相互リンク先の更新情報!

【温泉・混浴】混浴でタオルを取り上げられた妻 【告白体験談】

カテゴリー:温泉・混浴での告白体験談
tag:


以前の続きです。



ハンドマッサージのあと、妻の乳首は、なぜかピンッピンに勃っていました。



あとから理由を聞くと、「ハンドマッサージ時に胸に男の息が当たってた」。

どれだけ密着してたのかと思うと、やりきれませんでした。

そしてマッサージ終了時に、妻は男に「ありがとうございます」と言う始末。

お礼を言うべきはあっちの方じゃないかと思いました。



その直後、彼は「いえいえ」と笑いつつ、こう言いました。



「お礼というわけじゃないんですが、タオルちょっと借りてもいいですか?

少し汗かいて顔ふきたいんですが、自分のは濡れちゃったので」



は? イマイチ分かりませんが、「ちょっと」とか「顔を拭きたいからた」




というのが、今から考えると、うまい言い方だったように思えます。

汗をかいたのは、ハンドマッサージをしてくれたせいでもある…

というのが、一種後ろめたさでもありましたし。

ちょっとくらいだったらいいかな…と思ってしまいました。



おそらく妻もそう思ったのでしょうか。

「あ、は、はい…」

そう言いながら、自分のタオルを男に渡してしまいました。



「ありがとうございます!」

男はそう言いながら、タオルを手に持つと、そのまま顔を拭き始めました。



………。

ちょっと待て。



今、男が手に持っているのは、妻のハンドタオルです。

これを渡すことで、妻は隠すものもない、まったくの裸です。

ある意味、自分の衣服に当たるものすべてを渡してしまったのと

まったく変わりありません。

全裸のすべてを握られている状態でした。



さらに男はハンドタオルを広げると、自分の顔を拭き始めました。

今まで、妻の体に当てていたタオルです。

ある意味、妻の下着で顔を拭いているのと変わりありません。

妻の胸、腹部、そして陰部…。すべてと間接的に顔が触れているのと

同じではないか。そんな気持ちになりました。



ちなみに彼が忘れたフリをしていたのか分かりませんが、彼はそのあとも

何度もそのタオルで顔を拭き、しばらく返してくれませんでした。

そのあいだ、数人の男が通りすがり、妻の裸をジロジロと見ていきました。

途中、妻はタオルを探そうとした瞬間もありましたが、

タオルを渡していることを思い出し、隠すのをあきらめざるを得ません

でした。



今、妻の裸をもっとも自由にし、すべての男に見せつけているのは、

この男…。

そんな状況に、軽く目まいがしました。





出典:混浴画像掲示板(画像あり)

リンク:


告白体験談関連タグ

|||

【温泉・混浴】混浴でタオルを取り上げられた妻 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年8月11日 | 告白体験談カテゴリー:温泉・混浴での告白体験談

このページの先頭へ