相互リンク先の更新情報!

【温泉・混浴】ゴルフ旅行で 【告白体験談】

カテゴリー:温泉・混浴での告白体験談
tag:


ゴルフ旅行での続き

温泉を出た俺たちは、出たところの大きなソファに座りながらジュースを飲んだ。



そして今からまた香奈の部屋に行っていいか聞いたんだ。

返事はもちろんOK。



俺は一度部屋に入って荷物を置いてくると言い、部屋に戻った。

そして一緒に来た友達の中でも一番仲の良い弘樹に電話をした。

つべこべ言わず今すぐ俺の部屋に来いと。

そして弘樹に、バルコニーから見えると説明し、香奈の部屋に戻った。

弘樹は当たり前だがびっくりしていた。



香奈の部屋に戻った俺は、ベッドに座っている香奈を早速押し倒し、浴衣の上から胸とアソコを刺激した。香奈も自分から足を広げていた。

香奈のアソコは既にびちょびちょで、温泉に入ったとは思えないほどだった。

浴衣をはだけさせ、俺は香奈のアソコを舐め始めた。




最初はソフトに舐めていたが、香奈が腰をクネクネさすので俺はクリを強くベロベロとした。



「あぁぁぁん!」

香奈は我慢していた声を一気に出し、身体ごとのけぞった。

俺も我慢できず、シックスナインの体勢にさせ、俺のモノも舐めさせた。

香奈はジュボジュボと大きな音を立て舐めた。



俺がクリをツンツンすると、香奈は咥えながらも「ん゛〜〜〜」と喘いでいた。

俺は弘樹が見ていることも完全に忘れていたが、ちょうど窓の方に香奈のお尻が向いていたので、弘樹には香奈のパイパンマンコが丸見えだったと思う。



我慢の限界の俺は、バックの体勢になり割れ目にあてがって聞いた。

「もう入れていい?」

「うん・・・あっ・・・」

間髪入れず俺は香奈に突っ込んだ。

「あぁっっ!!ダメっ!激しすぎる〜〜」

「ダメ?ヤメテもいいの??」

そう言いながら俺はパンッパンッと大きく出し入れした。

「ん〜〜ダメだよぉ〜もっとしてほしい・・・」

「じゃあもっと突いてくださいだろ〜?」

「いやぁ言わせないでよそんなこと・・・恥ずかしいから・・・」

じゃあもうやめよっと言いながら、俺は動きを止めた。



「嫌だぁ〜〜お願いだから動いてぇ。お願い〜〜」

「じゃあおねだりだろ〜?どこをどうしてほしいの?」

「・・・オマンコをいっぱい突いてほしいです・・・」

その言葉を聞いた俺は香奈を激しく突き上げた。

「あん!あん!気持ちいいよ〜もっともっと〜〜」

「こうか?こうか?」

「ん、ん、あぁ〜〜そう、気持ちいい〜」

香奈は声も抑えず喘いだ。



その後、正常位、騎乗位と体位を変えて香奈を突きまくった。

俺は弘樹の事を思い出し、最後は弘樹に見せ付けるようにするにはどうすれば良いかを考えていた。そして俺の出した答えはバック。

なぜならバックで中出しし、垂れてくる様子を見せれると思ったからだ。

香奈の体勢を変えさせ、後ろから思いっきりパンパンしまくった。

最後は香奈の両腕を後ろから持って上半身を起こさせて突き上げた。

香奈は叫び声に近い声で喘いだ。

「あぁん!あぁん!あん、、、、ダメ!いくいくイッちゃう〜〜」

「いいよほら、イケよ。ほらほら〜」

「ダメ、ほんとにイクよ、あぁああああああダメぇぇぇぇ!!」

香奈がイクと同時に俺も出した。

最高に気持ちよかった。



そして香奈に

「垂れてくるところ見せろよ」

と言い、抜いたあともお尻を上げた状態にさせました。

窓の方をチラっと見ると、弘樹がガン見していました。

そして里奈のアソコからはドロっと精子が垂れてきました。

「里奈、すげぇやらしいよ・・・」というと、「いやぁ・・・もう戻っていい?」と言うので、普通の体勢に戻しました。



後で確認したが、弘樹からもパイパンマンコから垂れているところがバッチリ見えていたそうです。

皆には秘密にするという条件で、地元に帰ってからもちょくちょく会ってヤッています。

弘樹はその約束の前から知ってるんだけどね・・・





出典:ゴルフ旅行で

リンク:


告白体験談関連タグ

|||||||||

【温泉・混浴】ゴルフ旅行で 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年8月8日 | 告白体験談カテゴリー:温泉・混浴での告白体験談

このページの先頭へ