相互リンク先の更新情報!

【人妻・熟女】映画館にて【告白体験談】

カテゴリー:人妻との告白体験談
tag:


すごく恥ずかしい官能的な体験を告白します。

私は2年前に結婚した25歳の人妻です。

この話は、先日主人と映画を観に行った時のことです。

私の好きな海外の恋愛映画で、大きな話題にもなっていて、以前から楽しみに

していたんです。

久しぶりのふたりでの外出に、主人の好きなかなり短い大胆な白いフレアミニ

をはいて出かけました。

蒸し暑い日だったのでパンストははいていません。

平日のため、映画館は空席ばかりで、私たちは中央に並んで座りました。

ロビーに眼鏡をかけた温厚そうな紳士が座っていたのが、何となく意識の隅に

残っていました。

映画が始まってまもなく、主人は疲れていたのか眠ってしまいました。

しばらくして、私の右側にひとりの男性が腰を下ろしました。

(こんなに空いているんだから、他の席でもいいのに・・・)

そう思って彼を見ると、眼鏡をかけています。




(さっき、ロビーで見た男性かな?)

そう思いましたが、別に気にも止めずスクリーンを観ていました。

しばらくすると、隣の男性も居眠りを始め、私にもたれかかってきました。

ふと気がつくと、彼のひじが私の右胸に触れていますが、眠っているのでしよ

うがないと思い、我慢していました。

そのうち男性の手が、私の太ももに触れてきたんです。

(わざとだわ・・・)

けれども、主人が隣にいるため声を出すこともできず、身体も硬直したように

動きませんでした。

そうしているうちに、男性の手が太ももを撫ではじめていました。

(あぁ、そんな・・・だめよぉ・・・)

男性の愛撫に反応して、ぴったり閉じていた脚が少しずつ開き、蜜が溢れてき

ました。

(いや、いやっ・・・ああん、そんなにしないで・・・)

さらに、その手はついにパンティの中へ入り込み、もうすでに濡れそぼってい

る部分をまさぐられていました。

(ああっ・・・感じちゃう・・・だめ、だめよ・・・隣に主人が・・・)

必死に漏れそうになるあえぎ声を押し殺して耐えていましたが、男性の巧みな

指使いに翻弄され、心ならずも腰を浮かせて、とうとう昇りつめてしまいました



(うぅ・・・また・・・イク!)

一度イッたあともクリトリスを摘まれ、アソコの中を掻き回されて何度も絶頂に達し

てしまいました。

愛撫だけでこんなに感じたのは生まれてはじめてでした。

私がぐったりしていると、男性は私の腕をつかんでトイレに連れていきました。

そこでブラジャーもはずされ、パンティも脱がされてしまいました。

私は頭がぼーっとして、されるままになっていました。

(きれいなおっぱいだ・・・)

男性はそんなことを言いながら、私の背中を壁に押しつけて、身体全体を舐め

回しています。

片脚を洋式トイレにかけられて再びアソコを指で掻き回され、私はまたイッてしまい

ました。

そして、後ろ向きに壁に手をつかされてバストを揉まれ、ヒップを突き出した

恥ずかしい格好で後ろから激しく貫かれていました。

「あぁ・・・素敵こんなの初めてよ、もっと・・・イク、イクイクイク!!!」

ビクンビクンビクン!!!

私は男性の精液を受け入れ、突き出したヒップを震わせて絶頂へと導かれてい

きました。


告白体験談関連タグ

||||||||||

【人妻・熟女】映画館にて【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年5月2日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

このページの先頭へ