相互リンク先の更新情報!

【妹】法事のとき 【告白体験談】

カテゴリー:妹との告白体験談
tag:


6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/07(水)13:06:57.05ID:a+vpssbL0

今年に入ってすぐ親戚の人の一周忌があり、結構普段からお付き合いがあったので僕も妹も出席しました。



普段僕は県外に出てて、ちょうど法事のとき実家に帰ってたんです。

妹は昨年のお葬式には高校の制服で出たのですが、高校を卒業したこともあってさすがに制服ではちょっと・・・ってことで

礼服を買ったみたいでした。



法事の当日に初めて妹の喪服(礼服)姿を見たのですが、結構大人びて見えてちょっとドキッとしました。

他の親戚の方たちも次第に集まって普段会わない人とかに挨拶とかしてたのですが、みんな口をそろえて

妹に「あら〜まりちゃん綺麗になったねぇ〜」とか言われているようでした。

僕は何も言われなかったのですが(w



それからお経があがるとかでみんな寺の本堂に集まったのですが、なかなかお坊さんが来なくて

それぞれ適当に募る話などをしているようでした。

でもなんとなく男性陣は妹の黒ストッキングや妹のカラダをチラチラと見ているのが手に取るように分かりました。




まあ、妹以外は若い女性はいなかったのでしょうがないといえばそうですが・・・・





お互い結構いい年なのでしょうが割りと他の兄妹と比べて仲がよかったほうだと思います。

両親は共働きで家に買えれば夕飯時まで妹と二人だったので。友達と遊んだ時間よりも妹と遊んだ時間の方が多いでしょう。



実はお互い小学生だった頃に一度少しエッチないたずらをしたことがあります。

妹が寝てるときにしたとかではなくて二人で一緒にテレビを見てるときときに何かのドラマでベッドシーンがあったのですが、

唐突にマネしてみよ?って言われて、ボクが妹の上に覆いかぶさって妹がボクの背中に手を回して

ドラマの女優になりきってわざとらしく「ああん、ああん、ああ〜ん」というくだらない遊びです。何が遊びなのか分かりませんが。



当時は男性器が女性器に入るなんて考えもしなかったので妹の上にのってもぞもぞ動くだけでしたが、

次第にお互いに成長するにつれ止めた方がいいと感じたのでしょう。そういうことはしなくなりました。





話を法事に戻しますと、お経を上げてくれるはずのお坊さんが遅れに遅れてあと一時間はかかりそうということで、

本堂の中にはストーブもあったのですがまったく暖かくなかったのでそれまで近くの喫茶店に何組かでかけていきました。



というか僕自身一年ぶりに会う妹には少し驚いていました。顔や体が特に変わったということはまったくないのですが、

あか抜けてて色っぽくなった妹に少しどきどきしていたのだと思います。



ところで僕もかなり冷えてたので(wトイレに行きました。

トイレを済ませトイレの中の窓際でタバコをすっていると、妹が入ってきました。

ちなみにトイレは男女共同で中に男性用便器と女性用(兼、大きい方用)個室が分かれている感じのトイレでした。

妹は「あれ、みんなコーヒー飲みにいったよ、おにいちゃんいかないの?」と聞いてきました。

ボクはああー、とそれとなく返事したのですが、妹が個室に入ろうとしたとき僕の頭の中の悪魔がささやきました。(古い表現ですが)



特にどう囁いたとは書きませんが妹が個室に入ると同時に僕も一緒に滑り込みました。

当然妹に「?ちょっとーなにやってんのよ(w」と言われました。

「人入ってきたら変に思われちゃうでしょ、でてってよ」と次は少し強い口調で言われました。



僕はそんな妹を尻目に無言で個室の中から「カチャリ」とロックをしました。





妹は驚いて(当然ですが)口パクで「何やってんのよ!?」というそぶりを見せました。外に聞こえたらまずいと思ったのでしょう。

僕は煙草を吸っていたので、それを便器の中に捨てました。

妹が怒ってトイレから出ようとしたので、僕は妹の方を鷲?みにして便器に突き飛ばすように座らせました。



そして座らせるが早いか、僕は妹にキスをしました。当然妹は顔を背け抵抗しました。

しかし大声は出さずに小声で「止めて!ヘンタイ」みたいなに言われました。



妹の膝にまたいで座るようにして無理やりキスをし、服の上からですが胸を揉みました。

やめてといわれ、押し退けられそうになりましたが所詮興奮した男の力にかなうはずもなく、

僕は妹の胸を右手で握りつぶすようにもんでいました。妹にイタイといわれても揉み続けました。



そのうち僕が便座をまたぎ、妹が僕の膝に乗っかると言うようなスタイルになりました。

僕は左手で乳を揉みながら右手をスカートの中に入れました。

さすがに妹は僕の手を取って触らせまいとしてたのですがしばらくストッキングの上からですがアソコを

触っていると抵抗が弱まりました。

そして僕は怖いくらい冷静に黒いスカートを捲り上げました。



スカートを捲り上げるとムチッとした太ももと黒いパンティーが現れました。妹はスリムな方ではありません(w

今までに何度も妹のパンツは見たはずなんですが白いものばっかりだったので

黒いパンティーは妙に興奮しました。黒いストッキングも新鮮でなおさらでした。



妹の乳を揉んでた僕は手を止め、左で妹の方を抑えストッキングとパンツの上からアソコを触り始めました。

爪で割れ目をなぞるように触っているとストッキングの表面がしっとりとし始め

割れ目の肉が柔らかくなり始め、クリトリスの辺りがコリっとしはじめたようでした。



どうしようかな?と迷っていたのですが、僕は妹のストッキングの股の部分の接合面(?)を両手で引き裂きました。

引き裂いたといってもほんの少しです。すると妹はびっくりし今度は声を出し「やめて!」といいました。

びっくりして「誰か来て見つかったらどうすんだ!?」というと少しおとなしくなりました。

もしかしたらもともと抵抗する気はなかったのかもしれません。



破れたストッキングの穴から見える妹の白い太もも(内股)がたまらなく卑猥でした。

そして僕はその穴から手を入れさらに黒いパンツをずらしました。



パンツをずらすとパンツからつうっといとがひき、驚いたことに一瞬ですがムアッと湯気が立ちました。

本堂は寒かったのですが、トイレはさらに寒かったせいでしょう。



ここの人はツルスジマンが好きでしょうから申し訳ないのですが、妹のアソコはもうすでにオンナのそれで、

そして毛は恥丘の上のほうにちょろっと生えていました。

はっきりと小陰唇大陰唇に分かれていてなおかつ、赤くヌラヌラしていてとてもスケベでした。



思わず生唾を飲み込み中指でクリトリスからいろんなところをくにゅくにゅと触り始めました。

膣工に指の先っちょを入れてみたりクリトリスのを包んでいる包皮を指でなぞってみたりしました。



すると次第に妹の腰がくねくね動き始めそれがさらに僕を興奮させました。

小指を膣の中に入れくるくると回転させると「う・・うん・・・・」と呻くように感じ始めているようでした。



指を引き抜くと光ったような糸が、10センチ近く糸を引いたかと思うとたらーっと垂れて消え、

鼻自我でそうなくらい興奮し、僕のペニスはもうズボンの中でパンクしそうでした。



指を出し入れしているうちにどんどん愛液が出てきて、ぐちゃぐちゃぐちゃという音がトイレ内に響いていました。

今考えてみれば人が入ってこなくてほんとに助かったとしか思えません。

便器に座って足を開いている妹は最初逃げるように腰を引っ込めていたのですが気づいたときには

自分からアソコを突き出すように腰を浮かしていました。



そのうち手首まで愛液でぬらぬらになってきました。

膣に入れている中指と薬指は泡立ち白っぽくなってました。

すると手首が生暖かいなと思ったら妹が失禁していました。潮かどうか知りませんが多分普通のおもらしでしょう。

考えてみればトイレしたくてトイレに来たんですから(w



尿道から「ちょろちょろちょろっ」とでて指についていた泡が少し洗い流されました。

僕は少し驚きはっと妹の顔の方をみたら目に涙を浮かべて今にも泣き出しそうな顔をして

ほほを赤くしてすごく恥ずかしそうな表情をしていました。当然ですが。



僕のペニスも最高潮に達していて最初、正直言って少しエロいことが出来ればいいかな程度にしか

考えてなかったのですがもう挿入したくて亀頭がツヤツヤ、パンパンに膨らんで赤黒紫になっていました。

まさに環境マッピング(分かる人は分かるでしょう)のように周囲の景色が写りこんでるくらいになっていました。



それから僕は右手に付いた妹の愛液とおしっこ(仮)をトイレットペーパーで軽くふき取り、

妹の膝を抱え便座とそのあいだに座りました。文字通りびんびんになったペニスを妹のアソコにあてがいました。



激しく抵抗されて顔面パンチくらいは覚悟していたのですが、まったく抵抗されなくて逆に拍子抜けしました。

右手でストッキングとパンツをずらし、左手でペニスをあてがいゆっくりと亀頭部分を入れました。

子供の頃はよくエッチなイタズラをしていたのですが、この年になってまさか挿入するとは思ってもいません。



唐突ですが、残念ながら妹は処女ではありませんでした。

もう18で大学生なので処女ではないだろうな・・・とは思ってはいたのですが、正直兄としてはショックでした。

亀頭を全部入れてそれから膝に力をいれぐっと押し込むと少し抵抗はありましたが、ズルッと言う感じで飲み込まれていきました。



中はきつくって暖かいというより熱いくらいで一定のペースできゅっきゅっとペニスが締め付けられました。

妹の上半身は完全にだらっとなり便器のタンクの部分に寄りかかっていました。

両手で膝を抱えズブッズブッズとピストンしました。



妹がタンクに寄りかかっているとピストンしづらくなって妹を抱え、ピストンを再開しました。

耳元で妹の押し殺すような「はぁ・・・はぁ・・・」という声が聞こえさらに興奮し、

人がいたら聞こえてしまうかもしれない位の声で「まり・・・まり・・・まり・・・・」といい続けました。

妹相手に他に気の聞いたセリフも思いつきませんでしたから。



耳元で妹の名前を繰り返しながら腰に手を回しピストンを続けていました。

便座がギシギシときしんでいる音が聞こえました。

だらっと力が抜けていたような妹もいつの間にか僕の背中を抱きしめ、というより首を絞めるくらいの力で

スーツの襟首をつかんでいました。



妹の膝ががくがくっと震えるのが分かり、それがすごくエロチックで僕も「うあーうあー・・・・」と言いながら膣の中に出しました。

それから尿道を一気に精液が流れるのがよく分かりました。びくんびくんと言う感覚が5回くらい続きました。

妹の膣もさっきのきゅっきゅっっと言うそんなやさしい感じじゃなくぎゅうぎゅううと言う感じで

僕のペニスの尿道に残った精液を搾るように何度も動いているのが分かりました。



二人とも深呼吸を何度も繰り返しました。普通トイレで深呼吸なんて抵抗がありますがそのときは全然気になりませんでした。

呼吸が整うまで何度も呼吸をしました。

おかげでお互い少し落ち着いたのですが、妹の膣内はまだしばらくピクンピクンと痙攣していてそれがとても心地よかったです。



そのとき妹が僕の耳元で「・・・おにいちゃん絶対地獄行きだよ」と囁きました。ゾッとしました。

たしかにそうかもしれません。人の法事でセックス。しかも妹と。

しかし僕はきわめて冷静に「はは、やべえかもなぁ・・・」というと、「うん、絶対やばいって・・・・」と妹。

しかしすこし冗談交じりな言い方で少しほっとしました。



お互いだいぶ落ち着いたので、僕はペニスをそっと抜き、トイレットペーパーでさっと拭きました。

妹が「はぁ・・・」とあきれたようなため息をつきながらカラカラと女性特有にトイレットペーパーを巻き取り

アソコを拭き始めました。



女の子がトイレでアソコを拭くのは始めて見たので妙な感覚に襲われジーっと見入っていると、

こっち見るなと釘を刺されました。視線をはずす振りをしてチラッと見てましたけど。(w



「おにいちゃん、おしっこしたいから早く出てってよ」と言われたので、さっき出してなかった?

とからかうように聞くと丸めたティッシュを投げるそぶりをしたのですが、

思っていたほど怒っていなさそうで少し安心しました。

僕がそっと外の様子を伺うようにドアを開け、「怪しまれるから5分位したら出てこいよ」と言うと

「うん」とだけ言い僕はトイレから出ました。

妹と僕ががトイレに入ってから10分少ししかたっていませんでした。

ちょっとビクビクしながら本堂へと歩き玄関に向かい家族が行って喫茶店に歩き始めました。



何食わぬ顔で店内に入り黒い塊(喪服連中)のいるところへ向かいあくまで自然に

「どうも〜」などと言いながら座ってコーヒーをすすているとしばらくして

妹がやってきて僕のななめ向かいに座りました。



あんなことがあったのに妹は僕より冷静で母や、他の親戚たちと普段のコトを話していました。

僕とは大した会話はしませんでしたが、それでもビクついている僕より肝が据わっているといいますか・・・・

法事が終わり家に帰り、次の日の朝適当に家族に別れを言い実家を離れました。

それから半月ほどたちますが家からの電話も特に変わった様子がないことを考えるとばれてないのだろうと思います。

妹にメールしても今まで通り返ってくるので、完全に嫌われたのではないと勝手に解釈しています。

次に帰ったときも同じことをしてしまい層で心配です。



おわり 短くまとめるつもりでしたが結構なりょうになりました。読んでくださった方ありがとう



















出典:妹系のエロ本で、作中の妹の名前が自分の妹と同じだったときの罪悪感

リンク:


告白体験談関連タグ

|||||||||

【妹】法事のとき 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年8月4日 | 告白体験談カテゴリー:妹との告白体験談

このページの先頭へ