相互リンク先の更新情報!

【友達】見違えた同級生 【告白体験談】

カテゴリー:友達との告白体験談
tag:


この前中学の同級生とコンビニで会った。

当時仲はよかったが可愛くない為、恋愛対象外だった。

「お前とはいくら貰ってもやりたくないな!」

と言ったこともある。



そんなあいつが(以後A子)見違えるように可愛くなって俺の前に現れた。



「久しぶりー!元気?」

「おー元気だよ!可愛くなったな!」

など軽く話して、ここじゃなんだからってことで近くにある俺の家でゆっくり話すことになった。



A子は可愛くなかったが面白く、明るかったので女友達も男友達もたくさんいた。

眼鏡でちょっとポッチャリだった昔のA子からは想像できないくらい可愛くなっていた。

話を聞くと高校デビューしたらしい。

眼鏡をやめコンタクトになってた。小さいと思ってた目は以外に大きく、少し垂れ目だった。




細くなって(胸は成長してないが)スラっと伸びた脚は白くて綺麗だった。

髪も茶色くなって、エビちゃんみたいな髪型になっていて垢抜けた感じだった。

服もお姉系で、正に俺のタイプ。



家に着き、俺の部屋のソファーでくつろぎながら話をする。

中学の話、卒業後の話、そして今の話。

A子は来年今付き合っている彼氏と結婚するらしい。

ちょっとがっかりしたものの、その後も話は続く。

やがて話は下ネタトークに。

A子とは中学時代もよく下ネタトークをしていた。

ムラムラしてきた俺は我慢できなくなり、A子を押し倒す。



驚くA子。でも意外に抵抗はしてこなかった。

A子の反応に一瞬戸惑い、怯んだ隙に立場逆転。

A子がソファーを降り、なんと俺のズボンを下げフェラを始めた。

予想外の展開に驚くも、この状況に俺は萌えた。

(う、上手い…)

A子はフェラがものすごく上手かった。

今まで10人はしてもらったが、ケタ違いの上手さだった。



まず、A子は上目づかいで俺の様子を見ながら裏筋を強弱を付けて何往復か舐めた。

そしてカリを舐め回すと、先っぽだけくわえた。

飴を口の中で転がすように先っぽを口の中で右へ左へ転がす。

舌と口の中の肉を使ってうまく転がす。

(マジで気持ちいい…)

次に音を立て、口をすぼめて強めに先っぽを出し入れした。

出す時は唇を更にすぼめカリに引っ掛ける。



そろそろ奥まで…と思ってたら奥まで出し入れしてくれるようになった。

出し入れするときに裏筋を舌でなぞりながら音を立てる。

(マジ上手い。プロかよ!)

と思った。ここまでだいたい2、3分。早漏ではないが、もうすでにヤバイ。

俺も息が荒くなる。その様子を上目づかいで見ながら更にスピードは増す。



今度は捻りながり出し入れし始めた。

時に強く、時に弱く。

「あぁ、もうイキそうだからやめて」

と言った。やりたかったから。

でもA子はやめてくれない。

捻るのをやめて、喉に付くように奥まで激しくそして早く出し入れした。

俺は我慢できずにそのまま口に出した。



A子は俺の精液を飲み、丁寧に舐めて綺麗にしてくれた。

しばらく余韻に浸ってから

「やめてって言ったじゃん。やりたかったのに。」

「だって私とはいくら貰ってもやらないんじゃなかったのー?」

と言ってきた。(この時まで俺はそんなことは忘れてた)

「ダメだよー私結婚するんだから!」

「だけどフェラしてきたじゃん!」

「それは急に押し倒してきたからイジメてやったの(笑)」



嬉しいやら悔しいやらで、俺は仕返ししたくなった。



フェラが終わった後、また会話が弾んだ。息子も回復してきた。

しばらくしてA子はトイレに行きたいと言って部屋を出た。

その隙にしまってあったローターをポケットに入れる。

A子が帰ってきた所をベットに押し倒した。

A子は「も〜」と言ってたが本当に困ってはいない。

A子の上に乗り足の方を向く。

   〇 俺←

   |

 /\⊥_〇A子←

こんな感じ。(わかりづらくてごめん)



俺の足でA子の足を開かせて固定した状態で、ポケットの中のローターを取り出す。

ちなみにA子はスカートだった。

パンツを横にずらし、ローターをクリに当てるとA子は喘ぎ出した。

最初は我慢してるみたいでハァハァしてるだけだったが、だんだんあんあん言い出した。

そのうち「イキそう…イキそう」って言ってビクンビクンとした。



イったみたいだが、俺はやめない。

俺はもう抵抗しないA子から(と言っても元からそんなに激しく抵抗してないが)降りて体制を変えた。



__〇/\__〇

こんな感じ



またA子のクリに当てる。今度は顔を見ながら。

A子はうっすら涙をうかべて口は半開き、目はトロ〜ンとしながらはっきりした声で喘ぐ。

で、またイった。



ここでローターはもうやめ、生で挿入。

A子は締まりがすごく良かった。

(彼氏が本当に羨ましい)



正常位から騎乗位へ。

A子は騎乗位はあまり上手くなかった。

動きが悪く、俺が動いても俺と動きが合わない。

バックに切り替える。

A子はバックが一番感じると言ってただけはあって、一番喘いでいた。



A子がまたイキそうと言い、俺もイキそうだったので正常位に戻る。

激しくピストンしてると、A子の満個が痙攣した。

それがたまらなく気持ちかったので、俺もイき、A子の腹に出した。



終わってちょっと落ち着いてからお互いに拭き、服を着る。

さすがにもう話すことはなかった。



A子がそろそろ帰ると言ったので携番交換しようと言ったら

「もうこれっきりね。いい思い出にしよう。」

と言われ、しぶしぶ納得。そのままバイバイって感じです。



出典:女友達にフェラチオしてもらった体験談パート6

リンク:


告白体験談関連タグ

|||||||

【友達】見違えた同級生 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年7月31日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

このページの先頭へ