相互リンク先の更新情報!

【姉】毒男#4 【告白体験談】

カテゴリー:姉との告白体験談
tag:


11名前:◆vrxthg1mZo2005/07/12(火)01:12:16

・・・昔話・・・前スレ774の後日。





夏休みも終わり、学校が始まった。

朝同じ時間に家を出て、同じ時間に帰ってくる事が多くなった。

そんなヲレ達を見て、ある日母親が言った。

「最近、あなた達仲良しねぇ〜。まぁ姉弟、仲が悪いよりはいいけど。」笑いながら言う母親に、

内心ヲレ達はドキドキとした。そして顔色を変えないように努力した。

「あなた達、彼氏彼女は居ないの?」なんだか二人の関係がバレているようで恐かった。

いや、もしかしたら母はヲレ達の様子がおかしいのに気が付いて予防線を張ったのかもしれない。

「いるよ。」一言いって姉は2階に上っていった。

その日からヲレ達は慎重に行動した。

時間をずらしたり、親の前での会話を少なくして無関心を装ったりした。

その分、二人きりの時は、お互いがお互いに甘えた。








二人の秘密は増えていく。

ベットの上に向き合って座り、舌の絡むキスをする。

お互いに、相手のを触りあう。早い呼吸は吐息になっていく。

姉が、さっきまで手で触っていた物にキスをしてくれる。

姉の舌や口の中の感触が気持ちいい。ヲレは姉にもしてあげたいと思った。

「今度はヲレの番・・・。」そう言うと姉をそっと寝かせた。

姉は意味が判らず・・・ヲレがもう入れたいのかと思ったらしい。





姉のおへそのあたりにキスをして、段々と唇を下の方に滑らせていく。

ヲレの顔が姉の足の付け根のあたりにくると姉が、「え?」と少し体を起した。

姉の割れ目に唇を近づけると・・・姉は慌てて「ダメ・・・ダメだよ、恥かしいよ・・・。」とヲレの頭を押えた。

それでも構わず、ヲレは姉の割れ目にキスした。「ダメだって言っているのにぃ・・・。」姉が恥かしそうな声を出す。

そこは姉の体液ですでに濡れていた。初めて姉の体液を直接舐めてみる。

人の味ってこうゆう味がするんだ・・・別に全然嫌な感じはしなかった。





姉のその部分を手で左右にそっと開き、姉の感じる部分を舌で刺激してみる。

ピクッっと体が震えるのが判った。今度は舐め上げてみた。

姉から途切れた声が聞こえてくる。姉が気持ち良くなってきているが判った。

沢山の体液が出てくるのが、その証拠だと思った。

今度は中に指を入れながら、少し大きくなった感度のいい部分を舐める。

姉が気持ち良さそうなのが判ったから、しばらくそれを続けた。





「毒男・・・もう、もういいよ・・・ね、いいから・・・。」姉が言っても止めなかった。

その言葉の後・・・姉の体は小刻みに震え出した。姉の全身に力が入っている。

「ンッ・・・ンンッ・・・アッ・・・・。」声を出さないように我慢しながら、痙攣に近い震えをしていた。

しばらくすると、力が抜け・・・はぁぁっと大きく息をはいた。

姉は指と舌でイッてしまったみたいだった。

全てが終わった後に聞いたら「初めて・・・イッちゃった。」と恥かしそうにしていた。





出典:2ch

リンク:2ch


告白体験談関連タグ



【姉】毒男#4 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年8月7日 | 告白体験談カテゴリー:姉との告白体験談

このページの先頭へ