相互リンク先の更新情報!

【初体験】言葉は別れと同時に嘘になる 【告白体験談】

カテゴリー:初体験の告白体験談
tag:


今からつづることは 私が初めての体験をしたときのことです。



とりあえず、いきなりエッチの描写?じゃつまらないので、

いたるまでのことも描きます。







中学校にあがって初めて、いままでこんなに好きになった人がいるだろうか!

と思ったぐらい好きになった人がいました(笑) 創太(仮名です)っていう名前で

ルックスは… まぁ、普通。不細工じゃあないです。



付き合いのきっかけは、 前髪…(笑)

ある日私が学校の教室で友人に「昨日、お母さんに前髪切ってもらったんだー

けど、失敗しちゃって…めっちゃパッツンパッツンになっちゃた」って

話していたら、近くの席にいた創太が「へー 俺も髪の毛お母さんに切ってもらうよ」




といってきたのがきっかけでした(なんか話の進め方が無理やりだけど^^;)





周りにからかわれたりして(中学生ですからね)ちょっとハプニングもあったんですけど、

交際は順調にすすんでました。



創太と初めて手をつないだのは、 友人と行ったデートの時です。

デートの帰りの途中、友人カップルが手をつなぐだろうねーとほかの友人が

行ってたので(ややこしー^^;)じゃあ、私たちもつないでみる?ってことで

つないで…





ファーストキスは、夏休みでした。



遊歩道で一緒に歩いていて、私のほうから「目をつぶって?」って言って

軽く抱きしめてキスをしました。もちろんのこと、?私も初めてなので

うまくはできません。 かるーく 一秒くらい?唇をつける程度。

ちゅっ としたあと私は近くに止めていた自分の自転車を取りに戻って

創太のところへ戻ると、固まったまま。「初めてだった?私もだけど…」と聞くと

自分もはじめてしたって教えてくれました。





中学一年生の11月 創太とは何回 何千回とキスをして、 すこーしキスだけでは飽きてきたころ。

そのころ私はディープキスを覚えてきて、早速 創太としてみることにしました。

話で聞いただけで実際のところ、したことはありませんし、しているのを

みたこともありませんから 当然のこと うまくはできませんでした。

舌を絡ませる…のでしょうけど、なんだか 格好のつかないものでした。

けれど、すごくすごく 創太とこんなことをしているんだっていうのが

創太のなかにいるんだって(?)ことが私はうれしかったです。





中学二年生の1月、やっと私と創太に エッチへとつながるある出来事がありました。



学校帰り、創太の家の近所の公園でベンチに座って話していたときのことです。



キスをして、「大好きだよ」って創太言ったあと 私はこんなことを口にしてしまいました。

「私も大好きだよ。私は創太のものだから、創太が好きにしてくれていいからね?

なにしても怒らないし、創太がしたいことだったら私もしてもいいよ。」と・・・



すると 彼は…   胸を触らせてほしいって言ってきたんです。

嫌ではなかったです。と、いうより すごくうれしかった。

今までキスばかりでしたし、彼はどちらかというとあまり積極的ではなかったので。



ベンチに座っているので、横に並んでいてすこし難しいんじゃないかと思ったんですが

創太は前から服に手をいれて触ってきました。 すっごく恥ずかしくって

私はただ黙っているだけです。胸をもまれているっていうことより、

私の小さい胸を一生懸命触ってくれているってことのほうが、恥ずかしかったです。



その数週間後…







初めて、 創太にアソコを触られました。 手マンっていうんですかね…

その手マンをされるきっかけは 胸を触られている時、前がはだけて寒いという

私の発言です。 そしたら創太は「じゃあ、下なら寒くないよね…?」と。

えええ^^; と思ったんですけど、私ばっかりがこういうことしてもらうのはなぁってことで、

私から何かすることに… けど 何をすればいいの?ってなって

私も 彼の下を触ることに。  彼の 下 ってあの 股間です。 えっと、チ○コです。

でも、恥ずかしすぎて 彼のズボンも下ろすことができず その日は私だけ

触ってもらいました。



はじめは下着の上から撫でているだけでしたが、

だんだんと下着の中に手を入れていって クリトリスを擦ったり、

膣の中の指を入れたりするようになりました。





で 肝心な 彼の 下を触ることなんですが、



その数日後、学校の帰りにしました。



やはり、恥ずかしいので ズボンとかは彼に自分でおろしてもらいました。

その時初めて勃起した男性の性器を見たわけですが、

創太のチ○コはその年では結構大きい方なのでしょうか・・・分かりませんが、

15センチぐらいありました。 しかも結構太い…



その大きなチ○コを目の当たりにしている私は、

成すすべがわからず、ただ じぃーっとチ○コを眺めているだけでした。

すると彼が いきなり 私の口にキスをしてきて

「んぅっ・・・!?」って感じで私はびっくり。

すると創太の舌が入ってきて、ディープキスになり…

しばらくすると私の舌から創太の舌が離れていきました。

「こうやって 俺のも して?」と言われ…なんのことだか分からなかったのですが、

とりあえず 彼のチ○コの先っぽをちろちろと舐めてみました。

創太の口からは「ハァッ…」っと息が漏れていたので、気持ち良かったんじゃないかなぁ と。



先っぽからはヌメヌメした液体が出ていたので、とりあえずそれも舐めてみる。

味は… 少し しょっぱかったです。 先っぽを舐めた後、

裏のほうを舐めてみたら 創太が「んっ…」と喘ぎ声に似たような声を出したので

ここを舐めると気持ちいのかなと思って 私は調子に乗ってそこばっかり舐めました(笑)



少し つかれてきたなぁ と思って いったん顔を離すと、



創太はチ○コをしまってしまって… 私はもう少ししてあげても良かったんですけど、

その日はこれでおしまいにして、帰ることにしました。





手マン ・ フェラチオしはじめて一週間ぐらい たったころでしょうか。





私のほうから 「エッチがしたい」と誘ってしまいました。



もちろん 処女です(笑) 創太も童貞だろうなと思ったのですが、聞きはしませんでした。



いつも通り、手マンをしてもらって じゃあ 入れてみる? …って なったはいいのですが、



入らない(笑) しかも めっちゃくちゃ 痛い^^;

体位は 正常位。 先っぽが入ったところで 痛すぎていったん抜きました。

創太は「今日はやめる? また 今度にする?」といってくれたのですが、

私は ここまで したんだ!! と思って もう一度 したい って言って

「じゃあ、今度は枝実(私の仮名)が上になる?」



ってことで



今度は私が上になり(騎乗位?なのかな)入れてみる。



正常位はかなり痛かったのに、騎乗位は痛くなかったんです。



すんなり入りました。





お腹の中が窮屈で、すこし変な感じ。



でも嫌じゃないんです。 もっとこの感じを感じていたいっていうか…





「動くよ…?」



と聞かれ 有無も言わずに ピストン開始^^;



体制も体制で、 彼が腰を動かしているので 二人ともイかないで終わりました。



(学校の帰りってこともあって 時間が時間だったので)





そのあと もう一回エッチして 私と創太とは別れました。

そこらへんはすごい複雑な事情があるのですが…(妊娠したとかじゃないw)



今 思うと 創太は遊びだったのかなぁとしか思えないのですが、

いい経験になったな って思うことにしてます(笑)





出典:なし

リンク:なし


告白体験談関連タグ

||||||||||

【初体験】言葉は別れと同時に嘘になる 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年8月5日 | 告白体験談カテゴリー:初体験の告白体験談

このページの先頭へ