相互リンク先の更新情報!

【レイプ】試着室で 【告白体験談】

カテゴリー:レイプ告白体験談
tag:


私は地方に住む21歳のOLです。



友達と夏に海に行く約束をしたので、

水着を買いに、デパートへ行きました。

デパートとは言っても、地方なので

洗練されてはなく、スーパーのような雰囲気の所でした。

時期がまだ早かったせいか、

水着売り場はまだ閑散としていました。



とりあえず気に入った白のビキニを取り

試着室へ行きました。

ところが、そこには既に誰か入っていたため

近くの店員さんに尋ねると

奥にもう一つ試着室があるから、そこで

試着して下さい、と言われました。




しょうがなく奥の試着室へ行きました。

広めの試着室でしたが、

周りには、商品のダンボールなどが積まれ

何だか薄暗く嫌な感じがしましたが、

別に試着だけだから…と納得し、試着室に入りました。



水着に着替えて、試着室の中でクルリと

鏡に向かってポーズをとりました。

久しぶりに水着を着たので、

ちょっと恥ずかしかったのですが、

でもなかなか似合っていたので、

何だか嬉しくなりました。



私は自分で言うのも何ですが

学生時代、結構男の子には人気があったようで、

高校の頃には、1日に複数の人に告白された

ことがありました。

友人が言うには、顔は美人でいて、そこそこスタイルも

いいから(Dカップ)だそうです。

しかし、まだ一人しか付き合ったことがなく

そのまま短大を卒業して、就職してしまい、

ずっと男運に見放されていました…

そこで今年こそは、海でも行って、素敵な出会いを

作ろう!と友人と約束したのでした。



この水着なら、振り向かない男はいないんじゃない!?

…と鏡に向かって見ていた時でした…

突然、カーテンの外から50代後半くらいのオヤジが

入ってきて、私の口に何か液体を染み込ませたタオルを

押し込みました。

勿論抵抗しましたが、何だか体がシビれた感じがしてきて

意識が遠のきました。

「騒ぐなよ!大人しくしてれば、乱暴はしないからな!」

男はそう言いつつも、私のオッパイを思いっきり揉んでいました。

「ヤ、ヤメテー!」と口は動いているのですが、

口がタオルで塞がれているため、叫べません。

男の手は、スルリと私の股間へと移動していました。

「ココだろぉぅ?」と

クリトリスを水着の上から刺激します。

顔は脂ぎってオヤジなのですが、

手の動きは意外と繊細で、しかも高速に動きます。

私は思わず感じてしまい、立っていられなくなり

試着室の中で、倒れかかりました。

男は、この瞬間を見逃さず、

私をすかさず仰向けにし、脚を開かせ

まんぐり返しの状態になりました。

情けないことに、体が言うことを利かず

もう相手のなすがままでした。

脂ぎったオヤジの顔が、

私の股間にうずくまると、

私のオマン○を勢いよく吸い始めました。

チュウーー、ブブブ、チュウーー!!!

既に濡れ濡れのオマン○は音を立てます。

垂れたお汁も、見逃さず舐められます。

と、同時にオヤジの中指は、クリをリズミカルに刺激してくるのです。

その熟練の技は、私の理性を壊すのに時間は掛かりませんでした。

以前付き合っていた同級生の彼とは、比べ物になりませんでした。

私は怖さと、恥ずかしさと、気持ちよさで、

もう訳がわからなくなっていました。



すると、男はズボンのチャックを開け、

汚いチン○を出してきました。

「メインディッシュだぞ!」

それは前彼より明らかに巨大で、

紫黒い色をしていました。

しかし、私は逃げられません。

私の脚を、肩まで持ち上げると、

ズズズっと、私の中に入ってきました。

「ヒ、ヒィーーーー!!!!」

あまりの大きさでありながら、

生暖かい感触とで、

思わず体が仰け反りました。

グチョっ、グチョっと

オチンチ○が入るたびに音がします。

「あー、こんなキレイな若い娘とヤれるなんて最高だぁ!」

と、オヤジはつぶやきました。

本当なら悔しいハズですが、

でも体は、嘘をつきません。

もう既に感じまくっています。

入る度に、快感が押し寄せるのです。



すると今度は、パー−ン!、パーーン!と

勢いよく強く打ってきました。

私は本当に久しぶりのセックスだったため、

早くも限界に達しました。

「ああああああ、い、い、い、イクっーーーー!」

もう頭の中が真っ白になりました。

子宮がキュうっと絞まった感じになりました。

そうすると男も、

「イ、イクぞー!」と言い、

私の中に、ドクッ!ドクッ!と大量に放出しました。



私はしばらく放心状態でした。

しかし男は、何枚か私の秘部の写真を撮ったようでした。

それはもちろん、私を脅すためです。

身分証や勤務先まで調べられました。

そして後日、私は何度も彼にホテルまで呼び出されるように

なりました。しかし、私のからだは

彼の熟練のテクニックの虜になってしまいました。

心では拒否をしても、からだが反応してしまうのです…

そして、今日も私の携帯の着信が鳴るのです…..


告白体験談関連タグ

||||||||

【レイプ】試着室で 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年8月8日 | 告白体験談カテゴリー:レイプ告白体験談

このページの先頭へ