相互リンク先の更新情報!

【露出】無防備妻の柔道部物語 5 【告白体験談】

カテゴリー:露出告白体験談
tag:


― そして翌日(練習最終日) ―



― 前日にそんな出来事があったのではあるが、当然いつものようにそのセクハラ柔道に参加しに行く妻 ・・・ しかしその日はボケ老人が何かの会合?(部員達は愛人と密会だ!とかのたまっていた)で不在らしく、すると部員達も目の上のタンコブがいないせいか、えらくノンビリした雰囲気の、チョイだらけ練習にもなっている様子なのでもあった ―



「 ・・・ キャッ! 」

「 ・・・ さっ! 奥さん もう一回! 」



― しかし!当然そのタンコブがいないもだから、部員達のセクハラ度合も すごいこと すごいこと ― 



― やっている練習といえば 「寝技返し?」 とかいう練習ばかりで ・・・ どうやらその練習は、一人が畳みでうつ伏せになると、もう一人がその後ろから抱きつき(・・・何かバックスタイルのS○Xみたいな感じ)、そしてその「抱きつき?」をうつ伏せになっている者が一生懸命返すという練習らしい ・・・ するともちろん妻は、そのうつ伏せ役ばかりをやっており、その際には相変わらず部員達は、妻の体中を触わりまくっていたのである ― 



「 ひえー!  まっ また山元君? 」

「 さっ! 奥さん 早く腹這いになってください! 」



― 相手はあいわらずのお決まりの山元君 ・・・ しかしどうもこの様子を見るかぎりでは、例の下っ端部員達は昨夜の出来事は秘密にしている様子 ―






「 おっ おしっ! 」

「 ・・・ くっ!  おっ おもたい 」



― うつ伏せで寝技をこらえる妻に、上から遠慮なしに抱きつく山本君 ・・・ するとそのうち両脇から手を差し入れ、妻の乳房をいつものように?ガッチリと両手で掴んでいるのである ・・・ しかもよく見ると、やはり目の上のタンコブがいないせいか、時折指を動かし軽くその乳房を揉んでは、ニヤニヤと楽しんでいる余裕まで見うけられたのであった ―



「 ・・・ダメッ!  ビッ ビクともしないわっ! ・・・ 」

「 はぁ はァ ・・・ えー そうスかー? ガンバッテくださいよー 」



― 妻のムッチリしたお尻を掴みながら、ふざけながらにそう答える山元君 ・・・ するとそのうち、自分の股間をモゾモゾと触りながら、その位置でも直すかのような行為をすると、やがてそんな妻のお尻に、そんなピラミッドのように突き出した股間を、グイグイと まるで浣腸のように押し付け始めたのである ― 



「 ・・・ イタッ! ちょっ なんか当たっ ・・・ 」

「 ・・・・・・ 」



― 何度も身をよじり、その勃起浣腸から逃れようとする妻 ・・・ お尻を「キュッ!」と引き締め、左右にイヤイヤと腰を振り振りさせている ・・・ しかしそのうち、そのお尻をよじらせる行為が、部員達にはその後の順番決めまでできるぐらい好評で、やがてその練習に参加した部員の一人が、たまりかねた股間を押さえ、あわててトイレに駆け込む事態まで起きていたのであった ―



「 オシッ! きゅーけーすっぞー 」

「 ウィースッ 」



そしてその後、たしかに今日はすごく暑いこともあったのだが、そのうちやっぱりチョットダラケモードのせいか、部員達はめずらしく休憩時間をとり、外で一服をしだしたのである。



「 うっひょー! あっちぃなぁ オイ! 」

「 今日なんかもう最高になってんじゃない? 」

「 やってらんねー 」



「 ・・・ あっ でも たまんなかったなぁ ・・・ 例の 」

「 ハハッ お前途中でトイレいったろ! 」

「 スッキリしましたーってか! ハハハハッ 」



― 妻がいないと相変わらず 卑猥な言語になる部員達 ・・・ そしてそのうち妻も遅れながら、外に一服をしにきて ―



「 ふぅー ・・・ ほんと 暑いわねー 今日は 」

「 ・・・ あっ  そっ そーっスねー 」



「 あー あつっ! 上脱ごっ! 」

「 あっ オレも 」



― たしかにその日はホントに暑かった! ・・・ すると部員達は次々に柔道着の上着を脱ぐと、その柔道着を投げ捨て、上半身裸で休憩し始めたのである ―



「 おっ! 水ある ・・・ 浴びてぇー ・・・ あっ 使ってもいいっスか? 」

「 ・・・ ん? あー もちろんいいわよー 」



「 あっ オレも! 」

「 ・・・ ちょっ 背中にかけてー ひひっ 」

「 フフフッ 」



そしてそのうち部員達は、そう言いながら備え付けの水道で、うれしそうに水浴びを楽しみ始めたのであるが ・・・ しかしやがて妻は、そんな楽しそうに水浴びをする部員達を眺めながら、なんと!(・・・まあ 当然であるが・・・)部員達と同じ様に帯をゆるめ、柔道着を脱ぎだし始めたのであった。



「 ・・・ おっ おい! 見ろよ 」

「 えっ? ・・・ うほっ! すげぇ! 」

「 まっ まじ? ・・・ ちょっと ほんとマジ? 」



― とうぜん妻のその行為に驚きを隠せない表情の部員達 ―



「 ・・・ ん? どうしたの? ・・・ あぁ でも風はちょっとだけ気持ちいいわぁ 」

「 ・・・ あっ ははっ  そっ そースね ・・・ 」



そして妻は、ごく当たり前の様子で黒ブラジャー1枚の眩しい上半身を部員達にさらし、しかも威風堂々と脱いだ柔道着を肩にかけ、気持ちよさそうに風にあたるそぶりを見せ始めたのである ・・・ 片側のビーチクをはみ出させながらもである ・・・ するととうぜんニヤニヤと妻のその様子眺めている部員達 ・・・





「 ふぅ でもやっぱり! ホンッと暑い! はぁ いったい 何度になっているのかしら? 」

「 どっ どうスかねー ・・・ ん? ハハッ  じゃー奥さん それならそのブラもとっちゃえば? 」

「 ・・・ ハハッ そうそう俺達みたいに ・・・ なーんて! ハハッ 」



― ブラジャーの隙間を見ながら、ひどく暑がりそう言う妻 ・・・ そしてそのうちニヤニヤしている部員の一人が、もちろんそんな妻を少しからかいながらの言葉ではあるが、そんな妻にふざけた答えをしてきたのであった ・・・ すると普通であればそう言われれば「バカ言わないでよ!」てな感じであろうが、しかしそこはやっぱりそんな妻である ・・・ 



「 ・・・ ん? あっ そうねー ・・・ それもそうねー  じゃー とっちゃおうかしら 」

「 ・・・ えっ 」



「 ・・・ 実はずーっととりたかったのよねぇ このブラジャー ・・・ 暑いし! きつくて痛いし! 蒸れるし ・・・ そうだ ちょうどパパもいないしいいかな ・・・ よい しょと ・・・ 」

「  ええっ! 」



するとなんと!妻は、そう言いながらゆっくり背中のブラジャーのホックに手をのばし、そのうち簡単にそのブラのホックをポチッ!っとはずすと、やがて何事もないかのようにスルスルっとそのブラジャーを取り外し始めたのであった。



「 ・・・ うほっ! まっ まじ! 」

「 ・・・ すっ すげえ 」



― 普通の女性にとっては大切な下着の一つでも、そんな妻にとっては単なる邪魔な飾りの1つに過ぎない ・・・するとそのブラジャーを取り外すと、当然ささえの無くなった真っ白な生乳がプルルンと飛び出し、もちろんその先に突き出た黒い立派?な乳首も、やがてそんな驚く部員達の目の前に、堂々とさらけだされたのである ―



「 ・・・ ん? どうしたの? 」

「 ・・・ えっ? あっ  いっ いえっ ・・・ 」



「 ・・・ あっ ここに置いとこ ・・・ 」



― 少しタレ気味になってしまったが、ほど良いオワン形の乳房と、その先にくっ付いている黒く肥大した立派な乳首 ・・・ もちろん部員全員の視線がその先端にくいいるように集中している ・・・ しかし妻は、そんな部員達の目線を尻目に、そのうち何事もないようにその生乳をプルンプルンと揺らしながら、取り外したブラジャーを、備え付けの水道の蛇口に、無造作にポイッとひっかける行為を行ったのであった ―



「 ・・・ ん?  フフッ どうしたの? みんな?  何か固まっちゃって ・・・ あっ ホラッ!  ここっ みてみて!  このブラのせいでこーなにアセモできちゃったのよー 」

「 ・・・・・・ 」



口をアングリの部員達 ・・・ そして更に妻は、そのうち自分のその乳房を両手で軽く持ち上げると、そんな部員達に近寄り、そう言いながらその生乳を見せびらかすようなそぶりまでするしまつある。



― とうぜん 外から見ればいかにも痴女的に誘っているような行為 ・・・ しかし何度でも言っているが、もちろん妻にはそんなイヤラシイ感情など全く皆無で、一つも持ち合わせておらず ・・・ するとその行為も妻にとっては、「目の前の部員達の裸も自分の裸も同じようなもの!」という感覚であり、とうぜんそのノリで行った行為の1つにすぎない ―



「 ・・・ あぁー でもホントに体中筋肉痛! ・・・ やっぱりみんなは大丈夫なのかな? 」

「 ・・・・・・ 」



― そして止まることのないその無邪気な行為 ・・・ すると妻はそのうち、更にそう言いながら、今度は腕を左右に振ると、ラジオ体操みたいな行為をし始めたのである ・・・ そして当然、そんなに激しく腕を振れば、ささえのない乳房も もちろんそれにつられるように、いやらしく波を打つように大きく揺れてしまい ・・・ やがて部員達はさらにその妻の生乳に釘付けになっている様子であった ―



「 ・・・ ん? フフッ どうしたの? みんな ・・・ 何か私の胸についてる? 」

「 ・・・ あっ いっ イエ  」



「 ふーん ・・・ あっ 水浴び? 気持ちよさそう ・・・ ふふっ 私も浴びようかしら? 」

「 ・・・ え? 」



「 ・・・ ん? あっ 誰か私にもかけてくれない? 」

「 ・・・ あっ! はっ ハイ ・・・ 」



― するとアホな妻は、なんと水浴びまでするしまつである ―



「 ・・・ キャッ! ・・・ つめたーい!  でっ でも気持ちいいぃー 」

「 ・・・・・・ 」



そして妻は、前屈みになり背中を丸めると、部員達がしていたのと同じように、そのうちホースでその背中に、冷たい水をかけてもらい始めたのである。



「 ・・・ ちょっ  おっ オレがかけてあげる 代われ! 」

「 ・・・ はっ はい ・・・ 」



― 白いまぶしい肌に キラキラ光る水しぶき ・・・ そのうち背中にかかったその水しぶきが その白い肌をつたっていくと 前屈みになって垂れ下がった そんな妻の乳房の黒い先っぽから、ポタポタと流れ落ちてくるのである ・・・ ハッキリ言って なかなかエロイ光景でした ―



そして水の冷たさのせいか、その黒い大きな乳首も、やがて更にピーン!と突き出すと、いやらしく肥大している様子で ・・・ そのうちズボンにまでつたった水分が、ただでさえ汗ばんで透けている黒パンティーを、食い込んだお尻のシワまでクッキリ分かるほど透けさせていたのである。



「 ・・・ あぁァ きもちいィー ・・・ 」

「 ・・・・・・ 」 



― 何かもう 普通の裸よりもいやらしいシュチュエーションかな? ・・・ するとここまでくると当然部員達も先ほどのようなニヤニヤした表情などなくなっており、そのうち彼らは、そんな水浴びしている妻を取り囲むように整列すると、ひたすら無言でその妻の体中を真剣に眺め続けていたのであった ―   







― そして休憩後 ―



― 妻が再び上着を着用した時点で長い休憩も終わり、そのうち練習を再開するためにやっと部員達が道場に戻った後、やがて妻も少しおくれながらもその道場に入っていったのであったが ・・・ しかしよく見ると部員達は道場の中央に集まり、何やらヒソヒソ話をしている様子なのであった ―



「 ・・・ ん? あらどうしたの?  練習は? もうしないの? ・・・ 」

「 ・・・ えっ? あっ! いっ いえっ! ・・・ そのっ ・・・ こっ こんどは ちょっと違う練習でもしようかなーって ・・・ 」



「 ・・・ 違う練習? 」

「 ・・・ あっ  はっ ハイ 」



「 へぇー どんなの? 」

「 ・・・ あっ いやっ そのー ・・・  なっ なんていうか  じゅ じゅうどうの基本である レッ レスリングでもどうかなぁ ・・・って ハハッ ハハッ 」



( ・・・ なんじゃそりゃ? ・・・ ) 



「 ・・・ へぇー ・・・ ん? レスリング? 柔道の基本?  えっ そうだったかしら? ・・・ 確か柔道は明治何年かに嘉納治五郎先生が ・・・・ 」

「 えっ? ・・・ あっ いやっ そのっ・・・ とっ とりあえず! 他の大学もそういう練習をしてまして ・・・ 」



「 へぇー そうなんだぁ  ふーん ・・・ ん? じゃーわかったけどどうすればいいのかしら? 」

「 ・・・ あっ! ヨッ ヨシッ! ・・・ じゃーとりあえず上着を脱いでっと ・・・ 」

「 ウッ ウッス! 」



すると部員達は山元主将がそう答えると、先ほどと同じように、またもや柔道着を脱ぎだし始めたのである。



― 「なるほどねー!」って感じか? ・・・ まあ 確かに当たり前ではあるが、どうやら彼らは、先ほどの妻との一部始終で、とうとう目の前の妻が相当天然な女性だと確信したのであろうか ・・・ そしてこのやりとりも、妻が先ほどのようにまたもや上着を脱ぎださないかという魂胆で、考えだした作戦?の様子なのであった ―



「 ・・・ ん? あれ?  みっ みんなどうして柔道着を脱ぐの? 」

「 ・・・ あっ いやっ ・・・ そのぉ レッ レスリングですから ・・・ 」

「 ・・・ おっ 奥さんも脱いだほうが ・・・ 」



「 ・・・ えっ? ・・・ あっ あぁ そうかぁ  確かにこんな服着てないわよねぇ ・・・ ふーん そうかぁ ・・・ じゃー私も 」



― そしてやがて、思惑?どおりに 柔道着の帯を緩めると、そんな彼らと同じように上着を脱ぎだし始める妻であるが ・・・ しかし妻は、ブラジャーは先ほどの水道の蛇口にそのまま置きっぱなしにしており、するともちろん上着を脱ぐと、当たり前のようにノーブラの状態の様子で、そのうちまたもや先ほどと同じように、その白い生乳を部員達に ポローンと晒したのである ―



「 ・・・ ウホッ! でたよマジで 」

「 しっ! 黙ってろよ! 」



「 ・・・ ん? 何か言った? 」

「 あっ! いえっ 何も ・・・ 」



「 よっ ヨシッ!  じゃ じゃー まっ まずは ・・・ 」



― とうぜんまたもやニヤニヤと、妻の白い乳房を眺める部員達 ・・・ そして妻が柔道着を畳に置くと、そのうちデブ主将がいきり立った様に興奮しながら、やがてそんな妻のところへ勢いよく歩み出てきたのである ―



「 ・・・ あっ! ちょっと待ってみんな ・・・ どうせならズボンも脱いだほうがいいんじゃないかなぁ ・・・ レッ レスリングはズボンなんか穿かないし ・・・ どっ どう? 」



― すると なんと水木副将が そのうちそんな注文まで言い始めてきたのであった ―

 

「 ・・・ えっ? ・・・ おっ! おおぉ  そっ そだねー  たっ 確かにそうかも ・・・ 」

「 ・・・ あっ あぁー  そっ そーっスねぇ ・・・ 」 

「 ・・・ たっ 確かに  じゃ 邪魔になるかもしれな ・・・ 」

「 ふーん ・・・ あっ! そうねぇ 確かにそんなもの穿いていないわねー たしか ・・・ 」



( ・・・ オイオイお前ら ・・・ コント? か? ・・・ )



「 ・・・ コホン! じゃ じゃー  ズボンも脱いじゃおっか? 」

「 ハッ ハイ! 」

「 はーい 」



そしてアホらしい思惑と全員が意見一致の中、そんな水木副将の提案により、とうとう妻はズボンのヒモを、ほどき始めるまでになっていったのであった。



「 ・・・ ん?  やん 濡れててヒモが ・・・ ん? あっ とれた ・・・ 」



― 全員がゴクリとしながら見守る中、やっと腰ヒモをほどいた妻が、ゆっくりズボンを下ろしていく ・・・ するとその後ろ姿を見守る部員達の目の前には、とうぜん黒パンティーが食い込んでいる、その大きいムッチリした妻の白い尻たぶが、やがて所序にプルプルふるわせながら露わになっていったのであった ―



「 ・・・ ん? あん もぅ ・・・ 」

「 ・・・ オォォー ・・・ 」



― しかもズボンを下ろした時に、パンティーも少しまるまってしまい 半ケツ状態にもなっている ―



「 よいしょ 」

「 ・・・ うっ うほっ ・・・ 」



そして妻は、そのうちズボンをタタミに脱ぎ捨てると、やがてまるで見せつけるかのように彼らの目の前にお尻を突き出し、もちろん平然としながら、そのまるまったパンティーを直し始めたのであった。



― とうぜんその立派?な妻のムッチリお尻に見とれる部員達 ・・・ クイッ!っと その黒パンティーを上げると やがてさらに尻たぶのお肉が これまたムニュ!っとこぼれハミ出してくる ・・・ まさしく人妻のお尻?みたいな感じ かな? ―



「 ・・・ よいっ しょっ ・・・ え? あれ? 何? みんなは脱がないの? 」

「 ・・・ えっ? あっ いやっ!  ぬっ 脱ぎます! 」

「 ・・・ ウッ ウッス! 」



そして妻に怪訝そうに言われると、慌ててズボンを脱ぎだす部員達 ・・・すると彼らはズボンを脱ぐと、ほとんどの者のパンツの股間部分が、ピラミッドみたいにツーン!と突き出している様子で ・・・ しかし副将の水木君だけがなぜか一人だけピチピチブリーフで、さらに滑稽なことに、そのブリーフの横からチョコンと頭が「こんにちは!」もしていたのであった。



「 ・・・ よっ ヨシッ!  じゃー おっ 奥さんやろう! 」

「 ・・・ えっ? また私一番? ・・・ えーと レッ レスリングって ・・・ プロレスみたいなものだったかしら? 」



「 そっ そうスね ・・・ 」

「 ふーん ・・・ まっ まぁ ちょと自信ないけど ・・・ 」



「 だっ だいじょうぶっスよ! 大丈夫! ・・・ 」

「 ・・・ あっ 」



そして全員が準備万端?になった後、「股間モッコリ」さらに顔を真っ赤にした山元君が、そのうち またもや またもや 妻の相手に一番乗りで出てきくると、やがてまるで少し背中を押すようにせかしながら、そんな妻を道場中央に連れていったのであった。





出典:のぶ

リンク:なし


告白体験談関連タグ

||||||||||||

【露出】無防備妻の柔道部物語 5 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年8月14日 | 告白体験談カテゴリー:露出告白体験談

このページの先頭へ