相互リンク先の更新情報!

【姉】姉ちゃんとツーリング 【告白体験談】

カテゴリー:姉との告白体験談
tag:


姉ちゃんとふたりでツーリングに行って、ちょっとえっちなことになってしまったので報告します。



****************************************



うちの家族(両親姉俺)は全員がバイク好きだ。

バイクオタ一家って言われても仕方ない程だと思う。



父さんと母さんも、ツーリングクラブで知り合って結婚したって聞いてる。

今も、父さんはトラボン、母さんはSR400に乗っている。

そのかわりだかなんだか、車は「雨露しのげればいい」とか言って、かれこれ10年もののジムニーに乗ってる。



少し前、姉ちゃんが晴れて普通二輪を取得して、家族全員が二輪免許を取った。



一応、スペック紹介。

俺、リョウ、21才。




大学の2年。(少し計算があわない。)

ずっと中古のクラブマンに乗っていたが、ついこの間、バイトで貯めたお金で念願のダブロクを手に入れた。



姉ちゃん、麻衣、24才。

堂真理子似の小柄なポッチャリ体型で、俺的にはけっこうイケてると思う。

俺と同じ大学の院生で、ナントカ化学とかいう難しげな事をやっている。

せっかくカワイイ顔してるのに、理系の大学院でバイクなんか乗るんじゃ、嫁の貰い手が無いだろうと、心配されてる。

もっとも姉ちゃんは「ちゃんと彼氏だっているもん!」とか言ってる。

家族のだれも、まだ見たことはないわけだが…



そんな姉ちゃんが選んだのはブルーのZZR250。

コンパクトで取り回しも良さそうだし、小柄な姉ちゃんにピッタリだと思う。

実は俺が勧めたんだが、姉ちゃんは自分で選んだって言い張ってる。(ちょっとカワイイ。)



話を戻して、姉ちゃんが免許を取った次の土曜日、早速、バイクを買いに行った。

(もちろん、馴染みのショップで、前々から注文はしてあって、納車を免許日まで待ってもらってただけなんだが。)



姉ちゃんのバイクを受け取りに行くのに、俺が姉ちゃんを後ろに乗っけて行った。

それまでもそうだったが、姉ちゃん、後ろに乗ると緊張するみたいで、ギュッてつかまってくる。

さっきも書いたとうり、姉ちゃんはポッチャリで、オッパイもけっこうあるから、モロ背中に感じてしまう。

そして俺の神経もついついそっちに向いてしまう。

姉ちゃんのほうは全然意識してないみたいだ。



同じようにオッパイの感触を感じても、彼女を乗っけてるのとはまた違って、かえって意識してしまう。

やっぱり、『自分のもの』とそうでないものの違いだろうか…。

姉ちゃんがバイク買ってしまうと、「もう後ろに乗っける事もなくなるのかな」と、ちょっと残念な気もした。



バイクを買った次の金曜日の午後、姉ちゃん、なんだか機嫌が良くない。

バイクも買った事だし、天気も良さそうだし、もっとウキウキしてても良さそうなもんだが…

で、探るように声をかけてみた。

「姉ちゃん、どうしたの?せっかくバイク買ったのに、どっか行ったりしないの?」

すると姉ちゃん、眉毛の間に思いっきりシワを寄せて

「ひとりはやだっ!」

…やっぱり…俺から誘うのが正解だったんだ…。

まったく、24にもなって世話の焼ける姉ちゃんだ。

で、ソコにツッコむのはやめておいて、思いっきり脳天気に言ってみた。

「なぁんだ。ちょうどよかった。じゃあ明日、俺と付き合ってくれない?〇〇(彼女)とバイクで□□湖に行こうって言ってたのに、アイツ、急用でパーになったし。」



…姉ちゃんの機嫌が直りますようにっと…。

姉ちゃん、口を尖がらせたままで、それでも話には乗ってきた。

「そうなんだ?まぁ、いいけど…。どーせ彼女のかわりね…」

そうやって突っ掛かってくる姉ちゃんが、またちょっとかわいかったりする。



そして、どうせなら家族全員でツーリングに、それも一泊でってことになった。

母さんもすごい乗り気だったし、父さんも会社に電話かけたところOK。

上手い具合に、□□湖でロッジが一つとれた。



ところが…

夜遅くに父さんが浮かない顔で帰ってきた。

「すまん、ちょっとトラブルでな。明日は仕事だ。」

「え〜どうして…って、仕事じゃ仕方ないわねぇ。そっかぁ…じゃあ、お母さんも明日はやめとくわ。あんたたち2人でいっといで。」

こういうわけで、姉ちゃんの初めてのロングツーリングは、俺と二人で1泊ってことになった。





翌日は早くに起きて、悔しそうな父さん母さんに見送られて出発。

姉ちゃんは、免許取り立てで、バイクも買ったばかり。

緊張しまくりなのがわかる。

ツーリングは楽しかったが、その話はココでは割愛。



その日の昼に、最初の事件が起こった。

たまたま見つけた、立ち寄り湯でのこと。

小さな建物で、受付も何もない、はるか昔に忘れ去られたような無人の施設。

古いわりには、掃除とか、手入れは行き届いている。

姉ちゃんの

「温泉いいなぁ、寄ってこうょ。」

って希望で、寄ってくことになった。



脱衣場の入り口で

「急がなくていいから、ゆっくりしようね。」

「うん。出る時は合図してね。」

と姉ちゃんと別れた。

『新婚さんみたいだな』とか思いながら入っていった。



中はけっこう広くて、だれもおらず俺ひとり。

大きい湯船を独占できる…と喜んでいるところに、ガラガラと扉の開く音がした。

『残念。ま、しかたないか』と思いながら振り向いて、驚いた。

なんと、こっちに向かって歩いてくるのは姉ちゃん…!

俺が「えーっ!?」と言って立ち上がるのと、姉ちゃんが俺に気付いて「あぅわ!〇$*□♀☆×!」意味不明の悲鳴をあげたのが、ほぼ同時だった。

2〜3mほどのところで、タオルで隠すこともせず、頭のてっぺんから足の爪先まで無防備全開!

こんなにまともに姉ちゃんの裸を見るのは、たぶん小学校低学年以来だろう。

小柄ながら全体にふっくらとして柔らかそう。

張りのあるオッパイはかなりなボリュームで、真ん中に上向きの小さな乳首。

毛は薄く、下半分は縦筋だけでなく、回りのビラ…まで見えてしまってる。

脚は意外にスラリとまっすぐ。

で、ここで気付いた…俺も驚いて立ち上がってたもんだから、同じく無防備全開。

しかも…姉ちゃんの全裸を前にして、一瞬で興奮MAX状態。

「もぅ!見ないで!」

我に帰った姉ちゃん、両手で胸を隠して、その場にしゃがみこんだ。

「あぁ…ごめん…」

って、咄嗟に姉ちゃんから目をそらせた。



「こ…混浴だったんだ。まぁ、しかたないし、入ろうかな?あんまりこっち見ないでょ!」

「そ、そだね…。見ないようにするから…。」

姉ちゃん、わざと何でもない風を装いながら、大胆にも俺の隣に入って来た。



しばらくすると、開き直ったのか、もう普通にしてる。

窓の外の景色を眺めたり、

「やっぱ、温泉はいいねぇ。」とか話しかけてくる。

しかし、俺はそう簡単には割り切れない。

「見ない」とは言ったものの、やっぱり気にはなる。

横目でチラチラ見ると、姉ちゃん、一応腕で隠してはいるんだけど、透明なお湯のなかで、たっぷりとしたオッパイやら、その頂上の乳首、ずーっと下の方の黒い陰やらが、ゆらゆら揺れて見える。

で、一旦おさまりかけてたのが、またMAX状態。



突然、姉ちゃんが俺のほっぺたをつねってきた。

「もぅ、純粋に温泉を楽しめないかなぁ?チラチラ見て、やらしいなぁ。それに、なんで姉ちゃんを見ておっきくしてるわけ?」

『うあぁ、バレてるんだ。にしても、ハッキリ言うなぁ…』

姉ちゃん、少しニヤニヤして、明らかに俺をいたぶっている様子だ。



昔から、姉ちゃん、こういうところがある。

小柄で甘えん坊で、どちらかというと妹っぽいくせに、状況次第では徹底的に俺をいたぶる。

今まで、約20年の間、どれだけ弄ばれてきたことか…。

さっきまでの、バイクの先輩としての優位性は消し飛んでしまった。



「で?感想は?」

「…」

「なんか言いなさいよ!」

「う、うん。姉ちゃん、胸とか、脚とか、キレイなんだなって…」

「ば、ばか!真面目に答えるな!もう出るよ!」

温泉で温まったせいだけじゃない、姉ちゃんも真っ赤になってた。



姉ちゃん、タオルで前を隠して先に出ていった。

それを見送る俺からは、ボリュームのある、けどプリプリとかわいいお尻が丸見えだった。



気を取り直して□□湖に向かい、夕方、わりと早い時間にロッジに着いた。

こじんまりときれいな施設で、姉ちゃんはかなりはしゃいでいる。

ただ、部屋は1個しかなくて、もし4人で来ていたらちょっと厳しかったかもしれない。

そのかわり、大きめのジャグジーがあり、これにも姉ちゃん大喜び。



とりあえず荷物を置いて、まだ時間も早いので、夕食がてら湖畔を走った。

この頃には姉ちゃんもかなり慣れていて、いかにも楽しそうに走っている。

どうかすると、俺のダブロクが置いていかれるぐらいだった。



早めの夕食を済ませ、通りかかったスーパーでビールやお菓子を買い込んで、ロッジに戻ったのは、ちょうどいい感じにあたりが薄暗くなった頃だった。

順番にシャワーでスッキリした後、ビールを飲み出した。

こんな風に姉ちゃんとふたりで飲むのは始めての事だ。

作りつけの木製のベッドに並んで座って、大学の事、バイクの事、彼氏や彼女のことなど話しながら、かなりなペースで飲んでいた。

俺も姉ちゃんも、かなりテンション上がっている。



で、話は昼間の混浴風呂の事になり、『マズいかな』と思った時は既に遅く…姉ちゃんは完全にいたぶりモードに入っていた。

「あんたがおっきくするぐらいだから、姉ちゃんの裸も捨てたもんじゃないねぇ?」とか、絡んでくる。

明らかに、俺がうろたえるのを楽しんでいる。

俺はと言えば、実は、シャワーの後の姉ちゃんの格好が気になってしょうがなかった。

薄手のタンクトップに太腿丸出しのパンツ。

明らかにノーブラ。

いたぶられついでに、突っ込んでみた。

「姉ちゃん、ノーブラだろ?胸のとこ、ポチポチがうつってるよ!」

「うぁっ!リョウ、やらしっ!姉ちゃんをそんな目で見るかなぁ、ふつう。」

「だって、姉ちゃんがそんなカッコしてるから…」

「あんた、もしかして、またおっきくしてるの?」

どうも姉ちゃん、そこばっかり絡んでくる。

で、酔った勢いもあって、開き直ってみた。

「しょうがねぇじゃん!男の生理現象だよ!」

「うははっ!今晩、二人っきりだからって、襲わないでよね。」

「んなわけないだろっ!もう終わり。風呂入ってくるわ。」



どう考えても口で勝ち目はないし、ちょうどビールもなくなったしで、ジャグジーに逃げ込んだ。

一人でお湯に浸かって、勃起したチ〇〇を握って考えた。

頭の中は姉ちゃんのことでいっぱい。

昼間みた姉ちゃんの裸が目に焼き付いている。

『今夜は姉ちゃんと一緒の部屋だし、抜けないな。帰ったら、当分、おかずにしてしまいそうだ…。』



と、その時、『ガチャガチャ、バタン』

いきなりドアが開いて、姉ちゃんが入ってきた。

もちろん裸。

さすがに、タオルを巻いてはいるが。

「うあ゛!ね、姉ちゃん!?」

驚いて立ち上がりかけて、足を滑らせて湯船に沈んだ。

姉ちゃんは落ち着いたもので、俺の脇を掴んで助け起こすと、パパッとタオルをはずして、入ってきた。

「リョウ!せっかくだから一緒に入ろ!」

なにが「せっかく」なんだかよくわからないが、もちろん俺もイヤじゃない。

「昼間も一緒に入ったんだし、いいよね?」

「あ…あぁ…」

「今日は彼女のかわりだもん。これくらいサービスしないとね?」

「い…いや、そんな…」

「うふ。緊張してる?案外、かわいいとこあるんだ!」

(姉ちゃん酔いすぎ。かんべんしてくれ…)



しばらくはそのまま、ふたりで星空を眺めてた。

「あー、気持ちいいねぇ。」

「ん。きもちい。」

ただ、俺としてはやっぱり姉ちゃんの裸が気になってしかたがない。

お湯を通して、オッパイやアソコの毛なんかがユラユラ見えるし…。

それでもなんとか平静を装って、会話を続けてた。

「こんなふうに、リョウと一緒にお風呂入るの、何年ぶりかな?」

「何年ぶりって、昼間入ったとこだけど?」

「はっ!そりゃまぁそうだけど。そうじゃなくって。」

「うん、俺、ハッキリ覚えてる。姉ちゃんが中1の秋まで、一緒に入ってた。」

「へ?なんでそんなのハッキリ覚えてるの?」

「…一緒に入れなくなったのが、けっこうショックだったから。」

「えー、そうだったんだ…って、もしかして、えっちなこと考えてた?」

「うん、そりゃ、ちょっとはね。だって、姉ちゃんのオッパイ膨らんできてたし、たぶんそれで母さん、お風呂一緒に入るのやめさせたんだろ?」

「そうかぁ。うーん、そうかもね。」

「姉ちゃんは気にならなかったの?恥ずかしいとか。」

「うん。あんまり気にしてなかったかな。で、リョウは、今でも姉ちゃんのオッパイ見て大きくしてるわけだ!」

「うゎ、また。」

「姉ちゃんを思い浮かべてすることもあるんだ?」

「そんな…」

「いいのいいの。で、〇〇ちゃん(彼女)と姉ちゃんと、どっちが…」

「もぅ、かんべんして!」

「うふふ。わかったわかった。で、その憧れの姉ちゃんと一緒にお風呂に入って、感想は?」

「だから、まいりましたって。」

こんな感じで、結局はイジられてた。



お風呂から出た後も、そんな空気は続いてた。

俺はトランクス一枚でいたし、姉ちゃんは上は相変わらずノーブラにキャミ、下はパンツ(下着)だけ。

当然ほぼMAX状態で、それを隠す気もなくなってた。

姉ちゃんも、そんな空気に浸って、ちょっとえっちな気分になってたみたいだ。



「リョウ、ちょっと寒くない?こっちおいでよ。一緒に寝ない?」

確かに、夏とはいえ高原の湖畔の夜はちょっと肌寒い。

はじめは、部屋の両隅にあるダブルのベッドに別々に寝てたんだが、姉ちゃんが声をかけてきた。

「あ…あぁ。いいのかなぁ?」

「いいじゃん。別に、姉弟でヘンなことするわけじゃないし。」

「ヘンな事って…姉ちゃん、そういうこと、ハッキリいうねぇ?!」

「そんなとこ、突っ込まないの!」

(いや、突っ込んでるのは姉ちゃんのほうかと…。)

そんなことを言いながらも、姉ちゃんのベッドに潜り込んだ。



潜り込んだけど、やっぱり照れくさくて、姉ちゃんの体に触れないように、スキ間を空けて、気をつけて寝てた。

すると姉ちゃん、

「ちょっと!ベッドに入って来て、その態度は失礼でしょ!それに、それじゃ寒いじゃない!?」

って、俺の腕を掴んで引き寄せると、強引に腕枕させた。



「うん、たまには他の男と寝るのも、いいもんだ。」

「姉ちゃん!」

「もぅ、冗談なんだから、こわい顔しないの!」

甘えるようにこっちを向いて、俺の胸を抓ってくる。

まったく、どういうつもりなんだか?!

けど、たまらない、俺。

さっきから完全にMAXだし、この状況で自分の手で握ることもできないのがツラい。

思わず姉ちゃんの肩を抱いてしまった。

『ごめんな、〇〇(彼女)。たぶんコレ、浮気じゃないと思うから。』

姉ちゃん、満足そうに

「そう、それでイイんだよ。」

だって。



「で?やっぱり大きくしてるの?」

やたら、ソコばっかり突っ込んでくる。

「もう、しらねーよ!」

腕枕を外して反対側を向こうとした。

姉ちゃん、あわてて

「あ、ごめんごめん!」

って、俺を抱くように腕をつかんできたので、とりあえず機嫌を直すことにした。



その後はずっと、腕枕のままだった。

体がピッタリくっついて、暖かくてきもちいい。

なんか、柔らかくて、いい匂いもするし。



しばらく、バイクの話をした。

コーナリングがどうとか、シフトのタイミングがこうとかで、ようやく少しだけ俺優位を取り戻せた。

今思えば、姉ちゃんが俺に合わせてくれたのかもしれないけど。



ひとしきり話した後、そろそろ寝ようかってなった。

「今夜はこのまま寝ようね。」

「あぁ。俺はいいけど。」

「襲わないでね。」

「まだ言ってる!」



俺がほとんど眠りかけたころ…

俺の頬に何かが触れた。

姉ちゃんの唇だった。

そして次に、姉ちゃんの手が伸びてきて、なんと、俺のチ〇〇をつかんできた。

あんまりえっちな感じはしなくて、掌をのせて軽く握ってるだけ。

俺は、その状況を崩すのがイヤで、気付かないふりをしていた。

そのかわり、軽く寝返りをうつふりをして、姉ちゃんのオッパイの上に掌を置いた。

これくらいはイイよね。



姉ちゃん、小さく

「あん…」

とか言ってたけど、気付かないふりをしてた。

手を動かしたくなるのを、なんとかガマンした。



俺のは完全に勃ってたし、姉ちゃんの乳首も固くてコリコリしてた。

その夜はそのままで眠った。



報告はここまで。

姉ちゃんとちょっとえっちな関係になったのは、俺としては嬉しかった。

けど、やっぱり、これ以上はやめておこうと思う。

それは姉ちゃんも同じだと思う。



翌日は、何事もなくツーリングを楽しんで、夕方には無事に家に着いた。







出典:俺と姉ちゃんの体験談

リンク:オリジナル


告白体験談関連タグ

|||||||

【姉】姉ちゃんとツーリング 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年8月5日 | 告白体験談カテゴリー:姉との告白体験談

このページの先頭へ