相互リンク先の更新情報!

【レイプ】親娘を一緒に 【告白体験談】

カテゴリー:レイプ告白体験談
tag:


最近「熟女」がお気に入りの仲間と、若い人妻犯が好きな仲間と、処女犯大好きの自分の3人で親娘3人を同時に犯してきました。



高○生好きの仲間から連絡があり、某所で2人の高○生を犯しているところだから来ない?という連絡をもらって行ったら、既に4人の仲間が交代で犯しているところでした。せっかく来たので犯してみたのですが、二人ともギャル系で元々結構やりマンらしく、おまけに4人がさんざん入れて出したあとなのでま○こはユルユルになっていました。文句を言いつつ二人とも犯したんですけど…。



まだ犯すという2人をおいて「会場」を後にしたのですけど、一緒に出たのが「熟女」と「若妻」の二人。なんとなく物足りないねとか良いながら歩いていたら、「熟女」のやつが最近狙っている娘が二人居る獲物の話を初めて、聞いてみると上の娘がこの間結婚したばっかりでその日実家に戻っていて、下の娘は高校受験…ってことは中○生だからかなりの確率で処女。見事にその場にいる3人の好みに合っている。これは犯しに行くしかないでしょう。ということで様子を見に行ったんです。



既に深夜だったけど獲物宅に行ったら人はいるみたいだけど車がない。車はその家の旦那しか乗らないそうだから旦那は留守と言うこと。



決行です。玄関の鍵を開けて(開け方は内緒です)中にはいるとリビングで2人が何か会話中。2階の明かりがついていたから下の娘はたぶん2階の部屋でお勉強中だろう、と見当をつけて二手に分かれました。もちろん自分は2階へ。ドアから明かりが漏れている部屋があるから、自分の獲物はたぶんそこ。どうやって入ろうか考えてたら下から暴れる音が始まりました。二人が襲い始めたらしい。そしたらドアが開いて「ママ、どうしたのぉ?」と下の子が顔を出しました。チャンス。そのまま廊下からその子に飛びかかったらビックリして声も出ないようです。そのまま部屋に押し戻し床に押し倒した時点でも「え?なに!?」と状況を把握できていない。スエットの上を捲り上げたところで初めて怖くなったようで「ママ、ママ」と叫びだしたのでひっぱたいて静かにさせました。



騒ぐと殺すと脅すと静かになったのですぐにスエットとパンティを脱がして全裸に剥いちゃいました。予想通りま○このけもうっすら生えただけ。ま○こを鷲掴みにしつつ指をゆっくり入れてみるとものすごい痛がっている。入り口のあたりを弄りながら処女か?と聞いたら頷いた。ラッキー。



しばらく弄っていたが案の定痛がるだけで濡れてこないので股を広げてま○こを舐めて入り口を濡らしました。



その間に自分のパンツも下ろして準備完了。舐めて入り口を濡らしたま○こに挿入しました。入れ始めた途端痛がって逃げ出すのを押さえて奥まで完全に挿入しました。痛さのあまり泣き出したのをBGMにしてペチャパイを握りつぶしながら腰を振って中出し。






さっき女子高生に2発やってるのでゆっくりと楽しみながら出しました。やっぱり中○生の処女マンはいいですね。ま○こから抜くと処女の血と自分の中に出したのが逆流して出てきました。



部屋にあったタオルでま○こを拭いてから裏返しにしてもう一回挿入しました。そのまま抱きかかえて起こして座位で犯しました。



下の方は静かになっていましたので、そのまま全裸で下につれて行きました。廊下で再びバックから挿入してリビングに入っていくと、ちょうど全員同じように後ろから犯しているところ。親子姉妹が後ろから入れられながらご対面。3人で大泣きしています。自分たちはお互いに「どう?熟女は?」「いいよ、犯されてるのにぐちょぐちょでやんの。」「奥さんは?」「旦那が小さいらしくて濡れてるくせに狭くて気持ちいいよ。」「そっちの子は?」「処女マンだもん。悪いわけないじゃん。」と報告。



その後リビングのテーブルに3人が顔を合わせるようにおいて犯したり、他の二人が見ている前で結合部をよく見せてあげたりしました。



下の娘が犯されているところを見せられるとま○こが締まるそうで、サービスで二人が見えるようにして下の子の後ろの穴の処女も奪ってあげました。



若妻を犯してたやつも気を利かせて、自分の獲物を縛ってからこっちに来て前からも挿入して3P。娘の3P姿を母親に見せてあげました。もちろん若妻にも同じようにして、仲間が後ろに入れたところを前から自分が入れました。試しに熟女も交代で犯してみましたが、自分はやっぱり若い子の処女まんが良いですね。結局最後は自分の好みの相手を朝まで犯していました。


告白体験談関連タグ

|||||||||||

【レイプ】親娘を一緒に 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年8月7日 | 告白体験談カテゴリー:レイプ告白体験談

このページの先頭へ