相互リンク先の更新情報!

【近親相姦】もう一人の母 【告白体験談】

カテゴリー:近親相姦告白体験談
tag:


俺が高校の頃の雨降りの夕方、俺は学校から家に帰ってきた。

そしたら母がバタバタと仕度してた。



「あんた何やってたの?

叔父さんが亡くなったのよ。早くしなさい」



という。

どこの叔父さんだと思いながら、とりあえず用意しようとしたら電話が鳴った。

母は忙しくしてたので、仕方なく俺が電話とった。



「もしもしっ。俺だ。落ち着いて聞けっ。いいか」



かなり切羽詰った口ぶりで相手はいきなり喋りだした。

聞き覚えのある声だった。

誰の声なのかは、すぐには分からなかった。






「死んだのは叔父さんじゃない。母ちゃんだ。

いいか。絶対に振り向くな。そのままじっとしてろ」



母ちゃん?

母を母ちゃんと言い、そしてその声。

兄だ。

去年バイク事故で亡くなった兄の声だったんだ。



死んだはずの兄から電話があったら、普通パニックだと思うが

そのとき俺は不思議と恐怖感のようなものは感じず

冷静に兄からの電話があった事実を受け入れられたと思う。



それにしても、兄の電話は意味が分からない。

試しに少し体を動かしてみようとは思ったけど、硬直して体は動かなかった。

どうなってるんだ?

さっきまで母がバタバタ忙しくしてたのに、

今、背後は静まり返ってまったく音がない。



「なにやってるの・・・早く死になさい」



突然、母の声が耳元で聞こえ、そこで記憶が途切れた。





しばらくして、俺はスーツ姿の母に起こされた。

受話器を持ったまま倒れこむように寝てる俺を見て、

母は心臓が止まるかと思うほど驚いたらしい。

玄関の電話のところで、俺は受話器を持ったまま寝ていた。



そこからは、俺と母の話がかみ合わない。

母に死んだ叔父さんの葬式のことを聞いたら、そんな話はしらないと言う。

今までどこに行ってたのかと聞いたら、

今仕事から帰ってきたところで昼間家にはいなかったと言う。



そういえば、さっきは家の中もおかしかった。

母がイライラするぐらい忙しそうにしてたので聞かなかったけど

リビングの真ん中には、女性のものと思われる長い黒髪が

山盛りに散乱してた。



あれはいったい何だったんだろう

あのときの母は、いったい誰だったんだろう、と今は思う。



出典:

リンク:


告白体験談関連タグ

|

【近親相姦】もう一人の母 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年7月31日 | 告白体験談カテゴリー:近親相姦告白体験談

このページの先頭へ