相互リンク先の更新情報!

【友達】女友達 【告白体験談】

カテゴリー:友達との告白体験談
tag:


女友達に思ったことを正直に言う子がいる。

どれぐらい正直かというと

 

人の欠点をずけずけ言う。

「出っ歯ね。矯正しないとみっともないわよ」

「太っててみっともない。もてたかったらやせなさい」

「老け顔ね」

「口が臭い」

「歯が汚い」

「わきがにおう」

 

誘われたときにも

「お酒は嫌いだから飲みません」

「その食べ物は嫌いだから食べません」

「タバコ嫌いだから私の前で吸わないで下さい」




「私あの人嫌いなのであの人がいる席には呼ばないでください」

「一緒にいたくないのでご飯は行きません」

「あなたのこと好きではないので、お断りします」

「魅力を感じないので無理です」

「メールや電話がうっとうしいので今後連絡しないでください」

「あなたのことは嫌いです」

 

希望を打ち砕く。

「あなたの学力じゃそんな大学無理よ」

「そこの学校ではその会社に就職するのは無理よ。過去の実績もないし」

「あなたの魅力ではあの人には到底釣り合わないわよ。相手に迷惑をかけるだけだから告白は止めなさい」

「容姿が悪いから恋愛や結婚は無理よ。努力はしても結果を求めるのは絶望するだけだからやめなさい」

「あなた嫌われているのよ。迷惑だからかかわるのをやめなさい」

 

思ったことを純度100%で口にするのだ。

しかも彼女が言っていることは客観的に見て事実である。

 

注意をすると

「嘘を言っても本人のためにならない」

「本当の事を指摘してあげるのが本人の幸せにつながる」

「根拠のない希望を抱かせると結局あとでより深い傷を負わせることになる」

「言い訳をいちいち考える手間がおしい。言う必要もないなら傷つくようなことをあえて言うことはしないが、

断らなければいけない状況になって嘘の理由を作るより本当のことを告げたほうがお互いにとって時間と労力の無駄にならない」

 

こんな性格だから敵を作りやすいし、

本人自身が普通の人なら傷つくことを言われてもまったく傷つかない。

彼女は正しいんだろうか?



出典: 

リンク: 


告白体験談関連タグ



【友達】女友達 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年8月11日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

このページの先頭へ