相互リンク先の更新情報!

【フェラチオ】バーのお客さん水商売の19才?とお客さんの友達の家で・・ 【告白体験談】

カテゴリー:フェラチオ告白体験談
tag:


これは10年程前の事になる。

諸事情で仕事はやめた俺は友人の誘いでレストランバーで働くことになった。

従業員が若いこともあって、活気のある店だった。

朝の8時まで営業していることもあって夜中は仕事あがりのキャバ嬢やら

風俗のねぇちゃんやらが結構来てた。



そんな中、ある常連のホステスK子が連れてきた一人の子、Y美がどうも場違いな感じで目を引いた。

話を聞けば家庭の複雑な事情から家を出て、一人暮らしをはじめたという。

その時は19歳って言ってたなw(本当は17歳の高校生だったわけだが)

あとからわかったことだが、もう高校に行く気はなく水商売で生計を立てる気でいたらしい。



「未成年だから、アンタ達手ぇだすんじゃないよ!w」とK子が口癖のようにいっていた。

K子はよほどY美のことが可愛いのか、頻繁につれてくるようになり

Y美は店の従業員とも打ち解けていった。

決してイケメンではない俺になつき始めたのは初来店から半年経ったくらいだろうか。






Y美は常に明るく振舞う子だった。年上ばかりの中で気を使っていたのかも知れない。

とびっきり可愛いわけではないが、どことなく愛嬌があり、そこそこ人気もあった。



俺が働き初めて二年が経とうとしていた頃、店の恒例行事である花見をすることになった。

従業員、常連を交えてだいたい30人くらいになるその花見にK子とY美が参加することになった。

Y美が比較的俺になついていたこともあって、K子からY美のお守を頼まれた。

Y美は適度に酒を飲みんでいたが、いつもより口数が少なく思えた。

みんなが盛り上がってカラオケをはじめたころ、Y美がすっ、と俺に寄り添ってきた。

そのまま俺に寄りかかり、Y美が俺を見上げる。

「ね、Iさん、最近デートってした?」

「はぁ?何よ、突然w彼女もいないし、最近はないなww」

「へぇ・・・バーテンなのに遊んでないんだぁ・・・」

「いや、バーテンがみんな遊んでるわけでもないしなww俺そんなにモテねぇし」

「ふ〜〜〜〜ん・・・」

しばし沈黙のあと、残っていた缶ビールをキュ、っと飲み干しY美が俺の肩にあごを乗せ

「ね、じゃ、今度私とデートしよ?」



予想もしない突然のセリフに思わず

「はぁぁぁぁああああ!!?!??」

大きな声に少しびっくりしながらちょっと首をかしげがちに俺を見つめる

「イヤ・・・なの?私と遊ぶのイヤ?」

「いや、違う違うwwイキナリそんなこというんだもん、びっくりもすらぁww」

「イヤじゃない??」

「イヤだったら今この席でお前の横にいないよw」

と、やや恥ずかしげに言う俺。

その言葉をきいたY美は正座をして俺に向き直る。

両手を膝の上に置き、少し首をすくめるとふにぃ、と笑った。

「じゃ、どっか連れてって?ドライブとかいきたぁ〜〜い♪」

「お、いいね♪じゃ、ドライブがてら美味いもんでも食いにいくか?」

「いいね〜〜〜^^じゃ、けって〜〜〜い!」

と、そこで各席で酒を振舞ってきたK子が帰ってくる。

「こぉらぁ、I!なに口説いてやがんだぁ??」

酒を振舞いつつご返杯の嵐を受けてきたK子はもう目がすわっていた。



「ちげぇよww俺はなんも・・・」

ちょっと焦った俺にいきなり抱きつくY美。

「私からさそったんですぅ〜♪今度デートするんだぁ^^」

「はぁ?アンタマジ?このデブと??」

日頃からピザネタでいじられてた俺には普通の会話だ。

「最近お互いデートしてないから、ドライブ連れてってもらうの♪」

「はぁ・・・・ま、Iならいいか、変な気おこすんじゃねぇぞ?」

全く口の悪い女だ。いつものことだが・・・

「へぇへぇ、わかりましたよ」

苦笑いしながら新しい缶ビールを空ける。

横にいたY美が俺の腕をギュっと両手で抱き締め

してやったり、的な笑顔で俺に微笑む。

フフン、と合わせて笑う俺の心音は必要以上に高鳴っていた。



その後、Y美は俺の隣を離れようとせず最後まで談笑していた。

宴も終わり、後片付けに席を立とうとした俺の袖をY美が引っ張る。





「社交辞令じゃないよね?さっきの・・・」

「お?おう^^あったりまえじゃん、どこ行くか考えとくよぉ」

「うん!よろしく!!楽しみにしてるね♪」

「じゃ、K子さんもうヤバイから送ってくね」

「うん、わかった、気をつけてな」

片手で小さくバイバイ、をしたあと、くる、と振り返る。

肩まである綺麗な黒髪がスローに揺れた。



4日ほどして来店したY美に海でもいくか?と聞くと

嬉しそうな顔で「どこでも♪」と帰ってきた。

「どこで待ち合わせる?」とY美

「車だから迎えにいってやるよ、家どの辺だっけ?」

「え・・・あ。いいよ、わかりにくいし。○○駅でいい。」

「遠慮すんなって、駅から近いの?」

「うん、近いけどわかりにくいから・・・○○駅のマクドナルドでいい」

ちょっと様子が違うY美に俺はこのとき気づいてなかった。



デート中は特筆すべき点もないので割愛・・・・・



ひとしきり久しぶりのデートを楽しんだ帰り晩飯を食いに店に近い居酒屋へ入った。

「楽しかったね〜♪」

「おぉ、思ったよりかぶっちぎりでなww」

その日の思い出話に花が咲き、あっという間に時間がすぎていった。

気が付くと日付が変わろうとしている。

「お、こんな時間じゃん、ぼちぼち行くか?送ってくよ」

(ハイ、飲酒運転ですが、何か?)

「・・・・・」

Y美から返事はない。うつむいたまま席をたとうとしない。

「どした?気分悪い?」

パっと顔をあげ、いつもの笑顔で

「だいじょぶ〜、ね、Iさんもう帰っちゃうの?DB(俺の勤め先の店)いかない?」

「あ〜、もう今日はいかないよ、結構飲んだし、お前もあんま遅いとK子に怒られんじゃ?」

「う〜〜〜ん、そうだけどぉ・・・・」酔っているのか、紅潮した顔に目が潤んでいる。



「じゃ、私のウチで飲みなおそ?それならいいでしょ?」

それもマズイんじゃ・・・と思う俺の手を引っ張り店の出口へ向かう。

「途中のコンビニでお酒かってこ〜、ウチあんまりお酒置いてないから」

「う、うん、でも、いいのか?親いるだろ?」

ニコ、っとだけ笑ってレジの前に並ぶ。



車に乗り込むとふぅ〜〜〜<と大きく息をついてY美が話始めた。

「あのね、親はいないの、今の家には」



本当の年齢、両親が不仲なこと、父親から暴力を受けていたこと。

学校にもなじめず、親戚をたどって隣県のこちらへきたこと。

親戚の家にも居所がなく、昼のバイト(喫茶店)でしりあったK子の家に住まわせて

もらっていること・・・・

自分自身を整理するようにゆっくりと、それでも途中で止まることなく

Y美は話続けた。時折見せる作り笑顔がせつなかった。



「ごめんね、いきなりこんな話して」

「あ、う、うん、だいじょぶだいじょぶ、でも大変だったんだな・・」

と気の利かない台詞。

「今日は楽しかったから、まだ一人になりたくないの・・・」

「うん・・・・」

「K子さんが帰ってくるまででいいからウチで飲んでってよ、お願い」

「・・・・」戸惑い、黙る俺の左手を両手でつかみ

「お願い・・・一人になるのはコワイの・・・」

「わかったよ、俺も少し酔い覚まさなきゃいかんしな」

パァっと表情が明るくなるY美

「ホント?ありがとぉ〜〜〜♪」

つかんでいた俺の左手をブンブン振り回す。

「イタタタ!わかったから!じゃ、行くか?」

「うん!♪○○駅方面でお願いしまぁ〜〜〜す」

フフ、と微笑して俺は車を走らせた。



比較的古いマンションの4階。

表札のない部屋に入っていく。

茶を飲みながらたわいもない話をしていた。

「あ、K子さんに電話しとかなきゃ・・・」とY美は立つ。

どうやら、K子の店に電話をして俺がいることを伝えているみたいだった。

途中から小声で聞き取りにくくなり、ぼーっとしていると俺はうとうととしてしまった。



どのくらいたっただろう、ふ、と目を覚ますと小さい音量でTVを見ているY美がいた。

「あ、ごめん、寝てた・・・」

「ははは♪寝てた、っていっても10分もたってないよw」

「あ、そう?K子は?」

「まだお客さんと飲みにいくからちょっと遅くなるって。

Iさん、飲んでるならもう泊まっていけ、って」

「泊まりはマズくねぇ?w」

「事故ったら大変じゃん、ま、私がわがまま言ったんだけど・・・・ね^^」

その時の笑顔は少しだけ色っぽく感じた・・・



「そうと決まったら、飲みなおさない?酔い覚めちゃったでしょ?」

「あ、あぁ・・・そうだなぁ、じゃ飲むか?ww」

「水割りぃ?」

「もうなんでもいいww」

テーブルに座り直す俺にY美が

封の空いていたオールドクロウを持ってきた。

めんどうだから、とロックで飲む俺に

「じゃ、私は水割り〜」

一時間ほどすると、さすがに眠気も強くなり、酒も進まなくなってきた。

「じゃ〜そろそろ寝ますか!」

Y美がすっと立ち上がった。

「じゃ、俺このソファで寝るわ・・・・おやすみ・・・・・」

とリビングのソファに身を投げると尻を叩かれた。

「だぁめぇ〜〜!まだ夜は冷えるよ?こっちで寝るの!」

Y美が指差したのはリビングの奥の障子の部屋だった。

障子には木で作られたルームプレートに「Y美のお部屋」とあった・・・



「あぁ、そう?悪いね・・・」

とY美のやさしさに何の疑問も抱かずに部屋を覗く。

シングルベッドにローボード、化粧台がある部屋は

ベッド以外に寝るスペースはなさそうだ。

「お〜い、俺どこで寝るのよ??」

「決まってんじゃん、ベッドしかないでしょ?」

「お前は?」

「ベッド」

「はぁ????」

呆然とする俺に更に追い討ちが・・・

「だから、チャッチャっとシャワー浴びてきて。アタマちょっとクサイよ?ww」

予想外の展開にどうしていいかわからない男が約一名ww

「早く!私先に浴びるよぉ〜〜」

「あぁ。わかった、じゃ、遠慮なく・・・」

「バスタオルだしとくからそれ使ってね。シャンプーとかは適当にどうぞ♪」

妙な緊張感に包まれながら風呂へ向かう・・・



軽くシャワーを浴びるとベッドを整えたY美がパジャマらしきものを手にしていた。

「じゃ、私もシャワーあびてくる。先に寝てていいよ、ねむいでしょ?」

「お、おぅ、悪いな、じゃ、お先に」

「はぁ〜い♪」

といいつつも眠気は半分どこかへとんでいってしまっている。

とりあえず、ベッドに潜り込む。

電気を消していいが迷うが、消さずにベッドの端に丸まってみる。

全身から感じるY美の香りに自然と勃起していた。

目はいっそうさえ、いらぬ妄想が頭を巡る。

かすかに聞こえるシャワーの音が生々しい。



シャワーの止まる音がして、Y美が出てきた。

「寝てないの?電気消せばいいのに」

何故かとっさに寝たフリをする俺。

俺の顔を覗きこみ、ふぅ、と息をつくとまた部屋をでた。

洗面所でドライヤーをかけ終えたあと、戻ってきたY美は静かに障子を閉めた。



なるべく布団を動かさないように、ベッドにゆっくりと入ってくる。

仰向けに寝る俺に寄り添うY美。

このままじゃ、寝られっこない・・・

意を決してY美の方に寝返りをうつ。

と、その時、Y美も俺の方へ寝返りをうった。

は、っと目を開けたと同時にY美の顔が近づいてくる。

鼻と鼻が触れ合う、と同時に唇が重なった。

すぐに舌を絡ませ合い、俺はY美を力いっぱい抱き締めた。

何度もキスをしながらY美は

「はぁ・・・・ふぅん・・・・ぁぁ・・・」

と初めて聞く声で悶えた。

「好き・・・」

俺の耳元でささやくと、俺の耳を舐め、また激しくキスを繰り返す。

姿勢を入れ替え、俺が上になると、Y美のパジャマに手を入れる。

ブラジャーはつけていない・・・すぐに張りのあるおっぱいが手に触れる。

「はぁぁ・・・・んんん・・・」



パジャマをめくり、乳首を愛撫する。

いっそう声をあげ悶えるY美が愛しい。

そのうちにY美の手が折れの股間に伸びてくる。

すでにカチカチのムスコを握りしめ、上下にこすりはじめる。

キスを愛撫を繰り返しながら、ズボンを脱ぐとY美の下のパジャマに手を入れる。

ダイレクトに恥部へ手をいれると、もう濡れていた。

く、っとY美の身体に力が入る。俺の首に抱きつくY美。

優しく愛撫を続けていると、ムスコをさすりながら、Y美が布団の中にもぐった。

すぐに、生暖かい感触がムスコを包む。

決してうまくはないが、優しく、丁寧に俺のムスコを舐めまわす。

「はぁ・・ん・・・あぁぁぁ」

もう、ガマンできない・・・

再びY美に愛撫を開始しようと身体を入れ替えようとした時

「ガチャン!」

玄関で音がした。



リビングの電気が消えていることからもう俺たちが寝ていると思ったのだろう。

ただいま、も言わずに、電気をつける。

とっさにお互いから離れて寝たフリをする俺達。

静かにズボンを上げる俺とパジャマを直すY美。

と、その時、Y美の部屋の障子がスルスル、と開いた。

俺たちが寝てると思ったK子はそのまま障子を閉じた。

すっとY美が俺の耳元に顔を寄せる

「ありがと^^でも、ごめんね、中途半端で・・・」

声をだすとヤバそうなので俺はY美のおでこに軽くキスをして微笑んだ。

暗くて表情までは見えなかったと思うが・・・・



そのままいつのまにか寝てしまった俺は翌朝(正確には昼過ぎ)K子に起こされた。

「よくねるねぇ、アンタwもう昼過ぎたよww」

「あぁ、おはよ、アレ?Y美は?」

「バイトいったよ、で、今日夜DBいくって、言ってたよ」

「あ、そう。わかった、ありがとね、泊めてくれて。」



くる、っとK子が俺に向き直って真顔になった。

「どこまでY美に聞いたか知らないけど、遊びのつもりならそう言って」

「ほぇ?」

「今、大変なのね、あのコ・・・これ以上寂しがらせたくないのよ」

イキナリのことで返答のしようがない・・・

 苦笑いしながら、帰り支度をする。

「わかってるよ、ありがとな、とりあえず帰るわ」

「うん、またね」



帰りの車中でいろんな事を考えた。

Y美の事はキライではない、むしろかなり意識し始めてしまっている。

これは今日の夜にキチンと言ったほうがいいのでは?

いや、でもこれでフラレたらかっこ悪いよな・・・・

もともとデートごっこのはずだよな?俺に気があった、ってことじゃないんだろう・・・

でも、なんでわざわざ俺なんだ?他に遊びに連れてってくれそうな奴いくらでも・・・

結局考えがまとまらないまま仕事についた。



ま、その後は結局、俺が告白して付き合いました。

しばらくして地元帰っちゃった後に遠距離してたけど

別れちゃった。

今は結婚して子供もいるみたい。



出典:みんなのエッチ体験

リンク:


告白体験談関連タグ

|||||||||||

【フェラチオ】バーのお客さん水商売の19才?とお客さんの友達の家で・・ 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年8月10日 | 告白体験談カテゴリー:フェラチオ告白体験談

このページの先頭へ