相互リンク先の更新情報!

【ゲイ・ホモ】親友とホモ的関係になっちまったんだがwwwwwwwwwwwww 【告白体験談】

カテゴリー:ゲイ・ホモの告白体験談
tag:


よく一緒に遊ぶ



よく一緒にメシ食う



よく一緒に寝る



ホモセクロスwwww



俺とそいつは高校・大学と同じとこ通ってるんだ

俺の自宅が大学の近くだから、そいつをよく泊めてるわけで



そいつ意外とそういう気持ちになったことがない

いや、そいつにちゃんと欲情してやってるかっつーと微妙なんだよな…



俺彼女いるんだけどさ




ぶっちゃけ昨日ヤッたんだが…



親友としたほうが気持ちいいって気付いちゃったんだよなwwwwww

いやまじでw





20才

176cm-78kg

たぶん結構筋肉質w



親友

19才(学年は一緒)

170cmくらい?

60kgくらい?

俺より細め



スペックってこんな感じ?



その親友は前にも書いたとおり同じ大学通ってるんだが

家が遠いからよくうちに泊まるんだ

んで、ベッドも1つしか無いし

最初は雑魚寝させてたんだけど

だんだん可愛そうになってきて、狭いけど一緒に寝る?って感じで

最近一緒に寝たりしてたんだ



ちなみにベッドは別に密着はしてない

一人暮らしの割に広いやつなんで



んで7月某日



俺「課題終わらんから先寝といてくれ。

 俺も寝るから端っこ開けとけよw」

友「……」

俺「どうかした?」

友「相談したいことがある」



って感じで深刻そうな顔をするから、俺も割と真面目になった。

詳しくは書かないけど、友人は割とそのとき

家族でなんか揉めてたっぽいことを聞いていたので

その件かと思って、んじゃちゃんと話し聞くか、と思い



俺「おう、ちょっと待ってて」



俺「んで相談って?」

友「??(俺の名前)って彼女とうまくいってる?」

俺「え?…まぁ一応続いてますけども…」

友「そっか、そうだよなww」

俺「何の話だよ」

友「いや、なんだろwwごめんww」

俺「相談とかいうから

 ○○(親友の名前)の家の件でなにかあるのかと思った」

友「家?ああ、ぜんぜん違うww」

俺「あ、そう。真面目に聞いて損したw」

友「……」



何を言いたいのか全く要領を得ない。



俺「で、それだけ?」

友「……あのさ、なんか一緒に寝てんのおかしいよな」

俺「ああ、なんかホモっぽいとかそういうの?俺別に気にしないよ」

友「……俺は気にする」

俺「嫌なら床に寝てもいいけど、体痛くなるだろw

 ……んじゃ布団とか用意するかww」

友「そういうことじゃない!!」



いきなり怒鳴りだす親友。

俺はこの時点でなんでこいつ怒りだしたの?とイミフ状態。



俺「なんで怒ってるの?俺なんかした?」

友「??はいいよな、なんかいつも幸せそうで」

俺「は?なんか俺のことムカついてる?」

友「……」

俺「俺がなんかしたなら謝るけど…」

友「……」

俺「ごめん、何したか思い出せない。」

友「……俺な、

  ずっと前から、お前のこと好きなの!!」

俺「…え?」



正直、その時点だと意味がわからなかった

俺が好きって友達だからそらそうだろ…とか

このあと、結構な間沈黙が続いて

その時に、ああ、いまのそういう事か

こいつ、俺に惚れてるとかそういう事言ってるんだと

俺もようやく気づいた



マジかい…どうすんだよこれ…



俺「…あの、一応確認させていただきたいんですけれども、

 そのLikeではなくLoveとかそういう意味ですよね、とかハハハwwww」

俺、予想外の事態にガチテンパリ。

たぶんこんな意味不明なこと言ったと思うwww



友「ふざけんなよ!」

親友怒ってたというかたぶん泣きそうだったと思う



俺「いや!あのさ…

 正直ちょっと信じられないんですが、というかなんというかww」

友「とにかくもう??の家に来ないようにする」

俺「は?」

友「俺もういやなの!??と一緒にいるのが!」

俺「え?いや、まぁなんつーのw

 なんつーか、その、俺のこと好きならなんで嫌なのというかww」

冷静に考えるとひどいこと言ってるwww



友「アホ!死ね!!」

俺「いやいや、だから俺のことそう思ってるなら

 別に今まで通りでいいじゃんか…」

友「…じゃあ、俺とヤッたりできんの?」

俺「え?…ヤッたりって…そのセクロス的なこと?」

友「そう!」



どういう超展開だよ!とそのときは思ったが

今思えば俺残酷なことしてたんだなと思う



俺「現状維持でいいじゃんか…」

友「言った以上無理!」

俺「んじゃ言うなよ…」

友「俺が無理!」

このあたりで冷静になってきて

ああ、もう覆水盆に返らずなんだなと気付き始めた



俺「…」

友「ほんと今までありがとう」

俺「…」

友「??のこと大好きでした!」

俺「……あのさ」

友「何?」

俺「…その、男同士って、その掘ったり掘られたりするわけだよね?」

友「うん」

俺「一応聞きたいんだけど、〇〇はどっちなの?」

友「ネコ」

俺「ネコ?…つーのは、あの挿れられる方だっけか?」

友「うん」

俺「……挿れる方ならやってもいい。」



こいつとダチ続けられるなら

付き合ったるわ!と思った瞬間だったなwww

たぶんここで揉めたら友達じゃなくなると思ったというか

挿れる方なら痛そうじゃないし、女と一緒だしいいか、というかw



友「……嘘!マジで!」

俺「お、おう」

友「ホントか!」

俺「したことないですけども…」

友「いやいや、手慣れたもんじゃないですか!」

俺「……」

なんなの、こいつなんでこんなテンション上がってるの…

さっきのシリアスなやりとりはどこいったの…



友「そうだよな!??はそういうの慣れてますもんねwww」

俺「いくらなんでも怒るぞ、おい」

友「オゥフ、サーセン」



どんだけだよ…

俺はテンション上がりすぎの親友に

少しついていけてなかったw



俺「んじゃとりあえずシャワー浴びるか」

友「お、なんかそれっぽいね!」

俺「普通だろ…」

友「俺童貞だし!」

俺「あ、そう…。」

友「ああ、なんつーかハッピーだね!」

俺「お前なんなの?なんでそんな嬉しそうなの?」

友「いやいや、だって、俺ずっと悩んでてさー」

俺「うん」

友「もうフられて帰ろうと思ってたしw」

俺「…俺、多分お前のことそういうふうには見てないよ」

友「いやいや、いいっていって!とりあえずやってみよう!」

俺「んじゃとりあえずお前から風呂入ってこい」

友「おっけー!超速攻入るわww」

俺「ちゃんと洗えバカ」



このあたりで完全に俺ちょっと引いてたようなw



そのあと俺も風呂入りました

いつもは泊めるときはお互い朝入ってるので

夜入ったのは初めて(寝ぐせが付くので)



俺「うわ、準備万端だなw」

友「おう!」



そいつは全裸で汚れたバベルの塔おっ勃てたながら、ベットで座って待ってたw



友「なんで勃ってないの」

俺「いや、そらそうだろ」

友「よし!それならちょっと俺頑張るわ!」

俺「とりあえずなにやんの?」

友「俺も準備とかよくわからないんだよね!

  だからとりあえず口でしたりとか!」

俺「あ、フ●ラですか」

友「なんでそういうの照れずに言えるのw」

俺「お前いいからちょっと落ち着け」

友「サーセンw」



つまりこいつもしたことないから

男のセクース的なのはよくわからないと。

俺「本番のやりかたはあとで調べとけ」

友「だいたいわかるんだけどなー。でもちゃんと調べときます!」



俺「よし、んじゃとりあえずしゃぶってみて」



友「気持ちいい?」

俺「…うん。…歯があたってるからなんとかしろ」

友「おう」



やばい、結構気持いいなー

男も口の中は一緒だからそらそうかな

んでそのまま数分。親友は下手くそだったように思うが

でもさすがに男なので気持ちいい場所をよく知ってる

そろそろ俺もいろいろ限界に。



俺「…出そう」

友「うん」

俺「口外せ」



親友口を広げてみせる。多分中に出せと言う意味。

んでそのまま出しました。



友「…っ…おうおうおう……」

俺「……大丈夫?」

友「……意外と苦くないね」

俺「ちょっとまて、牛乳持ってくる」



さすがにかわいそうだったので

とりあえずなんか飲み物を持ってくることにした



友「いやー、はじめてフ●ラしたぞ!」

俺「どうだった?」

友「つーか、お前のでかいな!」

俺「そりゃ体がでかいからだろ」

友「ほんとこのままセクースしたい!」

俺「ダメ。ちゃんと調べとけ。ケツ怪我したらやばそうだろ」

友「おk!浣腸とかもいるらしいしな!」

俺「そういうのもあるのか…。」

やはり親友は知識だけはあるらしい。



俺「このあとどうする?お前のフ●ラしようか」

この時点で友人のブツは我慢汁だらけ

ちょっとかわいそうだった



友「あれやろう!シックスマイン!」

俺「シックスナインな…」

とりあえず布団をどけて

二人でベッドに逆方向に横になった



俺「んじゃやるぞー」

友「おう」

とりあえずしゃぶってみる

こんなにチ●コを目の前で見たのはじめてだった

けっこうグロイな…

でも自分だけ気持ちよくなっといて、断るとかありえないのでとりあえずしゃぶってみた



風呂に入ったばかりだからかべつにしょっぱくも臭くもない。無味無臭

毛が顔に当たるのがなんか嫌だったけど



友「ごめん、俺でそう」

俺「はや!いいよ、出して」

友「うっ…」



男ってみんなイク瞬間、「うっ」いうんだな

たださすがに飲めなかった

なんか汚いものな気がしてしまって(すまん親友)

そのままティッシュを取って吐き出す

そんな俺を見ている親友に気づいて



俺「ごめん。吐き出しちゃった」

友「ぜんぜんおk。??はまだ?」

俺「いやさすがにまだ出ない。…ちょっと休憩する?」

友「いや、続けよう!」



ふと前を向くと既に再起動してやがるw

俺「もう勃ってるしwおまえすげーなwww」

友「俺にとっては夢がかなった感じですから!」

俺「…そっか。」

んで続けました。そのあと二人とも1回ずつ出したかな。



そのあとは抱き合ったり触りあったりしてまして…



俺「そろそろ風呂入るか。体ベタベタ」

友「さっきも入ったのに?」

俺「そういうもんだから」

友「潔癖症なんじゃね?ま、いいけどw」



親友が風呂に入っている間、いろいろ考えた。

なんか罪悪感が湧いてきてしまって

男とやったとかそういうことではなく

こいつは本当に俺の事好きで、俺としたいと思ってやってるわけで。

でも俺は単純に友情を維持したいから仕方なくやってるわけで。

それを言わずにそのままにするのは申し訳なかった。



友「あがったぞー」

俺「…あのさ」

友「おうおう」

俺「俺、お前のこと恋愛感情で好きとかじゃないんだけど本当に平気?」

友「ぜんぜんおk!△△さん(俺の彼女)にも秘密にするし!」

俺「うん」

友「迷惑は絶対かけない!」

俺「んじゃ、今まで通りって感じで…」

ほんとイイヤツだなぁこいつ…。

俺の中の罪悪感はどんどん膨れ上がってきたわけで。



友「あ、でも次はやるぞ、ア●ル!やり方ぐぐってくるから!」

俺「…そーね、俺もがんばるわ。」



初日はそんな感じ。

そのまま二人でいつもどおり寝て、翌日は大学に行きましたとさ。



翌日、大学も終わり、俺はそのままバイトへ

親友は多分一旦自宅に帰ったと思う

俺が帰宅しようとしたときメールが着てた



友メール『そろそろバイト終わる?例の件資料揃えておきました。準備万端!』

バイト先だったんで、読んだ時ちょっとあせったw

こいつ行動力スゲェな。とりあえず返信。



俺メール『了解。ケツ洗って待ってろ』

友メール『洗いたいんで早く鍵開けてください\(^o^)/』

もう玄関前かよwww



自宅に急いで帰るとマンションの前にいたw

そらオートロックですしねww



友「おかえりー!」

俺「お前どんだけ楽しみにしてるの」

友「そりゃさー、とうとう本番ですしww」

ふと股間見ると…デニムで分かりづらいが勃ってやがるw

俺「お前、変質者だと思われてないだろうな」

こいつほんと毎日楽しそうでいいな。

言わないけどw



俺「んじゃ風呂入ってこい」

友「ちょいまち。浣腸してから入りたい」

俺「あ、そうか。じゃあ俺が先に入る」

友「浣腸してくれるんじゃないの?」

俺「自分でやれ!」

友(´・ω・`)



そんな感じでお互い風呂完了。



俺「よし、やりますか」

友「そんな宿題みたいな言い方ww」

俺「とにかく、前戯するんだよな」

友「そそ。穴をがっつり広げてくださいww」

俺「…お前ニヤニヤしすぎ」

友「だってほんと嬉しくてさーw」

こいつのテンションアップぶりは

前回に引き続き意味が分からないw



俺「んじゃとりあえず穴見せろ」

友「ほいほい」

俺「ローションとか使うんだよな」

友「俺買ってきたよ!」

紙袋から出てくるオレンジの蓋のアレw



俺「ああ、それネバネバしすぎて嫌い。持ってくるから待ってろ」

友「さすがwwwwwwww」



ホモセクースレクチャーを親友より受けつつ

ローション片手にとりあえず指とかつっこんでみる

友「けっこうくるな…」

俺「つーか足ちゃんとあげてくれ。やりずらい」

友「おう。肩のせて良い?」

俺「いいよ。ケツ痛くないか?」

友「まだ大丈夫…。でもなんかう●こでそう…」

俺「……出る時は言えよ。」



穴前戯自体は女とあまりかわらんのかな

ケツ穴自体はマムコより相当固いけども。



友「2本目行ってみよう!」

俺「おし。」

指を2本入れてみる。



友「痛って…」

俺「あー、やっぱ痛いか」

友「止めんなよ!そこで止めんなよ!負けられません!勝つまでは!」

俺「………(こいつなんなのw)」



痛みがなくなったわけではなさそうだが

ずいぶんゆるく入るようになってきた

俺「ここからどうすんの?もう1本いっとく?」

友「いや、さっきの袋に秘密兵器が」

俺「秘密兵器?……なんだこれwwwww」



中に入っていたのはチ●コの形をした

青色のクリスタルだったwwww

そうか、こいつは水のクリスタルの戦士だったのかwww



俺「これ入れんのかw」

友「たぶん??の前だとちょうどいいサイズかなと…」

俺「……そぉい!」

友「オゥフッ!」



このあたりからだんだん楽しくなってきてた。

なんつーの?未知への遭遇へのアドベンチャー的な感じというかwww



クリスタルを抜き差ししつつ

そのあたりから俺もなんかだんだん高ぶってきたりしてまして…

俺「そろそろ挿れて良い?」

友「カモン!」

俺「よし!」

クリスタルを一気に引きぬく



友「おおおおおお」

俺「おう、どうした」

友「う●こ出たかと思ったwやばいwww」

俺「いや出てないから安心しろ…」



そうか、引きぬく=う●こ出す感覚なのか…

俺はまたひとつ学んでしまったようだ



俺「んじゃ入れるぞ」

友「ばっちこい!」



そのままとりあえず先っぽをあてがってみる



友「うおっ…」

俺「…」

友「いっ…てぇ…」

俺「……一気に行くぞ」

友「お、お頼み申す!」

たまに友人の語録は変である。

とりあえず中程までブッさす



友「ふおぉぉぉ!いたたた!」

俺「……(すっげーあったけー)」

中はマムコより暖かかった…

しかも締めつけすげwww

だが、ふと友人のチ●コをみるとすっかり縮んで

ひとつ上でない男状態である



俺「痛いよな。ごめん。」

友「か、覚悟の上でごわす!」

俺「なんなのさっきから、それ」

友「JIN見てたらなんか影響されたw」

なんか結構平気そうだなと思い、

そのまま腰を振ることにした。



友「これ、ほ、ほんと痛いな…」

俺「大丈夫かよ…」

その間も俺はガンガン腰を振ってる



友「??は?」

俺「悔しいけど、すげー気持ちいい…」

友「おう、まじか!」



口では平気そうに言ってるが

突く度に声にならない声というんだろうか

相当痛そうなのである

チ●コは萎えっぱなしだし

かわいそうだが途中でやめる気はないので

チ●コをいじってやる



友「お、すげ…ああ…」

俺「おー。そんなにきもちいいのか」

友「もっとしてくれ」

一気に完全再起動である。

とりあえず痛みに負けないくらいしごいてやればいいかと手でしごく

しかし慣れないとけっこうきつい動きだ

なんかやりずらい。腰動かすより手を優先でいいか

そのまま少ししてやると



友「まずい、俺いきそう」

俺「早www」

友「しごくのやめ…一緒にいきたい…」

俺「なにエロマンガみたいなこといってんのww」



そんな一緒とか無理だろ

とりあえず友人と馬鹿な事喋ってると俺が萎えそうなので

がっつりしごいてやった



友「ああっ」

俺「うわ、なんだこの量」

俺自身も今までこんなに出したことないという精子量だったww



俺「俺もいっていい?」

友「……んー、おっけー」

余韻に浸ってるっぽいが

そんな事は知らん。俺も一気に腰の動きを早める



俺「出そう。どこ出せば良い?腹?」

友「中か顔…」

顔wwwありえんwwww



俺「んじゃ中な………うっ」

その日、おれは人生で初めての中だしを経験したのだった

男だがwwww





友「気持よかった?」

俺「…うん」

友「おお、これでおれも立派なケツマムコってやつだなww」

俺「何いってんのwつーかケツマムコていうのかwwwwww」



賢者タイムでだんだん冷静になってくる

血とか出てないかなと引きぬいてみたが

とりあえずなさそうだった。中はわからんけど。

抜くときまたう●こが出そうだったみたいで騒いでいたが

いちいちうるさい親友は放置し、一服。

「俺なにやってんだろ…」的な感じになってきた。



友「セクロスした後お前タバコすうんだw」

俺「うっせww」

友「いやー、でもすげー良かった!」

俺「痛くなかったのか?」

友「いや痛かった!骨が折った時より!」

俺「そりゃ相当だな…」

友「でもすげーきもちよかった!」

俺「……どんなふうに?」

友「なんつーの?ずっといってるかんじというか…

 いや、ちがうな…ずっとう●こでてるかんじというか…」

俺「おまえそれ、してる最中言うなよ」

友「サーセンwww」



俺は昨日に引き続きだったのですっかり萎えてしまったのだが

親友はしばらくたったらやっぱり再起動していた。

しかたないので、手でガッツリしごいてやったら

あっという間に発射していたww

こいつ相当な早漏だなw間違いないw



んで風呂に入った。

まだ電車はある時間だったが

さすがになんか申し訳なかったので

帰ろうとしていたが無理やり泊めた感じだ。

そのままいつものようにベッドの中へ。



俺「あ、そうだ」

友「何?」

俺「こっち向け」

友「おう」

俺達はいつも背中合わせで寝ているのである。

とりあえずキスしてやった。



友「…」

俺「セクロスしてるのにキスしてないとか、ありえないよな

 ごめん、悪かった。」

友「ほんとありがとう」

俺「…どういたしまして。」



そんな感じでまた背中合わせになり、その日は寝た。



出典:親友とホモ的関係になっちまったんだがwwwwwwwwwwwww

リンク:


告白体験談関連タグ

|||||||||

【ゲイ・ホモ】親友とホモ的関係になっちまったんだがwwwwwwwwwwwww 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年8月4日 | 告白体験談カテゴリー:ゲイ・ホモの告白体験談

このページの先頭へ