相互リンク先の更新情報!

【温泉・混浴】男湯に中学生の女の子 【告白体験談】

カテゴリー:温泉・混浴での告白体験談
tag:


自分、オッサンです。

エロいこと書いてるサイトないかなと思って見てたらここにたどり着きました。

私も中坊の頃に体験したことを書きます。

ジャンルは温泉ですが銭湯での出来事です。



昔の我が家は内風呂がついてなかったんですよ。

内風呂がついたのは高校に入って引越ししてからです。

都会では珍しいかもしれませんが田舎ではけっこうこういう家多かったんですよ。

必然的に入浴は銭湯通いですわ。



中学の2年の頃ですかね。

いつものように風呂桶かかえて銭湯へ。

寒い日だったのと時間帯も悪くてかなり混んでました。

脱衣籠がなかなか空かなくて誰か上がってくるのを待ってました。






するとですよ。

上がってくる男性のチ○ポがみんな勃起してるんです。

いや、みんなって言うと言い過ぎですが

少なくとも半勃ちくらいはしてましたね。



私と同じくらいの男の子はみんな完全に勃起してました。

知り合い同士の男性は、いいもの見せてもらったみたいな会話までしてるんです。

たまたま入ってた同級生の男の子も勃起してて、

私を見つけると、今すげえのが入ってるって言うんです。



何だろうと思って自分も服を脱いで風呂場に入って納得しました。

中学生くらいの女の子が父親と一緒に入っていたんです。

全裸の男性の中に全裸の女性がひとりいると色が白くってすごく目立つんですよ。

すぐわかりました。



その女の子は私と同じ中学の子でした。

クラスは違うんですが、たまに見かける子で何となくおぼえてました。

体つきは完全に女性。胸も今思うとD以上、いやEカップくらいありましたかね。

歩くとユサユサ揺れてました。

しかし、下の方は子供っぽくてほとんど毛は生えておらずワレメが見えてました。



私もそのアンバランスな光景に思わず勃起ですよ。

まあ普通に毛が生えてたとしても勃起はしてたと思いますけど。



何でこんな大人っぽい子が男風呂に入ってんだろうと不思議に思いました。

特に恥ずかしがるわけでもなく、堂々と入ってるので

誰も注意もしなかったみたいですね。



洗い場も混んでいて、たまたま空いた場所がその子が視界に入るところでした。

私が体を洗っている時にすごいことが起こりました。

その子が使っている石鹸が流れて行ったみたいで、その子がよつんばいになって

手を伸ばして必死に拾ってたんです。

私はそれを後ろから見てしまったんです。



後ろから見る女性のマ○コ。

初めてその光景をまともに見てしまいました。

プリプリっとしたお尻の中央に14歳くらいの女の子マ○コが見えるんですから。

まだ免疫のない頃でしたから鼻血が出るかと思いましたよ。



正直、その場でこっそりオナニーしようかと思いました。

人が少なかったら本当にしてたかもしれません。



隣で体を洗ってる男性もこっそり見てたんでしょうね。

勃起してましたから。

あらためて風呂場の中を見渡すと意味もなく歩き回る男性が多く(笑)

みんなその子の前を通過してはちらちら見てました。

ほとんどの人がタオルで股間を隠してましたが勃起している人も多かったと思います。



その子とその父親が風呂場からあがって行くのを見て納得しました。

父親は両方の手に包帯を巻いてたんです。怪我したんでしょうね。

おそらくその家族は子供が娘しかおらず、母親が一緒に入るわけにも行かないので

その娘がいっしょに入って洗ってあげてたんでしょう。

その父親のチ○ポもちょっと大きくなりかけてた感じでした。(笑)



あとから聞いた話ではちゃんと番台の許可を取ってたとのことでした。

普通は中学生の女の子は男湯には入れないようですから。



それが数日続くかと思って、毎日同じ時間をめがけて銭湯に通いましたが

それ一回きりでした。

面白かったのはその時に見かけた同じ人がいっぱい入ってたこと。

みんな同じ目的で通ってたんでしょうね。(笑)



困ったのはその子がいないのに

その子がいたあたりに目をやるとチ○ポが勝手に勃起するんです。

トラウマになってしまったようで、それがしばらくおさまらず苦労しました。



数日後その子を学校で見かけました。

制服を着てる姿をみてもなぜか勃起して困ってしまいました。





出典:おっさんの投稿で申し訳ない

リンク: 


告白体験談関連タグ

|||||

【温泉・混浴】男湯に中学生の女の子 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年8月6日 | 告白体験談カテゴリー:温泉・混浴での告白体験談

このページの先頭へ