相互リンク先の更新情報!

【友達】ちんすこう 【告白体験談】

カテゴリー:友達との告白体験談
tag:


僕が22歳、元カノが19歳の頃の出来事です。





●軽く自己紹介しておきます。



自分:22歳、都内の普通の会社員



元カノ:19歳、アホ大学生、149・Cカップのロリ系



新彼?:?歳(外見的には自分と同じ位)、やや太ったヒップホップ丸出しのガテン系





突然、「今、気になる人がいる…」と彼女に別れを切り出され、別れることになりました…。



彼女とは3年前、地元のマック(バイト)で出会い、そのかわいさに真底惚れてただけに突然の別れを受け入れられず、何度も「どうして?何かあった?」と聞いたのですが、「特にないけど…気になる人ができて続けられそうにない…」と完全に下を向いたまま言いました。






その様子を見て、「3年近く付き合ってきた訳だし、コイツも言い辛いんだろうな…」と何度も無駄な問いかけをしたことを悪かったと思い、断腸の思いで別れを受け入れました。



受け入れたといっても、別れたその日から彼女のことが何度も思い返され、悶々とした1週間を過ごし、金曜の深夜1時過ぎ頃、気分転換も兼ねてジョギングに出ました。



特に近づくつもりはなかったものの、気付けばいつものコースを走っており、彼女の家の側にある森のような公園まで来てました。



この公園は、市の管理下にあるはずなのに手入れが全くされておらず、でかい木やら低木やらがそのまんま放置されていて、基本的に外から中の様子はあまり見えず、当時の僕らは深夜に人がまずこないベンチでキスやエロい行為を幾度となくしてました。



そんな思い出もあり、休憩がてら公園に足を踏み入れてベンチの方に向かうと、カップルと思われる声が…。



普段なら即引き返しているんでしょうが、「この時間帯にこのベンチを使ってる人ってまさか…」という思いが頭を巡り、うっそうと茂った低木群の隙間から覗き見ました。



すると悪い予感は見事的中しており、そこには元カノと一人の男がいました。



彼女が今まで見たことのない丈のミニスカを穿いていることに驚くと同時に、その男は、極普通の自分とは全く異なった風貌で、ラグビーでもやってそうなガタイにダボダボの上下ジャージを着ているヒップホップ系の人でした。



「まさかこの一見遊んでそうな男が気になってる人なのか…」とややショックを受けつつ見ていると、男は彼女の肩に手を回し、キスをしながら身体を弄り始めました…。



1週間前まで自分の彼女だった子が、遊び人風の男とキスをしていて、身体を弄られている…という状況に言いようのない嫉妬心を抱きながらも、その場を離れられずにいました…。



最初は男の方が強引にしているのかと思いましたが、彼女は抵抗するどころかむしろ弄られるのを全面的に受け入れてる様子で、当然のように男の手が彼女のミニスカの中に入っていきました…。



すると、それに合わせたように彼女は脚を自ら開き始め、「早く弄って…」とでも言ってるかのように見えました…。



さすがに具体的には見えなかったものの、男の手は完全にパンツの中に入ってるようで、彼女は声を出さないように身をよじらせながら感じているようでした…。



つい数週間前までは、同じ場所で似たような行為をしていただけに余計に嫉妬心を覚え、男にされるがままになってる彼女に何とも言えない感情を抱えてました。



その状態がしばらく続き、彼女がイッたかどうかはわかりませんが、男は手をミニスカから出し、時間を置くこともなく攻守交替とばかりに今度は彼女が男の股間に手を当て始めました…。





その行動を見た時、「経った1週間でコレは…まさか別れる前から…」とちょっとした憤りを覚えたものの、もう自分の彼女ではない訳で…。





彼女は男の目を見ながら楽しそうな様子でダボダボジャージの上から股間を弄っており、しばらくすると男は自ら腰を浮かしてジャージを半脱ぎの状態に…。



すると、彼女は当然のように男のちんすこうを手で扱き始め、間もなく顔を股間に近づけて咥えていました…。



彼女はゆっくりと上下に咥えたり、舌先で舐めたり、たまに目を見ながら手コキをしたり…と自分にしていたように男のものを弄っていて、男は気持ち良さそうに彼女が咥えてる姿を見下ろしていました…。



その様子をしばらく見ていて、「なぜ当たり前のように咥えているんだ…」と再び言いようのない感情が沸き起こるのと同時に、徐々に勃ってきてしまってる自分もいました。



その状況がしばらく続いた頃、体勢的にあまり気持ちよくなかったのか、男は彼女を起こして、自分の足の間に彼女を移動させました…。(イスに座ってる足の間に彼女が座り込んでいるような状態です)



「そんなあからさまにして、誰か通りがかったらどうするんだ…」と思っていたのも束の間、彼女は再び男のものを咥え、今度はリズミカルに顔が上下に動くように…。



「イクまでしてあげるつもりか…」とやや絶望感を感じながらも、本能には勝てず見入ってしまってました…。



彼女はもはや周りの目を気にすることなく、黙々と男のものを手と口で上下に扱き続け、気付けば男は彼女の頭を両手で軽く掴んでおり、深く咥えるよう誘導しているようでした…。





そして、徐々に激しく彼女の頭を動かすようになり…彼女もそれに応えるかのように顔を上下させていました…。



それから数分後、男の手の動きは急に止まり…その後、最後まで絞り出すかのように何度か頭を上下に動かしてました…。





男がイッた後、彼女は口を離すやいつもしていたように地面に吐き捨ててました。



その始終を見て、「何か慣れてないか…」とやや呆れていたところ、男は再び彼女にキスをしながら胸を揉んだり、ミニスカの中に手を入れたり…と早くも2回戦?を始めてました…。



やや短い間攻めた頃、彼女は手で攻められつつも男のものを手に取って扱き始め、お互いが攻め合っている…という状況に…。



傍から見ているその様子は予想以上に本能むき出しでエロく見え、思わず再び勃ってきていました…。





その状況がしばらく続いた頃、男が手を休め、再び彼女が舐める…という構図に…。





「またイク気ですか…」と軽い呆れ&憤りを感じつつ見ていると、今度は早い段階で男の足の間に座り込み、丁寧に咥えたり舐めたりしていました…。



そして、先程と同じように徐々に彼女の上下の動きが激しくなり、男も彼女の頭を掴んで上下に揺らして2度口の中でイッていました…。





わずか1時間位の間に2回もフェラさせている男にも呆れましたが、一番の衝撃は成すがままにされている彼女でした…。



いくら気になってる男とはいえ、そんな楽しそうに咥えなくてもいいだろう…と。





その後は悶々とした気持ちを抱えながら家路に着き、「何で敢えてあの男なんだよ…」と軽い憤りを感じつつも、先程の映像が浮かんできて抜いてしまってるダメな自分がいました…。



出典:DB

リンク: 


告白体験談関連タグ

||||||||

【友達】ちんすこう 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年8月7日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

このページの先頭へ