相互リンク先の更新情報!

【妹】眠る妹のあそこに… 【告白体験談】

カテゴリー:妹との告白体験談
tag:


中学の時、一度眠ってる妹のまんこに触ったことがあるよ。

夕方自分の部屋のベッドに横になったまま熟睡してしまったらしく、

少し開いたドアからたまたま寝てるのが見えた。

デニムのスカートでパンツが見えそうな感じでちょっとムラムラ。



これはチャンスかもと中に入り、しばらく観察したけど起きそうにない。

胸の先をちょこっと触るも反応なし。

それで服の上から胸を揉んだりつついたりしたけど、Tシャツにブラしてるので生乳は断念。



下の方も気になるのでスカートをめくり、パンツの上からここらへんかな?というあたりを指先でなぞってみる。

特に反応はしないけど、時々太ももをもぞっとさせてるので一応刺激は与えてるみたい。

しばらくあそこを撫でたりぐにぐにしたりしてたりしたけど、直接触ってみたくなって

パンツの股間の部分をこそっとめくってみた。



女の子のあそこってどんなのかなー、とwktkしたけど部屋が薄暗くて確認できず。




ささーっと自分の部屋に戻って小さいマグライトを持ってきた。

そっと照らすとさすがにキレイな割れ目ってわけにはいかなくて、

ほんのちろっと小陰唇ぽいのが見える。クリトリスはどこか分からなかったけど、

包皮は小さいけどあった。これから成長していくのか、ああいうモノなのかは不明だけど。



指でちょっと開くとなんとも形容しがたい形で、中はこんなになってるのか!とビックリ。

後から思い出してスケッチしておいたんだけどね、何時の間にかどっかいっちゃったけど。

おそるおそる指で直接なぞってみると、なんだかぷにぷにで柔らかい。

あんまり濡れたりしてないんだな、と思って穴のあたりを触ると

閉じたあそこでせき止められてたみたいで、急にヌルっとしてきた。



わ、寝てても感じてるのか!とちょっと興奮しつつ、濡れたあそこに指を押しつけると

そんなに力を入れてるわけでもないのに、ぬるるっと中に吸い込まれてしまった。

さすがに入れるつもりまでは無かったので驚いた。こんなに簡単に入るもんなのね。

妹の様子を窺ったけど、よく濡れてたおかげか特に反応しなくて、もうちょっと入れてみる。

ゆーっくりと指を侵入させてみたら、結局根本までくわえ込んだ。

なんか凄い!レベル1なのにラスボス倒した気分!

それにしても妹の股間と自分の手がぴったりくっついて中に指が消えてる光景はエロい。



全部入れた状態で指先を中で動かしてみると、ザラザラというかプルプルした肉がみっしりした印象。

たまに指先に硬いのが触れる感じがして、たぶん子宮口かな。気のせいかも。

中に入れられてもあんまり反応しないので、ほっとしたようななんとなくつまらないような気がした。

膣内って結構鈍感に出来てるっていうけどあれみると本当かも。

調子に乗ってこんなだったらもう一本入るかな、と思ってしまうのが男のサガ。



一回指を抜き、中指に人差し指を添えてそーっと差し込んでみたけど、イヤまずいかな、

途中で引っかかるようなら抜こう、と思ったんだけど、別に引っかかりもなくこれも根本までお召し上がり。

妹すげー!まさか経験あったんじゃないだろな?とは当時は疑問に思わず。

二本入れたは入れたけど、さすがにこの状態では動かせないので抜いてまた中指を入れ直した。



でも普段妹なんて肉親の情以外に可愛いとかは思わなかったけど、不躾に侵入してきた男の指を

女の子の部分で優しく迎え入れて、柔らかなプルプルで暖かく包んでくれてるんだなー、

なんて勝手に母性を感じて急に有り難く可愛らしく思えるのが不思議。まんこに指入れてるだけなんだけど。



しばらく中のおへそ側の壁面を触ってると、後から考えるとGスポットのあたりだったからか

たまに「うん…」とか艶っぽい声を出し始めて、気づかないうちにパンツまで湿ってきたので

これ以上はヤバイかな、と思い指を抜いてそっとパンツを戻して部屋を出た。

出てから毛が生えてるかとかどんなパンツだったかとかは全然観てなかったと気づいたけど、後の祭り。

中まで探検したんだし、いいか!

結局妹はその後ご飯が出来て起こすまで寝てて、「にーちゃんご飯ナニ?」とかさっきまでの

色っぽさが嘘のような日常感覚。

後で風呂に入ったとき、乾いてた妹の愛液が溶けて手がヌルっとしてまたどきどきだったなー。



出典:寝てる妹のおっぱいとかまんこ弄った事あるよな?8

リンク:


告白体験談関連タグ



【妹】眠る妹のあそこに… 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年8月13日 | 告白体験談カテゴリー:妹との告白体験談

このページの先頭へ