子を縦にスコシ伸ばしたかんじ?だ。

と冷静に判断する時間も与えられず俺は食われた。



ちがったディープキスされた。

あまりのヨソウガイデスにペンティアム3くらいの処理能力しかないおれのお粗末脳は即座におなじみのブルースクリーンを映し出した。



キスする瞬間に「フェ?」とかいったので、一通りキスしたあと即座に

「あ、こういうお店初めて?」と聞かれて「お、おう、初めてです」と妙な丁寧語で返答した。





正直はいいことだよね。



ちなみにDKは性病の媒介として十分な要素があるらしい。ウウムなのである。

早くも第一次防衛ラインはかくも易々と突破されたのである。総員たいひー!たいひー!





787:746◆JxCieN.8FA:2008/01/25(金)18:31:48.57ID:Frb+/hEJ0

「今日お相手させていただくナミです、いっぱいラブラブしてね!」





といつもならsnegだとかビッチ乙wwwwとか言ってるセリフをいわれた。

ただ無碍に返すのもナニなので





「ヨロシクネー」とかピピーと電子音でかえしておいた。





しまった、サーセンwwwwwといっておけばよかったか・・・・





788:746◆JxCieN.8FA:2008/01/25(金)18:33:35.21ID:Frb+/hEJ0

部屋に入るとピンクの照明だけだったので最初チカチカしたがすぐなれた。

どうも肌がきれいに見えるとかどうとか。

闇に目が慣れるといろんなものがみえてきた。



使ったことがないくせに何に使うのかは知ってるってのは実に滑稽だなとおもった。

ベッドに座って、世間話をしながらなんとなく服を脱いでいく俺。



「あー、勝手がわからないのでやさしくしてくださいネ・・・」



っていったら爆笑された。意味ワカンネェ。



「顔出しNGなのにネットから予約してくれてありがとう!」









朝昇竜を期待していたとはいえまい・・・





790:746◆JxCieN.8FA:2008/01/25(金)18:37:06.70ID:Frb+/hEJ0

風呂につかる前に息子だとかを洗うらしい。

おとなしく観念してスケベイスにすわる。チンコがぶら下がって変な感じだ。



「なんか漁船に大砲ってかんじだね」



といわれヘコム俺。やかましいわ。まぁ儀式程度にあらって湯船につかる。

雪が降るほど寒い日だったので間接がホフェホフェと喜びの歌を歌っているのがわかった。



すでにキモチイイ。するとなんとナミが入ってくるではないか!たじろぐ俺。



しかし当たり前なのである。あくまで入浴介助なのだ。テラコムスンwwwww

そこでせっかくなのでさりげなく小さめのオパーイを吸っておく俺様。





「あん・・・」

「あ、ごめんなさい・・・」





俺ダセェwwwwww





793:746◆JxCieN.8FA:2008/01/25(金)18:43:14.79ID:Frb+/hEJ0

そしてまたDK。そしておれBS。もういいや。





「やさしいキスなんだね」





snegじゃなくてびびってるだけです。

ただマネキン化すんのもアレなので一生懸命キスしといた。すると



「お尻浮かせて・・・」



あ、これはもしかして世に聞く「潜望鏡サービス」なのである。ウーム。

俺絶対人生でしないと思ってたのにw

そして生フェラもあまり衛生上よろしくないのであった。ウーム。



覚悟を決めてオルゥァァとコシを浮かせるときに洒落で「ヨーソロー」とかいったら

くわえようとした時に姫がブフォって受けちゃって前歯が息子にFox4。



おれ撃沈。死ぬから。マジデ。姫は謝ってから一生懸命サービスしてくれた。

うおおこれが世に聞く尿道裏筋睾丸同時攻めか!ヒィィ



プロスゲー。ヤベーキモチイー。モーナンデモイーヤー。

ハーイオトコバカデース。カーイコークシーテ(ry



「もうちょっと浮かべて?」



といわれたので、ここで駄目押しに



「メインタンクブロー!」とかいいながら屁でもこいてやろうかと思ったが故郷を思い出したのでやめた。







風呂の中で一通りいちゃいちゃしたあとベッドへ。



794:746◆JxCieN.8FA:2008/01/25(金)18:47:22.31ID:Frb+/hEJ0

ここでなんと姫が俺に



「四つんばいになって?」



などというではないか!ま、まさか俺の本性を見抜いてあのペニバンで・・・・

などと考えつつおとなしく従うおれ。

まさかこの年でテメエのキタネェ穴をうら若き乙女に向けるとは思ってもみなかったぜ・・・

冷たいローション?が塗り伸ばされ不意に



「おほwwwww」とかいってしまた・・・・・







息子にもそれは満遍なく塗布され、しごかれ始めた。

ああ!まさかこれは!?













795:746◆JxCieN.8FA:2008/01/25(金)18:54:52.60ID:Frb+/hEJ0

そう、ショタエロコミック、もしくはエロゲなどで広く一般庶民に親しまれている



「アナルリップ」そのものなのである。



思わず黄門様に舌が触れたとき、俺は情けなくも







「あっーーーー!」







などと声を上げてしまった。

ちっと阿部さんを意識していたことはいうまでもないのである。



まさかの事態を予想して俺は出撃前ウォシュレットを最強にして洗っておいたのでそんなに汚くはないはずである。





ぐおおそれにしてもこれはマジデ気持ちいいぞ・・・・

いってしまいそうだったので今度は俺が攻め側にまわる。

不束者ですがヨロシクオネガイシマス。



まずいな、datいっちまわないかこれwwww





797:746◆JxCieN.8FA:2008/01/25(金)19:00:26.91ID:Frb+/hEJ0

事前知識によってゴムを指にかぶせていわゆるユビマンである。

無論初体験なのである。なんかいろいろと経験の順番が違うがキニシナイ。

ただあんまり汚いものを扱うようにするのも気が引けるのでクンニくらいはしておこうか。



あ、うるせぇ欲望に負けたっておもってるなwそうですよ、まけましたよ。



イキナリ本陣には攻め込まず、外堀を重点的に攻めながら本陣に奇襲部隊をおくる。

ピアノやってるからこういうのはとくいだぜ。

太ももに指を這わせるとスコシケイレンしているのがわかる。





ほんとに感じてるのかよなどと思っていると予想外にぬれてきていることがわかった。



798:746◆JxCieN.8FA:2008/01/25(金)19:06:21.14ID:Frb+/hEJ0

そうするとなんと姫が俺を逆に押し倒してくるではないか!

やばい犯される!あ、なんかちがうっぽい。

なななんと姫は俺の顔の上に股間を押し当ててくるではないか!

うおおこれはさすがに眺めがいいぞ!実に素晴らしい。ウェルダーン。



すでに俺のペンティアムは熱暴走しているので一生懸命なめまわしながら

腕を伸ばして胸を触るか触らないかの強さで撫で回しつつ、時に大胆に包みこみながら頂点を刺激した。





「ヒャン、んぁぅ・・・・」





ピッチャービビッテル!へいへいへい。









誰かageたりすると俺の羞恥心がみたされるかもwwww







801:746◆JxCieN.8FA:2008/01/25(金)19:10:32.78ID:Frb+/hEJ0

そこで俺は重要な事実に気がついた。



こんな中学生のような子に俺のサムは納まってくれるのか?

というか痛くなったりしないだろうか?



自慢ではないがどうも俺のアレは大きめらしい。

修学旅行や合宿で幾度もネタにされ内心張り倒してやりたいくらいの怒りを抱いてきたのである。

そして今はまったく逆のベクトルで怒りゲージマックスで超必殺技が放たれる瞬間を

今か今かと獅子の息を吐きながら待ち続けているのである。





大丈夫か?















806:746◆JxCieN.8FA:2008/01/25(金)19:20:45.14ID:Frb+/hEJ0

予想通り息子は半分ちょっとしか入らず、ゴムごしだったせいでそこまで気持ちよくはなかった。



それにしてもきつすぎてキモチいいんだかセマイだけなんだか。

あとから考えるとつまり息子は俺のスーパーテクニシャンなおれの左手によって教育されているからなんだろうなぁ。



ヤバイヨヤバイヨ。



奥まで入れようと試みると、姫の紅潮した頬がゆがんだ。





「無理かな・・・・・・?」

「ちょっと位なら平気・・・」





といわれては無理やりしてはダメだろ、jk。

というわけで欲望をセーブしつつコリコリを皮の上からころがしながらゆっくりとコシを動かすことにした。

なので後はあんまり冗談も言わず行為に没頭し、体位を変えながら反応を楽しんだ。





ただ頭の片隅で

「乱れているように見える彼女は、演技なのだろうか?」

「俺なにしてんだ・・・こんな子もてあそんで・・・」



という思いだけが消えなかった。



809:746◆JxCieN.8FA:2008/01/25(金)19:29:03.46ID:Frb+/hEJ0

腰を激しく動かせない事情があったので最後は上でがんばってもらった。

熱を帯びて柔らかくなったローションと、愛液の混じった粘着質の液体が

二人の結合部のあたりからエロマンガのような音を立てて狭い部屋に俺たちのあえぎ声とともに虚ろに響いた。





正直すべらかな人肌がうれしかった。ここんとこおちこんでたし。男って単純馬鹿で哀しい。



早くイかないと可哀想なので全神経を集中した。アレだけ無理な姿勢で腰ふったらイワス。

肉の中で俺が高まっていくのがわかった。最後は我慢できずに腰をわしづかみにして

思い切り奥まで貫いてしまった。



姫を見上げると、さしものウォータープルーフのマスカラも目元がにじんでいた。







だしおわったあとはやる夫ばりのハイパー賢者タイムだったので抱き合いながら時間をまった。



812:746◆JxCieN.8FA:2008/01/25(金)19:34:31.15ID:Frb+/hEJ0

腕時計をチラっと見るとそんなに時間はなさそうだ。

そもそも女体をむさぼりにきたつもりはない。自分の精神的脱皮のためだ。あと社会勉強。



「今日はなんでこんなとこきたの?」

「いや、特に理由はないかなぁ」



それ以上詮索されるのが嫌だというのがわかるように無愛想にいった。

これだから出した後の男は・・・何様だったんだ俺・・・・

乱れた息をととのえていると、部屋に似合わぬ無粋なつくりのランプが料金分の快楽の終わりが近づいたのをつげた。

そこで姫が思っても見なかったことを口にした。



「またおいでよ、わかんないけどさ、なんか凹んでても、こんなことで癒してあげられるかも、しれないし・・・」



ああ、俺は自分の不甲斐なさに愕然としたね。

俺にはとりあえず精神的な脱童貞をするためにここにきた。

だれでもいいや、なんでもいいや、金をつんだんだ、オレノセイジャナイ。



冗談くさく取り繕って、かっこ悪さに慣れっこだって演じて見せて、そのくせ底では

本当は俺は違うんだってそれだけ思ってれば「俺」が踏み込まれるところはなにもないとおもってたんだ。



814:746◆JxCieN.8FA:2008/01/25(金)19:37:52.15ID:Frb+/hEJ0

ちがったね。俺が彼女を巻き込んだんだ。

はいて捨ててもいいような、俺の小便くさいプライドと引き換えに、彼女「が」俺を抱いてくれたんだ。



金を積んだとしてもそれは変わらない。



確かに俺は客の一人にしかすぎないが、彼女は金をもらったプロとして俺を傷つけまいと一生懸命だったんだ。

ワンピースを背中を向けえながら着なおす彼女を俺は驚愕の目で見ていたにちがいない。



俺はなんてことをしたんだろう・・・不意に理由なしに涙がでそうだった。





865:746◆JxCieN.8FA:2008/01/25(金)22:02:44.49ID:Frb+/hEJ0

服を着たあと俺は少しだけ唇をかんで、腕を広げて彼女を抱きしめた。

ああそうさ、ストックホルム症候群張りの妄想だ、童貞乙って笑えよオマイら。



こんなことなら最初からこっちも本気で抱いてあげればよかった。



あの時間の間の非現実だったとしても向こうには血の通った女性がいたんだから・・・

最後の最後に俺は、やっと本音の言葉を抱きしめた彼女の耳の近くで搾り出すようにつげた。





「ありがとう・・・」





876:746◆JxCieN.8FA:2008/01/25(金)22:15:06.48ID:Frb+/hEJ0

俺より一回り細い少し腕に力が入ったのがわかった。

本当はわかってたんだろうなぁ。ヘタクソだしさぁ。ごめんなぁ。



フロントからの電話によると、今客の入れ替えタイムがかぶってるから、しばらくお待ちくださいってことらしい。

俺は短い時間で、できる限り恋人のような会話ができるようにした。





「俺ワンピ好きなんだー」

「ポニーテール好きだっていったらおっさんくさいてマジかよ」

「もうそれ下着だとはいてることにしてぬいどきゃよくね?あれ、脱がさせるのもサービス?」





など実にばかばかしい限りの内容だ。

しかし俺に十分な時間があるわけもなく・・・



「タバコ吸うって聞いてたのにすわへんかったねー?」



うーん俺はそんなことまで忘れて話していたのである。

どうも時間内にタバコとコーヒーのサービスってやつがあるらしい。

フロントから今なら出られるということが告げられた。

せっかくだからと保温機に入ったボスを持たせてくれた。セッシャジョージアガイイナリ。

エレベーターにのって分かれるときにも一回キスした。



俺は精一杯感謝しながら触れるていどのキスをした。多分一番心地よかったようにおもう。

俺はまただらしなくゆがんだ顔で客として精一杯のうそをついた







「またくるよ!」







880:746◆JxCieN.8FA:2008/01/25(金)22:27:04.68ID:Frb+/hEJ0

しまった扉にほてった額を押し当てて、下りのエレベーターはズルズルと俺をよどんだロビーに引き摺り下ろした。



景気の悪い顔じゃあの子に申し訳ない。



妙なことには気がつくものでいつものヘラヘラと寒い薄ら笑いでスパパッと素早くアンケートシートをかいた。

外に出るとやっぱり来たときと同じように霙がふっていた。ほてった肌に心地いい。

人がいないのでタバコに火をつけてアーケードを駐車場へとあるいた。

霙があたってタバコがフヤケタ。チクショウ。

あごが疲れているのにもきづいた。

しかしどうも行きとは町が違って見えた。





好きでやってる子もいるらしいけど、やっぱりいろんな事情を抱えて働いている子が多いんだろう。

どうしても欲しいものがあるのかもしれない。

そのために彼女たちは毎日チーズのようにプライドを切り売りしているのかもしれない。



だがそれだけだ。貞操観念なんて水物だし。



卑下するも賛美するもない、金がすべての町。どこともかわりゃしない。

頭下げて結果を上げて、毎朝いこじになってベッドからからだを引き剥がしていつから俺の世界はこんなにも歪んでしまったんだろう?





俺は金で買った彼女のプライドの分、スコシだけ前に進めただろうか?

釈然としないまま消えたタバコをゆらして仏頂面であるいた。













883:746◆JxCieN.8FA:2008/01/25(金)22:31:49.94ID:Frb+/hEJ0

別れ際にもらったコーヒーを運転席にすわってからすすった。

外がやたらめったら寒かったせいでコールドちかくなってしまっていた。

ボゥッとのぼせた頭に冷たいコーヒーでスコシ目が覚めた。

あれ、俺凹むためにきたんだっけ?ちがうんじゃね?そうおもった。



彼女いったじゃねーか、「癒してあげる」って。



俺がこんなんじゃ彼女のプライドが浮かばれねぇ。

とりあえず頑張ってみよう、目的も理由はないけどそう思った。





そして俺は帰ってから全身を震わせながらイソジンで体をあらった。

潜伏期が過ぎたら保健所へ行く。そして結果が悪ければ彼女に知らせにいく。

ありがためいわくだろうが、それが金で買ったものの社会への最低限の義務だろうとおもう。



あの金が暴力団の資金源になっていて、おかげで不幸な人がふえるかもしれない。

一生かけて悩むかもしれないが、そういうもんと引き換えにいろいろわかった気がするよ。



んできっとセックスの話をするたびに、もしかしたら女性を抱くたびにあの子をおもいだすんだろう。











884:746◆JxCieN.8FA:2008/01/25(金)22:34:13.90ID:Frb+/hEJ0

以上だ。俺は風俗を薦めるわけでも否定するわけでもない。

同じような思いのオタがいて少しでも参考になればと思う。

童貞すてたいってやつがいるなら死ぬほど悩みながら行けばいいとおもう。

不毛だとせせら笑うのもまったくもって同意するぜ。



ただ頼む、自分と周りを大切にしてくれ。



んでいくならせめて時間の間、姫を愛してあげてくれ・・・

んで愛のないセックスってのだけはしないほうが幸せなんじゃないかな・・・



あとなんかあればできるかぎり質問には答える。













886:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/01/25(金)22:38:28.21ID:mj3DQzKYO

746



一つだけ質問。

ドーテイじゃなくなって、お前はちゃんと前向きになったか?





質問じゃなく意見

次セックスする相手にはきちんと愛情注ぎなよ。



887:746◆JxCieN.8FA:2008/01/25(金)22:44:20.69ID:Frb+/hEJ0

886

多分。

今は「次これ」「次これ」ってむちゃくちゃ刹那的なことばっかやってるんだが

とりあえず終わるまでは逃げ出さないことに決めた。

ってか逃げ出したくってさぼってソプいったの。逆効果だったがなw





889:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/01/25(金)22:46:25.63ID:LUn0DP0QO

746乙

興味深かったよ

普段は冷めてるふりしてそうだけど結構感傷的だね

ちょっとくさいけど真剣なのは悪いことじゃないしいいことだ

次にする時はお互い愛がたっぷりの幸せなセックルだといいね



889

だね。これからはいい恋愛ができるといいなぁ。



890:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/01/25(金)22:51:49.67ID:mj3DQzKYO

887

お前も確か院生だったよな。

俺も逃げ出したくはなるよwww修論大変だし。。



でもさ、今回の事で逃げ出さずに立ち向かう事が重要てわかったんじゃね?



開きなおるのは良くないかもだが、せっかく経験したんだ、それを生かさなきゃな。



お前の事知らないけど、レスに書いてあるようにきちんと考えれてたら大丈夫

胸張りなよ。



マジレスばっかで何かえらそうであれだけど、まー、許してくれwww



891:746◆JxCieN.8FA:2008/01/25(金)22:54:42.30ID:Frb+/hEJ0

890

まじ涙目wwww通るといいなぁ・・・・



んではそろっとロムにもどるわ。

面白くもない体験談に付き合ってくれてサンキューなんだぜ。

んでは!





出典:ある男の童貞喪失話

リンク:


告白体験談関連タグ

|||||||||||||

【風俗】ある男の童貞喪失話 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年7月29日 | 告白体験談カテゴリー:風俗での告白体験談

このページの先頭へ