相互リンク先の更新情報!

【小中学生】プールにて4【告白体験談】

カテゴリー:小中学生との告白体験談
tag:


「あいよ?」

「あのね、赤ちゃん欲しい。」

「ん?」

「だからぁ…入れて良いよ?」

「うん、たっぷりね(笑)」

「違うの!チンチン入れていいの!」

「えっ、あぁ…」

「お願い。」

「いいけど、舞ちゃんにはまだ早いから、相当痛いと思うよ?」

「いいの…ね?」

「分かった。おいで…」

俺は再び舞ちゃんをいざない、芝生に寝かせた。

「優しくしてあげるからね。」

「お願い…します…」

案の定、舞ちゃんは相当痛がった。




最初は亀頭しか入らなかったが、舞ちゃんの愛液のお陰ですぐに入る様になった。

「あぁっ…いっ…」

「もう少しいくからね…」

「う…んっ…!」

いつしか、舞ちゃんのマンコは俺の息子で満杯になっていた。

「大丈夫か?全部入ったよ…」

「だいっ、じょうぶ…あはっ…ん…」

俺はゆっくりと、しかし確実に大きく前後運動を開始した。

「あっ…あぁっ…んっ…はっ…」

ゆっくりと奥まで挿しこむ。

「ん…んっ…!」

そしてゆっくりと抜き出す。

「は…っ…あぁん…やだぁ…」

舞ちゃんの切ない透き通った声は、俺の耳にまっすぐ入ってきた。

そして息子をさらに屹立させた。

「く…あっ…くはっ…っ…!」

「大丈夫?舞?」

「う…ん!へ、平気だから…っ。」

「分かった。慣れるまで、ゆっくりね。約束。」

そういって、俺たちは口付けした。

そのままディープキスをしながら、俺はストロークを再開した。

「あ…ん…あっ…あっ…んっ…はぁっ…!」

舞の感度は、明らかに上がっていた。

「んあっ…あぁっ…!いっ…くはっ…はぁっ…!」

声も次第に優艶になり、苦しそうな声はいつしか魅力的な喘ぎ声へと変化していった。

「あんっ…はぁっ!義孝っ…もっ…とっ…あぁっ!あっあっ!はぁ…ん…!」

俺は限界だった。

「舞…もうだめだ。いいね?」

「い…いいよっ…!入れて…っ!奥…に…っ…お願いっ!」

「あぁ…奥に、一番奥に全部出してあげるから…!」

「あっ…あぁっ!はぁ…!いいのっ…義孝いいのっ!あぁぁっ」

「う…くっ…!!」

俺は果てた。

舞の奥、子宮に全ての精液を流し込んだ。

「はぁ…っ…熱…っ…」

「舞の大切な所…俺に染まってる…」

「んらめ…えっちな事いっちゃ…ぁ…っ」

「ふふふ…愛してるよ。」

口付け。

そして口付け。

「んふっ…ちゅっ…」

「舞…」

「んぇ…?」

「このままもう1回…」

「しょ…しょうがないなぁ…いい…んっ…よ…」

「うん…」

「あっ…また…ちょっと、大きい…っ…よっ…」

「ごめんな…舞の声がえっちなんだ…」

「そ…んな…っ…あぁっ…らめ…ぇ…っ…」

俺は今度は少し強めに、早めにストロークを行った。

もちろん、舞の喘ぎ声もオクターブが上がった。

「あっ!あぁっ!んんっ…!はんっ!い…いいあっ」

優艶な喘ぎ声に、俺の息子は破裂寸前だった。

「はぁっ!義孝っ!義孝っ!もっ…として…っ!!」

俺の脳は、もはや舞いの声で染め上げられていた。

俺が舞いを染めるはずが、俺が舞いに染まっていた。

「よし…あぁっ!はぁっ、ん!もっとして…っ!奥っ、奥…っ!」

何て情けない…。

俺はまたしても限界だった。

「舞っ…」

「あっ…あぁっ!いいよ!きてっ…!早くぅ…!!」

「くっ…ううっ…!!」

俺は、直接舞の子宮にぶちまけた。

精子の1匹も子宮からはみ出させまいと、奥まで息子を押し付けて果てた。

「くぅぅぅ…っ!!」

舞が悲痛な声をあげている。

「くっ…舞…っ」

どうやら、俺は精子を全て、舞いの子宮に流し込むことに成功した様だ。

「義孝ぁ…んっ…」

俺は舞の頭を優しく撫でた。

「舞…愛してるよ。」

「私もだよぅ…」

俺は、舞の子宮から精液が流れ出さない様、息子で栓をしたまま、裸の舞を抱きしめた。

舞の小さな膣を塞ぐのは、萎えた俺の息子でも十分であった。

むしろ、俺の萎えた息子でも舞の膣には大きいぐらいだ。

この後、2人で何度もセックスに勤しみ、何度も舞の子宮に精液を流し込んだ。

もはや、舞の体は俺に完全に汚されていた。

唇から、体中、そしてマンコや子宮までも、俺に汚されていた。

それでも嬉しそうに微笑む舞に、俺は興奮した。

さらに何度も舞ちゃんを犯し、子宮に精液を注ぎ込んだ。

益々嬉しがる舞を、俺は合計7回程度犯したと思う。

もちろん、全て子宮中出しだ。

「義孝…えっちなんだからぁ(笑)」

「お?そうか?舞の喘ぎ声のが相当えっちかったけどなぁ?(笑)」

「なっ…もう!(笑)」

「あはは(笑)」



……

………

その後、舞ちゃんは4人に俺を紹介してくれた。

その中には、俺が目をつけていた子もいた。

松岡由里子というらしい。

愛くるしい顔立ちで、胸はぺったんこ。

寸胴の体に長い黒髪が特徴だった。

俺のストライクゾーンだった。

俺はきめた。

舞ちゃんのつてを使い、舞ちゃんの学校の女の子を全て犯そう。

もちろん、手始めに由里子ちゃんをレイプするのだ。

P.S.

続きはいつになるかわかりません。

次は例の由里子ちゃんを、学校で犯す話になると思います。

中出しはもちろん、構内発射、ぶっかけなど盛りだくさんの予定です。

題名はわかりやすい様に「プールにて5」にしておきますが、時間の関係でいつ書けるか分かりません。

あまり期待しないで待っててください(*´・ω・`*)

〜プールにて5へ続く〜


告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||

【小中学生】プールにて4【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年8月5日 | 告白体験談カテゴリー:小中学生との告白体験談

このページの先頭へ