相互リンク先の更新情報!

【彼女・彼氏】愚痴とエロレポート 【告白体験談】

カテゴリー:彼女・彼氏との告白体験談
tag:


今日は、愚痴と、エロレポートの2本立てでお送りします









なんかぁ、2週間くらいシテなかったんです。エッチ。



先週は「そんな気分じゃないんだよねぇ〜」ってそっけなく断られたんです!!!

(-_-メ;)ムカ。



でもまぁ、日によって私も調子が悪かったので、不満ながらも、しょうがないかって・・・・。



でもね、やっぱ私の場合、エッチは精神面にスゴク影響を与えるんですよねぇ。

断られると、少し、いや、だいぶ寂しい気持ち。






で、そこに、なにかイラつくことが起こると、ケンカ勃発です。



「エッチ断られた(理由は何にしろ)」

ってゆうのはオナニじゃ代償できないんですけど、そんなヒト他にもいるかな?





だいたい、うちのダンナは一緒に話せる時間が1日たった2時間。

長時間勤務なのと、通勤が遠いので、ご飯食べて、一緒にお風呂入ったらもう寝る時間なんでスー。



だから、つわり引きこもりな私は、たまのエッチは重要なコミュニケーション

断られるとイライラ。



それで、さらに、たまたま、夕飯作り中、カエルコールがあって、足りない調味料があって、帰りに買い物をひとつ頼んだら、

「努力が足りない」と、つわり妊婦を全く大切にしない発言があったので

カチン!!ときて、ケンカ気味でしたw







まず、報復行動そのとして・・・



ダンナが持ってるエロ本(黙認していた)を全部没収。

絶対わからないところに隠したw

さらに、ムカつくことが続きそうなら、破棄も計画w



オナニとエッチは別。わかってますが、オナ好きのダンナのエロ本に嫉妬。

オナニするならたまのエッチくらい妻を満足させろ。



私、鬼嫁でしょうか?w







報復行動その



だいたい、ダンナの為に、食べたくもないのに、気持ち悪い(今の私にとって)料理を

鼻にティッシュ詰めて作ってるのに、ついでの買い物ひとつ手伝ってくれないなら、

もう無理して家事しない



ストですw



料理、洗濯、掃除、私無理してまでしないから、

出来てないことがあったら自分のことは自分でしてね。



2.3日かなりグータラ過ごさせていただきました



私も食欲ないので別に辛くないんですよね〜。

ダンナはパンとか食べてましたw



エッチをしれっと断る、ささいなお手伝いもしてくれない。

仕事してくれてるのはありがたいと常に思ってるんですけど、

ダンナは家事に全く感謝がないのがわかって、思いやりを感じず、

インスタントラーメンを作ってあげるのすら嫌でした

(ダンナ、インスタントラーメンも自分で作れませんw)



そんなこんなで冷戦が続き、(といっても2.3日)

自分のことしかしないのは楽だなーと思って2.3日過ごしましたが、



最終的にはやっぱエッチで仲直りでしたww



エッチの力はすごいデスネ





こっからエロレポ





ダンナが休みの昼間、私は寝てました。

最近私は、大半寝て過ごしてます。

今日も14時間は寝ましたw



で、その昼に、ダンナも釣りから帰ってきて隣に寝始めたんですね。

で、小一時間睡眠。



ダンナは私を後ろから抱き枕にするのが好きなんだけど、

その時も抱き枕にされてましたw



さらにいつものことですが、寝ぼけ眼でおっぱいを後ろからむにむに



で、カクカク動き出す、ダンナの腰wアソコを私のお尻に当てて楽しむダンナw

これもいつものことです。そのまま寝たりとかも多々あるので

今回もそのまま寝るのかな〜と思ってたら・・・



服をまさぐって、ブラの隙間から生おっぱいたっち

妊娠中のおっぱいは敏感すぎて、大半の刺激は痛いんです



私も半分寝た状態で、うめいてました。

(気持ちいいような、痛いような・・)



ぼーっとしながらダンナのアソコに手を伸ばしてみました。

服の上から触ってもカチン大きくなってる。

そのまま、服の上からカリ下から亀頭にかけてゆるゆるマッサージ



ダンナ、我慢できなくなったらしくw

私の下着の中に手を突っ込む。



脱がさないで、突っ込んだ状態でまだ濡れてないアソコを触ります。

濡れてないから刺激が強すぎる!!

でも少しは気持ちいい。



「やめて・・・あ、ああん」

どっちつかずの喘ぎ声の私w



ゆるゆるクリを皮の上から・・・

だんだん濡れてきます。



ダンナの指が、膣にぬるぬるを取りに行って、クリに戻ってきて・・

そんなことを続けていたら、

だんだん気持ちよさもアップしてきました



後で聞いたら、ダンナ曰く、「クリを押さえつけるように刺激するのが気持ち良さそうだった」とのこと。



だんだん・・・きもちよくなっちゃった



クリの圧迫感が気持ちよくて、でも、やっぱクンニより刺激は強くて、

イケないかなって思ったけど、

だんだん、増してゆく快感



「あ、あ、いく。。。」



いっちゃいました



さらに続けるダンナ。



「だめだめ、やめてぇ、ほんまにツライ〜・・」



ズリズリ上に逃げる私。

追うダンナ。



そのまま、クリをこねくり回され。。。



「あ、やめて!ヤバイ、出るっっ!」



パジャマのズボンもおパンチュも履いたままなのに、

ピュッピュッって(多分)

でちゃいました



ダンナ「あーあ、おしっこ出ちゃったね〜」

私を恥ずかしがらせる



そのまま、私の下半身を脱がせた。

ダンナ、一気に自分も脱ぐ。





「え?これって?何するん?!」



言ってる間にダンナ、寝た状態で横から(なんて体位なんだろう。。)

熱くなったアソコを私のアソコにぬるぬる



「ダメだって。入れたら。。素股ならいいけど、入れちゃダメ。」



にゅるん



最後の結合から2ヶ月以上振り。

こんなに挿入していないのはものすごい久しぶりなわたしのアソコに入ってきた。



体位的に、浅くしか入らないから、大丈夫だろうけど、

お風呂の後でもないし、生挿入なのが気になる。

何しろ、まだ、私は安定期ではないのだよー!!





あんでもきもちいい





そのうちダンナが引いてくれるかな?っておもいつつ3分くらい結合してたけど

どうも引っ込みがつかないっぽいので、自分から思いっきり腰を抜きましたw



スポン



真っ赤な愛液でテカテカ光ったチンチンが出た



ダンナ「ああー!抜いたな〜!!」



「今はまだ、挿入はダメ!テコキしてあげるから〜」



ダンナ「もういいよっ」

と言いながら、準備万端・・・・w



「あ、そう〜。。にしては、準備万端だね〜?」



「まぁ、『して欲しい』って素直に言わなきゃねぇ〜?」



ダンナ、何も言わないので、手に取ったローションを棚に戻したw



ダンナ「え?せんとね?」



「うーん、お風呂入ってからにしようや、釣りから帰ってそのままじゃん」



ダンナ、納得。







じゃぁ、ちょっとトイレトイレ。。。



私はトイレへ急ぐ。

おしっこがしたいんだもん。





ダンナ、着いてきて、ドアを閉めてくれない。

「早くせんね」

と言いながらニヤニヤ。



ドア閉めてくれないとちゃんと出せない私。



「早くしめて〜おしっこしたい〜」



ダンナ「したらいいやん」



しばらくコレを繰り返した末、私、我慢できず、



チョロチョロチョロ・・・・・チョロチョロチョロチョロ・・・・・・

コレが長々続く。



恥ずかしいので、力が入ってシャーとか出せない。



私の顔を覗き込みながら、

「気持ちいい?気持ちいい?」ってダンナ。



恥ずかしいんじゃボケぇ〜

って気持ちで、出しました





その後、お風呂に入って、

私は水分摂って



数時間後、エッチ再開



長いのでやや短縮気味で書きますが、



オッパイを長々弄ばれてイタイイタイ言ったり、(これが長い!!)

チュウしたり、





お待ちかねのクンニ

私クンニ大好きです。

されるの、趣味です



いつものように、クリをチロチロから始まって、

クリを円を描くように舐め舐めしてくれてるそうです。



もう気持ちよすぎです



クリの下辺レロレロ、もうたまんないっ



しばらくレロレロされてたら、



だんだんいきそうに





「あ、あ・・・いきそう、、イクぅ」



いっちゃいました

途端にダンナ、クリ舐めを強める。



辛すぎて、笑いが出る私w



でも続けるダンナ。

さらに、クリをチューーーーーーって吸われて、

おしっこがめっちゃ出そうになる。



「でるーーー、弱めてーー、ヤバイヤバイ!!」

「あ、ああ・・・・おしっこ出るぅー」



ピューッピュッ!!

って間欠的に出る。



続けたら続けるだけ出る・・・・



イッタ後は辛いけど、出るときはめっちゃ気持ちがいい



ふぅ・・・





今日はもう2回もイッタ。



もう終わり!!!



と思ってたら、69の体勢になって、ダンナ、私のクリを指で刺激し始めた。



もう、69じゃなくてもフェラしてあげるから

と思ったけど、ダンナが聞かないので、



69でフェラーリ



もう思いっきり立ってるダンナさん。



亀頭をくわえて舌で亀頭をレロレロ。

右手で小刻みに竿部分を上下。



ダンナは私の濡れまくりのアソコを指でクリクリ。



私、指だといきにくいんですが、ダンナのチンチンを集中して舐めてると不思議。

自分も気持ちよくなっちゃうんです。

まるで、自分のクリを自分が舐めているかのような感覚



ダンナのを舐めながら、またいきそう・・・

ダンナ「あー足に力入ってきたね、プルプルしてるよ」

「クリがおっきくなったよ」

実況中継がまた萌え

あっとゆー間に登りつめて



「あ、あ、、、いくっ」

いった瞬間またピュッピュッ!!



ダンナ、「あ、またおしっこでてきたよ〜でるのみえたよ」



私「もういいから、私はもういいから」

って言うのに聞かないダンナ。

ダンナ「もう1回イッタら許してやろう」ってどS〜



またフェラに集中してたらまたあっとゆうまに逝っちゃった私w



イキそうになって、腰を引いてアソコを抜くダンナ。

もう少し楽しみたいみたい。



でも、また集中してフェラしてたら・・・

亀頭がまた一段階大きくなった



イクんだなってわかる



ダンナ「いきそう・・いく。。」



って私のお口に熱いモノが



いつも口の奥で受けるけど、

今回は、お姉さま師匠のはるかチャンのアドバイス通り、

舌の先で受けてみたよ



そしたら、熱いのが舌先にピュッピュッって当たって感動

さらに亀頭をレロレロしたら

「うあ゛〜〜〜」ってダンナが苦しがるw



ヒヒヒ

ここが楽しいチョイSな私w



デモ、計4回もイク、ダメな妊婦です





そんなこんなで、エッチって大事だなと思ったここ数日でした。



言葉では補いきれないものを、与えてくれる気がする。

気持ちよくしてあげたいっていうお互いの気持ちが

心の充足感になるんだろうね





書いてたら、また感じちゃって、お腹に違和感あるので横になりまーすw



出典:妊婦は

リンク:大切に


告白体験談関連タグ

|||||||||||

【彼女・彼氏】愚痴とエロレポート 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年8月10日 | 告白体験談カテゴリー:彼女・彼氏との告白体験談

このページの先頭へ