相互リンク先の更新情報!

【芸能人】AKBのエロ小説 【告白体験談】

カテゴリー:芸能人との告白体験談
tag:


ノースリーブスから





僕は今年AKB48のマネージャーになりました。もちろんしたっぱです。担当はノースリーブスの3人です。

ある日先輩のマネージャーに呼ばれました。

先輩「光輝(名前)。ノースリーブスのマネージャーになったからには儀式を受けてもらうぞ?」

光輝「ぎ、儀式?一体何をするんですか?」

先輩「まぁついて来い」

光輝「は、はぁ#183;#183;#183;」



先輩について行くと大きな部屋に連れて来られた。

光輝「え、えぇぇぇ!?」

光輝が驚くのも無理はない。

中には大きなベッドとバスローブ姿のノースリーブスがいたからだ。

光輝「せ、先輩ここここれは!?」




先輩「これはって今から儀式を始めるんだぞ?まぁゆっくり楽しめよ!」

そう言って部屋から出ていった。





唖然とする光輝。

少しして高橋みなみがきりだした。

高橋「さあ儀式を始めよう!」

小嶋&峯岸「イェーイ!!」

光輝「あ、はい」

高橋「光輝君だったよね?服脱いで全部」

光輝は高橋のいわれるがままに全部脱いだ。

ノースリーブス(きれいな体だ!早く弄びたい!!!)

高橋「じゃあ光輝君ベッドにねて。」

僕はベッドにねる。そしたら次の瞬間3人は身につけていたバスローブを勢いよくはずして僕の横に寝転がった。

ノースリーブスのナマのスガタが見て取れる。



光輝(みいちゃんの胸って意外に大きいなぁ。こじはるも写真集も発売してるからすごくセクシーだ!

そして僕の推しているたかみな!

小さいけどしっかりとした体つきだからもうメロメロ〜〜。)

光輝がそんなことを思っていると興奮して一物が勃ってきているのが分かった。

小嶋「私達の体きれい?」

光輝「は、はい。ものすごくきれいです!!」

峯岸「あーーー!勃ってるよ。興奮してるね!!」

光輝「わあ。そ、それは!?」

高橋「それじゃあ舐めちゃおうよ!」

小嶋&峯岸「さんせーーーい!!!」

光輝「え、ちょ、ちょっと」



3人の舌が光輝の一物を刺激させる。光輝「き、気持ちいいです!!」

それを聞いた3人はさらにテンポを上げて舐めてきた。

そして、

光輝「な、何かがでちゃいそうです」3人「おもいっきりかけて〜〜!」

光輝「あ〜〜〜でる〜〜!」

ドピュ〜〜!!

3人は顔にかかった光輝の液を口に含んでそのまま飲み込んだ。

光輝はいつもとは全く逆の3人の姿に言葉がでない。





メンバーはニックネームで書きたいと思います



たかみな「光輝君、まだ儀式は終わらないよ!」

光輝「え!?」

こじはる「私達の中で一番エッチしたい人を選ぶの」

みぃちゃん「1人だけだよ」

光輝「え!?本当に選んでいいんですね!?」

このときもう光輝には理性がなかった光輝「それじゃたかみな!!」

たかみな「やった〜〜。ひとつになろうね!!」

みぃちゃん「なんでたかみなを選んだの?」

光輝「実は僕たかみなを推してるんだ!だからたかみなとエッチできるなんて幸せだよ!!」

たかみな「本当に!?そんなこといわれたら今回だけ特別サービスしちゃう!」

光輝「じゃあたかみなはじめよう!!」

たかみな「うん!!」



こじはるとみぃちゃんはいつのまにかシャワーを浴びて服を着ていた。

光輝とたかみなはベッドに寝転がった光輝の一物は出したばかりなのでフニャフニャだ。

たかみな「私が勃たせてあけるね!」そしてフェラをやりはじめた。

ジュポジュポジュポジュポ!!

光輝「あ〜〜最高!!」

一物はすぐに勃ってしまった。

たかみな「今度は私を気持ちよくさせてね!」

光輝「わかった!」

つい了解したが何をすればいいのか分からなかった。

光輝「ゴメン。何をすればいいかな?」

たかみな「私のおマ▲コを舐めればいいの」

光輝「あ、そうなんだ」

たかみな「ちょっと光輝君もしかして童貞!?」

光輝「じ、実はそうなんだ。」

たかみな「初めてが私!?じゃ期待しちゃうよ!」



光輝はぎこちないながらもたかみなを気持ちよくさせようと必死で舐める。ペロペロジュルル〜〜!!

たかみな「あ、ああ〜ん!!気持ちいい〜〜」

光輝はさらに激しく舐める。

たかみな「こ、光輝君ストップストップ!!」

光輝「え!?」

たかみな「そろそろ光輝君の挿れてほしいなぁ!!」

光輝「いいんですか!?もう挿れちゃいますよ!!」

たかみな「早く早く!!」

ズポッ!

光輝はたかみなのまんこに一気に挿れた。

たかみな「私も動くから光輝君も腰振って!」

光輝「あ、はい」

パンパンパン!!

たかみな「あ、ああ、ああん!!きてるきてる!すごーく気持ちいいよ〜!!」

光輝「たかみなのまんこ最高だ〜〜!!」

パンパンパン

光輝「あ、ああ出そうだ!!」

たかみな「中に、中に思いっきりだして」

光輝「お望み通りいっぱい出しちゃいますよ!」

たかみな「ああん!!」

ドピュルル〜〜!!

光輝「はあはあ」

たかみな「ハアハア、光輝君私を推してるんでしょ?じゃ光輝君にだけ特別もう一回エッチしてあげる!!!」



たかみな「私が乗るから光輝君寝て」光輝はすぐ寝た。光輝の一物は今出したばかりだがすでに挿入する体勢になっている。

たかみな「いれちゃいま〜す!」

ズズズ〜〜

光輝「たかみなの中締まりがあって最高だよ!!」

たかみな「光輝君のちんちんもおっきくて気持ちいいよ!!」

光輝「やばい!もう出ちゃいそう!」たかみな「光輝君いーーっぱい出してぇ」

ドピュドピュドピュルル!!

光輝はさっき以上にたくさんたかみなの中に出した。

たかみな「光輝君とのエッチ楽しかったよ!!」

光輝「僕もみなさんとの距離が縮まった気がしてすごくうれしいです!」



その後光輝とノースリーブスは何もなかったかのように仕事をこなしているのであった。







初めて書いたんで何か意見をお願いします。

あと麻里子さんの小説ですね。

とりあえず話が浮かんだら書いていこうと思います。



登場人物

篠田麻里子

廉次 AKB劇場の近くで飲食店をしている。現在20才で親は亡くなっている。





ある日、劇場でライブを終えた麻里子はふと思った。

麻里子「そういえば最近、ここら辺は変わったのかな?久しぶりにぶらぶらしようかな」

麻里子は劇場のまわりを見て回った。そしてあることに気がついた。

麻里子「あれ、こんなところにお店なんかあったっけ?ちょっと中に入ろ!」

カランコロン



廉次「いらっしゃいませ。ご注文は…」

麻里子「えっと、私来るの初めてなんでこの店のおすすめのメニューで」

廉次「わかりました。ちょっと待って下さいね」



廉次「できました!うちのおすすめのふわとろオムライスです!!」

麻里子「いただきます![はむ]おいし〜〜い!!卵がすごくふわふわしてる」

廉次「ありがとうございます!ところであなたはどんな仕事をされているんですか?」

麻里子「え!?私のこと知らない?」廉次「え、はいまったく..」

麻里子「少しショックだなぁ。じゃあこの機会に覚えて下さいね。私はAKB48の篠田麻里子ですわかった?」

廉次「え、そうなんですか!?篠田麻里子っていえば中心メンバーの。そんな人がこのような小さなお店に来るなんて。うれしいです!」

麻里子「ありがとっ!私からも2個質問するね。」









出典:AKBのエロ小説

リンク:


告白体験談関連タグ

|||||

【芸能人】AKBのエロ小説 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年8月7日 | 告白体験談カテゴリー:芸能人との告白体験談

このページの先頭へ