相互リンク先の更新情報!

【職場】同級生のイベントガール体験 【告白体験談】

カテゴリー:職場での告白体験談
tag:


販売促進活動で大手家電用品店に配属されました。nbsp;

メンバーは男1人(私)と女2人で、内1人は私と高校時代の友人で真由美(23)といいます。



男の役割は、商品の陳列や配送などの力仕事がメインですが、女の子はPC関連の名前の

入った風船を配ったり、nbsp;パンフレット配っていたりしていました。

男にはポロシャツを至急され、女はミニスカのワンピースを支給されました。

女は商品名の入った白いワンピで、夏物なのか生地が薄いものの、かわいらしい格好でした。



真由美も含め、販促の女の子達はとってもよく働くもので、屈んだり中腰になったりで

ブラもパンティーも、ラインが浮き出ていてかなりエロイです。



しかも、我がチームだけが生地が薄いようで、他の人よりもハッキリと透けていました。

色も模様も形もすべて分かるくらい・・・。








目の前にいる同級生だけが、スケスケな服で注目されている・・・。

体のラインもまる判りで、下着の形状も色もすべて判ってしまうような状況・・・。

通行人や高校生やらと、年齢を問わずに、どれくらいの人達が目撃したのだろうか・・・。



年下の学生達から集団でエロい目で見られる同級生、そんな姿に私も静かに応援していました。

考えてみたら、その同級生の周りだけに人が大勢できていたような気がします。





そんな中、偶然にも同じ高校時代の男友達2人と出会いました。

懐かしい会話もしながら、今日は真由美も一緒に働いている事を言うと、すぐに真由美の存在にも気がついたみたいで、いろいろ談笑していました。



そして、1人の男が真由美の後姿に気づき、携帯で後ろ姿の写メを撮っていました。

前かがみになり、パンティーがスケスケの状態を撮られ、その社写メを私にも見せてくれました。





その後、ちょっとだけ休憩時間を貰い、売り場の死角で4人で談笑しているうちに、

男の一人が「真由美の今日の下着の色当てようか?」と言い、「当たったら触らせて!」と言います。



真由美の返事に関係なく、男は見事に的中させ、真由美も「え?なぜ?」って顔していました。

男達はその場で真由美の両側に並ぶように立って、真由美と腕を組んで動けなくし、スカートの上からお尻を撫でたり、軽く揉んだり、両手で掴んで開いてみたりしてました。



嫌がる真由美ですが、男達はミニスカートの中に手を入れ、そのままスカートを大きくめくり上げ、直にパンティー越しにお尻を触ったり、携帯をもぐらせたりしていました。



そして、人差し指をパンティーに入れて持ち上げ、直接お尻を覗き込んだりしていました。

声の出ない真由美に対し、男達はパンティー全体を下げ、お尻を丸出しにして生のお尻を前に撮影までしていました。





目の前でスカートも持ち上げられ、パンティーを全て晒す同級生。

久々の再開で彼氏でもない男にお尻を触れ、直に覗かれる同級生。

さらにはパンティーを下ろされ、そのお尻と記念撮影までされた同級生。



私からも生のお尻が丸見えでした。



真由美は驚いて声も出ず、全く抵抗もせずにお尻を揉まれ、撮影までされていましたが、

その後、男たちは真由美のスカートを戻し、再びお尻を撫で回した後、店内に消えて行きました。





真由美に声をかけると、真っ赤な顔で震えるような声で

「大丈夫です。こんな所で・・・。」とスカートを直しながら言っていました。

恥ずかしそうな顔で、必死に強がる真由美の顔がなんとも言えなくて・・・。





その後、彼女の動きが鈍くなりつつ、ストッキングを履いて仕事していました。

あの時撮った写真は、その後、どうなったかは知りませんが、真由美には、

「もう消してあった。」とだけ伝えました。





数日後、真由美はあの時のことが笑って話せるようになりましたが、私にいいます。

「お尻、見てましたよね?」

「お尻だけでした?見えていたのは?」と言います。



私は見ていた事を白状すると、真由美は、

「もし写真持っていても他の人には見せないでください。」

「胸よりはお尻のほうが自信あります。」

「でも、絶対に他の人には言わないでください。」と言いました。







一言、いいお尻だったよ、真由美よ・・・。

是非とも、変わらず自信を持ち続けて欲しいものです。









出典:オリジナル

リンク:なし


告白体験談関連タグ

||||

【職場】同級生のイベントガール体験 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年8月5日 | 告白体験談カテゴリー:職場での告白体験談

このページの先頭へ