相互リンク先の更新情報!

【フェラチオ】大学時代の同級生と飲んだ帰りにタクシーで・・・ 【告白体験談】

カテゴリー:フェラチオ告白体験談
tag:


大学時代の同級生とひょんなことから数年ぶりに合うことになり、喫茶店でお茶。

つのる話をしながら数時間。

そろそろ場所を変えようと思い、夜景がきれいな新宿のホテルのラウンジに誘った。

彼女はスパークリングワインを飲み、頬が赤らんできた。

話を聞くと卒業後彼氏と結婚、海外に住んでいたが離婚したとのこと。

お互いに話が意気投合したが、そんままホテルに誘うことはNG出されたorz



帰りのエレベーターの中で「キスしたら怒られるのかな?」と振ってみる。

彼女は何も言わずにじっとこちらを見ているので、そのまま抱きしめキス。

舌を入れると彼女も反応してからめてくる。

途中で他の人が乗ってきたので慌てて離れた。



タクシーで送ることになったので、そのまま車中で話の続きをする。

手を腰に回したが嫌がらないで、体を預けてきた。

そのまま運転手のことを無視してまたキス。




今度はさっきよりも熱く反応する彼女。

彼女の吐息が荒くなってきた。

服の上から胸を揉みながらキスするが、抵抗しない。



ペニスが勃起してきたので、ジーンズの上から触らせる。

彼女「え!?」という顔をしている。

「そのまま触っていて」というと、彼女は素直に従う。

彼女は最初は手を置いているだけだったが、段々とさすってくるようになった。

ジーンズの上からとはいえ、気持ちが良くなりさらに堅くなってくる。



彼女の手を取り、ジーンズの中へ入れようとすると、彼女の顔に困惑の色が。

強引にジーンズの中に手を入れると、そのままペニスをギュッとつかむ。

彼女の手が生き物のようにペニスを優しくさすり始める。

「気持ちいい」というと、彼女はそのまま無言でさらにさする。



彼女の体を抱え、横たえようとすると、彼女は小さな声で「ダメよ!」というが、

そのまま股間の上に顔が来るように横たえさせる。

一応軽い抵抗はしたものの、そのまま従うところが可愛らしい。

運転手に気付かれないように(とっくに気付いていると思うが)ファスナーを静かに降ろす。

堅くなったペニスを出し、彼女の顔に近づけると、彼女は何も言わないでそのまま

口の中へペニスを静かにゆっくりとくわえ込んでくれた。

すると彼女は自ら舌をペニスに絡め愛撫し始める。

途中で止めようと思ったが、気持ちが良くて止められない。

オレはこのまま続けることにした。

彼女の舌の責めはより丁寧で濃厚になってくる。

そのまま彼女の中でたっぷりと一気に射精する。

彼女は驚く様子もなく、そのまま全部出し切るまでくわえたまま。

ゆっくりと飲み干すと、残った精液もきれいにすくい取り、ペニスもきれいに舐めてくれた。



ザーメンを飲み終えた彼女の顔は、赤らんでほてっていたが、微笑んでいた。

彼女の口の中は柔らかく、狭く、ペニスを包み込むような感じだった。

翌日彼女からメールが来た。

「明後日、食事に行きませんか?」と。



出典:みんなのエッチ体験

リンク:


告白体験談関連タグ

|||

【フェラチオ】大学時代の同級生と飲んだ帰りにタクシーで・・・ 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年8月6日 | 告白体験談カテゴリー:フェラチオ告白体験談

このページの先頭へ