相互リンク先の更新情報!

【職場】職場で酔うと触っても怒らない人 【告白体験談】

カテゴリー:職場での告白体験談
tag:


脱ぎはしないのだが、同じ職場に酔うと触っても怒らない人がいます。



某携帯ショップの同僚同士で、男3人女1人で飲みに行くことになりました。

女の子の年齢は、24歳で篠原涼子みたいな感じです。

酒の席で仕事の愚痴とか、いろいろ話していたら、だんだんHな話になってしまいました。

普段、そんな話もしない彼女なのですが、酔ってきたせいか、変な質問に答えてくれます。



バストはどう見てもBカップなので、彼女はCカップと言い張り、そのうち1人が確かめることになりました。

冗談半分で、後ろからワシ掴みにしようとしたら、まったく嫌がらないのでホントに触ってしまいました。

でも、ブラのワイヤーで分からないと言うと、もう1人も触って確かめました。

お約束通り、「よくわからない」と答え、冗談半分で「ブラに書いてあるのでは?」と。



そしたら彼女は、しばらく悩んだあげく、観念したようで後ろを向いてホックをはずしてくれました。

酔ってるのをいいことに、男たちは袖からブラを抜き取り、暖かいピンクのブラ手にとって確認しました。

その間、彼女はTシャツの上から腕を組んで恥ずかしそうにしてました。




男たちは「やっぱり、わかんねなぁ、もう1回触らせて」と言いました。

すると彼女は、「変なことしないという条件」でシャツの上から触らせてくれました。



やはり、Bカップなのですが、お礼にCカップと言ってあげたら上機嫌でした。



そして、今度はズボンの話になりました。

彼女はローライズのチノパンを愛用し、よく上パンをサービスしてくれてます。

しかも、パンティーラインもサービスしてくれてます。

ただ、彼女自身はこのことに気づいていないらしい(?)。





酒の勢いで、今度は彼女のパンティーの色とか形とか当てる話になりました。

酔っているせいか、彼女も質問にはちゃんと答えてくれます。

「今日の色は、ピンクでしょ?形は、言葉でうまく説明できないなぁ・・・」

とか言ってると、男の1人が「形当てるから、後ろ向いて中腰になってみて」と。



そして、1人ずつラインを描くように、人差し指でパンティーラインに添って触ってみました。

もともと、ラインが浮いているので、全員正解でしたが

彼女は「そんな事無いもん。もっと、可愛いやつだもん」言い張りました。

なので、男のひとりが「見せてくれないとわからないなぁ・・・」と答え

他の男2人も「実物見ないと・・・」と言うことになりました。

さすがにこれは無理だろうと思いましたが、条件付で見せてくれる事になりました。

条件とは、海老ピラフの一気食いです。(もちろん、あっさりクリア)







唖然とする彼女ですが、その場の勢いで、男二人が彼女を中腰にさせ催促を促しました。

考えてみたら、その場の勢いでブラをメニューの下に隠してしまったので、彼女はノーブラのままでした。



しかも、ズボンを脱がせられるとあって、躊躇していますが観念したようで、

上パンの7センチほど巻くってくれました。

彼女は「これでいいでしょ!見えたでしょ!」と恥ずかしそうに言います。





でも、男たちは案の定「よく見えないよ。10秒でいいからサービスして」と。

彼女は、今の状態がサービスの状態だと思っていたらしく「じゃあ、早く!」と。

もう理性の効かない男たちは、中腰の彼女の膝までズボンを下げ、彼女のパンティー

全体をあらわにしました。

彼女は「え?ちょっと、やだ!」と驚いたようで、体をクネクネさせます。

彼女の小さめのお尻を見ながら、ちょっとパンティーをクイッとすぼめ、Tバック状態にしました。

「ちょ、ちょっと、ヤダ、もう10秒でしょ!」と言っていたと思うのですが覚えてません。



そして、男たちは彼女のお尻を触ったり、両腕を抱えられている状態の彼女の胸に触ってみたり

とてもステキな10秒を体験しました。





開放され、こちらを向いてズボンを上げる彼女ですが、ノーブラ状態なのを忘れているようで、

胸ポチ状態です。

しかも、酔っているとはいえ、顔は耳まで真っ赤で、恥ずかしそうに

「やりすぎ!もう、聞いてないでしょ!」男たちを軽く叩いてきました。

でも、男たちは彼女の行動の全てが可愛らしく感じ、

「可愛いパンティーだったね。お尻も可愛いらしかったよ。最高!」と賞賛しました。

彼女は、「もう、そんな事言わないで!」と照れながら怒ってました。



でも、男たちは彼女の胸元のポチに目がくらみ、感謝の言葉からおごってあげることにして

その場で解散しました。

男たちが会計をしている間、彼女は胸ポチのまま外へ行きましたが、まだ気がついていないようです。

ブラをしていないこと、ブラが私のポケットに入っていることを・・・・





翌日、職場で昨日のメンバーと再会しました。

きっと、怒っているだろうと反省していたところ、彼女が出勤してきました。

彼女は「昨日はご馳走様でした。」と叩いてきます。

ただ、その顔は、なぜか赤らめていて、昨日の事をいくらか覚えているようです。



4人で談笑し、忘れ物と言いつつ、紙袋に入れたブラを彼女に返しました。

彼女は中身は既に気がついたらしく、奪うように男から取り上げました。

「もう!Hなんだから!!」と怒っていましたが、あの、恥ずかしそうな顔が忘れられません。



そんな、彼女のお尻を3人でタッチし、本日もフォーマを販売しております。





<あとがき>

昨日、書いた出来事は、今から1ヶ月ほど前の出来事です。

ある居酒屋の平日に、2つテーブルある座敷での事で、ウチ一つのテーブルに

いたサラリーマンたちが帰った後の出来事で、丁度よい個室になっていましたね。

われわれ、四人は同じ種類の携帯を販売していて、それまであまり仲良くなかったの

ですが、あの日以来、微妙な関係になっています。

男たちは妙な友情が芽生え、彼女に対してはお姫様を扱うように大事にしてます。



今週末、四人でカラオケにでも行こうと誘っているのですが、

「また、へんな事考えてるでしょ!もう、脱がないからね。H。」と

顔を赤らめて言ってます。(触りはOKなのかな?)

彼女の彼氏がOKであれば、また遊びに行予定です。

(彼女曰く、今回の件は彼氏に内緒にしているそうです。)



出典:職場であったエチーな体験談

リンク:


告白体験談関連タグ

|||

【職場】職場で酔うと触っても怒らない人 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年8月3日 | 告白体験談カテゴリー:職場での告白体験談

このページの先頭へ