相互リンク先の更新情報!

【痴漢】逆痴漢 【告白体験談】

カテゴリー:痴漢告白体験談
tag:


通勤中に満員電車に乗っていた時の話。

痴漢と間違われない様に両手で吊革を持っていたら、逆に痴漢にあった。



車内はかなりのすし詰め状態で、全く身動きとれなかったが、俺の股間をさする手がある事に気が付いた。



その状況に俺の股間はMAX状態。



相当ドキドキしながら、手の出どころを確認すると、すっげ〜ババア。

年齢は40代後半〜50代前半位で柴田理恵をもう少し太らせて、小汚くした感じ。



ババアと目が合うと「ニヤッ。」って感じで微笑んでる。

俺は「ははっ・・・。」って感じ。



んで、俺は次の駅で降りてババアとラブホへ直行。

会社を午前中休んでパンパンやっちゃいました。






口臭・マン臭ともに激臭。

オッパイなんて軽くシワ入ってるし・・・。

と言いつつも、2回も中出ししちゃったけどね。

ババアのあまりの感じ方にはちょっと興奮しちゃったけどね。



まぁ、ホテル出た後はもう2度と無いな。と思ったよ。

律義に連絡先渡してきたけど。



1週間後またヤッたけどね。

賢者タイムだったんだね。

3か月間に渡り、10回以上ヤッたね。

オナニーの道具だと思ってたね。もうダッチワイフだね。

アナルだろうがイラマチオだろうが小便飲ませようが青姦だろうが露出だろうが、何でもやらせたね。



さっき妊娠したとか訳のわからないメールが来てたけど、関係無いよね。



携帯変えれば大丈夫だよね・・・。



俺家族居るんだけど・・・。

























出典:この後の状況次第で

リンク:結果書きます。


告白体験談関連タグ

|||||

【痴漢】逆痴漢 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年8月9日 | 告白体験談カテゴリー:痴漢告白体験談

このページの先頭へ