相互リンク先の更新情報!

【ゲイ・ホモ】ホモ狩り少年にお仕置き 【告白体験談】

カテゴリー:ゲイ・ホモの告白体験談
tag:


飲みすぎが祟ったか、強烈な尿意に切羽詰ってトイレに俺は駆け込んだ。

 はぁー、ジョボジョボジョボ。何とか間に合ったが、次が終電。

家までは40分掛かるんだよな。電車乗って、降りる駅までもつのかな?

酒には強いが、ひたすら尿意が催す俺。ん?

同じように駆け込んできた少年。結構な美形君だ。

自称ノンケの俺は実はホモ。しかも彼はチラチラと、

ションベンしながら俺にラブコールを送ってる。

思い込みかも知れなかったが、取り敢えず用を済ませて彼に歩み寄り、覗き込む。

すると彼はニッコリ微笑んで、自分のマラをシコシコ扱き始めたではないか!

よっしゃ!俺は彼の肩を抱き、空いた手で彼のマラを掴み、ションベンの介助をしてあげた。

「アリガト、オジさん」彼は微笑みながら俺の耳元で囁く。

終電までは20分。ならば、逝こう!

彼を個室に誘い、洋式便器に座らせ、ジッパーを下ろす……

ドカッ

首筋に強烈な衝撃。振り向けば、彼と同い年位の少年もう一人が。




「ばーか、何盛ってやがるんだ」

「へへっ、ホモ狩り成功ー」

まんまと喰わせられた俺。懐を弄る少年達。





…性癖を、隠し隠し、世に尽くす公務員サマを舐めるんじゃねー!!

一人を起き上がり様、金的。最初の美少年を再び個室に叩き込む。

「なっ何っ?」

状況把握の済んでない少年の、ズボンを力任せに引き摺り下ろし、

何の前戯も済ませていない後宮に俺のマラを叩き込む!

「ギャーーー」

叫び声にも負けず、俺は擦り切れる様な痛みにも負けず、ピストンピストン。

「おりゃぁー」何とか頑張って中だし成功。

マラ出したまんまで、股間を押さえて蹲っているもう一人に近づき、

同じくズボンを引き摺り下ろし、後宮に指2本を突っ込んだ。

「ぐふっ!」

呻くアホ。更にもう1本。3本突っ込み、中を掻き回す。

硬い代物に辿りついたので、ソレを指2本で挟んで引っこ抜く。

肛門中程にまで引きずり出された黄土色のシロモノ。

2人の携帯を徴収し、醜態を写メに撮る。

「公務員様をナメてんじゃねー、引き続き、お仕置きしてやっからな」

そうして俺は終電に駆け込んだ…

徴収した携帯は、片方は使用停止になってたが…もう片方は。

中だしした方の子のだ。さて、どうしようか。





出典:通風

リンク:可愛いっ☆ミ


告白体験談関連タグ

||||

【ゲイ・ホモ】ホモ狩り少年にお仕置き 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年8月5日 | 告白体験談カテゴリー:ゲイ・ホモの告白体験談

このページの先頭へ