相互リンク先の更新情報!

【泥酔状態】えり、俺はもう、すべてを見ているよ 【告白体験談】

カテゴリー:泥酔状態での告白体験談
tag:


上の者だけど、くわしく書いていいのか?

かなり長くなりそうなんだけど…



簡単に言うと。

好きな子と、尊敬してるイケメン上司と三人で飲み→盛り上がる



→上司の家でオールしよう宣言(言い出したのが自分だからまた救いようがない)



→俺寝てしまう→好きな子、突然上司に告白する→俺唖然



→上司断る→だがめげない



→ああああああああああああああ



って感じなんだ…






きついなんてもんじゃない

何度屋上に登ったことか

何度海辺に行ったことか

2人とも毎日のように会うんだ

きついなんてもんじゃない



詳細はちびちび載せるから待ってて

仕事中だから遅くなるけど





途中までなんですが投下します。

一応分かりやすくするために仮名つけます。

武山=俺 25歳

えり 25歳 俺と同期

細川さん 部署違うが会社の上司 33歳くらい



もともと彼女がいた俺だが、えりと知り合って急激に惹かれ、彼女と別れる。

同期の中で俺たちは趣味が同じなのもあって一番仲がよかった。

一緒に遠征した事もあった。(当然部屋は別だが)

しかしなかなか告白するには至らず、「会社の仲で一番仲のいい友だち」というポジションにずっとあぐらかいてた。



えりの見た目は…しいて言うなら藤川市議か。

色白で黒髪で、華奢なフレームのメガネをかけていかにもデキル女な雰囲気だったが、

実際は訛り(モーの高橋愛みたいな感じ)が酷くて、そのギャップからか結構モテてた。



ただそんなえりも、就職してからは彼氏がずっといない。

男ウケするタイプのえりが一向に彼氏を作ろうとしないのは不自然だったが、

俺は「今は仕事が楽しいんだろうな」なんて勝手に都合の良い解釈をしていた。

しかしその能天気な考えも一瞬で消し飛ぶ出来事が起こった。



ある金曜の事。この日仕事が終わったのは9時頃だった。

会社の外でぼけーっと一服をしていると、後ろの方から声が聞えた。

「おっ武山君?今帰り?」

「あ・・細川さん。お疲れ様です。今終わって一服してました!」

「そっか。今日用事あるの?飲みにでも行くか?おごるよ」

「いいんですか!!行きます行きます」

細川さんとは3ヶ月に一回程度だが、飲みに行く仲だった。



ここで細川さんの話をしよう。

入社したての頃、要領悪くて毎日のように深夜まで仕事していた俺。

体重が10キロくらうい落ちてかなりしんどかった。

で、ついにある夜限界がきてついに会社でブッ倒れた。

周囲は俺の事なんか知らないから「寝かせとけばおk」みたいなノリだったらしいが

細川さんは「何かあったらどうするんですか!」と言って病院に連れてってくれて

さらに看病までしてくれたそうだ。

後からこの話を別の人から聞いて半泣きでジャンピング土下座しそうな勢いの俺に、

「良くなってよかった。あんまりムリするなよ。」と言って颯爽と消えていった。

あまりの爽やかっぷりに、男の俺でもうっかり惚れてしまいそうになった。

これでイケメンなのだからもはや非の打ち所がない。

気さくイケメン(というか渋い?)。当然、誰々が告白したなんて話も少なくなかった。



しばらく2人でタバコふかしてると仕事を終えたえりが降りてきた。

俺「おぅ、お疲れ。」

え「おつかれー」

細「お疲れ様です」

え「え・・細川さん?どぉうして?」

きょとんとしてる。

俺「今から飲みに行くんだよ」

え「武山君(会社では苗字で呼ぶ)、細川さんと仲良かったの?」

ちなみに仕事でえりと細川さんとの接点はない。

俺「まぁ、色々お世話になって」

え「そうなんだ。あのー私も今日ヒマだから行っていいですか?」

俺「おまwずうずうしいなwくんなよw」

本心じゃありません。ツンです。

え「なによー!!細川さんいいですよね?」

細「うん、全然いいよ。じゃ行こうか」



こうして俺とえりと細川さんで飲みに行くことになった。



俺はフツメンです。

ちなみにパンツはいて下さいw

今日の報告ではえろい方にはいけそうにないので

この日のルートは居酒屋→オサレなバー。

仕事の疲れを忘れるかのように飲みまくる3人。

えりも、普段はそんなに飲まないがこの時ばかりはひたすら飲んではしゃいでた(

ように見えた)。

時おりいつもと違う表情を見せるえりだが、俺は全く気づかない。

この時に少しでも勘が働いていれば・・・と今でも思う。

バーを出たのは12時頃だった。

細「いやー久々に飲んだ〜で、今からどうするの?」

俺「あーもう電車ないですね〜んーじゃあ細川さん家近いし、細川さんちでオー

ルしましょっか!!」

ちなみに俺は以前にも電車なくなって泊まった事がある。

細「おい、またかよ〜。まぁ別にいいけど。で、君(えり)はどうするの?」

え「えっ・・え、あの私っもっ!いいですか?!」

俺「おまえまたかよww邪魔すんなw」

え「たけちゃんうるさいよwいいですよね、細川さん」

細「うん、全然いいけど・・1人500円だよw」

俺・え「え〜なんですかそれ〜www」



こういう人に気を遣わさせない所もすごい



それよりとにかく俺はえりと朝まで一緒に居られる事でテンションがマックスだった





コンビニで酒とかつまみを買って細川さんのマンションへ。

この人の部屋は広いというか物がなく、適度に片付いてる。俺の部屋とは大違いだ。



しばらく3人で会社の事とか話していたのだが、2時頃になってだんだん眠くなってきた。

俺「細川さん、やばいです。ちょっとだけ寝ていいですか?」

細「何だよ、言いだしっぺが一番に降参か?」

俺「すいませんwちょっと疲れてるんかもしれませんw」

細「まったく。向こうで寝なよ」

そう言って隣の部屋を指差す細川さん。

え「え、え。ちょっと、本当に、寝るの?」立ち上がる俺のそでをつかむえり

俺「あ?30分くらいいいだろー」

え「う、うん・・」

なんとなくソワソワしてるような気もしたが、この時は眠気がやばくてそれ所じゃなかった。



まぁこれが最大の間違いだったなんて言うまでもない



すいません、また来ます



では少しだけ続きを・・

それからどれくらい時間がたったのか分からないが、えりの声で目が覚めた。

時計を見ると3時半だった。2人は楽しげな雰囲気だ。

俺はボケーっとしながら2人の会話に耳を傾けてた。

しばらくすると話の流れが仕事→恋愛関係へ。



「あのー細川さんってゲイじゃないですよね?ww」

「はっ?!なんで?ちょっと待ってwwちがうよww」

「いんやぁ、あまりそっち方面の話を聞かないから女の子達が噂してましたよww



「バカ言うなよ・・。女の子が好きに決まってるだろーが・・」

「そうですよね・・あの・・それで彼女さんはいるんですか?」



ほんの少しだがえりの声がうわずった。



「彼女ね・・死別した彼女ならいるけど」

「・・えぇっ?!」

ま、まじかよ!プライベートが謎なのはそのせいか?!

「・・いや、ごめんwうそですwwwww」

うそかよw今、若干間があったぞ

「なんだ、驚きましたよ!」

「まぁ、最近までいたんだけどね。人生何があるか分からないね。で君は?男の1人くらいいるだろ?」

「えっ?いやあのその男っていうか・・」

「す、すっ好きな人がずっといますけど・・」



ドキっとした。好きな男がいるなんて話は初めて聞いた。



「へぇー。そうなんだ。どれくらい片思いしてるの?」

「さ、3年くらいです」

まじかよ!!それって俺とえりが出会った頃じゃねぇかよ!!

その頃既に彼氏はいなかったし、同期で俺より仲の良い男もいない。

今思うと、勘違いも甚だしいのだが、当時は「もしかして・・・」とバカみたいに胸がおどった。

プレゼントを貰う子どもの様に。



「最近の若い子は一途なんだな。でもあんまグズグズしてると他に取られるぞ!」

茶化すように言った。

皮肉にもこの一言がえりの背中を押したのだろう



「あの・・ですね・・実はその好きな人って・・細川さんなんです」



え?

一瞬えりが何を言ったのか分からなかった。

そして理解した瞬間、吐き気に襲われた。

細川さん?どうして?3年前から?どうして?俺はry

頭がぐるぐる回るような感覚に襲われ、しばらく一点を見つめたまま動けなくなった



扉の向こう側も、えりの一言で空気が変わったようだった。

「あの・・ごめんなさい。急に・・でも・・わたし・・」

「ごめん。気持ちは嬉しいけど。君は会社の子で、部下でもあるから・・そういう風には見れない」



えりの言葉を遮るように完璧な断り文句で、あっさり、冷たく言い放った。



しばらくはお互いに無言だったが重苦しい空気なのはその場にいなくても分かる。

えりは、今どんな気持ちなのだろう。

卑怯なのかもしれないが、俺はこの後傷心の彼女をどう慰めるか、なんて打算めいた事を考えていた。

むしろそうするしかなかった。少しでも明るい事を考えていないと・・



しかしえりは諦めてはいなかった。

「ずるいです」

「え?」

「ずるいでず!!そんな、会社の子だなんて…そんな風に逃げないで下さい!

ちゃんと女として見てください!わたしは初めてみた時からずっと好きだったんです!

細川さんがいだがらっ仕事もっなにもがもっ・・がんばれて・・服装だって気にしてっ・・一生懸命・・

生きがいなんです!!

あぎらめませんからっ・・!!絶対いやです!!あきらめまぜんっ」



糸が切れたのか、方言丸出しで叫ぶえり。



だが意地悪な俺の心の中

「頼む・・もっと完膚なまでに振られてくれ・・」



また沈黙が続いた。

時間にして5分くらいだがえりにとって、細川さんにとって、何て嫌な5分なんだろう。

そしてついに耐えられなくなったのか、

「ごめんなさい・・とにかく今日は帰ります・・」と、去ろうとした。

が、その時 細川さんがえりを引き留めた。



「君は僕とどうなりたいんだ?」

「え、え、え、どうって・・つつつ付き合いたい・・です・・」

えりは動揺すると「え」を連呼するクセがある。



細川さんの行動が読めなかった、一体、何を言おうとしてるんだ



それを聞いてどうするっていうんだ・・



「付き合うってどういう事かわかってる?」

「え、え、ど、どういう意味ですか・・?」

「そう言う意味だよ。僕とセックスできるの?」

「えぇっ・・!?え・・あの・・もちろん・・です・・」

「そっか」



ここで2人の「会話」が途切れた



何が起こっているのか分からない。嫌な汗を額に感じる。

俺が扉の向こう側の状況を知る術は「音」しかない。

体中の筋肉に力を入れて硬直させ、ただただ目を閉じて全神経を聴覚に集中させる。



ふいにギシギシっとソファが軋む音がした。

そしてそのソファの上ではかすかに人がうごめく気配がしてる。



もう我慢できない 

この目でその現実を確かめたい



ゆっくり布団をめくり、上半身を起こす。

相変わらずソファの上では「何か」が起こってる。

ゆっくりゆっくり音を立てず扉に近付く

布団から扉までの距離がやけに長く感じる。前に進んではいるが足が重たい

だんだん「声」が聞えてくる



ゴールにたどり着くと、ひざを床につけてピッタリと張り付いた 

「声」はもうはっきりと聞える



スライド式の扉をほんの数センチだけ横にずらす

丁度ソファが横向きに見える位置だ ただ目線はソファの高さよりも低い

ゆっくりと目線をあげる

俺の目に飛び込んできたのは、えりの上に覆いかぶさってキスをする細川さんの姿だった



この位置から寝転がっている状態の2人の顔を見ることはできないが「音」と「声」だけは良く聴こえる

衣擦れの音 ソファの軋む音 唾液の音 そしてかすかなえりの声

そのひとうひとつが俺の心をえぐる



「はぁ・・細川さん・・どうして・・?」

ひとしきり唇を遊ばれようやく開放されたえりは蚊のなくような声で聞いた

「女として、惹かれたから」

そう言ってまたえりの唇を塞ぐ。

「んっ・・」またえりが鳴く。



実にあっさりとした返しだった。えりにとってはこれで十分だろう

しかし俺には納得がいかない

俺は、何年も前からえりの事が好きだったんだ。

えりが好きだから彼女とも別れた。

えりが望むなら何だってするし、してやりたいって思ってる。

なのに何故今日初めて話したあなたに取られなきゃいけないのか?



その時本気でそう思った



だんだん感覚が麻痺していく

そしてついに今まで感じた事のないような大きな興奮を感じだした

「好きな女」が「自分の知っている男」に「体を弄ばれる姿」なんて願っても見れないものじゃないか?

息が荒くなって 汗が流れてくる 恐らく今眼球は血走っているのだろう



細川さんはキスを終えると上体を起こし、えりのジャケットを脱がした

パサっと床にかわいた音が響く

「あの・・凄く・・恥ずかしい・・です・・それに武山君・・」

一瞬ドキっとした。ここまでしといてまだ俺の存在が頭にあったのか。

「あんまり大きい声出さないで」

そう言うと、またソファに押し倒す。どうやら止めるつもりはないらしい。

今度は首筋や耳あたりに吸い付いてるのか、ちゅぱちゅぱという音が聞える。

その全ぼうこそ見えないが、それがまた興奮をあおる。

えりの首筋はきっとなめらかで甘いのだろう。



細川さんは上体を起こし、ぷちぷちとボタンを外していくような動きを見せる

だが、前をはだけさせただけで脱がしてはいないようだった

これは細川さんの趣味なのか、俺の存在を考慮してなのか?

「ブラ外すよ・・」

「・・」

外しやすいように少しだけ体を浮かせるえり。

「きれいだね。この歳で若い女の子の体を味わえるなんて感動だな」

「あの・・はずかしい・・です・・」

ついにえりの体が光の下にさらされた。だが俺の位置からは全く見えない。



しかし、恥ずかしいと言いながらも許してしまうんだな。

過去にブラチラ程度で興奮していた自分は一体何だったのか。



胸を弄ばれている間「あっ」「うっ」と可愛い声で鳴き続ける。

そして急に「あっ!!」と大きな声を出した。

「あ・・あの・・そこは・・ダメ、ダメです・・!」

どうやら細川さんの手がえりのまんこに伸びたのだろう。

「ダメなの?」

「ダメっていうか・・その、きたない・・」

「関係ないよ」

「あっ・・ああぁん・・!」

「くちゅ」と言う音が聞えた。

それはえりの中に指を突っ込んだ音なのだが、あまりにも大きい音で、俺も驚いた。



「すごいな・・かなりぐちょぐちょだけどどうしたの?」

「や・・やだぁ・・やだぁ・・」

細川さんの指の動くたびえりのまんこは音を出して反応しいていた



そしてしばらくの間、胸とまんこ両方を攻められたえり

意識がもうろうとしてきたのかはぁはぁ言っている



「えりちゃん、僕のも気持ちよくしてよ」

「は、はい・・」

えりはソファから起き上がり床に跪く。座ってる細川さんと向き合う形だ。

ここにきてようやく俺の位置からえりの姿の一部が見えた。顔は時々見える。

Yシャツははだけて、ブラとアンダーシャツのようなものは捲り上げられ胸は完全に露出していた。



えりは自らベルトを外し、ズボンを脱がした。

そしてすでにギンギンになったモノをじっと見つめて愛おしそうに撫でている。

「すごい・・」感動したかのような言い方だった。

「嬉しいです・・」そう言いながら細川さんのモノをゆっくり口に含んだ。

その瞬間、細川さんはしかめっ面で体をぐっと反らした。

はじめはチロチロと「舐める」感じだったが、

だんだん「くわえこむ」ようにねっとり嬲っていく。

じゅるじゅるとわざとらしい音を出すあたりに慣れを感じた。

まぁ考えれば当然なのだ。「きれいなえり」は俺の妄想の中にしか存在しない。

実際は彼を喜ばせようと、必死に舌を動かし、もてる技を駆使して、嗚咽を漏らしながら、上目遣いで嬉しそうに奉仕する



その姿はもう俺の知ってるえりではなかった。



「ちょっと・・そろそろヤバイな・・」

5分もたった頃制止する。

「もう挿れていいか?」

「・・・・・・・・はい」

「こっちに来て、横になれよ」

腕を引っ張られソファに上げられるえり



また、えりの姿が見えなくなった。

変わりにパサパサっとストッキングとパンツが床に落ちるのが見えた



ついにえりがこの男のものになるのか

止めたい

止められるものなら、止めたい



スタートの合図はえりの「あぁぁ!!」という叫び声だった

「おい、声出したらマズイぞ」

「あ・・ごめんなさい・・でも夢見たい・・で・・あっ・・」



「夢見たい」か・・。

俺にとっては「悪夢」だ。

これが夢であったらどんなに楽なんだ。本当に、現実はあまりにも無情だ



だんだんピストンのスピードが上がって、ソファがガタガタ言い出した。

合わせるようにえりも「あっ・・あっ・・」と小さく喘ぐ。声はだいぶ抑えてるようだ。

その分ぐちゅぐちゅと卑猥な音がよく聞こえる。



「君の中やばいよ・・すげぇぐっちゃぐちゃで、締め付けてくる・・」

「わたしも・・凄くきもちい・・です・・もっと・・たくさんしてください・・」

えり。わりと積極的なんだな・・また一つ理想と現実の違いを思い知らされた

「じゃあバックでしようか」

そう言うと、一度挿れたモノを抜いてえりを立たせる。2人とも立って向き合う状態になった。

また俺の位置から姿が少しだけ見えるようになった。

「あの・・キスしてください・・」少しうつむいて言った。

細川さんはすぐにえりを抱き寄せ、ぎゅっときつく抱きしめた

そして唇を貪る 舌が深く絡みあってるのが分かる

「あ・・ん・・」と息がもれる



キスを終えると、えりは恍惚とした表情になっていた

口はだらしなく開き端からはよだれが垂れてる

しかし潤んだ目はまっすぐに目の前の人を見つめるだけで 

横から覗く俺の方に向かれる事はない 

2人の世界には、俺などまるで存在していない



「そこに手をついて、ケツ上げて」耳元で囁くように言った。

えりは後ろを向いて、言われるまま従う。それどころは自らスカートをまくり上げた。

夢にまでみたえりの尻やまんこがそこにある。こんなに近くにある。

だが俺は触れることすら許されない。



低身長のえりと180センチほどある細川さんとでは実に難しそうな体勢ではあるが

そんな心配はよそに、ずぶずぶとえりの中にモノは飲み込まれていった。

「あっ・・・!」

必死に声を抑えるえりがいじらしかった。



そんなににガマンしなくてもえり、俺はもう、すべてを見ているよ



今度は出だしから容赦なく突きまくる細川さん。

さらにその手にも隙はなく、片手は腰のあたり、もう一方はえりの乳首を弄ぶ。

5分くらいたったところで

「ぁ・・っ!そこ、ダメです・・きもちいっ・・イキそう・・!」

えりが少しだけ大きい声でそう言う。

「じゃあ、一緒にいこうか」と返しピストンのスピードを一気に上げる

「ぁっ!ぁっ!ぁっ!」と言う喘ぎ声よりもパンパンと肉が鳴る音、ソファの軋

む音の方が遥かに大きかった

「ダメ・・!いく・・!」先に果てたのはえりの方だった。

「えりちゃん・・俺もやばいよ・・どこに出して欲しい?」

「どこ」と言っても中か外しかないのだが・・



「あっ・・中に・・くださいっ・・お願いします・・」

えりは真っ先にそう応えた。



一瞬だけ俺の思考は止まった。

あのえりが躊躇う事無く中田氏をせがんでいる。

つまり本能的に「彼の子どもが欲しい」って言ってるようなものだ

こんな急展開で 彼は酔ってるし 遊びかもしれないのに それでも子どもが欲しいのか?

そんなにその男が好きなのか?

何というか、ズタズタになった心に最後のとどめを刺された感じだ。

興奮が一気に収まり、一気に青ざめていくのを感じた

ただそれでも俺の目は必死に2人を追っていた。

どうして見たくもないほど見てしまうのだろう?

最初から目を閉じて耳を塞いでいればもう少しマシだったかもしれないのに、

どうしてすべてを見てしまったんだろう?



気づいたら2人の動きが止まっていた。

さっきまで忙しく揺れていたソファも、もう静かだった。

ただ、2人は依然繋がったままだった

その状態ではぁはぁと肩で息をしていて、汗に濡れた肌が生々しかった

一息ついた所で体は離され、2人は別々になった



細川さんはドサっとソファに腰掛け天上を見ている。

えりは・・その体勢のまま、手をおわん型にしてまんこの方へ持って行った。

「んっ・・」という声ととも白濁の液がだらーっと垂れてくる。



それを見て、俺は初めて泣いた。



「あの・・ティッシュ下さい・・」

「あ、ああ・・ごめん・・」

はじめ安物の箱ティッシュに手を伸ばしかけたが、

すぐに高いローションティッシュに取り替え、「安物は体に良くないからこっちを使いな」と促す。

何でそんな所に気が回るのか?俺なら間違いなく適当に手に取ったほうを渡してただろう。

何でもないような事なのに、また男としての格の違いを見せ付けられてるような気分になった

えりはその一連の流れを見て、一瞬だけきょとんとしたが、すぐに幸せそうな顔で笑った。

「ありがとうございます・・」

「いいよ。それより大丈夫だったの?中・・」

「あっ、はい・あの・・大丈夫な日だと思うから・・」

下を向いて恥ずかしそうに答えた。

「そっか。もし何か不調を感じたら、僕に言いなよ?」

「はい・・そそれで・・あの・・」モゴモゴしだすえり。

「ん?」

「女として・・惹かれたと・・いうのは・・その・・つまり・・どういう・・」

えりは、酔った勢いでの過ちなのか?という事を言いたいのだろう

俺にとっては、まだそっちの方がありがたいのだが・・



また少しだけ鼓動が速くなった。今更何を期待してるんだか。



その問いの答えは?

細川さんはクスっと笑って、えりの頭をくしゃくしゃ撫で、「君と付き合ってみたくなったからしたんだよ?」とまるで子どもをあやす様に言った

「ほんとですか・・?じゃあ私の願いが叶うんですか・・?」

「そうだよ」

そう言い終えると、優しく、抱きしめた。

少しの間えりは彼の胸の中で泣いていた。



「風邪引くからお風呂・・入ろうか?」

彼女がコクンとうなずいて、そして2人は消えていった。



人の気配がなくなりシーンとする中、俺はまだ動けないでいた

どうして、こんな事になってしまったんだろう

どうして、俺はこの場にいるのだろう

こんなものを見せ付けられて。

俺は今日、何をするべきで、何をするべきじゃなかったのか?

そんな事ばかり永延と考えていた。



布団に戻って横になる。

しばらくすると、今度は風呂場の方から喘ぎ声とガタガタ鳴る音が聞えてきた。

えりの声はさっきと違って激しく、全く抑えていない様子だった。

もう勘弁してくれ・・と思ったが、不思議な事にまた俺の体に興奮が蘇ってきた



「細川さん、すき、すきぃ〜・・」と言う声を聞きながら、2回抜いた。

2回目を出した後、俺は耳を塞ぎながらまた泣いた。



朝起きると、何故か朝食が用意されてた。

え「あぁ、おはよう!もう9時だよ!?」

いつもと変わらないえり。

しいて言うならぶかぶかのTシャツとジャージのようなものを履いている事位か。

細「ごはん・・っても適当なものだけど作ったから、体しんどくなかったら食えよ」

いつもと変わらない細川さん。

笑顔の2人を見てると、昨日の事は全部悪い夢だったのではないか?と思えてきた



パンをかじる。えりがスープを運んできた。

軽くかがんだその時、鎖骨の下あたりに赤褐色の内出血のようなアザが見えた

やはり昨日のは夢ではなかった・・!!

それを見たら咄嗟に吐き気に襲われ、俺はトイレに駆け込んだ。



え「たけちゃん大丈夫?!」すぐにえりが駆け寄ってくる。

細「武山君大丈夫か?宿酔か・・?」細川さんも心配そうに俺を見ている。

違う、宿酔いじゃない。

俺「・・すいません・・俺ちょっと体調が悪くて・・今日はもう帰ります」

細「家まで送ろうか?」

俺「いいえ!大丈夫です!」思ったより強く言ってしまった・・



俺「いや、ホントすいませんw飲みすぎで死んだって恥ずかしいですよねw

ってか細川さんも酒抜けきってないかもしれないんで、俺タクりますねwwwwwwww」

そう言うのが精一杯だった。



細「そうか・・じゃあすぐタクシー呼ぶから、これでも飲んでいなさい」

そう言って水を俺に差し出した。

え「たけちゃん、本当に大丈夫・・?無理しないで・・」

2人とも、覗き魔の俺なんかに何て優しいんだろう・・

でも今はその優しさが痛いのです。

一刻も早くここを出たい。

俺がいなくなれば、2人はイチャつくだろうが、

今は、とにかくここには居たくなかった



結局タクシー乗るまで2人はついてきた。

去り際、俺は笑顔で手を振ったが、走り出して2人が見えなくなった瞬間座席に倒れこんだ。

その日の記憶はない。





出典:好きな子が毎晩男とセックスしている現実を考える58

リンク:


告白体験談関連タグ

||||||||||||||

【泥酔状態】えり、俺はもう、すべてを見ているよ 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年8月10日 | 告白体験談カテゴリー:泥酔状態での告白体験談

このページの先頭へ