相互リンク先の更新情報!

【痴漢】痴漢はやめましょう 【告白体験談】

カテゴリー:痴漢告白体験談
tag:


痴漢をしたことがある人、されたことがある人はいっぱいいると思います。



僕は痴漢をされたことがあります。

痴漢したことがある人に聞きたいのですが、何が楽しいのでしょうか?

人の身体を許可無く触ることに興奮するのでしょうか?

痴漢されている人を見て楽しんでいるのでしょうか?

人をイカせたという支配感を味わいたいのでしょうか?

異性の身体に興味があるだけなのでしょうか?

嫌がる人を見ることに興奮するのでしょうか?

痴漢された人のことを考えたことがあるのでしょうか?



僕は高校1年生になって電車通学となりました。

それは社会では通勤ラッシュということもあって毎日が満員状態でした。

当然身動きのできない状況で、毎日10分近くその状態が続きます。

誰もが早く駅に着いて開放されたいと思っているはずです。






ところがそんな身動きのできない状態を利用して僕の身体に触ってくる人が

いたのです。



その人はおもむろに僕の太ももを揉んだり擦ったりしてきました。

まだ社会を知らない僕は怖くて仕方ありませんでした。



その人の顔をちらっと見ると40歳前後の女性でした。

知り合いでもないし、何でこんなことをしてくるのかわかりませんでした。



ちょっと触って僕が抵抗しないとわかったのか、ズボンの上から僕のチンポを

握ってきたのです。



まさかそんなところを触られるなんて考えてもいなかったし、触られてもどうして

いいのかわからないし、助けを呼ぶのも怖くてできないし、怖くて何をすることも

できないのです。



怖くて体がすくんで何もできないのです。



何もできないことをいいことに、その手は僕のチンポを揉んできたのです。



見ず知らずの人に大事なところを触られてうれしいはずがありません。

ただ、敏感なところなので刺激を受け続ければ身体は勝手に反応してしまいます。



特に僕は女性経験が無かったこともあり、女性に触られるのは初めての経験であり、

初めて味わう感覚でした。

別の言い方ですと、初めて味わう強烈な快感というところです。

味わうといっても一方的に快感を送り込まれているだけです。

うれしいなんて気持ちはありません。



刺激を受け続け、僕のチンポが徐々に固くなっていくのがわかりました。

悔しいけど勃起してしまいました。



僕のチンポが勃起すると、その手が腰の方へ移動して、ズボンのポケットの中に

進入してきたのです。

ありえないです。



ポケットの中に進入したその手は僕のチンポをポケットの布越しに握って、上下に

扱いてきたのです。



初めて味わう強烈な快感。

僕はどうしていいかわからなかったし、どうすることもできませんでした。



ポケットの中でゴシゴシ扱かれると、すぐに膝がガクガクしてきてビクンッ、ビクンッ

という痙攣と共に射精してしまいました。



射精している途中も扱かれ続け、パンツの中がどんどんビチョビチョになっていくのが

わかりました。



こんなにパンツがビチョビチョの状態で学校なんか行ける訳がありません。

駅のトイレでパンツを捨てて家に帰りました。



この人は満足したのでしょうか?

僕をイカせたから満足なの?

男性の性器に触れたから満足なの?

抵抗できない僕をいたぶったことが満足なの?

敏感なところに刺激を受けて射精したのは生理的なことで、うれしくともなんとも

ありませんでしたよ?



おかげで高校を卒業してからは手コキ専門店に通う日々が続いていますよ?

こんな性癖をうえつけられた僕はどうすればいいのですか?

責任取ってほしいです。



出典:痴漢反対

リンク:痴漢反対


告白体験談関連タグ

||

【痴漢】痴漢はやめましょう 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年8月5日 | 告白体験談カテゴリー:痴漢告白体験談

このページの先頭へ