相互リンク先の更新情報!

【近親相姦】ウチのパパ 【告白体験談】

カテゴリー:近親相姦告白体験談
tag:


 

ある日、パパとこたつに入ってテレビを見ていた時、

無意識のうちに足を揺さぶっていました。

癖で。。。みっともないから直しなさいと言われてはいたんですが・・・

気がつくと、揺さぶる足先に何か硬い物があって、

何だろうな?と思い、こたつを覗いてみると

パパの股間の膨らみを足先で擦っていました。

パパを見ると寝ていて助かったw



足先に感じるパパのオチンチンが

妙に心地良くって弄ってみたくなり、

足で強めに擦り当てても全然動かないから、

股の間に足を入れてみました。

動かないので今度は潜って手で擦って見ると

パパは寝返りをして、しばらく様子をうかがいながらまた触ってみた。




その時には私のアソコも濡れてきていました。



パパの手の所に私は座ってアソコをあててみた。

パパが私のアソコを触っている、

凄くドキドキして感じてもっと濡れてきた。

しばらくするとパパの手がピクッて動いて

アソコを揉んできたの。

パジャマを着ていたけど、むくって起きた

パパに脱がされて、パンツをずらしてアソコに指が入ってきました。



突然起きたから、「え、えっ!?」と思って

ビックリしてしまい、そのままされるままにしていたら

今度は押し倒されてしまい、パパのオチンチンを触らせられました。

さっきよりもずっと硬いし大きかった。



パパはスボンのチャックを下げ、オチンチンを出して

じかに触ってくれと言ってきて、

大きさにビックリして怖くて弄る事が出来ない

私の手を掴んでオチンチンを握らせてきました。



パパの手が添えられて上下に動かされると、

オチンチンの先からなんか液体が出てきて

私の手にくっつくとヌルヌルしてて、私もなんか感じてきた。

アソコにはパパの指が入ったままだったし、

パンツももうびっちょりになってた。



パパは私の腰を持ち上げて、アソコを顔の所に持ってきて

ペロペロ舐めてきた。

「汚いよ!」と言って嫌がったら、パパのも舐めてくれって言われて

こんな大きなもの入らない!と思ったけど入ってしまった。



パパは痛がって、

歯は当てちゃ駄目、アイスを舐めるようにしてごらん

と言ってきたから、頑張って舐めてたら

パパが気持ち良いよ明美、上手いねってほめてくれた。

嬉しくなって沢山舐めてあげた。



パパの舌がアソコに入ったり出たり、お尻の穴まで舐めてくれた。

汚い所を舐めてくれるパパがすっごく好きになって、

パパも気持ち良くなって欲しいって思ったから、

どうすれば気持ちいいのと聞いてみると

チンチンを舐められたり、明美のアソコを舐めたりするだけで

気持ちいいよって言ってくれた。



そう言った後、パパがシャツの上からオッパイの先を

弄ってきたんだけど、なんか痛かったから止めてもらった。

パパの顔の上に後ろ向きに跨ってアソコでお口をふさいだら

舌がオシリやアソコの穴に入ってきて、

気持ち良くてムズムズして来て、パパに言ったら

今度は仰向けに寝かされて、痛かったらいいなさいと言われた。



パパは自分のオチンチンにたくさんつばをつけて、

私のアソコにもつばをつけて

ゆっくりパパのオチンチンがアソコに入ってきた。



指の時や舌で舐められた時は気持ち良かったのに、

今度はすっごく痛くて、痛い!、痛い!と言うと、

少し我慢してと言われたのでがんばって我慢した。

切れそうで凄く痛い・・・パパは休み休みアソコに入れてくれた。



明美起きて見てごらんと言われて、

体を起こされて、アソコを見てみると、

パパのオチンチンが私のアソコに入り込んでいた。

動くと痛いからそのままでいてもらったけど、

パパはすぐに抜いてくれた。



私の頭をオチンチンの前に持っていかれて

さっきみたいに舐めてくれと頼まれたから舐めていると、

パパのチンチンが急にピクピクいってきて

大きくなってドバッとなんかが出てきてそのまま飲んでしまった。

パパは私のアソコをテッシュで綺麗にしてくれて

パンツまで履かせてくれた。



その夜はいつものようにお風呂に一緒に入ったけど、

長くてママに怒られてしまった。

実はお風呂でパパのオチンチンを舐めてあげていたのと、

アソコにオチンチンを入れる練習をしていたの。



パパの指がアソコに入れてある時に

オシッコがしたくなったからと言うと

そのままして良いよって言ってくれたからした。

パパは指を抜いて

オチンチンをアソコの下に持ってきて、

オチンチンにかかるようにしたりして遊んだ。



お風呂に入っている時に、

今夜はパパと寝るとママにいいなさいと言われたから

寝る時にパパと寝る、良いでしょ?と

ママと言うとしかたないわね、良いわよと言ってくれたから

パパと二階に上がり明美のお布団で寝た。



ベットに寝てパパにアソコを舐められてから

またオチンチンを入れる練習をして、

今度は痛くなかったので、痛くないよと言ったら

パパは嬉しくなってオチンチンを何度も抜き差ししてくれた。



私も気持ち良くなってきて、

パパの指を咥えて声が出るのを我慢した。

パパは何度か抜き差ししてから

急にオチンチンを抜いて、私のお腹の上に白いのを出した。

ティッシュで拭いてくれた後に、パンツ履いてパパと寝た。

朝起きたら、もうパパは起きていてアソコを弄っていて、

目が覚めた私もオチンチンを弄ったら

またオチンチンを入れられて、今度はアソコの中に出してくれた。



中学1年の時の思い出です。

もう結婚したけれど、今でもたまに

旦那やママの目を盗んではパパに入れてもらってます。

初めての人とは離れられないもの。



 



出典:オリジナル

リンク:私自身の体験です


告白体験談関連タグ

||

【近親相姦】ウチのパパ 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年8月5日 | 告白体験談カテゴリー:近親相姦告白体験談

このページの先頭へ