相互リンク先の更新情報!

【近親相姦】海を見たくて 【告白体験談】

カテゴリー:近親相姦告白体験談
tag:


ある日、母親と『久しぶりに海を見たくない?』と、話をしていると母親は乗り気で、「父さんに言ってみるね」と言っていた。



金曜日の夜に母親が「今から海を見に行かない?私、一度で良いから朝日が昇る所を見たいんだけど?」と、父親に楽しげに言うと、父親は面倒くさそうな顔で「行きたければ、お前達で行ったらどうだ・・・」と返して来た。

その言葉で多少、ムッとした母親は俺に「○○、支度しなさい!今から二人で行くわよ!」と、そそくさと準備を始めた。





車は母親が使っている軽自動車で、22時ぐらいに家を出発した。



こんな深夜に道で走るのは初めてで、免許が無い俺は助手席に座り夜の風景を眺めていた。2時間ぐらい走ってファミレスを見つけて休憩。深夜のファミレスは学校帰りに友達と寄る雰囲気とは全く違い、客も店員も何か異人の様に感じる。





普段だったら眠って居る時間にこうしてファミレスに居る。そんな事が新鮮な興奮を覚え目が冴えていた。

一時間ぐらいの休憩の後に再び車を走らせ、海岸通りに辿り着いた母親は‥



「疲れた〜、腰とか背中痛〜〜い」と言い始めるが、かと言って免許証も無い俺が運転を代わる訳にも行かず・・・




「海まで着いたんだから、何処かに車を止めて休んだら?」と言うと母親も「そうね」と言いながら車を適当に走らせた。

すると母親が「ねっね!あそこで少し休んで行こう、あそこだったら手足を伸ばして休めるし!」





母親が言う方向を見ると、そこはラブホテルだった。





「え〜!あんな所に入るの?あそこは俺達が入る場所じゃないじゃん」





「身体を休めるのに入ったって構わないでしょう?」と、言いながら車は駐車場に吸い込まれるように入って行く。





ガレージから階段を上がると、すぐにドアが有り中に入る。





初めてのラブホテル。

中を見ると、小さなソファーとテーブル。大きなベッドに大きなテレビ。なんだか落ち着かない雰囲気の場所だった。





母親は大きなベッドに飛び込む様に大の字になり「あぁ〜ぁ、疲れた!背中が気持ちいい〜」と、背伸びをしながら言う。

俺は、なんとなく部屋の中を見回すように立ちすくんでいると・・・



「夜明けまで未だ少し時間が有るから、○○も眠ったら?時間になったら起こしてあげるから」と母。そう言えば、目は冴えてるのに頭はボーッとし始めていた。





俺はジーパンと靴下を脱ぎTシャツとトランクスになってベッドに入る。「母さんも少し休むわ」と、同じようにジーパンを脱ぎ上着も脱ぎキャミソールになって、横に入って来た。



「なんか・・・恥ずかしいな」俺がボソっと言うと、母親は「なんで〜?別に誰が見ているわけじゃないし、どうしたの〜?」と、あっけらかんと答えた。





同じ布団の中でジッと目を閉じると、母親の体温が間近に感じ始め、更に目だけは冴えてしまい・・・ぜんぜん眠れない





寝返りをして母親にせを向けて居ると



「眠れないの?」母親が言う。



返す言葉も見つからず、背を向けて黙ったままで居ると





「考えてみたら、おかしいわよね!○○も、もうこんなに大きく成ってるのに、ひとつの布団に入ってるのって!・・・ましてや、こんな場所だもんね〜。」



母親の言葉を聴きながら、確かにここはラブホテルで母親とは云え、半裸状態の女性と同じベッドで寝転がって・・・と、考えたら、俺の股間は訳もなく硬く成り始めていた。





母親に勃起を悟られまいと、身体を丸めて黙り込む・・・





「こんな場所だけど親子だと安心できるね〜。こんなして二人で寝るなんて、いつ以来だろうねぇ〜?○○〜、後ろばかり向いて無いで、ちょっと母さんの方を向いてよ〜(笑)」



母親は、はしゃぐように布団の中で身体を、俺に寄せて来た。





柔らかい部分が背中に触れる。同時に母親の体温が直に感じ、俺の股間は更に勃起をして、胸の鼓動が激しくなったのが良く解った。



それに気付かない母親は、更にじゃれつきながら肩口から覗き込むように、身体を重ねて来た。



「父さんより胸板は厚く成ったんじゃ?」ぴったりと寄り添い、腕を俺の胸に廻し、撫でて来る。



「もう良いよ、母さんも少し眠ったら?」少しでも、興奮を収めようと、ほかの事を考えたりしながら、母親に眠ってもらおうと考えていた。





「うん、久しぶりだから○○を抱っこして眠る〜(笑)って言っても○○の方が大いから、どっちが抱っこだか分からないけどね」



笑いながら、母親は片足を俺の足に絡ませ、肩口に顔を埋めて来た。





女性の冷たい・・・そして、サラサラとした足の肌の感触が、直接俺の脚に伝わる





ヤバい・・・もう、納まるどころか・・・





などと考えていると、母親の手が徐々に下がって来る。



「お父さんなんか、胸よりお腹が出っ張って、ホントかっこ悪いよね〜、○○は腹筋もあってカッコイイよね〜」と、本当に無邪気に俺の体を楽しんでいるようだった。





もう、まずいよ・・・母親の手は、ヘソ辺りを撫で回している。でも、本人はまったく変な気を無さそうで、楽しんでいるだけのようだ。





母親の手をつかもうと考えたが、逆にそれも不自然だ・・・でも、どうしよう。





背伸びをする振りをして、母親からちょっと離れてみた。





「うぅ〜ん!」と伸びながら離れても、母親はすぐに、ぴったりとくっついて来る。





今度は足をずらしても、母親の足は俺を追いかけて来る。

少しでも、下半身を離そうと、また少し離れてみたが、すぐに母親はよりそってくる。





「もぉ〜〜!なんで、逃げるの〜!」と、母親が言いながら、俺の脚をつかもうと、手を更に下ろして来た。







とうとう手は、俺の股間のふくらみに触れた・・・





母親も驚いたのだろう一瞬、手が止り「ァ・・・」と、言う息のような声にならない声が漏れた。



次の瞬間、サァーと股間から浮かすように手が離れ、ひと時の間をあけたかと思うと、母親の手は、ゆっくりと俺の股間を覆うように触れてきた。





横を向いているだけに、触ると言うより、小指の横側が勃起した一物にトランクスの脇から、触れている程度だ・・・







しかし、その指はしっかりと、俺の勃起を確認しているのがわかった。





「ねぇ〜○○、上向いて・・・仰向けになってみて」優しい口調だった。



母親は俺に覆いかぶさるように体をのせてきて、手は勃起した俺の一物全体を包むように優しく添えた







「もぅ・・・立派なんだから・・・(笑)」



仰向けになった俺の肩口に顔を埋めたまま母親が言う。





とても、うれしそうにも聞こえる口調・・・優しい時の母親の口調だ・・・





しかし、俺の方は一気に緊張感に襲われ身体を硬直させてしまう・・・





そんな、俺の緊張を尻目に、母親は、顔を埋めたまま何度も何度も、指先が触れたり離れたり、手の平が触れたり離れたり・・・すっぽりと被った布団の中で、母親の手だけが何かを探り当てたように、動いている。





やがて、母親の手は勃起した物を覆うように軽く握ってきた。





母親を相手に激しく勃起してしまってる事に、カッコ悪さを覚えながらも、じっと母親の手の感覚を感じていた。







そのうち、ごそごそと動く母親の手の動きが、怪しくなった・・・



(あっ!入って来る・・・)



母親の手がトランスの中に・・・ゆっくり、それはゆっくりと、ゴムの部分を割り込むように、俺の勃起した物に伸びて来た。





母親の指先が俺の物を掴む。そして静かに愛撫を始めた・・・意識していないかのような、静かな愛撫だった・・・





 「か‥母さん」それしか言えない俺。



母親の愛撫を、天井を見上げながら受け続けていた



母親も俺と視線を合わせる事なく、ただ無言で触れて来る。



俺はあまりの気持ち良さに耐えているだけ。





 「あぁ・・・出そぅ・・・、もう、出る・・・」





限界点はもうすぐ・・・こんな、ソフトな愛撫だが、生まれて始めての異性の手コキに耐えることなどできず、限界は時間の問題だった。





母親は黙ったまま、強く俺の物をシゴキはじめた。





 「あっ‥!うぅぅ・・・ぅぅぅ」

俺は声を絞り、なぜか痛みを我慢しているかのように小さな声をあげ、それとは反対に勃起した一物からは、多量の精子を吐き出してしまった。





母親は発射の瞬間、先端に手を沿え包む様に俺の噴き出す物を受け止めていたが、俺のへその辺りまでベタベタと自分が今吐き出したものが伝わっているのが解った。

何とも云えぬ快感が脳天まで突き抜き、下半身の力が抜けると、母親は俺の噴き出した物を、そのまま俺の物に塗り付け、トランクスを下げた。





「そのまま、シャワーで石鹸つけて、おちんちん洗っておいで・・・」まるで泥んこになって遊んで帰ってきた子供を諭すような口調





俺は情けない声で「うん」と、返事をしてベッドから降りる。半けつ状態で浴室に向かい、頭から足の先までシャワーを浴びた。



気がつくと、いつの間にか曇りガラスの向こうに見える部屋が明るくなっていた・・・石鹸を使い、絡みついた股間も綺麗に流し、浴室のドアを開けようとすると、曇ったガラスの向こうに洗面所で手を洗っている、キャミソール母親の姿が見えた。





下半身にバスタオルを巻き、ドアを開け、母親の隣に出ると・・・

「ちゃんと洗って綺麗にしたの?」

母親は鏡越しに俺を見ながら、うれしそうに言ってくる。



 「うん、洗った」



「そう、どれどれ・・・」母親は俺の方に振り向き



「おちんちん、ちょっと見せて・・・」といって、バスタオルを外してきた。





 「チョ、チョット・・・」とっさに、手で股間を隠すも、母親は・・・



「手をどけなさい。ほぉ〜ら〜!手があったら見えないでしょ(笑)」さっき射精させられているとはいえ、明るいところでは恥ずかしさの度合いが違う。それでもしゃがみこんで必死に俺の両手を外そうとしている母親の好奇心に負けたというか、勝てないというか・・・





俺は、そ〜と、両手を広げた・・・





「あはは・・・いつの間にか、大人になってる。」楽しそうな母親、そんな俺の股間を見つめながら、チョコチョコと手でくすぐるようにいじられていると、すぐに俺の股間は勃起し始めた。







「あら〜〜〜?今さっき終わったばかりなのに!もう、こんなに立派になって」ビックリしたような表情を浮かべながら、俺の股間を覗く

俺は目の前の母親に覆いかぶさるように抱きついた。なぜだか解らないが・・・抱きついた。抱きしめた母親の身体は柔らかく気持ち良い。



「あっ!ダメ〜。ちょっと待って母さんもシャワーを浴びたいから、先にお布団に行ってて」





俺には、その待ち時間がやたらと長く感じられた。そして、バスタオルを巻いただけの母親が現れた。

そんな姿を見るのは初めての事で、俺は布団の中ですでに勃起していた・・・





母親は黙ったまま俺の横に入って来る、バスタオルだけの母親が横にいる‥布団の中で俺の手を母親が握って来る。



「何で!こんな事に成っちゃったんだろうね‥?」ある意味、当たり前の質問かもしれない。俺は手を強く握り返した。





「今だけだから、今回だけだからね・・・」やさしい母親の言葉に俺は頷く。





母親は握った手をはなし、俺の股間に手を持って行き、物に触れ優しく包む・・・

「スゴイね。○○のおちんちんすごく硬いね」

その刺激に、母親の手の中で、ビクン・ビクンと脈打つ。





「アハ!さっき終わったばかりなのに、嘘みたい。凄い反応(微笑)」





お互い横向きになり母親が俺の物に触れて来る。俺は恐る恐る母親のバスタオルを外した。布団の中では、母親の胸は見えない。しかし、手を伸ばすと柔らかく弾力のあるオッパイが指先に感じる。





「硬い。さっきよりすごく硬くなったよ。○○のって、いつもこんなに硬いの?」目を丸くして、一瞬俺の方を母親が見た。





表情からは、優しい母親の裏に隠れた、【一人の女】が見えた気がした。





 「か・・・母さん、触っているとこ、見てもいい」

母親は軽くうなずくと無言で布団を剥がした。





部屋の明かりに照らされ、裸の母親の手に握られた俺の物がしっかりと目に止まった。





「どう?見える?首疲れない?」



 「あ・・・うん」



「枕、縦に使えば?首も疲れないよ」



 「そ・・・そうだね」母親は、俺に沿うように横になり、落ち着いていた・・・





「じゃ、いいかな?動かすよ。」ゆっくりと上下に手を動かす母親。



 「あぁぁ‥!」ため息をつくような俺の声に



「大丈夫?もっと強いほうがいい?スピードはコレでいいかな?(笑)」母親は胸を揺らしながら、俺に聞いた





 「それで・・・そのままで・・・」母親は、コクッとうなずいて、俺の勃起を見つめながらシコシコと俺の勃起をしごき続けた・・・ほとんど連続2回目なので、それなりに持続は出来ているのだが、そんな俺の姿に母親は「そろそろ出そうじゃない?」と、聞いてきた。



 「うん、でも・・・今日、その・・・あ、アレまで・・・」と、最終的なところまで行くのか行かないのか?迷いまくっていた俺



その言葉に母親が「もし、Hしたいならすればいいじゃない。○○がやりたければいいわよ。でも今は入れちゃってもすぐに終わっちゃうんじゃない?もう一回ぐらい出しといた方がいいんじゃないかな?(微笑)」

返事に困り、ただただ沈黙しているだけなのだが、そんな時でも母親はひたすら手コキを続けていた。





そのうち、ピチャピチャと先端から流れ出したガマン汁が音を立てはじめた。



「どうする?一旦休憩する?それとももう一度出してから、再チャレンジする?」母親のリードにもう、俺は任せることにした・・・

 「もう無理。とりあえず、このまま出したい」



「そう、わかった。でも・・・まだ、ダメ、出しちゃダメ。(微笑)」そういって、母親はシゴク手を弱め、覆いかぶさるように俺の胸に口を沿え、チュパチュパと胸を愛撫し始めた・・・



それは、初めて胸をしゃぶられた経験で、こんな感覚初めてだった。





母親は胸に口をあてがい舌で愛撫したまま、俺の物を手でソフトに愛撫し、俺を見つめた・・・

「クック・・・うぅぅ・・・」そんな声しか出せなかった。





「感じてる?フフフ・・・○○もそんな顔が出来るような年になったんだね」そういいながら、母親は胸から腹にゆっくりと舌で愛撫しながら、下がっていった。





(あぁ・・・下がっていく、口が下がっていく・・・)と、思いながらも、母親のリードにすべてを任せていた。



ヘソまで来ると、チュパチュパとまた舌でヘソを愛撫するが、それ以上に母親のアゴに勃起した俺の一物の先端に触れるのが気持ちいい。



「ふふふ・・・スゴイ、洪水だね。」母親は漏れ出す俺のガマン汁を手で勃起全体に広げながら、とうとう俺の一物の真上に口を持ってきた。



「しゃぶるわよ。よく見ててね。」そういって、キスを先端にした。





1回、2回、3回・・・そのたびに、キスは長くなり、5回目ぐらいに亀頭全体をくわえるように奥へ進み、そしてジュパジュパと音を立てながら、フェラチオをはじめた。



(今日は生まれて初めてのことばかりだ・・・)音を立てて俺の一物を愛撫する母親の姿を見ながら、刻々と迫る限界を感じていた。



すると、母親は「出そう?まだ・・・もう少し、ガマン」と、刺激をソフトにしたり、微妙な間を空けたりしながら、フェラを続けた。また、時には、根元まで全体を飲み込むように咥え、ソフトクリームのように一物全体をなめたり、亀頭を咥えながら竿部分を手で起用にしごいたり・・・それは、夢のようなテクニックだった。





フェラをはじめて5分ほどして「ねぇ〜、そろそろ出したい?」と、母親が聞いてきたので



 「出したい、今すぐ・・・出したい。と言うか強くされたらすぐ出そう」と、答えると



「じゃ〜ださせてあげるね」と、言って亀頭を咥えると、ものすごい吸引力で吸い始めたかと思うと、手で竿を強く早くシゴキはじめた。





 「あ・・・あぁぁぁ・・・・」堪らず腰を浮かし喘いでしまう



次の瞬間、俺の中から母の口の中に、ドクン。ドクン。と、大量に放出



若干、むせながらもすべてを口で受け止めた母親は、残り汁を絞り出すかのように、竿を扱き出し口をゆっくりと離した。





俺は放心状態になって、ベッドに横になったままだった。





母親は、洗面所に口をゆすぎに行き、うがいをして着てからベットに転がり込んできた



 「の・・飲んじゃったの?」



「ううん、チョットだけね。汁はすっぱい感じだけど、精子は苦くて飲めないんだ〜」



 「そうなんだ・・・でも、口でしてくれるとは思わなかったよ」



「あら、そう?○○のおちんちんだったら、ぜんぜん大丈夫よ」そういって、小さく縮んだ一物に手を伸ばして、また愛撫を始めた。



 「あ!今はちょっと・・・あ、あぁぁ・・・」射精後すぐに触られると、くすぐったいような、気持ちがいいような微妙な感覚が襲ってきた。



「あはは・・・○○の小さいおちんちんもかわいいな〜、もう一回さわっちゃお〜。」そう言うと母は体を反転させて、2回戦終了した一物に顔を近づけた。もうこうなったら俺には何の発言権もない感じだった・・・



一物をクニュクニュといじる母は、本当に楽しそうだった。





すると「あれ?なんか・・・出てきた。まだ管の中に残ってたんだね」完全にできってなかった精子が少しでてきたようだが、それを母はうれしそうになめ取ると、まだやわらかい一物をパクッと咥え、チューチューと吸い出した。





管の中に残った物が、射精とは違った形で自分の意思と関係なく出て行く感覚に、一物は完全ではないが、また母の口の中で変化を始めた。





「え!ホントに?」母も驚いた様子だったが、2回も出した後なのに、微妙に勃起し始めた一物に感心するやら、あきれるやらだったが、若さゆえの回復力を目の当たりにした母は・・・



「私のも・・・」と、小さな声を発しながら、「69」の形になった。





生まれて初めて見る「女性器」俺は夢中でそこを舐める。初めての経験で何がなんだかわからないのだが、目の前にある性器をひたすら愛撫した。





何分ぐらい愛撫していたんだろうか?何分ぐらいしゃぶられていたんだろうか?





気がつくと、母の股間からは多量の愛液があふれ、俺の一物は完全に復活をしていた。



「そろそろ・・・入れようか」さっきまでの強気で笑いながらの母とは違い、トロ〜ンとした目で、俺の方を見る母親





俺は、そんな母親の上に乗りかかろうとすると!



「ちょっと待ってぇ‥コンドーム。着けてからじゃないと駄目」

と言いながら、母は枕元に手を伸ばしコンドームを手にする。





母親は慣れた手つきで、俺の勃起した物にゴムを被せ、俺を正常位の体制に誘導すると、片手を伸ばし俺の物を掴み誘導しゆっくりと挿入した。





母親の中に入ると柔らかな感触に包まれた。俺はAVの見よう見まねと言うか、生まれもっての本能と言うか・・・信じられない速度で腰を動かした。



「あぁ・・・あん、あん、あん・・・・・・・・・」母の声が部屋中に響いていた。





そして、俺の初めての体験も、前段の愛撫もあって、程なく絶頂に達し母の中で噴き出してしまった。(ゴムの中)





お互い、満足げな顔で挿入したままベットで抱き合う親子・・・一呼吸置いて、母に浴室へ誘導され、母親に洗ってもらった。





すでに、3回射精・・・もう、なんも出ない状況と思えるのだが、母の手でゆっくりと洗割れている最中に、またも軽く勃起をすると・・・



「何で〜、なんで、もうおちんちん大きくなってるの?」と、母は驚きながらも洗った俺の物を浴室で咥え、チュバチュバと半勃起した俺の一物を咥えていた。

その後、オシッコがしたくなり、そのことを伝えると・・・



「残念〜!ここでしちゃいなよ」と、口を離し洗い場の排水口を指差した。



母の目前で、放尿しながら部屋の時計に目をやると、すでに4時近かった・・・





母も「もう、こんな時間‥朝日を見る所じゃなくなったわね‥」





その後、母と全裸のままベットで眠り、ホテルのチェックアウトのコールで目が覚め、朝日どころか、お日様は高く上ってサンサンと照り付けていた。







母と俺の関係は、ここからはじまった・・・







出典:カイさん、うかつだぞ!

リンク:塩がないんです・・・


告白体験談関連タグ

|||||||||||

【近親相姦】海を見たくて 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年8月6日 | 告白体験談カテゴリー:近親相姦告白体験談

このページの先頭へ