相互リンク先の更新情報!

【近親相姦】【韓国】 自分の娘に欲情する「破倫家長」 【告白体験談】

カテゴリー:近親相姦告白体験談
tag:


【韓国】自分の娘に欲情する「破倫家長」〜親族による性暴行の半分が父親、スキンシップの繰り返しが犯罪に発展[05/25]











[時事ソウル=リュ・セナ記者]最近、何年か自分の身内を対象にした親族性犯罪事件の全貌が相次いで明らかになり、社会的に波紋を起こしている。性犯罪の苦痛に涙を浮かべた「娘」たちの敵は外部ではなく内部に、すなわち「家」にあった。それに‘親族性暴行’の加害者の半分以上が親か義父による仕業であることが集計されて、これに対するショックはもっと大きい。彼らはどうして自分たちの娘を性的道具と踏みにじったのだろう。破倫家長が発生している理由を時事ソウルが診断した。



#事例1。大田高裁清州裁判府は去る3月、知的障害を持った10代少女を数年の間性暴行した一家族4人に性暴行犯罪の処罰及び被害者保護などに関する法律違反罪を適用して叔父A(58)氏ら2人に懲役3年、また他の叔父1人(43)に対しては懲役1年6カ月をそれぞれ宣告して法廷拘束した。そして裁判所は祖父(87)に対しては懲役3年に執行猶予4年を宣告した原審を支持した。(中略)



#事例2。ソウル鐘路警察は去年7月、自分の実の娘を12年間数百回にわたって性暴行した疑いでパク某(59,無職)を拘束した。警察によればパクや娘Cさん(27,当時14)が中学校2年生だった1996年10月から去年7月9日まで家族がみな外出したすきを利用して平均一週間に1〜2回ずつC嬢を強姦して来た。(中略)



●パパという名前で…「話せない秘密」

上の事例のように我が国の社会で血縁を相手に性暴行をする「破倫家長」が増えている。しかし、このような犯罪は社会順応失調者や犯罪者だけが起こすのではないというのが専門家たちの意見だ。これと関連して刑事政策研究院キム・ジヨン副研究委員は「親族性暴行の加害者は労動階級や老けて醜くて女性と正常な関係を結ぶことが難しい人々に限らない。奥さんが生きていて、表から見たら平凡な家庭でも実際にこのような犯罪が起きている」と言った。






キム研究委員は引き続き「犯罪事例をよく見れば、過度な愛情やスキンシップ、好奇心などが性暴行へと発展した場合が大部分」と付け加えた。ちょっとしたスキンシップが繰り返されながらセクハラに対する概念と罪の思いが弱くなって性暴行のような極端な結果に走ってしまうというのだ。このような親族性暴行の最大の問題点は信じている「家族」から長期間にかけて持続的に行われた行為であり、被害者がこうむる身体的・精神的な衝撃はそのほかの性犯罪より深刻だ。韓国刑事政策研究院が未成年を対象に性犯罪を犯して2007年に有罪判決を受けた親族性犯罪者159人の犯行持続性を調査した結果、なかでも39.6%である69人が1年以上犯行を続けて来たことが明らかになり、1ヶ月以下の場合は7.5%に過ぎないことと調査された。



●被害者-加害者隔離制もなくて再被害の可能性も

また、これら被害者の大部分は自分も共犯という自責とともに「自分さえ我慢すればすべてが解決する」という心情で周辺の人たちに被害事実を知らせられないと調査されている。ところが「ママ」に被害事実を知らせた時、むしろ「パパを誘惑した」と言うなどの責任転嫁を受けたり、‘ライバル’意識を感じたママと関係が悪化する場合もあってこのためにもっと大きな苦痛を受ける場合もあると言う。



実際にある研究結果によれば、母親が子供の被害事実を知った時、子供の性虐待事実を信用しない比率が31%であると集計された。それにもっと残念な事実は、現行法上、加害者から被害者を隔離させるなどの保護法が全くない状態という。現在の法律で家庭暴力犯罪の場合、一定期間、一緒に居住できないし、一定距離を維持しなければならないなどの規定が用意されているが、性暴行についてはこれすら反映されていない。甚だしくは裁判所では「数年間、養育の責任を負って来た」と言う理由で、法廷下限より低い懲役刑を宣告した判例も数知れぬ程多い。このような不適切な法の網の中で、被害児童は自分が家出したり保護施設に入所しない限り、再被害の憂慮とともにもっと大きな暴力などの可能性の中に住むことになるのが今の残念な現実だ。



ソース:時事ソウル(韓国語)自分の娘さえ見れば…色情挑発充満(?)‘オオカミパパ’出沒どうして





出典:親孝行を第一とする、それが儒教の教え

リンク: 


告白体験談関連タグ

|||

【近親相姦】【韓国】 自分の娘に欲情する「破倫家長」 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年8月3日 | 告白体験談カテゴリー:近親相姦告白体験談

このページの先頭へ