相互リンク先の更新情報!

【温泉・混浴】男湯に全裸幼女 【告白体験談】

カテゴリー:温泉・混浴での告白体験談
tag:


俺はいつも夕方5時半頃に銭湯に行くんだ。

行きつけの銭湯は、住宅街と商店街の間にあって、外観は古いけど、中は設えを新しくしている気持ちのいいトコだった。番台のオバサンは雑な人だったけど。

 

いつも同じ時間帯に行っていたから、俺以外の客もいつもの顔ぶれで、話したことはなくても年上の人には会釈くらいはしていた。

その時に浴場にいたのは6人くらいだったと思う。後頭部の薄い小さなおじさん、色黒で小太りの怖そうなおじさん、高校生くらいのプリ尻、日曜も作業服で来る40歳くらいの労働者っぽい奴、とか。

体を洗った俺は、浴槽に浸かりに行ったんだ。湯が出る口には怖いおじさんがいたので、そことは反対の位置に落ち着いてもたれた。

 

しばらくして、脱衣場から幼女とその父親が入ってきた。新顔だ。

幼女はもちろん裸で、目の高さからも、俺は真正面からの股間に視線が吸い寄せられた。気まずいので、湯で顔を拭って、くつろいているフリをして別のところに視線をやった。

洗い場の腰かけに幼女を座らせて、父親が体を洗ってやってた。

怖いおじさんは幼女をガン見してた。

労働者の奴が、体に少し泡を残したまま浴槽に入ってきて俺の前方に座った。

こいつの顔の向きは洗い場の斜めに向いていたが、その頭の固定具合から、横眼で幼女を見ているんだろうと思った。

しばらくすると幼女は歩きまわって桶を拾い、洗い場の父親のトコに集めていた。やっぱりみんなソワソワしていた。

俺はなるべく気づかれないように、他の男たちが視線に入らないように、額を拭うように顔を隠して幼女を観察した。




前方の労働者の頭は固定されたままで、さすがに俺もキモイと思った。

 

父親も自分を洗い終わって、浴槽には入らずに幼女とそのまま出ていくようだった。

二人が出ていって、俺は軽く息をついた。

怖いおじさんは。浴槽を出て洗い場の方に行った。

労働者は、奇妙な軋んだような動きで頭を動かして脱衣場を見ていた。

するとまた脱衣場の戸が開いて、涼しい空気と共に、幼女だけが洗い場に戻ってきた。

シャンプーの忘れ物があったようだ。

労働者はもう隠しもぜずに浴槽の縁に近づいてガン見していた。

俺も他の客たちの後ろにいたから、照れる必要なくチラ見した。

脱衣場の戸から、眼鏡の父親が顔を覗かせた。転ぶなよ、とか言っていたと思う。俺は額に手をやって隠れた。

 

幼女が脱衣場に引っ込んだあとも、戸が開けたまま、父親がこちらをみていた。

眼鏡の父親がこちらをみていた。

俺はやばそうだと思った。

父親が肌着姿のまま入ってきた。

浴槽の縁の労働者のトコに来て、どうしましたかと見下ろして尋ねた。

労働者が硬直していたら、いきなり腰の入ったアッパーが飛び出した。

労働者の顔面が後ろに仰け反って俺の側まで来た。

父親は、何見てんだお前、とか言った。

俺は巻き込まれないように小さくなってうつむいた。

父親は「何見てたんですか」と丁寧な言葉で繰り返した。俺? 俺が聞かれている? やばい? と顔を上げられずにいたけど、あくまでその労働者に対してだったようだ。

労働者は浴槽の中心くらいで硬直していた。俺は自分に関係ないと確信して、その労働者と父親を斜めに覗いた。

出てきて向こうで話しましょうよ、聞こえてるんですか、なあおい、と眼鏡を曇らせたまま父親が責めていた。

労働者の周りが赤く滲んでいた。

 

おい、おい、と言葉が荒い父親に、周りでびびっていた客らの中から怖いおじさんが出てきて止めた。

父親は少し冷静になったのか、眼鏡を外しておじさんと小声で話をした。俺の前の硬直労働者を顎で指しながら。

騒ぎを聞いて、番台のオバサンが覗きにきた。

父親は、労働者を睨みつけて脱衣場へ出ていった。

俺は浴槽を出ることができず、赤く染まっていく湯に労働者と浸かってた。

絶対にあの父親と脱衣場で一緒になりたくなかった。

あの父親、ふつうの人に見えたのに。



出典: 

リンク: 


告白体験談関連タグ

|||

【温泉・混浴】男湯に全裸幼女 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年8月7日 | 告白体験談カテゴリー:温泉・混浴での告白体験談

このページの先頭へ