相互リンク先の更新情報!

【寝取られ】婚約者・真帆【1】〜真帆の初体験 【告白体験談】

カテゴリー:寝取られ告白体験談
tag:


葬式三部作、PTA会長シリーズの関連話です。

このシリーズが苦手な方は、ブラウザの「戻る」ボタンで戻ってください

================================================================



都会の大学を出た俺・山本ケンは、ある地方都市にある、従業員200人の「中部(なかべ)工業」にエンジニアとして就職した。



就職して4年間は、特定の女の子とつきあうこともなく、がむしゃらに働いた。

地元の実家は分家で、本家に頭の上がらない生活は嫌だし、別れた彼女理香の面影のある都会も嫌だった。知らない土地で暮らしたかった。

そんな26歳の夏の日、社長、中部真一郎氏の自宅に呼ばれた・・・・・

 

酒が入っての雑談。社長は「今、つきあっている女性(ひと)はいるのか??」

「いいえ」

「そうか。では、君は童貞か??」といきなり聞いてきた。

愛人の噂の絶えない社長のこと。単なるエロ話かと思い「いいえ」

さらに、女性遍歴を聞かれた。ウソをついても仕方がないので、答える。




初体験相手の洋子(高校生・バージン)、3年生の夏から1年間つき合った理香もバージンだった。後は、バイト先の先輩たちの単発的に……。

酒の力や大勢で、無理矢理女を犯したことはない。とも答えた。

 

「実は、娘の真帆(22)が君のことを気に入っているのだが、どうかね」

俺は、一気に酔いが醒めた。

確か、大学を出てから事務所をうろうろしたり、エンジニア見習いのようなことをしていた社長の一人娘。

小柄で、胸も尻も小さく、だふだぶの制服が似合わない。また、私服のワンピースを着ている姿は、まるで少女のようだった。

社長の娘でもあり、交際相手としては意識していなかったのだが、せっかく声がかかったので、ひとまず会うことにした。

 

初回のデートは水族館。水色のワンピースを着てきた真帆。体型が強調されないスタイルなので、初々しく見える。二の腕やふくらはぎに女性らしさを感じたが、その日は手をつないだだけだった。

その後のデートでも、腕を組んだり、肩を抱く程度。

話題の中で、真帆は高校時代に付き合っていたという渡会(わたらい)君の話題を持ち出し、延々と語り出した。

学校帰りに手をつないで帰ったりしたことや、父親に見つかって怒られたことなど。逆に言うと、真帆の男性との付き合いはその程度と言うことになる。

「ケンさんは??」言葉に窮したが、ウソを言っても始まらない。本気で好きだった人がいたが、別れてしまい、都会も故郷も捨てたことを簡単に話した。

 

【真帆と旅行の計画】

晩秋のある日、レストランでの夕食のあとデザートを食べていると、真帆が某リゾートのパンフレットを出し「ここ行きたい」と蚊の鳴くような小さな声で、真っ赤な顔をして言った。

「お父さんに宿取ってもらうから」と真帆は続けて言った後、しまった、という感じで口をつぐんだ。

これで全てを理解した。

只の旅行の誘いではない。

真帆と(父親である)社長との間には話しがついているはずで

真帆との旅行→真帆と結婚(婿養子)→次期社長

というレールの上に乗るはずだ。

 

確かに、数ヶ月の交際で真帆のことを好きになっている。

体の関係があったわけでもなく、プロポーションがいいわけでもなく、話がうまいわけでもないのだが、人を好きになるということはこういうことなのか。

また、真一郎社長の人柄も会社もこの土地も気に入っている。故郷も捨てたつもりなので、山本の姓に未練はない。家は故郷に就職した弟が継ぐはずだ。(歴史はあるが、分家なので大したイエではない)

 

俺は黙ってうなずき、そのまま食事を済ませ、真帆を送っていった。お互い無言だが、意識は湖畔のリゾートへ。

 

翌日の午後、俺は社長室に呼ばれた。

「山本君、クーポン券だ。真帆のことを頼む」安堵と緊張が入り交じった表情の社長。只の旅行クーポン券なのに、とても重く感じられた。

 

当日。ピンクのニットの上着に、花柄のロングスカートという出で立ちで現れた真帆を助手席に乗せ、晩秋の湖畔のリゾートホテルへ。車と荷物を預け、遊覧船に乗って紅葉を鑑賞したりするが、真帆は明らかに落ち着きを欠いている。

午後4時。空気が冷たく感じられてきた。

「部屋に行こうよ」と蚊の鳴くような声で真帆が言う。

「えー、『オルゴール博物館』見に行くんじゃないの??」と意地悪を言うと、俺の体にしがみ付いて、半分怒ったような顔をした。

 

【ホテルの部屋で】

ベルボーイが去り、二人きりの部屋。眼下には、湖が広がっている。

真帆も並んで景色を見ているが、そわそわと落ち着かない。

「真帆」声をかけ、細くて折れそうな体を抱きしめる。

真帆も抱きつき返してくる。

一旦体を離すと、真帆は目をつぶって上を向いていた。真帆の唇に自分の唇をそっと合わせる。温かくて柔らかい感触。真帆は心なしか震えている。

唇を合わせるだけの長い長いキス。終わると、真帆の口から吐息が漏れた。

 

真帆をソファに座らせ、肩を抱きながら暮れゆく湖畔を眺める。口火を切ったのは真帆。

「ケンさん……私、まだしたことがないの……何も分からないけど、いや??」

「そんなことないよ、真帆、喜んでいただくよ」

真帆は緊張して固くなっているので。とりあえず、部屋の明かりを落とし、カーテンを閉め、ベッドに促す。

服を着たまま抱きしめ、ニットの上から胸を包み込むようにそっと撫でる。

「あんっ、くすぐったい……暑くなってきた」まあ、暖房を強くしたからね。

ニットとキャミソールを裾から持ち上げて脱がし、下もスカートとストッキングを脱がす。殆ど暗闇なので、抵抗なく脱いでくれた。

耳を舐めながら胸を揉むと

「恥ずかしい」

「???」

「胸、小さいでしょ」確かに、片手ですっぽり包まれる位の小ぶりの胸。揉んだ感触しかないが、中身はしっかり詰まって、張りもある。

「かわいいよ。早く明かりをつけてじっくり見たい」

「お願い、もうちょっと待って。」

俺は、暗闇の中、指で背中や脇腹を撫でると、真帆は身もだえていた。

(愛撫しながら自分もパンツ1枚に)

ふくらはぎ、太ももを撫で、いよいよ内股へ。

ショーツのお腹の部分をそっと押し、恥丘をそっと撫でる。ショーツ越しにヘアの感触がする。そして、局部をクロッチの上から軽く触ると………すでにそこは湿っていた。

「真帆、触るよ」

「うん、くすぐったいような、ゾクゾクするような感じ」

そう言いながらも呼吸は荒くなっている。

局部を撫でながら、背中に手を回して、ブラのホックを外し、ブラを上にたくし上げる。

「ちょっとぉ、どうやって外したの??」

その質問を遮るように、乳首を指で転がし、口に含む

「ああんっ、くすぐったい。でも気持ちいい。乳首っておいしいの」

「うん、塩味が利いて、おいしいよ」

 

「あっ、汗くさくない??」

「真帆のいい匂いがする」

「ねえ、シャワー浴びたい」

真帆の局部を押すと、そこは大洪水になっていた。真帆も気が付いたらしい。

 

「そうだね、シャワー浴びるか」と俺は部屋の照明を付けた。

「きゃあ」ベッドの上には、真っ赤な顔をしてショーツ1枚だけ付けた真帆がいた。

胸は大きくないが、それでもかわいく膨らんでいて、垂れていない。体も、スリムではあるが、思ったよりは肉が付いている。お腹にも適度な肉が付き、あばらも出ていない。なによりも、真っ白く光り輝いて見えた。

「真帆、きれいだよ」

「ケンさんに見られちゃった」

 

傍らにあった寝間着を手に取ると、真帆は身を縮めるように風呂場へ。少しして、俺も付いていく。

「きゃっ」

「入れて」

「うん・・・・ケンの大きい。それでよくズボン穿けるね」

「普段はもっと小さいよ。これは真帆用のサイズだよ」

「触っていい」「ああ」

「こんな大きいの、私の中に入るの??」

「大丈夫だよ」

「固い・・・」

今まで見たことはないのかと尋ねると、友達が冗談で見せてくれたAVぐらいしかないという。モザイクがかかっていたので。モザイクの向こうが気になっていたとか。

 

俺は、真帆の体をじっくり眺めた。肩や太ももなど、何となく体の線が固い。まさにバージンの体。

以前にも別の女の子のバージンを頂いたことがあるが、やはり、体験を重ねると体の線が丸くなってくる。

この真帆の体をしっかりと目に焼き付けた。

 

全裸のままベッドに戻り、布団をかぶると再び抱き合ってキス。そして、胸とうなじの攻撃に移る。

最初はくすぐったそうにしていたが、次第に吐息が荒くなり、乳首を舐めたりすると「あんっ」と声が出るようになった。

足元に回り込んで、太ももの内側から局部に舌を這わせる。すると、あっという間に濡れてきた。

ピンク色の局部も、いずれは黒ずんでくるのか・・・・感慨深く眺める、と、

「ケン、恥ずかしいよ」

「真帆、最初はしっかり濡らさないと」と適当なことを言う

舐め続けると「あん、あんっ、あんっ」と喘ぎ声が再び出るようになった。

「気持ちいいの??」

「何だかしびれるようで、気持ちいい」

 

「挿れてみようか」

「うん……でも、こんな大きいの入るの??」

真帆をベッドの下の方に横たえ、足を開く。あの、少女のような真帆が、おっぱい丸出しで足を開いて俺を受け入れようとしている。

 

逸物を局部にあてがい、押し出すようにする。先っぽは入った

「入ったよ」

「何か、アソコが広げられたような感じ」

「奥に進むよ」

そう言って、腰を前に押し出す

「痛いっ!!」

「真帆???」

「何か、裂けるような感じがする。でも、続けて」

俺は更に腰を押し出す。ものすごく締まる。

「あああああっ、」真帆が絶叫する。

「奥まで入ったよ」

「あそこがこじ開けられたように痛い。動くの待って」

俺は、逸物を突き刺したまま、真帆にキスをする。真帆は涙を浮かべていたので、唇で吸い取る。

「ケン、やっと一つになれた。うれしい」苦痛に歪みながらも、嬉しそうに言った。

 

「動くよ」「ええ」

そろそろと動くが、やはり痛いみたいだ。

昔の女みたいに、ピストンするとよがり声を上げて逸物を締め付けてくれるようなエッチとは大違い。

しばらくそろそろと動いていたが、真帆の愛液が少なくなってきたのか、滑りが悪くなったので、一旦抜くことにした。

真帆の股間、腰の下に敷いたタオル、俺の逸物は血に染まっていた。

 

「ケンさん、ごめんなさい」

「???」

「気持ちよくなかったでしょ。」

「あんなAVのようなエッチと一緒にしたくないよ。今のは、俺と真帆が一つになるための大切なセレモニーだ。いまに真帆も感じるようになるよ」

「ケン・・・」真帆はしがみついた。

 

血の始末をしたいというので、別々にシャワーを浴びて再びベッドへ。

「ケン、小さくならないね」

「ああ」

「手コキっていうのやってみたい。精液が出るところ見てみたいの」

そういうと、枕元にあったローションを手に取り、俺のを扱きだした。

握り方とか強さとか教えると、真帆はすぐにこつを掴み、俺は発射。真帆はしげしげと眺めていた。

 

【第2回戦】

翌日も観光地巡りをするが、真帆は腕を組みっぱなしだし、人が回りにいないとキスをせがんでくる。

昼食を食べた後、真帆が言った。

「ねえ、部屋に戻りたい」

ホテルに電話をして、部屋の清掃が済んでいることを確認すると、ホテルに戻った。



昨日は、間にシャワーで中断されたので、先にシャワーを浴び、室内着に着替えてベッドに横たわる。



カーテンを閉め、薄明かりの中、真帆の服を脱がし、ブラとショーツだけにする。

ブラを外すと、小さな乳首はぴんぴんに立っていた。

口に含むと「ああんっ」と腰をのけぞらせた。

耳を舐めながら乳首をこね回すと、真帆は喘ぎ声を上げて腰を振ってよがりだす。

ショーツを脱がせ、局部に触れてみると、すでに大洪水。

クリを舐めると「ひぃぃぃぃ、しびれる」と



俺の逸物は立っていたが、真帆はおしゃぶりはしたくないようなので、ローションを垂らして手でこいてもらう。

で、真帆を横たえて挿入。

「ああんっ」

「痛くない??」

「少しだけ痛いけど、気持ちいい。ピストンしていいよ」

俺は、ゆっくりではあるが前後にピストンする。

「あんっ、あんっ、あんっ、気持ちいい。もう痛くないよ。あんっ」

 

まだまだ反応はぎこちないが、締め付けの良さに俺は逝きそうになった。

「真帆、逝くよ」

「いいわ、出して」

俺は、逸物を抜くと、お腹に振りかけた。

 

「ケン、気持ちよかった」

「真帆」俺は、腕枕をする。

「ケンの、ちっちゃくなっちゃった」真帆は、俺の逸物をこね回す。

「ん、ケン、また大きくなってきたよ」

「うん、真帆が魅力的だから」

「まあ、ケンったら。もう一回しようか」

 

今度はバックから責め立ることにする。小ぶりのお尻を抱え、背中から手を回して胸を揉み、ピストンする。

最後は、お尻に振りかけた。

「何か当たるところが違って、バックも気持ちいいね」と真帆。



 

【クリスマスイブのこと】

旅行から帰ってきたあとも、俺たちの交際は順調だった。真帆の家に行くこともあったが、階下にいる両親に気を使うので、アパートに来てもらうこともあった。

会社の中でも話が広まりつつある。話の出所は社長で真帆の父親の真一郎氏。ちょっとプレッシャーを感じる。

 

クリスマスイブのある日。真帆の両親&真帆と食事をした。レストランを出るとき、真帆は父親の車からカバンを取りだすと俺の車に乗り込み、アパートに泊まりに来た。

「よくOKしてもらえたね」

「う、うん」

「何か緊張してない??」

「そ、そんなことないよ」

車中の真帆は何となくぎこちない。

  

通りがかりのコンビニでケーキやワインなどを買い、アパートへ。

真帆は黙ったまま。

「真帆、何か変だよ??」

「ケンさん、あの………」

「何でも言いなよ。」

「私、どうしよう」

「???」

真帆はとうとう言った。「一緒になりたい」

「真帆、それは俺のせりふ……」

「でも……」

少し前に真帆は父親と話した。真帆はケンのこと好きだし、父親も気に入ってくれている。真帆は22歳とまだ若いが、結婚に異存はない。



但し………

真帆は社長の跡取りであり、社長自身が長男なので、婿(むこ)を取らなくてはならない。

ケンは旧家の長男と聞く。長男に婿に来てくれ、と言えるだろうか………

真一郎氏自身も、親戚から家を絶やさないで欲しいと言われていて、悩んでいる。

 

「私、どうしよう」真帆は泣きだしてしまった。

ケンは真帆を抱きしめて言う。

「真帆。君と一緒になるんだったら、婿でもいいよ。」

「えっ」

「旅行のチケットをもらったときに、その覚悟は出来ているよ」

「あなた、長男でしょ」

「俺は故郷を捨てたんだ。地元に弟がいるから、奴に継がせるよ。実は、旅行の後に兄弟で話して、快く引き受けてくれたよ」

「ケン」真帆は俺にしがみついてきた。



 

【初めての中だし】

少しすると、真帆がキスをせがんできたので、長い長いキスをする。

「お風呂入ろう」狭い風呂なので別々だが。

お互いにパジャマ姿になった。色気も何もない普通のパジャマだが、いつもと違って見えた。

間もなく、俺の妻になる人なのだ。

長い髪は束ねられていて、うなじが色っぽい。

並んで座ると、まず耳から責めた。

「あんっ」早速息が荒くなる。

そのままパジャマのボタンを外し、胸を揉み、乳首をこねると

「ケン、ちょっと待って」

「??」

ベッドに座らされると、ズボンとパンツを下げられ、逸物がむき出しになる。

そして、ぱくっ、とくわえた

「真帆、無理しなくていいよ」

真帆は無言でピストンする。ただ上下するだけだが。

「奥さんになるんだったら、このぐらいできないと……うえっ」

真帆は、喉の奥まで入れようとしては「うえっ」とえづいている。

確かに気持ちはいいけど、真帆の表情を見るといたたまれない。

「真帆、ありがとう。もういいよ」

真帆は口を外すと

「ケン………ごめんなさい。口で逝かせてあげられなくて」

「そんな、AVのまねなんてしなくても……大丈夫。真帆の気持ちだけで嬉しいよ」

「ケン……ありがとう。結婚までにはお口で出させてあげたい」

そういうと、パジャマとショーツを自分から脱ぎ、ベッドに横たわった。

 

真っ白な体。スリムで胸は小さいが、太ももや腰には肉が付き、ガリガリという印象ではない。

小さくてピンク色の乳首、薄目のヘア。俺しか知らない体。

俺はしばし見とれたが、服を脱ぐと明かりを消して胸にむしゃぶりついた。

 

胸を脇から揉み上げ、股間を撫でるとあっという間に大洪水。

「ケン、欲しいの」と真帆

逸物を差し込み、締め付けられるような気持ちよさ。

あ、ゴム忘れた。

「ゴム忘れた」

「抜かないで、中に出して」

「赤ちゃん出来ちゃうよ」

「今日だけは中に出して欲しいの。今日できちゃったら育てようよ。今日だけだよ」

俺はうなずくと、ピストンを激しくした。

生で中だしOKなので、いつもより気持ちいい。体位を変えるのももったいない。

真帆も気持ちよさそうに喘いでいる。

 

「真帆、逝くよ。出すよ」

「ケン、出して、私も逝く〜っ、ああああああああああっ」

俺は頭が真っ白になり、真帆の中に放出した。

「ケン、ケンの子種が当たる〜っ」

真帆はそう言いながら局部を締め付けてくる。

しばらく抱き合っていたが、俺の逸物が小さくなり、抜けた。

 

出来ても構わなかったが、それでも……ということで、シャワーを浴び、局部を洗って、抱き合って眠りについた。

ケーキを食べる暇もなく。

 

(結局赤ちゃんは出来なかった)



 

【結婚に向けた動き】

冬休み、俺は急遽帰省した。真帆と真帆の両親もついてきた。

新幹線のグリーン車から降り立つ俺たちを弟と両親が迎える。

「ケン……」不安そうな目をした母が歩み寄ってきて、心が痛む。

 

弟の車に乗って実家に着き、真一郎氏は、普段通りの野太い声で話し始めた。

自分の経営する会社のことや、俺の仕事内容など。そして「ケンくんを頂きたい」と頭を下げた。

両親は背中を丸めてぼそぼそと受け答えするだけだった。

 

話が終わり、簡単な酒食の後、真帆と真帆の両親は最終の新幹線で帰るためにタクシーで駅に向かった。

タクシーを見送った後。

「おやじ、ごめんな」

「まあ、社長さんの大事な一人娘の結婚相手にお前が選ばれたんだ。悲しんではいないさ。こんな小さな家(分家)にしがみつかなくてもいい。だけど、婿に行ったとなると、ここには帰ってこれないぞ。覚悟はいいな。弱音を吐くなよ」と父が励ましてくれた。

 

翌年の春、両親がこちらにやってきて挨拶と打ち合わせ。会社のスタッフが総出でもてなしてくれた。

会社を見学して威容に驚き、結婚式会場でもある「ダイヤモンドホテル」に宿泊し、帰っていった。

 

結婚式の日取りは今年の10月。夏休みも色々と準備に追われる毎日だった。

 

そんなある日・・・・

 

 

続編:婚約者・真帆【2】〜同窓会の夜



 

—————————————————————————————

カテゴリ違いと思われるかもしれませんが、三部作を同じカテゴリに並べるため、このカテゴリに入れました。



出典:オリジナル・関連BBS↓

リンク:


告白体験談関連タグ

||||||||||||||

【寝取られ】婚約者・真帆【1】〜真帆の初体験 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年7月30日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ告白体験談

このページの先頭へ